リクルートエージェントの求人の種類

リクルートエージェントの求人の種類

2 位

総合点 3.94 点

リクルートエージェント

リクルートエージェントのロゴ
  • 総合評価:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.94

  • コンサル:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.80

  • サポート:

    ★★★★★
    ★★★★★

    3.74

  • 求人量質:

    ★★★★★
    ★★★★★

    4.12

リクルートエージェントを利用した転職を検討している人にとって、気になることのひとつが、「どのような求人があるのか」という点でしょう。そこで本記事では、リクルートエージェントの求人について職種・業界の観点からの特徴にはじまり、利用者の特徴や登録方法までをご紹介していきます。

 

リクルートエージェントで紹介される求人企業の特徴

 

まずは、リクルートエージェントで紹介される求人の特徴について職種と業界という2つの観点から見てみましょう。オフィシャルサイトの情報によれば、それぞれの職種と業界の採用決定比率は以下の通りです。

 

 

リクルートエージェント利用者の《転職決定者の職種比率》

 
・営業:26.8%

IT・通信系エンジニア:14.2%

・事務系スペシャリスト(経理除く):12.9%

・電気・機械・化学エンジニア:12.2%
・医薬品営業・MRMS5.8%
・インターネット専門職:5.0%
・アシスタント職:4.3%
・経理・財務:3.9%
・建設・設備・土木・不動産関連職:3.0%
・医薬品・食品・生物エンジニア:2.5%
・品質管理・生産管理:2.0%
・金融スペシャリスト:0.5%
・その他:7.0%

 

リクルートエージェント利用者の《転職決定者の業種比率》

 
IT・通信:20.7%
・医薬:12.3%
・機械・輸送機器:10.9%
・流通・接客・貨物:9.8%
・化学・素材:8.2%
・建設・不動産:7.2%
・電子・電気:6.3%

・マスコミ:5.9%
・金融4.9%
・食品・アパレル・日用品:4.9%
・商社:2.4%
・半導体:1.9%
・その他:4.6%

(出典:転職実績データ│サービス紹介|転職のリクルートエージェント, https://www.r-agent.com/service/data/)

職種・業界ともに、多少のばらつきは確かにあります。とはいえリクルートエージェントは業界最大の年間約3万人の転職を支援していることを加味すると、どのような希望職種・業界であってもサポートが可能であることがうかがえます。

また、具体的な紹介企業例としては下記のような企業があげられます。


リクルートエージェントの《紹介企業例》

 
・アステラス製薬株式会社

・シーメンス・ジャパン株式会社

・日産自動車株式会社

・野村証券株式会社

・富士ゼロックス株式会社

・株式会社ボストン・コンサルティング・グループ など


これらはほんの一例ですが、リクルートエージェントでは多くの人がその名を知る大企業から、中堅・中小企業に至るまで幅広い企業の求人を扱っています。また、日系企業だけでなく外資系企業の求人も多く取り扱っています。
 

リクルートエージェントの利用者の特徴

 次に、リクルートエージェントの利用者の特徴について、ご紹介していきます。主にあげられる特徴は、以下の3点です。

(1)登録者の約70%が26歳〜35歳

オフィシャルサイトの情報によると、登録者のうち26歳〜30歳が44%、31歳〜35歳が26%、合計すると実に約70%がこの世代となっています。

ただし、リクルートエージェントは国内最大級の転職エージェントであるため、比率として少ない世代であっても、その実数は他社に比べて多いというケースも十分考えられます。どの世代においてもこれまでの支援実績やノウハウ、求人情報は多いエージェントですので、まずは相談してみることが大切です。

(2)サービス登録者数は約50万人

リクルートエージェントにおける2016年度のサービス登録者数は約50万6000人で、業界最大規模です。この点が転職者にとってメリットになるのは「求人が集まりやすい」という点です。企業側の視点から見ると、「登録者数の多いリクルートエージェントに依頼すれば採用ができるのでは」という期待を持って求人を依頼します。また、長年の実績から企業からの信頼も厚く、実際に他社よりも紹介求人が多いという口コミも数多く見られます。

(3)エンジニアの転職者の利用も多い

前項の職種別の転職決定率を見ると、エンジニアの転職者の利用も多いことがうかがえます。IT・通信系エンジニア(14.2%)、電気・機械・化学エンジニア(12.2%)、医薬品・食品・生物エンジニア(2.5%)の合計は28.9%、実に3割近くに上っています。こうした職種においても、リクルートエージェントから転職サポートを受けるメリットがあると言えそうです。

 

リクルートエージェントの登録方法

 最後に、リクルートエージェントの登録方法についてご紹介しましょう。

まずは、下記の申し込みフォームから情報を入力することで登録が可能です。

 

1)転職に期待することを入力
・転職希望時期
・希望勤務地
・現在の職種
・現在の年収
・メールアドレス

2)プロフィール情報の入力
・氏名
・性別
・生年月日
・住所
・電話番号
・最終学歴

入力事項は他のエージェントと比較して少なめですので、最短23分程度で登録ができます。登録後、その内容に従って現在の求人状況をリクルートエージェントが確認し、電話もしくは対面での面談を実施した上で具体的な支援がスタートします。全国各地に拠点があるというのも安心できるポイントです。

リクルートエージェントの求人の種類 まとめ

 リクルートエージェントでは、転職決定者の中でも職種は営業職、業界はIT・通信系が多いのが特徴。ですが年間約3万人の転職が決定しているという点を考えると、幅広い職種・業界の転職に満遍なく役立つことがうかがえます。

サービス登録者約50万人のうち約70%が26歳〜35歳ですが、国内最大級の転職エージェントであることから、その他の世代でも十分に利用価値があります。