マイナビエージェントを使うメリット・デメリット

マイナビエージェントを使うメリット・デメリット

1 位

総合点 4.12 点

マイナビエージェント

マイナビエージェントのロゴ
  • 総合評価:

    ★★★★★
    ★★★★★

    4.12

  • コンサル:

    ★★★★★
    ★★★★★

    4.12

  • サポート:

    ★★★★★
    ★★★★★

    4.36

  • 求人量質:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.97

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する全国展開の転職エージェントです。各業界専門のキャリアアドバイザーが転職者のサポートにあたり、具体的なアドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けることができます。

 

今回は、マイナビエージェントを利用するメリットと、一方でどのようなデメリットがあるのかを紹介します。どのような人におすすめなエージェントなのかを理解し、転職活動に役立てましょう。

 

マイナビエージェントを使うメリット

 

マイナビエージェントを利用する代表的なメリットとして、以下の3つがあげられます。

応募書類添削や面接対策などの選考対策に力を入れている

 まずあげられるのが、選考対策に力を入れているという点です。

・応募書類添削
キャリアアドバイザーが、企業が書類のどの部分に注目しているのか客観的な視点でアドバイスを提供しています。アピール力の高い応募書類により、書類通過率もアップします。

・面接対策
身だしなみや話し方といった基本的な内容から、応募企業の過去の質問例も含めた質疑応答の練習まで、幅広い内容について模擬面接を通じて準備が可能です。

一人で転職活動をするのでは得られない情報を、転職サポートを通じて提供してくれるため、安心して面接に臨むことができます。

 

マイナビエージェントには独占求人が多い

 

次にあげられるのが独占求人の多さです。独占求人とは、企業がマイナビのみに募集を依頼している求人を指します。実はマイナビグループの転職情報サイト「マイナビ転職」では数多くの企業と取引実績があり、「マイナビ転職」サイトの約8割がマイナビ独占求人。このリソースを活用し、マイナビエージェントにおいても、独占求人が多いことがうかがえます。

マイナビエージェントまだ登録者数が多くないため、手厚いサポートが受けられる

 


マイナビエージェントは2002年から人材紹介サービスを開始(※)しており、他の大手転職エージェントよりは後発です。そのため業界大手のリクルートエージェントやDODAに比べると、まだ登録者が多くありません。

しかしこれは、転職者にとってはメリットでもあります。キャリアアドバイザーが転職者一人ひとりに時間をしっかりと使って、カウンセリングや選考対策を実施することが可能となっています。


(※開始当時は毎日コミュニケーションズ キャリアバンク事業部としてサービスを提供)

また、大手転職エージェントではサービスの提供期間を定めていることが多い一方で、マイナビエージェントでは無期限でサービスを提供しています。転職者が納得いくまでサポートを続けてくれます。これも登録者数が他社と比べてまだ少ないからこそのメリットと言えます。

 

マイナビエージェントを使うデメリット

 

次に、マイナビエージェントを使うデメリットにも触れておきましょう。主にあげられるデメリットは、ハイクラス求人が他社と比べると少ないという点です。

オフィシャルサイトの情報によると、201839日時点でのハイクラス求人数は1,785件。年収1,000万円以上のハイクラス非公開求人18,492件所持するリクルートエージェントなどと比較すると少なく、弱いポイントと言えます。


この実態に影響している事柄として考えられるのが、ユーザーの年齢層です。マイナビエージェントのユーザーは70%以上が35歳以下となっており、採用を行う企業もその層が中心であるという前提のもと、求人をマイナビエージェントに依頼しているものと考えられます。

全くハイクラス求人がないというわけではありませんが、高年収や管理職のポジションを希望している人にとっては、あまり相性は良くないかもしれません。

マイナビエージェントをおすすめしたい人

 ここまでご紹介したメリット・デメリットを踏まえ、マイナビエージェントの利用をおすすめしたいのが以下の内容に該当する人です。

はじめての転職で選考に不安がある人

 

まずあげられるのは、今回がはじめての転職という人です。はじめての転職は何からはじめたら良いかわからなかったり、具体的にどのような準備が必要なのかわからなかったりするのが普通です。

マイナビエージェントは選考対策に強みがあり、一人ひとりの面談も丁寧に行ってくれますので、はじめての転職で不安が多い人にとって最適なエージェントの1つと言えます。

 

20代〜30代半ばで転職を検討している人

 

マイナビエージェントのユーザーは約6割が2535歳です。そのため、この年代の求人が特に豊富となっています。加えて、マイナビだけが持つ独占求人も多いため、この年代の人は特に他のエージェントでは出会えない求人に巡り会えるチャンスが大きいと言えます。
 

マイナビエージェントを使うメリット・デメリット まとめ

 マイナビエージェントは選考対策に力を入れていることに加え、独占求人の多さサポートの手厚さなどのメリットがあります。一方で、ハイクラスの求人が少ない点はデメリットです。

以上のことから、はじめての転職で充実したサポートが欲しい方や20代〜30代半ばで転職をしたいと考えている人におすすめのエージェントです。自分の転職に関する志向や状況に合っている場合は、マイナビエージェントの利用を検討してみましょう。