リクナビNEXTの実績

リクナビNEXTの実績

1 位

総合点 3.80 点

リクナビNEXT

リクナビNEXTのロゴ
  • 総合評価:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.80

  • 求人の量:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.76

  • 求人の質:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.68

  • 使い易さ:

    ★★★★★
    ★★★★★

    4.12

転職サイトのリクナビNEXTを使うときに、まず知っておきたいのがこれまでの実績でしょう。本記事では、リクナビNEXTの支援実績について、数値的な実績、評判や口コミ、具体的な掲載企業例など、利用前に知っておきたいポイントをご紹介します。
 

リクナビNEXTの転職支援実績

 

まずは、リクナビNEXTの転職支援実績について具体的な数字を交えてご紹介していきます。主にあげられるのは、以下の3つの内容です。

 

リクナビNEXTは会員数701万。毎週2.6万人以上が登録している

 

まずあげられるのが、サイト利用者の多さです。リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアによれば、会員数は約701万人(20174月末時点)。毎週2.6万人以上が登録する、業界最大級の転職サイトとなっています。


 

転職者の8割がリクナビNEXTを利用している

 

次にあげられるのは、数ある転職サイトの中でもシェアNo.1という事実です。リクルートキャリアの調査によれば、転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しているそうです。転職サイトの中でも圧倒的な認知度があることがうかがえます。

 

日本全国に数多くのリクナビNEXTユーザーがいる

 

最後にあげられるのが、全国に利用者がいるという点です。運営会社であるリクルートキャリアは全国に36拠点(20183月現在)を持ち、全国各地の求人を取り扱っています。そのおかげで、東京やその他首都圏の県だけでなく、全国にユーザーがいます。

 

リクナビNEXTの評判や口コミ

 

では次に、リクナビNEXTの評判や口コミについて見ていきましょう。

実際の口コミから、リクナビNEXTの特徴が表れている利用者のコメントを抜粋して紹介します。利用者のコメントからは、下記のような「スカウト機能が役立つ」「求人数が多い」「サイトやアプリの機能が便利」などのメリットと言える評判が多く見られました。

 


リクナビNEXTのスカウト機能が役立つ

 

オープンオファーを頂けると書類選考に通りやすいとの案内もあり、オファーに返信する機能を使ってエントリーしました。するとかなり難関の書類選考も突破できました。案内にも感謝です。

スカウトメールはちょこちょこ来るのでこっちから気に入った求人を選んで進めるといった形になりました。まぁ面接もあるので決まりやすいわけではないかもしれませんが、私を求めてくれている企業がこんなにもたくさんあると思うと楽に活動ができました。

 

リクナビNEXTは求人数が多い

 

リクナビネクストは求人数が多く、大手だけあって次から次へと新しい募集が出てくるので、今回ダメでもまた新着求人を見て応募しよう!次頑張ろう!と思えます。

 

“大手というだけあって求人数が多いです。私の場合事務職希望だったので、どうしても求人数が他の業種に比べて少なくなってしまうのですが、リクナビは充分な数が載っているなと感じました。

 

リクナビNEXTはサイトやアプリの機能が便利

 

リクナビネクストはアプリで応募が可能であり、キーワード検索でこまかいキーワードを広い、とある企業の専門職というかなり狭い範囲まで検索結果で表示してくれました。応募先企業も対応がはやく、メールのみで書類提出が完了し、面接まですすめることができ、スムーズに転職ができました。

リクナビNEXTで履歴書と職務経歴書はデータを打ち込むと簡単に作れるのはとても良いと思います。その履歴書と職務経歴書はパソコンにダウンロードできるので、他の転職サイトなどでも活用できるので、まずはリクナビNEXTで履歴書と職務経歴書を作る良いのではないかと思います。

 

リクナビNEXTの掲載企業の紹介

 

最後に、リクナビNEXTの掲載企業の実例をご紹介します。
 
《掲載企業例》※2018年3月16日PickUp求人より
・アクセンチュア株式会社
PwCコンサルティング合同会社
・西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)
・株式会社クボタ
・株式会社旺文社
・日本弁理士会
・株式会社ファンケル
・ビー・エム・ダブリュー株式会社(BMW

このように、多くの人がその名を知る大手企業はもちろんのこと、100名以下の従業員数の中小企業・ベンチャー企業まで幅広い求人を取り扱っています。掲載企業の業種も幅広く、サービス業、メーカーなどを筆頭に、あらゆる業界の企業の掲載実績があります。

《掲載企業の業種割合》※2017年1〜3月実績
・サービス業:16%
・不動産・建設系:16%
・メーカー系(素材・医薬品他):11%
・流通・小売系:10%
IT・通信系:9%
・マスコミ系:9%
・メーカー系(電気・電子・機械系):8%
・商社系(総合商社・素材・医薬品他):5%
・専門コンサル系:5%
・商社系(電気・電子・機械系):4%
・金融・保険系:2%
・その他:5%

(参考情報:リクナビNEXTの特長|中途採用なら採用成功ナビ, http://www.direct-recruiting.jp/topics/shohin/rikunabi-next/features/)

このように掲載企業は業種の大きな偏りがなく、さまざまな求人を取り扱っていることがうかがえます。

 

リクナビNEXTの実績 まとめ

 リクナビNEXTは会員数701万の業界最大級の転職者サイトで、転職者の8割が利用するほどシェアが高いサイトです。日本全国をカバーしている点も地方在住の転職者にとって便利なポイントです。実際の利用者からは、「スカウト機能が役立つ」「求人数が多い」「サイトやアプリの機能が便利」といった前向きな口コミが多く寄せられ、実際に転職に役立っていることがわかります。掲載企業は大手企業から中小企業まで幅広く、あらゆる業界の求人を取り扱っています。今回ご紹介した通り多くの人に利用されているサイトなので、転職活動をはじめる際には、まずリクナビNEXTへ登録しておくことをおすすめします。