ビズリーチを使うメリット・デメリット

ビズリーチを使うメリット・デメリット

1 位 総合点 3.97 点

ビズリーチ

ビズリーチのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.97
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.58
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.85
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.23

会員制の転職サイトとして注目を集めるビズリーチですが、具体的にどのような利用メリットがあるのでしょうか。本記事ではビズリーチの利用メリットに加えて、デメリットも踏まえ、どのような人にビズリーチの利用がおすすめかをご紹介していきます。

ビズリーチを使うメリット

 まずはビズリーチを利用するメリットを見てみましょう。主にあげられるのは、以下の3点です。

自分に合いそうなヘッドハンターに相談ができる

1点目にあげられるメリットが、約2,000名いるヘッドハンターの中から自分に合いそうな人に相談ができる点です。ビズリーチではサイトの検索機能で、担当業種や経験年数などを指定してヘッドハンターを検索することが可能です。

加えて、ヘッドハンターは成約数や求人数によって「ビズリーチスコア」という評価を受けています。ビズリーチスコアはSからDまでのランクがあり、ヘッドハンターを選ぶ際の判断材料になります。

ハイクラス求人が充実している

 2点目にあげられるメリットは、ハイクラスの求人が充実している点です。ビズリーチはエグゼクティブ向けのサービスで、登録者も59%がマネジメント経験者。

採用を行う企業やヘッドハンターも、マネジメント経験者のほか高い専門性を持つ人、語学力に長けた人などをターゲットとしてビズリーチを利用しています。 

自分の市場価値を知るために利用できる

3点目にあげられるメリットが、自分の市場価値を知るために利用できるという点です。ビズリーチは基本的に有料サービスですが、面接や面談が確約されたプラチナスカウトの受信・閲覧・返信と、通常スカウトの受信は無料会員でも利用ができます。

どのような企業からスカウトがくるのか、自分の市場価値を知るために使うこともできます。

良い条件のスカウトがあれば有料会員に切り替え、ビズリーチで本格的に転職活動をはじめるという使い方もできます。

ビズリーチを使うデメリット

 次に、ビズリーチを使うデメリットにも触れておきましょう。主にあげられるのは以下の2点です。

メンバークラスの人の転職には不向き

1点目にあげられるのは、メンバークラスの人が利用した場合に起こりうるデメリットです。ご紹介した通り、ビズリーチはエグゼクティブ向けのサービス。管理職ではないメンバークラスの人は、マッチする求人が見つかりにくい可能性があります。

メンバークラスの人が利用する場合、他の転職サイトや転職エージェントと併用しながら、様子を見ることが必要です。

一定レベル以上の経験がなければ、ヘッドハンターから声がかかりにくい

もう1点あげられるデメリットは、一定レベル以上の経験がなければヘッドハンターから声がかかりにくい点です。ご紹介した通りビズリーチでは、有能なヘッドハンターに自らコンタクトを取ることが可能です。

一方で自分自身が声をかけてもらえるような経験・スキルがなければ、ヘッドハンターに連絡しても面談や求人紹介に至らない可能性があります。

これまでの経験は変えらないため、試しに利用して手応えがなければ、潔く他のサービスに切り替えることも大切です。

ビズリーチをおすすめしたい人

最後にビズリーチの利用をおすすめしたい人についてご紹介しましょう。主にあげられるのは以下4つのポイントのいずれかに該当する人です。

ヘッドハンターを自ら選びたい人

まずあげられるのは、ヘッドハンターを自ら選びたい人です。一般的な転職エージェントは、登録をするとエージェント側で担当のコンサルタント(ヘッドハンター)を決めます。

一方ビズリーチは実績などを参照して転職者側がコンタクトを取れる仕組みを持っているので、安心して依頼できるメリットがあります。

マネジメント経験を持つ人

次にあげられるのが、マネジメント経験を持つ人です。本記事でご紹介した通り、ビズリーチはエグゼクティブ向けのサービス。マネジメント経験者を採用したい企業やヘッドハンターが多く利用しているため、相性の良い求人が多い可能性が高いと言えます。

転職によって年収アップを目指す人

次にあげられるのが、転職によって年収アップを目指す人です。エグゼクティブ向けのサービスであるという点は、高年収の求人が多い特徴にもつながっています。

自分の市場価値を確かめたい人

最後にあげられるのが、自分の市場価値を確かめたい人です。ビズリーチでは企業からのスカウトが届きます。どのような企業から、どのような条件のスカウトが来るのかによって、自分の市場価値を確かめられるメリットがあります。もし手応えがあれば、ビズリーチで転職を本格的に検討することもできます。

まとめ

ビズリーチの利用メリットは、自分に合いそうなヘッドハンターに相談ができることやハイクラス求人が充実していること。また、スカウトを参考に自分の市場価値を確かめることも可能です。

一方で、メンバークラスの人は利用しても効率が悪い転職活動になる可能性があることや、一定レベル以上の経験がなければヘッドハンターから声がかかりにくいことはデメリットと言えます。

以上のメリット・デメリットを踏まえ、「ヘッドハンターを自ら選びたい人」「マネジメント経験を持つ人」「転職によって年収アップを目指す人」「自分の市場価値を確かめたい人」などにビズリーチの利用をおすすめします。