ランスタッドを使うメリット・デメリット

ランスタッドを使うメリット・デメリット

5 位

総合点 3.80 点

ランスタッド

ランスタッドのロゴ
  • 総合評価:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.80

  • コンサル:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.75

  • サポート:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.86

  • 求人量質:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.78

 

 

 

 日本に進出する外資系転職エージェントのひとつであるランスタッドですが、具体的にどのような利用メリットがあるのでしょうか。

本記事ではランスタッドの利用メリットに加えて、デメリットも踏まえ、どのような人にランスタッドの利用がおすすめかをご紹介していきます。

ランスタッドを使うメリット

 

ランスタッド利用の3つのメリット

まずはランスタッドを利用するメリットについてご紹介します。

主にあげられるメリットは、以下の3つです。

 

(1)管理職クラス(年収800万~3,000万円以上)のためのハイクラス求人がある

 

まずあげられるのが、ハイクラスの転職支援に強いという点です。

ランスタッドでは年収800万〜3,000万円以上のハイクラス(管理職クラス)の求人を数多く取り扱っています。

特に外資系企業や、グローバル展開している企業を得意とし、各業界専任のコンサルタントが転職を後押ししてくれます。

 

(2)20代〜30代の転職支援にも強い

 

ランスタッドは、ハイクラスだけでなく20代〜30代の転職支援に強い点も特徴です。

未経験業界・職種へのチャレンジ、初めての転職、キャリアアップなど目的や状況に合わせて、コンサルタントの支援を受けることが可能です。

 

(3)幅広い企業を紹介可能

 

最後にあげられるのが、求人企業の幅広さです。

世界39カ国・4,600以上の拠点を持つランスタッドはグローバル市場での実績があるため、外資系企業や日系でグローバル展開する大手企業とつながりが強いという特徴があります。加えて、長年の実績とネットワークがあるからこそ得られる優良中小企業やベンチャー企業などの求人も取り扱っており、目指すキャリアプランに合う企業を紹介してもらえます。

ランスタッドを使うデメリット

ランスタッド利用のデメリット

 次に、ランスタッドを使うデメリットにも触れておきましょう。

 

ランスタッド利用のデメリットは、国内の大手転職エージェントと比べて求人数が少ないという点です。

ランスタッドはグローバルで見ると規模が大きい企業ですが、国内市場だけ見ると、国内の大手エージェントと比較して求人数が決して多いとは言えません。

 

ランスタッドの求人数は、2018319日時点でキャリアアップ転職(2030代)の公開求人数が11,263件、ハイクラス転職の公開求人数が1,476件です。一方国内最大手であるリクルートエージェントは公開求人34,727件、非公開求人173,043件です。

また、リクルートグループは経営幹部などをターゲットとするリクルートエグゼクティブエージェントを別会社として構えていることも踏まえると、その規模には大きな違いがあることが理解できます。

 

ランスタッドの求人数が極端に少ないというわけではありませんが、求人数を期待するのであれば他の大手転職エージェントとの併用が良いかもしれません。

ランスタッドをおすすめしたい人

 最後にランスタッドの利用をおすすめしたい人についてご紹介しましょう。

主にあげられるのは以下5つのポイントのいずれかに該当する人です。

おすすめのランスタッド利用者

 

 

1)ハイクラスのポジションで転職を目指している人

 

まずあげられるのは、ハイクラスのポジションで転職をしたい人です。

今回ご紹介した通り、ランスタッドでは外資系企業などを中心に年収800万〜3,000万円以上の求人を取り扱っており、さまざまな可能性を提示してもらうことが可能です。

 

2)業界に精通したコンサルタントの支援を受けたい人

 

次にあげられるのが、業界に精通したコンサルタントの支援を受けたい人です。

ランスタッドは業界専任のコンサルタントが転職支援にあたってくれるので、詳しい業界事情や客観的な視点から、具体的なアドバイスをもらうことができます。

 

32030代で初めての転職を目指す人

 

次にあげられるのが、2030代で初めて転職を目指す人です。

ハイクラスだけでなく、2030代の転職支援も得意とするランスタッドでは、コンサルタントがマンツーマンでサポートをしてくれます。

転職の進め方から適性のある求人紹介まで、丁寧にサポートしてくれるので安心です。

 

4)キャリアチェンジやキャリアアップの転職をしたい人

 

次にあげられるのが、キャリアチェンジやキャリアアップの転職をしたい人です。

主に2030代の転職では、未経験業界や職種への挑戦はもちろん、これまでの経験を生かしたキャリアアップ転職も支援してくれます。

中長期的なキャリアも考え、適切なアドバイスが期待できます。

 

5)外資系やグローバル企業への転職を目指す人

 

最後にあげられるのが、外資系や日系グローバル企業への転職を目指す人です。

世界中で実績がある同社だからこそのネットワークで獲得している求人は多く、外資系や日系グローバル企業への転職支援を得意としています。幅広い業界・職種を取り扱っているので、そうした企業群の中でポジションを探すには適した転職エージェントのひとつと言えそうです。

ランスタッドを使うメリット・デメリット まとめ

 ランスタッドはハイクラスと2030代の転職という異なる2つの分野を得意としており、大手企業から中小・ベンチャー企業まで、幅広く求人を紹介できることがメリットです。一方で、国内最大手のリクルートエージェントと比較すると求人案件数が少ない点はデメリットで、求人数の多さを期待する場合には他のエージェントとの併用がおすすめです。

以上を踏まえて、ハイクラスのポジションで転職を目指している人、業界に精通したコンサルタントの支援を受けたい人、2030代で初めての転職を目指す人、キャリアチェンジやキャリアアップの転職をしたい人、外資系やグローバル企業への転職を目指す人などはランスタッドの利用を検討すると良いでしょう。