面接対策記事一覧

面接対策記事一覧

面接対策記事一覧の画像

転職面接での注意事項

企業との面接の際に、気を付けておくべきマナーや、服装の注意点があります。まず面接に行く服装ですが、基本的にはスーツとなります。スーツを着用することでビジネスマナーがある、TPOをわきまえていると判断されるからです。

ファッション業界であれば、ある程度個性的なブランドや奇抜な服装でも許される場合があります。スーツといっても幅広いですが、リクルートスーツは新卒というイメージで、転職の際は頼りないイメージを与えてしまうので避けたほうがよいです。

服装が自由、私服で来てくださいと言われた場合でも、ビジネスシーンにふさわしい点と清潔感があるという点を考えるとオフィスカジュアル系の服装で行くのが無難です。

面接時の鞄もチェックされています。リュックやトートバッグタイプは避けたほうが無難ですし、高級ブランドや派手なデザインも面接用とはいえません。シンプルなデザインで、相手に好印象を与えるデザインのものを選びます。

女性の場合はアクセサリーや髪型なども、面接のときに見られるポイントです。長髪なら髪の毛をまとめ、顔が隠れないようにしましょう。靴はピンヒールなどは避け、パンプスが相手によい印象を与えやすく、アクセサリーは結婚指輪や婚約指輪、時計程度ネイルは避けたほうが面接官の印象をよくするこができます。

面接に行くときは5分前行動を基本にします。遅刻や早すぎる到着は、面談先に負担を与えることがあるからです。電車の遅延などで遅刻する場合には、なるべく早めに連絡を入れて先方からの指示に従いましょう。病気やケガで面接に行けなくなる場合は、分かった時点できちんと詳細を連絡しキャンセルする旨を伝えます。

転職面接で多い質問とは

面接では関係ないと思うような日常会話的なことも質問されることがありますが、これは全く意味がないわけではありません。コミュニケーション能力や言葉遣いをチェックしているので、気を抜かないようにしましょう。

ほとんどの面接で自己紹介や前職での職務内容、志望動機は聴かれます。また自分の長所や短所を聞くところも多いです。この質ももコミュニケーション能力や言葉遣い、経験やスキルの確認といった意味があるのでハキハキとした明るい表情で話すようにします。

だらだらと長く話していてもまとまりがないと判断されてしまうので、長くても2分程度で完結に話しましょう。

志望動機はかなり重要なポイントで、応募先の強みや特徴、などと言ったことも交えて話しをしたほうが好印象を与えます。また他社でもできるような志望動機だと不採用になりがちなので、しっかりと自分が企業にとって必要な人材だということをアピールする必要があります。

記事カテゴリー