DODAの求人の種類

DODAの求人の種類

10 位

総合点 3.34 点

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスのロゴ
  • 総合評価:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.34

  • コンサル:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.33

  • サポート:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.21

  • 求人量質:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.37

 

DODAの求人の種類

まずは、DODAエージェントで紹介される求人の特徴を見てみましょう。主にあげられる特徴は、以下の3点です。

毎週4,000件以上の新着求人がある

はじめにあげられるのが、毎週新着求人が4,000件以上あるという点です。DODAエージェントでは毎週月・木曜に求人情報が更新されており、新しい求人が数多く掲載されています。DODAは数多くの企業と取引があり、さまざまな業界・職種の求人情報を得ることのできるサイトと言えます。

さまざまな特集から求人を探すことができる

《求人特集の例》
・もう最後の転職にしたい。定着率が高い企業の求人特集
・仲間がいるから安心!中途入社の社員が活躍中の企業
・業界未経験者歓迎の金融業界求人特集
・未経験・第二新卒者も歓迎!英語力を活かせる求人

参考情報:DODAエージェントで公開中の注目求人を探す!今週の求人特集 |転職ならDODA

このようにDODAエージェントでは希望の条件、業種、スキルなどの多種多様な切り口で求人を紹介しています。求人件数が多いことはDODAエージェントの強みですが、その分利用者からすると、自分にマッチする種類の求人を探し出すことが大変なのも事実です。求人特集を活用することで、自分の理想に近い求人を探してみることをおすすめします。

転職サイトから転職エージェントの求人も見つけることができる

DODAエージェントが他社と違う特徴として、転職サイト(求人情報サービス)と転職エージェントサービスが同じブランド名・同じプラットフォーム(ウェブサイト)で提供していることがあげられます。そのため転職サイトの検索結果には、転職エージェントの公開求人も含まれます。数多くの選択肢からベストな求人を探したいという人にとっては、使いやすいポイントと言えます。

なおDODAエージェントでは、転職エージェントの案件の場合応募ボタンに「応募する(エージェントサービス)」と記載されていますので、見分けがつきます。

DODAエージェントの利用者の特徴

数多くの求人や特集を持つDODAエージェントですが、どのような人が多く利用しているか、という点にも注目してみましょう。DODAエージェントの利用者について、主にあげられる特徴は以下の3点です。

7割が20代〜30代前半

まずあげられるのが、年齢層の特徴です。DODAのオフィシャルサイトの情報によれば、24歳以下が19.1%、25歳〜29歳が29.8%、30〜34歳が18.3%で、合計67.2%が20代〜30代前半となっています。

サービス、メーカー、小売・外食業界経験者が多い

 次に、経験業種を見てみましょう。

・サービス:26.6%
・メーカー:17.5%
・小売・外食:13.1%
IT・通信・インターネット:7.8%
・メディカル:6.1%
・メディア:5.9%
・金融5.8%
・商社・流通:5.8%
・その他:12.3%

参考情報:求人広告・転職サイト掲載サービス|DODA中途採用をお考えの法人様へ

特に多いのが、サービス、メーカー、小売・外食3業種です。この3業種だけで登録者の過半数を占めますが、登録者数自体は国内トップクラスですので、他の業種経験者も、実際には数多くの人が登録していると言えます。

営業職、販売・サービス系、事務系職種経験者が多い

 次に、経験職種を見てみましょう。

・営業:21.1%
・販売・サービス系:19.9%
・事務系職種:13.8%
・企画・管理系職種9.5%
・技術系職種(機械・電気・組み込み):7.7%
・技術系職種(IT・通信):6.3%
・技術系職種(建築・土木・プラント・設備):5.5%
・クリエイティブ系職種:4.1%
・医療系専門職種(医療・介護・福祉):3.5%
・公務系職種(公務員・教員・農林水産関連):3.1%
・技術系職種(素材・化学・食品・その他):1.7%
・技術職(食品・香料・飼料):1.5%
・専門職種(コンサルタント・マーケティング・不動産・士業系):1.1%
・金融関連専門職種:0.7%
・技術職(組み込みソフトウェア):0.5%

参考情報:求人広告・転職サイト掲載サービス|DODA中途採用をお考えの法人様へ

特に多いのが営業、販売・サービス系、事務系職種。この3職種を合計すると、過半数を占めます。一見それ以外の職種経験者は少なく感じられるかもしれませんが、DODAの情報は非常に細分化されているため、それぞれの職種経験者が一定数登録していると捉える方が実態に近いでしょう。

DODAエージェントへ企業が求人を掲載する仕組み

DODAエージェントが扱う求人の特徴を把握するために、DODAの求人案件掲載の仕組みにも触れておきましょう。

DODAでは、求人広告のボリューム、記載可能内容、写真の表示サイズなどによって5つの広告プランがあり、求人を載せたい企業は予算や目的に応じてプランを選びます。一般的には「求人案件の内容が詳細・ボリュームが多い=採用に予算をかけていて求人に力を入れている」と考えられます。転職先候補を選ぶ際に、ひとつの参考にすると良いでしょう。

一方で、広告内容のボリュームが少なくても実は優良企業であるケースもあります。DODAエージェントには掲載企業が多いので、前述の求人特集を利用して探したり、検索機能を活用して絞り込んだりして、自分の理想に近い企業がないか探してみましょう。

DODAエージェントの求人の種類 まとめ

DODAエージェントでは毎週4,000件以上の新着求人があり、求人数の多さは業界最大級です。さまざまな種類の求人特集から求人を見つけられることに加え、DODAエージェントサービスの求人もサイト上で見つけられるのは、DODAならではの特徴です。

利用者は約7割が20代〜30代前半で、業界はサービス、メーカー、小売・外食経験者、職種は営業職、販売・サービス系、事務系経験者が多い傾向にあります。しかし登録者数自体が多く他の業界・職種経験者も一定数の登録があり、DODAエージェントでは幅広い業界・職種の求人を扱っていることがうかがえます。

企業側がかけるコストが高いほど求人情報のボリュームがあるため、採用に力を入れている企業かどうか判断する材料にもなります。