転職エージェントランキング|-転職のプロが運営するサイト-

転職エージェントランキング

◆実際の利用者から評価の高い転職サービスTOP3!
会社名 総合満足度
マイナビエージェント
詳細はこちら
満足度4点/5点満点
4.12点
(口コミ57件)
詳細を見る
リクルートエージェント
詳細はこちら
満足度3点/5点満点
3.94点
(口コミ109件)
詳細を見る
アイデムスマートエージェント
詳細はこちら
満足度4点/5点満点
3.84点
(口コミ21件)
詳細を見る

もし、「転職エージェントどこにしよう?」と迷ったらこの3つはオススメ!登録しておいて間違いありません(断言!)

 マイナビエージェント:利用者満足度がもっとも高く、年収が20%アップしている転職者が続出!

 リクルートエージェント:圧倒的な求人数。どの年代・地域においても強い

 アイデムスマートエージェント:穴場的なエージェント。大手ではないような求人も多数有

『もっと条件を絞ってエージェントを比較したい!』という方はコチラ↓↓

条件でエージェントを検索

転職エージェントの選び方

自分にあった転職エージェントを選ぶのは意外と難しいものです。エージェントを利用するのが3回目以上の方は「相性が合う合わない」がはっきりしていかもしれませんが、そうでない方は登録してみなければ分かりません。

ですから、実際の利用者満足度が圧倒的に高いマイナビエージェント求人数が圧倒的に多いリクルートエージェントの2つに登録しつつ、希望する業界や職種に強いエージェントを探すのが転職成功へのカギとなります。3社以上に登録をして自分に合っているエージェントを見極めるのが大事!

その他、中小や個人のエージェントは求人数が少ない上に、自社の利益に走りがちなのであまりオススメできません。

選び方のポイント
 マイナビとリクルートは必ず登録!
 希望する業界・職種に強いエージェントに登録
 3社以上登録をして自分で見極める
 中小(個人)のエージェントはメインで使わない

誰にでもオススメできる転職エージェントは存在しない

矛盾するかもしれませんが、誰にでもオススメできる転職エージェントは存在しません。

各転職エージェント会社には特徴がありますし、得意分野があれば苦手分野もあります。また、求職者と担当者との相性もとても大事で、マッチすれば転職後のキャリアまで真剣に考えてくれるキャリアカウンセラーと出会えます。

しかし、いくら大手のエージェントといっても求職者100名に同じクオリティのサービスが提供するなんてことはできません。大事なのは「求職者1人1人が転職エージェントを見極める」ということが転職成功へのカギとなります。

3社以上に登録しておくと、各エージェントを簡単に比較することができますし、内定後の年収交渉も簡単にできるんです。

3社以上に登録すべき理由
 各エージェントを簡単に比べられる
 合わないエージェントは切り捨てられる
 年収などの条件交渉が簡単にできる

転職活動は時間もかかりますし、精神的な負担も大きい為に途中で妥協してしまう人も少なくありません。(この会社、条件でまぁいいか…と)

でも、自身のキャリアを構築していく第一歩になりますからできるだけ効率よくエージェントから情報をもらい、自分自身で判断をしていくことがとても重要になってきます。ベストワークが誰かのエージェント選びの参考になれば幸いです。

転職エージェントのランキング

1 位 総合点 4.12 点

マイナビエージェント

マイナビエージェントのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.12
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.12
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.36
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.97
マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手転職エージェントの中では中規模ではありますが、利用者満足度は圧倒的に高いエージェントと言い切れます。転職エージェントを利用して転職活動をしようと考えているのであればまず登録しておくべきエージェントです。(というか…登録しないと損します)

 20代の転職(第二新卒)
 転職が3回目以内の方
 他のエージェントに不満を持っている方

このどれかに当てはまるのであれば、必ず登録して下さい。
『3分簡易登録』はこちら!マイナビエージェントは「求職者が本当に選択すべき道」を一緒になって真剣に考えてくれますので、無理やり求人を押し付けることはありません。本当にベストな道であれば「今は転職すべきではありません」と助言してくれることもあります。

各エージェント特徴・特色は様々で「できるだけ求人を多く紹介して求職者に選んでもらう」というスタイルもあれば「ゴリ押ししてくるスタイルもあります」マイナビエージェントは社風としても落ち着いている傾向が強い為に、「求職者とじっくり話をして最善のサポートをする」という意識を社員全員が持っています。

以前、転職エージェントに登録をしたけど満足できるサポートがなかった、転職したら希望とは全く違う職場だったという方にもオススメできるエージェントですのでまずは登録をして情報収集をしてください。

エージェントを利用して転職する場合、3社以上の登録をして比較しながら活動をすることをオススメしますが、3社のうちマイナビエージェントへの登録は外さないでください。利用者満足度でエージェントを選ぶのであれば、マイナビエージェントは外せません!
公式サイトへ

※マイナビエージェント説明はものすごーく長いので、気になった目次をクリックして下さい!

目次

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェント 

マイナビエージェントは転職エージェント業界ではリクルートやdodaに次いで業界3、4番手ですが、1位のリクルートや2位のdodaと比べると規模も扱う求人数も大きく引き離されているのが現状です。

実は、大手と比べると『登録者が少ない』転職エージェントなんです。

一見、デメリットに感じる人もいるかもしれませんが、登録者が少ない分、1人1人の転職希望者にかける時間は大手よりも多く取ることができます。サポートが丁寧な分、利用者満足度が高いというのが最大のメリットと言えるでしょう。

マイナビエージェントを利用するメリット・デメリット、利用する上で注意した方がいいポイント、マイナビ転職との違いなど分かりやすく解説していきますので、是非参考にしてください。

マイナビエージェントの特徴・総評

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴はこちら。

特徴
 丁寧なサポートで満足度が高い
 独占求人が多い
 20代・女性にもオススメできる

一言で言うと、面談の丁寧さ、サポートの丁寧さは業界トップクラスのエージェントです。

求人数や規模だけで見ると、リクルートエージェントやdodaエージェントの方が上と言えますが、利用者満足度は常に高く、大手の中で最も高いと言っても過言ではありません。

ですから転職が初めての20代や転職回数が少ない30代は強い転職エージェントと言われています。また女性のキャリアアドバイザーも多いために女性の転職希望者にもオススメできます。

求人数は業界3、4番手だけど、利用者満足度が最も高いのがマイナビエージェントの特徴と言えます。 

さらに詳細をみる

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

意外と知られていないのが、マイナビエージェントとマイナビ転職の違いです。同じサービスだと思っていませんか?

比較表

マイナビエージェントとマイナビ転職は事業部が違うために扱っている求人も違います。(両方に同じ求人が繋がっていることはありますが、基本的には別物)

ですからマイナビエージェントにあって、マイナビ転職にない求人はたくさんあるんです。マイナビエージェントには面談~仕事紹介、面接設定、条件交渉などキャリアアドバイザーが行ってくれますが、マイナビ転職はエントリー後の対応は全て自力で行わなければいけません。

また各事業部の営業スタイルが全く違います。(収益構造)

両者の違い
マイナビエージェント:登録者を自社経由で転職させると手数料として年収の約30%もらえる

マイナビ転職:転職サイトですから、求人を掲載すると料金が発生するシステム。エントリー社が求人にエントリーするかしないかは売上に関係ない(大量募集系が多い)

簡単に言うと、マイナビ転職はできるだけ大勢の人に登録してもらえるような求人を集めてきて、エントリーしてくれるような広告を打ち出します。1名2名の採用ではなく、会社全体で20名、30名募集といった求人が目立ちます。

一方でマイナビエージェントは登録してきた求職者に対して、条件に近い求人(会社)を紹介をします。部署によって求人も異なりますので、採用人数は1つの求人で1名(多くて数名)ぐらいです。

営業スタイルの違いをみると、扱っている求人が全く違うのも納得できます。

マイナビエージェントかリマイナビ転職のどっちが良いかというと人によって違いますが、転職が初めての人・自分の市場価値がわかっていない人は転職サイトはオススメできません。

転職サイトはある種、求人広告を載せるだけですから良い内容を目立たせます。「想定年収」などにおいても、350万円~1000万円などと書いてある求人も多く、転職するには情報が乏しいケースが多いのです。

エージェントサービスはキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動をするために、求職者の条件に合った求人を紹介してくれます。

行きたい会社がもう決まっている、転職活動において全て自力でやりたい、自己分析は完璧で将来のキャリアプランにも自信がある方は転職サイトの方がオススメですが、上記以外の方は転職エージェントを利用するか、転職サイトと転職エージェントを併用すると良いでしょう。

マイナビ転職の詳細・口コミはコチラ

公式サイトへ

マイナビエージェントのメリット

メリットデメリット

マイナビエージェントを利用する上での大きなメリットは3つ!

・独占求人が多い(特に中小企業)

マイナビエージェントは中規模、小規模の求人数が多いのが特徴です。リクルート、dodaと比べると総求人数は少なくなってしまいますが、この2社が抱えていない求人を独占していることが多くあります。マイナビブランドで独自で開拓しているため、他社とバッティングするケースが大手よりも少ないのが特徴です。

他のエージェントが狙っていない地元の優良企業求人情報も数多く保有しています。

・20代(第二新卒)の転職に強い

マイナビエージェントが力を入れいるのが20代や第二新卒の層です。求職者の年収が高ければ高いほど転職エージェント側は儲かる仕組みになっていますので、他のエージェントは「高年収層」「ハイキャリア層」のサポートを中心に考えていますが、マイナビはあえて「第二新卒層」を狙っています。

ということは…20代、第二新卒に関しては大手2社よりも強いエージェントと言えるでしょう。

・キャリアアドバイザーのサポート対応が丁寧

これは「大手よりも登録者が少ない」ことに関係してきますが、求職者1人1人への対応が丁寧で転職後のミスマッチが少ないことも大きなメリットです。

転職エージェントはできるだけ多くの求職者と面談をして、仕事を紹介した方がより多く転職させることができ、自社の売上がアップします。

しかし、マイナビエージェントの社風は「売上よりも求職者の転職成功」を優先的に考えており、求職者が納得いくまでサポートをしてくれると有名です。

転職が初めてな方や、自分の経歴に自信がない方などは特にオススメできる転職エージェントと言えるでしょう。 

メリット
・中小企業の独占求人が多い
・20代、第二新卒の転職に強い
・キャリアアドバイザーのサポートが丁寧

マイナビエージェントに転職支援を申し込む

マイナビエージェントのデメリット

マイナビエージェントを利用する上でのデメリットは3つ!

・登録場所が限られている

マイナビエージェントの拠点は東京(京橋)、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡のみです。拠点に行くことが難しい方は電話での面談、仕事紹介になってしまいます。

・キャリアアドバイザーにムラがある

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーへの満足度は比較的高いのですが、中には「キャリアアドバイザーの業界知識が足りなかった」という声も上がっています。

他のエージェントと比べると若いキャリアアドバイザーも在籍しているため、人によっては業界知識が足りてないという印象を受けることもあるかもしれません。

・40代以降の転職には強くない

マイナビエージェントは若年層(20代、第二新卒)の転職が強いために、年齢が高めの方の転職にはそこまで強くありません。

絶対に紹介されないわけではありませんが、「40代」「ハイキャリア層」の方は思うような求人が紹介されないと不満に思うこともあるでしょう。

デメリット
・面談できる場所が限られている
・アドバイザーの質にムラがある
・40代以降の転職には強くない可能性あり

  さらに詳細をみる

マイナビエージェントと大手エージェントの比較

選ぶ

マイナビエージェントと他の大手転職エージェントにどんな違いがあるのか比較していきましょう!まずはエリア、求人数などの基本情報から。

大手エージェント6社を比較

比較表

マイナビエージェントと他の大手エージェントを比べた時に、評価が高いのは「求人の質」「キャリアアドバイザーのサポート」「利用者満足度」です。

また他の大手エージェントと比べて評価が低いのが「求人数」になります。

ここからは具体的に各エージェントと比べて何が勝っていて、何が劣っているのか比較しながら見ていきます。

リクルートエージェントと比較

『マイナビエージェント』と『リクルートエージェント』を比較していきます。

まず、大きく違うところは規模です。リクルートエージェントは転職エージェント業界で1位、マイナビエージェント3~4位ということから抱えている求人数、登録者数は圧倒的にリクルートの方が多いと言えます。

紹介される数もリクルートエージェントの方が多いでしょう。

ただ、リクルートエージェントの対応はドライな対応が多いとも言われており、寄り添った転職支援を希望している人にとってはマイナビエージェントの方が合っていると言えます。 

リクルートエージェントとの比較
リクルート:求人数が多い、若干ドライな対応が目立つ

マイナビ:求人の質が高い、サポートが丁寧

パソナキャリアと比較

『マイナビエージェント』と『パソナキャリア』を比較していきます。

パソナキャリアはマイナビエージェントと似ている部分が多く、丁寧なサポートが評判のエージェントです。紹介数は大手ほど多くはありませんが、質の高い(希望に近い)求人紹介が期待できます。

ただ、年齢に関しては30代、40代のハイキャリア層などが強く、マイナビエージェントが得意としている20代、第二新卒層はそこまで得意としているわけではありません。

満足度に関してはどちらも期待できますので、登録しておいて損はないエージェントと言えるでしょう。

パソナキャリアとの比較
パソナキャリア:サポート丁寧、30代、ハイキャリア層に強い

マイナビ:サポート丁寧、20代、第二新卒に強い

dodaエージェントと比較

『マイナビエージェント』と『dodaエージェント』を比較していきます。

dodaエージェントは転職エージェント業界2番手ですのでリクルートエージェントと似ており、求人数が多く、より多くの紹介が期待できるエージェントです。

丁寧さ、サポート満足度に関しては、若干重要視していない部分もあり、キャリアアドバイザーによってはドライな印象を受ける可能性があります。

こちらも丁寧さを求めるならマイナビエージェントをオススメします。

dodaとの比較
doda:求人数は多い、質より数タイプ

マイナビ:丁寧なサポートが得意、量より質タイプ

Spring転職(アデコ)と比較

『マイナビエージェント』と『Spring転職(アデコ)』を比較していきます。

アデコは外資系企業ですから外資系の求人には強く、求人数も多いです。利用者満足度においては「良かった」「良くなかった」が半々ぐらいですので、担当するキャリアアドバイザーによって満足度は分かれそうです。

満足度だけで比べるとマイナビエージェントの方が高いでしょう。

アデコも登録者に人数はリクルートやdodaよりかは少ないので穴場な転職エージェントと言えます。

Spring転職との比較
アデコ:外資系の求人に強い、穴場なエージェント

マイナビ:外資系の求人は強くない、満足度は高い

ランスタッドと比較

『マイナビエージェント』と『ランスタッド』を比較していきます。

ランスタッドは世界的には有名な企業ですが、日本での転職エージェントジャンルではいまいち…でも外資系や一部の大手企業の求人は多いと言われています。

日本での転職支援に力を入れてきたのは最近ですので、利用者満足度はあまり高くありません。丁寧さを求めるならマイナビエージェントの方が良いでしょう。

ランスタッドとの比較
ランスタッド:外資に強い、満足度はそこまで高くない

マイナビ:外資系は強くない、サポートは手厚い

他の転職エージェントと比較して(総評)

大手の転職エージェント5社とマイナビエージェントを比較すると、抱えている求人数においては少ないと言えるでしょう。ですから「できるだけ多くの求人を紹介してほしい」という方は若干不満に思うこともあるかもしれません。

一方で、「紹介される求人の質」「キャリアアドバイザーのサポート」「利用者満足度」は他のエージェントよりも高く、求職者に寄り添ったサービスが強みです。

40代、年収が高いハイキャリア層はマイナビエージェントよりもリクルートエージェント、dodaなど最大手と呼ばれるエージェントに重点をおいて転職活動をすると良いでしょう。

20代、第二新卒、30代など「転職初めて」「転職回数が少ない」求職者は丁寧なサポートが際立っているマイナビエージェントをオススメできます。 

転職エージェントによって特徴・強み・弱みもそれぞれです。自分がどんな転職活動をしたいか考えて選びましょう。

もし、考えるのが面倒な方は、マイナビエージェント、リクルートエージェント、dodaエージェント、パソナキャリアの4社に登録をして取捨選択するやり方をオススメします。

大手エージェント比較(総評)
他エージェント:マイナビよりも求人数は多い

マイナビ:求人の質、丁寧なサポートは業界トップクラス

  公式サイトへ 

マイナビエージェントの口コミ・評判

口コミ

転職エージェントを利用する際に是非参考にして頂きたいのが「実際に利用した人の口コミ」です。

利用者はどんなポイントに満足をして、どんなポイントに不満を抱いているのかが具体的に書かれていますので是非参考にしてください。

評判の良い口コミ

まずはマイナビエージェントを利用して評価が良かった口コミをご紹介します。

pick up:圧倒的な情報量と、確かなキャリアコンサルティング
評価:★★★★★5
コンサルティング業界で働いています。仕事上、転職エージェントの方とはほぼ常にコンタクトを保っていますが、自身の転職でも、いくつかのエージェントの中からマイナビエージェントの方にご支援をいただき転職しました。

実際にいち転職者として、マイナビエージェントにご支援いただき特に優れていると感じたことは主に2点あります。
1点目は情報量の圧倒的な多さです。選考課程で質問される事項について過去事例を詳細に把握しており、次回面接で問われることについて相当な精度での予測ができていることから、事前に対策をすることが可能でした。 業界の採用担当の方と綿密にコミュニケーションをとり情報を吸いあげていると伺っています。

2点目はキャリアコンサルティング能力が高いことです。 今回の転職に限った話ではなく、将来的なキャリアの目標、実現に向けた現在のスキル状況等をベースとしてとるべきキャリア戦略について事例を交えながらご説明いただくことができました。

転職後の現在も定期的にお時間をいただき、キャリア形成に向けて社内でどのようなプロジェクトにどのような目的意識をもって取り組めば良いかご指導いただいております。 総じて、コンサルティング業界出身者が転職エージェントに転身されていることがマイナビエージェントの強味であり、他社にはない魅力だと考えています。
pick up:短期間で4社から内定をいただけました
評価:★★★★★5
初めての転職で、マイナビエージェントを利用しました。

転職活動をするにあたっての会社選びは本当に大事です。
マイナビ転職は本当に他社と比べて案件数と多いので、多くの選択肢の中から企業選びをすることが出来ました。

実は、私は子どもがいたので残業ができない、という制限があり、残業なしの会社で、かつ子どもの送迎の事を考えて家から30分圏内の会社を選びました。

そんな条件のいい会社の求人があるのか少し不安でしたが、調べてもらったところ多くの会社がヒット。そこから受けたいと思った会社を選んでエントリーシート、面接の練習をしました。

エントリーシートもマイナビの担当者の方がしっかりチェックし、赤ペンを入れてくださったり、直接アドバイスをしてくれました。丁寧なアドバイスと修正を重ねて、内容の濃いエントリーシートが出来ました。内容の良いエントリーシートを書く中で自身の転職意志も明確になってきて、安心して面接受けることができました。

おかげさまで、転職活動を始めて2ヶ月くらいで4社の内定をいただきました。多くの企業からの内定をもらえて本当に満足しています。転職活動は難しいと思い込んでいましたが、私のような制限があっても、内定を貰えて本当に良かったです。
20代、男性、年収350万、営業
評価:★★★★★5
何社かエージェントに登録していますが、マイナビが一番丁寧に話を聞いてくれました。それに紹介される求人も希望に近いものが多く、結果的に一番使えたエージェントです。
20代、女性、年収400万、保険営業
評価:★★★★☆4
紹介してくれる会社は私に合っているものが多く、転職して年収が50万円近くアップできました!
30代、男性、年収450万、キャリアアドバイザー
評価:★★★★★5
アドバイザーは自分よりも年下でした。最初は頼りないかな?と思ったのですが、丁寧に話を聞いてくれましたし、他のエージェントの担当よりも信頼できる方でした。
40代、男性、年収750万、インターネット関連
評価:★★★☆☆3
紹介される求人の数は多くはないが、他のエージェントでは紹介されないものが多かったです。独占求人が多いのは転職する側にとっては大きなメリットになると思います。
20代、女性、年収350万、一般事務
評価:★★★★☆4
初めての転職で利用しました。職務経歴書の書き方、面接でのポイントなど細かく教えてもらえました。あと、急いで転職する必要はないから納得するまで行動した方がいいと言われて、納得するまで転職活動できました。
20代、男性、年収350万、Web関連
評価:★★★☆☆3
「今後働く上で一番大事にしたいものは何か?10年後、20年後はどうなっていたいか?」など自己分析から手伝ってもらえ、将来が描けるような職場に転職することができました。ありがとうございます。
20代、男性、年収500万、外資系
評価:★★★★☆4
給料が上がらないのが不満だったのですが「今なら外資に挑戦できる」と言われ転職しました。頑張ればその分給料に反映される仕事に転職できてほんとに感謝しています。
20代、女性、年収350万、人事
評価:★★★★★5
アパレルから一般企業に転職したくて登録をしました。経験がないと難しいと思っていたんですけど、アドバイザーが親身になって相談に乗ってくれて、無事に希望通りの会社に転職できました。
30代、男性、年収450万、インターネット関連
評価:★★★★☆4
1ヶ月で内定を取りたいという希望を伝えて、希望条件以上のもの以外の紹介はいらないと伝えました。紹介された求人は5件だけでしたが、他のエージェントよりも条件に近いものばかりでした。
30代、女性、年収400万、人材関連
評価:★★★★★5
結婚のタイミングで転職を決意。他業界の情報はほとんど知らなかったために色々勉強になりました。面談後も「こんな業界どうですか?」「○○さんに合っていると思います」など連絡をもらえて無事に転職することができました。

ベストワークに投稿された評価の良い口コミの特徴は、
・キャリアアドバイザー
・求人の質
・他のエージェントよりも丁寧

というような内容が目立ちます。

マイナビエージェントの対応が丁寧と言われているのは、「社風」が影響していると考えられます。求職者を転職に導くことがゴールではなく、「本当に転職が必要なのか?」という部分から一緒に考えてくれるスタンスが社内で共有されています。

自社の利益を強く求めている会社は転職エージェント市場にも多く、そういった会社と比べると求職者に寄り添った面談、質の高い求人紹介が可能になっている言えます。

どちらが良い悪いではないのですが、リクルートやdodaはより多くの求人を紹介をして求職者に気になった求人を選んでもらうスタンスが強く、マイナビエージェントは求人数が少ない分、求職者に寄り添ったサポートが強いと言われています。

ですから、20代、第二新卒などの転職回数が少ない方は是非登録しておいた方が良い転職エージェントと言えるでしょう。

マイナビエージェントに無料登録してみる

評判の悪い口コミ

良い口コミだけでなく、マイナビエージェントを利用して評価が悪かった口コミも合わせてチェックしましょう。

pick up:求人紹介があっさりとし、物足りない
評価:★★★☆☆3
20代女性です。2年前初めての転職をする際に、マイナビエージェントを利用しました。

最初のコンサルタントからのコンタクトは電話でした。登録後、仕事中にすぐに電話がきたので少し戸惑いましたが、電話対応はガツガツする感じもなくスマートでした。 実際の面談は、同年代くらいの女性でした。少し若いかなと心配な部分もありましたが対応は落ち着いており、親身になって話を聞いてくれたので転職に対する要望などを細かく伝えることができました。

ただ、求人紹介については、もう少し踏み込んだ内容が欲しかったなという印象的です。 社内企画職で上司との関係性や社内雰囲気の良い求人をお願いしており、5件ほど紹介していただきました。紹介求人数についてはたくさんご紹介しいただけましたが、気になっていた職場環境の情報についてはその場ですぐに回答を得られず「あまりこの会社のこと知らないのかな」という印象を受けました。

なかなか難しい質問だったのかもしれませんが、後日の回答でも良い情報は得られませんでした。

結果、マイナビエージェントでの転職成功とはなりませんでしたが、面談で自身の希望条件が整理ができたり、たくさんの求人を紹介していただき選択肢が増えたので総合的に利用できてよかった、とは、思っています。
pick up:これが丁寧?何度も連絡がきて、対応が面倒
評価:★☆☆☆☆3
マイナビエージェントに登録してすぐの面談で、私の経歴とか希望する条件とか、結構長い時間をかけてコンサルタントの人に話したにも関わらず、求人を受けないってメールをしたりすると、「条件的にどこがダメですか?」って感じで連絡がきてました。

最初に話したじゃん。って思いましたが、記憶にないんでしょうね。その後も、選考が進んで面談設定が入ったり、何かあるたびに連絡が来て、細かいな~って印象があります。

他の転職エージェントはあっさりしてたので、違和感を感じたほどです。

これが手厚い転職支援なのか、細かい情報提供なのかわかりませんが、私としては放置でも問題なかったので、ちょっと合わなかったですね。
40代、男性、年収700万、経営企画
評価:★☆☆☆☆1
担当してくれたキャリアアドバイザーの知識が浅かった。結果、紹介される求人も希望とはずれていた。
30代、男性、年収400万、土木設計
評価:☆1
地元希望なのに紹介されるのは都内のものばかり。他のエージェントも同じで紹介がなく、地元の転職サイトの方が役に立った
20代、女性、年収350万、一般事務
評価:★★☆☆☆2
気に入った求人がことごとく他社で決まってしまった。マイナビとは縁がないと感じ利用をストップしました。
30代、男性、年収600万、インターネット企画
評価:★★★☆☆3
アドバイザーが自分よりも年下で頼りなかった。紹介された求人は良かったので、社内の対応だけもう少ししっかりしてもらいたい。
40代、女性、年収350万、一般事務
評価:★☆☆☆☆1
既婚者への対応をもう少し考えてほしい。「残業しにくい」と伝えているのに、残業ありの求人ばかり紹介をされた。
40代、男性、年収700万、キャリアアドバイザー
評価:★★☆☆☆2
希望条件以上の求人は紹介されなかった。リクルートと比べると紹介される求人数も少ないと感じた。でも担当は良かった
20代、女性、年収300万、ホテル
評価:★★★☆☆3
前職とは関係ない職種に就きたかったのだが、何回か関連するような仕事の紹介がありました。
30代、男性、年収500万、営業
評価:★☆☆☆☆1
もっとスピード感を持って対応をしてもらいたい。返信が遅い。
40代、男性、年収900万、金融関連
評価:★☆☆☆☆1
面談時にこちらの希望を引き出すのが上手くない。希望年収に見合ったキャリアアドバイザーを付けてもらいたい。
20代、女性、年収300万、営業事務
評価:★★★☆☆3
面談の時に厳しいことも言われた…その通りなんだけど、もう少し優しい言い方でもいいのでは?と感じました。

マイナビエージェントの評価の悪い口コミを見ると、
・キャリアアドバイザー
・求人数
・スピード感
という内容に不満を持っている口コミが目立ちました。

ただ、評価の良い口コミも「キャリアアドバイザーの質」に関するものも多かったために、担当してくれるキャリアアドバイザーによって満足度が変わってくる傾向にあります。

マイナビエージェントから紹介される求人の質は高いと言われていますが、大手の転職エージェントと比べると抱えている求人数は多くありません。

できるだけ多くの求人を紹介してもらいたいという方はリクルートエージェントやdodaエージェントなど大手のエージェントなどと併用すると良いでしょう。

もし、どこの転職エージェントを利用するか迷った場合は、マイナビエージェント、リクルートエージェント、dodaエージェント、パソナキャリアの4つに登録をして、自分に合っているか見極めつつ、取捨選択をしていくのが賢い使い方です。

 更に口コミを読みたい方はコチラ 

公式サイトへ

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの特徴・評価

キャリアアドバイザー

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの特徴などをみていきます。各社、社風や考え方によってキャリアアドバイザーの考え方・接し方に違いがあるので登録前にチェックしておくとよいでしょう。

マイナビエージェントキャリアアドバイザーのサポート

サービスの流れ

まずはキャリアアドバイザーがどんなサポートをしてくれるのか確認していきます。

・面談
面談前後のサポート
・履歴書/職務経歴書添削
・自己分析ヒアリング
・転職条件の擦り合わせ

面談で行うのは大きくわけて3つです。

1つ目は、履歴書や職務経歴書のチェック、修正。どう書いたら人事に評価されやすいか分かりやすく教えてくれますし、添削依頼もできます。

2つ目は、自己分析ヒアリング。仕事においてどんな時にやりがいを感じるのか、5年後、10年後どんな人物に成長していたいか、どんな会社で働きたいかなど一緒に考えながら自己分析をしてくれます。(転職サイトではないポイント!)

3つ目は、転職する上での条件の確認擦り合わせ。年収はいくらがいいか、残業はどれぐらい可能か、細かいヒアリングをもとに求職者にそった求人を紹介してくれます。

・仕事紹介~面接  
仕事紹介~面接のサポート
・仕事紹介
・面接日時設定
・面接官へのヒアリング
・面接対策

ここで大きいのは面接の日程・時間までキャリアアドバイザーが全て設定してくれることです。

求職者は希望日時と時間を伝えるだけでOKですから転職サイトと比べると圧倒的に楽ですよね。

また面接に自信がない方は模擬面接などの面接対策も行ってくれます。

面接が決まったら、「どんな質問がされるか」「面接官はどんな人か」など細かい情報まで教えてくれることが多いので、ハローワークや転職サイトで1人で転職活動するよりかは圧倒的に有利です。

・内定後
内定後のサポート
・最終的な条件確認
・給与などの交渉

内定後のサポートで大きいのは条件交渉までアドバイザーがやってくれることです。転職サイト経由の場合、年収などの条件交渉をすることはまずできません。

最終的な条件が提示された段階で納得いかない部分はアドバイザーが内定を獲得できた会社と交渉をしてくれます。一番多いのが年収の交渉。

アドバイザーが年収の交渉をするのは日常茶飯事ですから、内定先から出された条件で納得いかない場合は、遠慮せずにキャリアアドバイザーに相談をして下さい。

キャリアアドバイザーに相談してみる

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの特徴

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは他の転職エージェントと比べてどんな特徴があるのでしょうか?

キャリアアドバイザーの特徴
・20代後半、30代を中心に若い社員が多い
・細かく専門分野が分かれている
・マイナビグループでも優秀な人材が集結

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界の中では若い社員が多いと言えるでしょう。

マイナビエージェントが特に力を入れるのが20代、第二新卒など比較的若い層なので、そういった層の求職者が安心できるようなアドバイザーが多いのが特徴です。

とはいえ、アドバイザーが得意な業界や分野を担当していることがほとんどなので、「知識がない」「話がかみ合わない」なんてことは少ないでしょう。

マイナビエージェントのキャリアドバイザーの強み・弱み

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの強みと弱みはコチラ。 

強み
・専門分野のアドバイザーが多い
・20代、第二新卒、など転職回数が少ないサポートに徹底をしている
弱み
・40代、ハイキャリア層に弱い可能性あり
・アドバイザーの年齢が若い

強みはターゲットを「20代、第二新卒」など転職回数が少ない層を得意としているため、この層の転職は強いアドバイザーがそろっていると言えます。

またアドバイザーの得意分野、業界が細かく分かれているので、求職者が希望する業界に強いアドバイザーを配置してくれるとが多いです。

弱みとしては、ターゲットを絞っている分、それ以外の分野にはさほど強くない可能性があります。40代、ハイキャリ層などはサポートに対して不満に感じることがあるかもしれません。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの評価

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの評価は比較的高いと言えます。

口コミ満足度からも分かるように、他のエージェントと比べても丁寧な対応が期待できますし、求職者に寄り添ったサポートが社内に浸透しています。

またマイナビグループの中でも優秀な人材が集まるのが転職事業です。新卒では毎年300名以上が入社し、中途では新卒の何倍もの人数が入社をしてきます。その中で優秀な人材をエージェント事業に配属させていますので、自然的に優秀な人材が多く集まってくるのです。

ですからマイナビエージェントの「キャリアアドバイザーの質は高い」と言えるのです。

業界人から見たマイナビの評価
20代、第二新卒に力を入れること、マイナビグループの優秀な人材が集まっていることからキャリアドバイザーの質は高いと言えます。また得意分野専門のアドバイザーも多いために求職者の経歴、希望に近いアドバイザーが担当してくれる点もグッド!

    さらに詳細をみる

マイナビエージェントの求人の種類

マイナビエージェントが扱っている業界や職種は何があるのでしょうか?

マイナビエージェントが強い業界・業種

基本的には全業界、業種の求人を取り揃えています。

職種で力を入れている業種は専門サイトを持っていますので「IT・Webエンジニア、営業職、MR・メディカル、管理部門、クリエイティブ、金融業界、不動産・建築業界、会計士、税理士、看護師、薬剤師、保育士、医師」などの業界業種は得意です。

また会社の規模においても大企業から中小企業まで幅広く保有しています。実際に求人を確認する 

掲載企業一例
NTTDATA、KONAMI、NEC、サイバーエージェント、村田製作所、清水建設、アクセンチュア、ISUZU、HONDA、価格コム、DeNA、京セラ…など大手優良企業の求人が多い

マイナビエージェントが弱い業界・業種

マイナビエージェントの求人で弱い業界業種はそこまで目立ちませんが、40代以降の求人やハイキャリア層の求人はリクルートやdodaよりも多少弱い可能性があります。

また総求人数においても大手エージェントよりも少なくなってしまうため、弱いポイントになるでしょう。

マイナビエージェトが強い地域・弱い地域

マイナビエージェントが強い地域は、拠点がある東京、神奈川、大阪、名古屋、札幌、福岡プラスその周辺地域です。

逆に弱い地域は、上記の拠点がない地域です。求人は全国扱っているのでゼロではありませんが、拠点がない分求人数は少ないでしょう。(但し、登録はできますので登録後に要確認)

強い地域・弱い地域
強い地域:東京、神奈川、大阪、名古屋、福岡、札幌とその周辺地域

弱い地域:上記以外

マイナビエージェントの実績

  マイナビエージェントの実績を様々な視点から見ていきましょう。

マイナビエージェントの紹介業界の実績

紹介実績においては、保有している求人とほぼ同じですので、現時点でマイナビエージェントが抱えている求人の業界・業種別割合を見ていきます。

・業界の割合

IT・通信系   :33.6%
メーカー系   :25.7%
マスコミ系   :8.0%
金融・コンサル系:7.7%
流通系     :9.5%
商社系     :2.5%
不動産系    :5.8%
その他の業界  :7.1% 

・職種の割合

IT・インターネット:19.3%
機械・電気・素材 :8.7%
医薬・医療機器  :9.2%
流通・消費財   :1.3%
不動産・建設   :2.4%
金融・コンサル  :3.1%
クリエイティブ  :5.0%
営業       :8.5%
経営企画     :9.7

※業界、業種の割合は看護師と薬剤師は除いています。

マイナビエージェントの求人・非公開求人数実績

マイナビエージェントの公開求人数は、7,104件、非公開求人は22,234件です。(2018年5月現在)

最大手のリクルートエージェントの公開求人数は、3万件以上、非公開求人は10万件以上ですから、求人数だけを見ると大手エージェントより少ないです。

但し、マイナビエージェントの拠点がある、東京、横浜、大阪、名古屋。福岡、札幌などの求人数は大手エージェントに負けていません。

上記の地域を希望しているのであれば登録しておいて間違いないでしょう。ただ、上記以外の地域の求人は若干弱いかもしれないので、リクルート、dodaなど大手エージェントと併用すると良いでしょう。

実際に求人をチェックしてみる 

マイナビエージェントの紹介実績

マイナビエージェントの紹介実績数は公表されていません。

しかしながら、マイナビグループの社員数は8,000名を超えており、グループ全体の売上も年々伸びています。

・マイナビの売上

2011年:304億円
2012年:358億円
2013年:556億円
2014年:739億円
2015年:930億円
2016年:1,097億円
2017年:1,212億円

転職エージェント事業部マイナビグループの中でも力を入れていますので、紹介実績数、売上ともに伸びていると考えて間違いないでしょう。

現時点では転職エージェントジャンルで3、4番手ですが、ここ数年メディアへの露出も増えており、マイナビエージェントもシェアを奪いにきていますので、今後が楽しみです。

 さらに詳細をみる 

マイナビエージェントを上手に使うポイント

マイナビエージェントのHP

ここからはマイナビエージェントを上手に使うポイントを解説していきます。

希望する条件の仕事紹介がない場合

 「マイナビエージェントに登録したのに全然紹介がないんだけど…」これは転職エージェントあるあるです。言っておきますが、今は売り手市場ですからどこの会社も人は欲しいはず。紹介されないという人は『何かをミスっている可能性が高い』です。

紹介がない人の特徴
・条件が厳しい(見合ってない)
・キャリアアドバイザーに嫌われた
・希望する業界、職種の求人が少ない

大体、これのどれかに当てはまります。

もし、思うように紹介されなかったら思い切ってキャリアアドバイザーに聞いてみて下さい。

転職に関して熱意を持っている求職者に対して冷たい対応をとるキャリアアドバイザーはいませんし、自社経由で転職してもらえれば売上につながるので、きちんと対応をしてくれるキャリアアドバイザーがほとんどです。

「何故紹介されないのか?」「紹介されるにはどうしたらいいのか?」など具体的に質問をすれば、きちんと答えてもらえるでしょう。

キャリアアドバイザーとの付き合い方

転職エージェントを利用する上でキャリアアドバイザーとの付き合い方はとても重要になってきます。 

アドバイザーは同時に何人もの求職者を相手にしていますので、仮に嫌われてしまったら思うような紹介がなくなってしまいます。逆に信頼関係が築けていれば、抱えている求職者の中でも優先的に仕事の紹介をしてくれるはずです。

また担当になったキャリアアドバイザーとの相性が合わない、知識が乏しいといった不満を抱える人も中にはいるかもしれません。

そういう時はマイナビエージェントを利用を止めるのではなく、はっきりと伝える方が時間の無駄にはなりません。「もう少し○○業界に詳しいアドバイザーが良い」「こういった考えのアドバイザーが良い」など不満に思っていることを言葉に出していった方が得です。

マイナビエージェント側もせっかく登録してくれが求職者が去ってしまうことは1番避けたいことなので、詳しいキャリアアドバイザーを連れてきてくれたり、紹介をしてくれます。

そういった対応もマイナビエージェントはしっかりしていると評判ですので、不満をもったらまずキャリアアドバイザーに具体的に伝えてみましょう!

紹介を減らす&増やす方法

マイナビエージェントに登録して「紹介数が少ない」「紹介される数が多すぎる」と感じる人もいると思います。

解決するのは簡単で、キャリアアドバイザーにその旨を伝えるだけで解決できます。できれば具体的に「もっと○○な業界の求人を紹介してもらいたい」「○○万円以上の求人紹介を増やしてほしい」「電話での紹介はストップしてほしい」とどうしたいかを伝えて下さい。

アドバイザーも求職者の希望が更に理解できれば、近い求人を紹介してくれますし、お互いに無駄な時間をかけなくて済みます。もし小さなことでも構いませんので、不満に思っていること、改善してほしいことがあればキャリアアドバイザーに伝えて下さい。(メールでもOK)

図々しいぐらいに希望を伝えても全く問題ありません!もし、希望が無謀すぎる場合はアドバイザーが教えてくれますので、全ての条件、希望をアドバイザーに伝えることが最も重要なんです。

ポイント!
転職する上で大事にしたいポイントは全てアドバイザーに伝えるべき。(細かすぎるぐらいでOK!)絶対に譲れない「WUST条件」、多少は譲歩できる「WANT条件」に分けて伝えると理解してくれやすい

退会方法

マイナビエージェントを退会する方法は簡単です。

キャリアアドバイザーに退会の旨を伝えればOK!

但し、「退会」と「個人情報削除」の考えが違いますので注意をしてください!

・退会

→マイナビエージェント側からの連絡はストップするが、今後すぐに転職活動が再開できるように個人情報は残ります。(再度、転職活動をするときに登録が面倒な方はこっちが良いでしょう)

・個人情報削除

→完全に情報を削除するために、再度転職活動をする場合は1からの登録になります。(再度面談あり)

マイナビエージェントはどちらもすぐに対応してくれますので、考えた上でキャリアアドバイザーに伝えて下さい。

もっと詳細を確認したい方はココから情報を確認してください。

絶対にやってはいけないこと4選!

これをやってしまうと、求人の紹介が少なくなったり、転職後にミスマッチで自分の首を絞めることになりかねません!   

・ウソをつく

転職時のウソは誰もハッピーになりません。自分のスキルや経験を誇張する必要もありませんし、希望年収を控えめに言う必要もありません。

まずは『キャリアアドバイザーと本音で話す』ことが重要になってきます。

・連絡を無視する

電話が来ているのに折り返しが遅い、メールで質問が来ているのに返事をしない。こういう求職者は「転職に本気ではないな?」と思われてしまい、優先度を下げられる可能性が高いです。

キャリアアドバイザーは何十人もの求職者を相手にしていますから、「本気ではない」と思われた時点でそのエージェントとの関係は終わりだと思って良いでしょう。

・約束を守らない

これも上の項目と同じです。キャリアアドバイザーとの信頼関係が崩れてしまったら終わりですから、最低限の約束はしっかり守りましょう!提出期限の1日前までに提出をすれば逆に好感度は上がっていくでしょう。

社会人の最低限のマナーはしっかり守ることをお忘れなく!

・思っていいることを言わない

このポイントができていない人が多くいます。「希望年収より低く伝える」「キャリアアドバイザーの言われたままに仕事の紹介を受けてしまう」「気になるポイントがあっても聞かない」

転職において遠慮することなんて全くありません!言葉が悪いかもしれませんが、キャリアアドバイザーと関わる時間なんて本当に一瞬ですし、本音を言わないことでキャリアアドバイザー側も求職者の考えを理解しきれません。

結局、ミスマッチになってしまいお互いが不幸になるだけ…小さなことでもいいので思っていることは全て伝えるのが転職成功するためのポイントです。

上手に利用するポイント
・キャリアアドバイザーには思っていることを全て伝える
・職歴、経験、スキルについてウソをつかない
・提出期限などの約束は守る

  さらに詳細をみる

マイナビエージェントの登録~仕事紹介の流れ

マイナビエージェントを利用する場合どうしたらいいのか順を追って説明していきます。

①Webから登録

所要時間:3分程度

登録はとっても簡単です。ココをクリックして基本情報を入れれば終わり。(登録はコチラから)

②履歴書/職務経歴書の作成

所要時間:1時間~3時間

絶対に手を抜いてはいけないポイントです!1度作ってしまえば他のエージェントに登録する時にも使えますし、今後の人生で転職する際は追記をすればいいだけなので、最初だけは頑張って下さい!大事なポイントは分かりやすく簡潔に♪

③面談/電話面談

所要時間:30分~1時間

登録後に電話orメールがあり、面談や電話面談の日程を決めます。注意しておくべきなのは、面談の前日までには履歴書と職務経歴書を提出しておくこと。

事前に提出してあると面談時に条件にあった仕事を紹介してくれますし、タイムロスを防ぐことができます。

④仕事紹介

仕事紹介はメール、電話どちらがいいかなどきちんと伝えておきましょう。メールだけと伝えておけば電話はありませんし、急いでいる方なら電話の方が早く話が進むことが多いです。

⑤企業との面接

書類通過したらいよいよ面接です。キャリアキャリアアドバイザーは面接での質問される内容、面接官のタイプ、性格など細部まで把握しているケースが多いのでしっかり確認しておくことが大切になってきます。

⑥内定

内定が出てもすぐに返事をしないようにしてください。提示されている条件で本当に良いのか?もし納得できないポイントがあった場合はキャリアアドバイザーに包み隠さず伝えて下さい。

例えば年収が希望条件でない場合は、「年収を○○○万円で交渉してくれませんか?」とはっきり伝えましょう。ここで妥協しても転職してから後悔するだけです!

登録~仕事紹介のポイント
・面談の前日までに職務経歴書を作成
・面接担当者の特徴はキャリアアドバイザーに確認
・内定が出ても条件をしっかり確認して妥協しない

マイナビエージェントに登録できる場所

マイナビエージェントの登録できる箇所は全国で6カ所!他の地域の方は電話での紹介になります。

・東京(京橋)

住所 :東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10F
最寄り:銀座線京橋駅2番出口直結

・横浜

住所 :神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル19F
最寄り:横浜駅東口 より徒歩3分

・大阪

住所 :大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA30F
最寄り:大阪駅より徒歩1分

・名古屋

住所 :愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア9階
最寄り:名古屋駅桜通口より徒歩2分

・札幌

住所 :北海道札幌市中央区北二条西3-1-20 札幌フコク生命越山ビル9F
最寄り:札幌駅 徒歩7分 

・福岡

住所 :福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル7階
最寄り:博多駅 徒歩1分

   3分で簡易登録してみる 

履歴書・職務経歴書はどのタイミング?

履歴書・職務経歴書を書くタイミングはできるだけ早い方が有利です。

必ず守ってもらいたいのが面談の前日までには履歴書・職務経歴書共に提出をすることです。(書き方がわからなくても作成して提出することが大事)

提出が面談時になってしまうと職歴の確認からになってしまい時間がムダになってしまう可能性大です。提出が前日までに済んでいれば、職務経歴書をもとにキャリアアドバイザーが求人を準備してくれますので、話が進むのが早いんです。

せっかく時間をかけて面談にいくわけですから、事前準備はしっかり終えて、今の条件でどんな求人が紹介されるのかをしkっかり確認できる面談にしておくことがポイントです。

ポイント
履歴書・職務経歴書は面談の前日までに必ずアドバイザーに送る

内定がもらえるまでの期間

登録から内定がもらえるまでの期間は人によって様々ですが、最短で2週間~1ヶ月です。平均すると1ヶ月~2ヵ月、仕事をしながらの転職活動の場合は、3カ月程度かかることもあります。

まずは登録して情報収集することが大事になってきます。転職しようと思ったタイミングで登録するのではなく、少しでも「転職」という言葉が頭をよぎった段階で登録することをオススメします。

内定までの期間
早い人:2週間~1ヶ月
平均 :1ヶ月~2ヵ月
遅い人:3カ月以上

マイナビエージェントと総評

マイナビエージェントHP
マイナビエージェントのHP

マイナビエージェントは転職エージェントジャンルの中で3、4番手ではありますが、利用者満足度が高いエージェントと言えます。

特に、キャリアアドバイザーの丁寧なサポートが評価されており、初めて転職する方や、転職回数が少ない方、20代、第二新卒者の転職にはオススメできる転職エージェントといえます。

一方で、40代、ハイキャリア層の転職にはそこまで強くないと言えるでしょう。総合的には登録しておいて間違いない転職エージェントと言えるでしょう。

丁寧なサポートをしてくれますので、転職するか悩んでいる方や先に情報収集をしたい方も是非登録をしてください。

オススメできる人
・20代、第二新卒
・転職が初めて、転職回数が少ない方
・丁寧なサポートを希望する方
オススメできない人
・紹介される求人数にこだわる方
・40代以上、ハイキャリア層
・首都圏以外で面談を希望する方

xxxTOP3xxx

↓ マイナビエージェントのWEBサイトをチェックする ↓

マイナビエージェント

マイナビエージェントの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「マイナビエージェントの評判」を見る
2 位 総合点 3.94 点

リクルートエージェント

リクルートエージェントのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.94
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.80
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.74
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.12
リクルートエージェント

リクルートエージェントは圧倒的なブランド力と求人数を最大の強みにしています。要は日本全国どこの地域の求人も扱っていますし、業界業種問わず大手からベンチャー…何でもあるということ。(非公開求人10万件以上、業界トップクラス!)

それに加えて『転職成功実績No,1』ですから紹介される求人が少ないと困っているのであれば、まずは登録すべきエージェントなんです。

ココがすごい!
 求人数は業界トップクラス!
 転職成功実績No,1 
 エージェントが超優秀

できるだけ多くの求人から紹介を受けたいのであればリクルートエージェントは必須!スピード無料登録リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは他社と比べて優秀な人材と言われています。リクルートは人気企業であり、更にリクルートエージェントは、リクルートの中でも優秀な人材が集まるためにキッレキレの社員が多いと業界では評判です。

ですから他のキャリアアドバイザーに少しでも不満を抱いたことがある方はオススメできます。一方で、優秀すぎるからか冷たい印象を受ける方も中にはいます。20代、第二新卒、転職に慣れていない方はマイナビエージェントのようにガッツリフォローをしてくれるエージェントの方が良いかもしれません。

「大手」×「キャリアアップ」という軸で動いている方にはリクルートエージェントは合っているでしょう。まずは登録をしてみて実際にキャリアアドバイザーから紹介を受けてみて下さい。
まずは詳細をチェック!

※リクルートエージェントの説明はものすごーく長いです。目次から気になった項目をクリックして下さいね!

目次

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントHP

リクルートエージェントは業界トップの転職エージェントです。

最大手というのは有名な話ですが、どういった特徴、メリット・デメリットがあるのか、またリクナビネクストと何が違うのかなどを分かりやすく解説していきます。

リクルートエージェントの特徴・総評

まずはリクルートエージェントの特徴はこちら。

特徴
・公開求人3万件以上
・非公開求人10万件以上
・圧倒的な知名度とブランド力
・交渉ごとに強い(けっこう大事)

一言でいうと、最強な転職エージェントです。

転職支援実績は累計で41万人以上と業界最高実績、求人においても公開求人、非公開求人ともに単体でリクルートエージェントより多いエージェントはありません。(DODAは求人数が4万件以上ですが、転職サイトも含んでいるために、エージェントだけの正確な数字は分かりません)

実績と求人数からいったら転職活動するのであれば登録必須なエージェントと言ってよいでしょう。むしろ、登録をしないで転職活動をするということは出会えない求人が増えてしまう可能性があるのです。
さらに詳細を確認する

リクルートエージェントとリクナビネクストの違い

意外と知られていないのが、リクルートエージェントとリクナビネクストの違いです。実は全くの別物なんです。

  リクルートエージェント リクナビネクスト
公開求人 3万件以上 約6,000件
非公開求人 10万件以上 なし
サポート あり なし
面談 あり なし
タイプ エージェント サイト
  リクルートエージェント リクナビネクスト
公開求人 3万件以上 約6,000件
非公開求人 10万件以上 なし
サポート あり なし
面談 あり なし
タイプ エージェント サイト

リクルートエージェントとリクナビネクストは事業部が違うために扱っている求人も違います。(両方に同じ求人が繋がっていることはありますが、基本的には別物)

ですからリクルートエージェントにあって、リクナビネクストにない求人はたくさんあるんです。

また各事業部の営業スタイルが全く違います。(収益構造)

両者の違い
リクルートエージェント:登録者を自社経由で転職させると手数料として年収の約30%もらえる

リクナビネクスト:転職サイトですから、求人を掲載すると料金が発生するシステム。エントリー社が求人にエントリーするかしないかは売上に関係ない(大量募集系が多い)

簡単に言うと、リクナビネクストはできるだけ大勢の人に登録してもらえるような求人を集めてきて、エントリーしてくれるような広告を打ち出します。1名2名の採用ではなく、会社全体で20名、30名募集といった求人が目立ちます。

一方でリクルートエージェントは登録してきた求職者に対して、条件に近い求人(会社)を紹介をします。部署によって求人も異なりますので、採用人数は1つの求人で1名(多くて数名)ぐらいです。

営業スタイルの違いをみると、扱っている求人が全く違うのも納得できます。

リクルートエージェントかリクナビネクストのどっちが良いかというと人によって違いますが、転職が初めての人・自分の市場価値がわかっていない人は転職サイトはオススメできません。

転職サイトはある種、求人広告を載せるだけですから良い内容を目立たせます。「想定年収」などにおいても、350万円~1000万円などと書いてある求人も多く、転職するには情報が乏しいケースが多いのです。

エージェントサービスはキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動をするために、求職者の条件に合った求人を紹介してくれます。

行きたい会社がもう決まっている、転職活動において全て自力でやりたい、自己分析は完璧で将来のキャリアプランにも自信がある方は転職サイトの方がオススメですが、上記以外の方は転職エージェントを利用するか、転職サイトと転職エージェントを併用すると良いでしょう。

※リクナビネクストの詳細はコチラ
さらに詳細をみる

リクルートエージェントのメリット

リクルートエージェント

リクルートエージェントを利用する上での大きなメリットは4つ!

・とにかく求人数が多い

なんといっても求人数が圧倒的に多いことです。公開求人も非公開求人もエージェント業界トップと言えますので、他の転職サービスに登録したけど思うような紹介がない、という方はリクルートエージェントに登録するとよいでしょう。

2万件の求人から自分に合っているものと10万件の求人から自分に合っているものを選ぶとなると…多くの人が後者を選ぶでしょう。求人数が莫大でも選んでくれるのはキャリアアドバイザーなので、求職者に負担になることはありません。

また非公開求人が多いということは「独占求人が多い」とも言えます。独占求人の場合は、ライバルが少ないことが多く決まりやすいと言われていますから、リクルートエージェントはライバルが少ない独占求人が業界トップクラスと言えるでしょう。

・全業界、全業種が揃っている

リクルートエージェントは全業界、全業種の求人を揃えています。

他の転職エージェントではあまり扱っていない業種なども扱っているケースが多く、希望する業界業種の求人がない場合はまずはリクルートエージェントに確認すると良いでしょう。

それでもない場合は、専門業界や専門職種に強い転職サイトを確認すると良いでしょう。

・日本全国の求人を扱っている

全国規模の求人を扱っているということも大きなメリットと言えるでしょう。ほとんどの転職エージェントは支社がある地域+周辺の地域しか強くありません。

リクルートエージェントは支社も多いですし、様々な分野でリクルート系のサービスが展開していますので、地方の地元地域の求人情報も取り扱っています。

公開求人3万件以上に対し、非公開求人は10万件を軽く超えていますので、まずは登録をしてみて自分が希望する地域にどれぐらいの求人があるのかチェックをしてみて下さい。

・年収などの交渉ごとに強い

キャリアアドバイザーの優秀か否かをジャッジするポイントの1つとして、『年収などの交渉力』が挙げられます。求職者の求める条件に近くなるように交渉してくれるか、それとも内定のもらっている企業の言いなりになってしまうか…求職者にとっては大きなポイントです。

リクルートエージェントは全体的に交渉力があり、内定後の交渉で年収が数十万円あがることも珍しくありません。もちろん、各キャリアアドバイザーの力量もありますが、企業のブランド力、リクルートエージェント全体の考え方など様々な理由が考えられます。

しかも『他社エージェントよりも交渉してくれる』という口コミなども目立ちますから、リクルートエージェントを選ぶ上での大きなメリットと言えるでしょう。

メリット
・求人数、独占求人が多い
・大手~中小企業まで全業界業種をカバー
・日本全国の求人を扱っている
・年収などの交渉ごとに強い

リクルートエージェントに転職支援を申し込む

リクルートエージェントのデメリット

メリットデメリット

 リクルートエージェントを利用する上でのデメリットは3つ!

・質よりも量タイプ(社員の考え方)

リクルートエージェントは「質よりも量」という考え方が根付いています。

もちろん、各キャリアアドバイザーによって対応は異なりますが、親身になって寄り添いながら転職活動をするよりかは、多くの求人を紹介しつつ、求職者に近いものを選ぶというスタイルが強い傾向にあります。(丁寧な対応ならマイナビエージェントがオススメ)

ですから人によっては「これ、流れ作業じゃない?」と感じてしまうこともあるかもしれません。

・ドライな印象を受ける可能性あり

上の話とつながっている部分ですが、ドライな印書を受けることが多いと言われています。

これは求職者のタイプによって感じ方は変わってきますが、「一緒にキャリアプランを考えていきたい」というタイプの方には向かない可能性が高いです。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは転職エージェントの中でも優秀な人材が集結していることで有名ですから、「初めての転職」や「20代の第二新卒」の求職者には冷たいと感じてしまうこともあるでしょう。

逆に若くても「〇年後に起業したい!」「ベンチャーでバリバリ働きたい!」というタイプは20代でもリクルートエージェントとの相性は良さそうです。

・紹介できるかできないかの線引きが早い

リクルートエージェントは人気のために登録者も他のエージェントと比べて多い傾向にあります。

ですので1人キャリアアドバイザーに何人もの求職者が同時並行しているために、見切られるのが他のエージェントよりも早いことがあります。

また後程説明はしますが、キャリアアドバイザーから「この人、転職する気ないかも?他の人を優先した方がいい」と思われてしまったら、紹介されることは少なくなります。(キャリアアドバイザーとの上手い付き合い方はコチラ

デメリット
・どちらかというと質よりも量タイプ
・人によってはドライな印象を受ける
・紹介できるかできないかの線引きが早い

リクルートエージェントと大手エージェントの比較

比較

リクルートエージェントと他の大手転職エージェントにどんな違いがあるのか比較していきましょう!まずはエリア、求人数などの基本情報から。

大手エージェント6社を比較

  求人数 求人の質 担当の質 サポート 満足度
リクルート  
マイナビ  
パソナ    
DODA    
Spring転職      
ランスタ        
  求人数 求人の質 担当の質 サポート 満足度
リクルート  
マイナビ  
パソナ    
DODA    
Spring転職      
ランスタ        

リクルートエージェントと他の大手転職エージェントと比べた時に秀でているのは圧倒的な求人数です。求人数で転職エージェントを選ぶのであれば、登録は必ずするべきでしょう。

またキャリアアドバイザーは優秀な人材が多く(リクルートグループに入社するまでのハードルが高い)、担当者の質といった部分でも業界トップクラスと考えて間違いありません。

少し弱いかな?と感じる部分は、「サポート力」「丁寧さ」などで、社会人経験が少ない人や丁寧にサポートしてもらいたい人はマイナビエージェントなどサポートが丁寧なエージェントを選ぶと良いでしょう。

大手エージェント6社と徹底比較をしていますので是非参考にしてください。

リクルートエージェントと比較

『リクルートエージェント』『マイナビエージェント』を比較していきます。

どちらも大手ですが、大きく違う点は「求人数リ」と「全国規模」でしょう。リクルートエージェントは転職エージェント業界で1位、マイナビエージェント3~4位ですから、求人数はリクルートの方が圧倒的に多いです。

「求人数が多い方が良い」「30代」「40代」「ハイキャリア」などに当てはまる場合は、リクルートエージェントはオススメできます。

マイナビエージェントは「20代」「第二新卒」に強いエージェントなので、丁寧なサポートを受けたい人はマイナビの方が合っていると言えるでしょう。(※マイナビエージェントの詳細はコチラ

リクルートエージェントとの比較
マイナビ:求人の質が高い、サポートが丁寧

リクルート:求人が多く全国規模、優秀なキャリアアドバイザーが多い

パソナキャリアと比較

『リクルートエージェント』と『パソナキャリア』を比較していきます。

パソナキャリアはマイナビエージェントと同様に丁寧なサポートを得意としています。30代でキャリアプランをしっかり組みたいという方にはオススメできます。

パソナキャリアと比べると求人数は圧倒的にリクルートエージェント、キャリアアドバイザーの丁寧なサポートはパソナキャリアが秀でていると言えます。

パソナキャリアとの比較
パソナキャリア:サポート丁寧、じっくり転職活動したい人にオススメ

リクルート:求人数多い、スピーディーに転職活動したい人にオススメ

DODAエージェントと比較

『リクルートエージェント』と『DODAエージェント』を比較していきます。

DODAエージェントは転職エージェント業界2番手ですのでリクルートエージェントと似ており、求人数が多く、より多くの紹介が期待できるエージェントです。

どちらも大手企業・優良企業の求人を非公開求人として抱えています。両社ともに抱えている求人は違いますから、両方に登録しながら比較して、自分に合ったエージェントを見つけると良いでしょう。

DODAとの比較
DODA:業界2番手、求人は多いがリクルートほどではないが特徴は似ている

リクルート:業界トップ、求人が多く、大手憂慮企業にも強い

Spring転職(アデコ)と比較

『リクルートエージェント』と『Spring転職(アデコ)』を比較していきます。

アデコは外資系の企業で日本では派遣会社としても有名です。裏を返せば、転職エージェントとしての知名度はそれほど高くなく、登録者もリクルートエージェントより多くないために穴場的な存在と言えます。外資系求人には強い。

リクルートエージェントは外資系の求人も多く扱っていますが、ハイキャリア層のエージェントは別にある(キャリアカーバー)ため、ハイキャリアの外資系求人はそこまで多くはないでしょう。それよりも国内企業の大手・優良企業に強いエージェントです。

アデコ:外資系の求人に強い、穴場なエージェント

リクルート:外資系の求人は強くない、国内の大手優良企業の求人に強い

ランスタッドと比較

『リクルートエージェント』と『ランスタッド』を比較していきます。

ランスタッドは世界的にはリクルートよりも圧倒的な知名度を誇っていますが、日本ではまだまだ知られていません。まだ派遣会社としてのイメージの方が強いかもしれません。

こちらもアデコ同様に外資系の求人には強いですが、求人数は多くないために、リクルートエージェントと比べると紹介される求人は少ないでしょう。

ランスタッドとの比較
ランスタッド:世界的な知名度は上、外資系の求人に強いが数は多くない

リクルート:求人数が圧倒的に多い、国内企業の求人に強い

他の転職エージェントと比較して(総評)

大手の転職エージェント5社とリクルートエージェントを比較すると、求人数が圧倒的に多いと言えるでしょう。「できるだけ多くの求人から自分に合っている会社を選びたい!」という方はリクルートエージェントへの登録は必須です。

一方で、「キャリアアドバイザーのサポート」「丁寧さ」はマイナビエージェントやパソナキャリアの方が高く、求職者に寄り添ったサービスが強みです。

リクルートエージェントは年代を関係なく求人を扱っていますので、「20代」「30代」「40代」「第二新卒」「女性」など幅広い業界業種に強いために誰でもオススメできる転職エージェントです。(ハイキャリア層はリクルートが運営しているキャリアカーバーがオススメ!)

ただし、社会人経験があまりないフリーターなどの就職には強くないので注意をしてください。

転職エージェントによって特徴・強み・弱みもそれぞれです。自分がどんな転職活動をしたいか考えて選びましょう。

もし、考えるのが面倒な方は、リクルートエージェント 、マイナビエージェント、DODAエージェント、パソナキャリアの4社に登録をして取捨選択していくやり方をオススメします。

大手エージェント比較(総評)
他エージェント:求人数はリクルートにより少ない

リクルート:求人数はダントツトップ!国内の大手優良企業の求人に強い

  公式サイトへ 

リクルートエージェントの口コミ・評判

口コミ

転職エージェントを利用する際に是非参考にして頂きたいのが「実際に利用した人の口コミ」です。

過去の利用した先輩たちは「どんなポイントに満足したのか」「どんなポイントに不満をもったのか」具体的に書かれていますので、是非登録前の参考にしてください。

評判の良い口コミ

まずはリクルートエージェントを利用して評価が良かった口コミをご紹介します。

pick up:希望年収が高くても、多くの求人紹介をしてくれた
評価:★★★★★5
希望年収を高めに設定してたので、他の転職エージェントでは全然仕事を紹介されないところもありました。しかし、リクルートエージェントはさすが業界No,1って事だけあって、多くの求人を紹介してくれました。キャリアコンサルタントも海外事情も詳しい商社系から転職した方で共感の持てる話しができました。

年収面は希望通りというようにはいきませんでしたが、面接のサポートなども前日に聞かれるポイントを丁寧に電話で教えてくれてりして、キメ細かい対応をしてくれました。 4社ほど転職エージェントに行きましたが、リクルートエージェントが求人数やコンサルタントなど全てにおいて一番よかったと思います。
pick up:転職を甘く考えていたら、厳しい言葉をいただきました。
評価:★★★★★5
転職活動は何をしたらいいか全くわからなかったので、とりあえずリクルートに登録に行きました。
リクルートは非常に丁寧な説明でベテラン風のキャリアコンサルタントが自分のやりたい事などを親身に聞いてくれました。
私自身は、仕事はとりあえずお金さえ稼げればいいかなっていうスタンスなので、特別やりたいこともないですし、職場環境が良くて残業が多すぎず、ある程度の給料が貰えればいいので、というスタンスを伝えました。

すると、私の甘い考え方にもっと危機感を持った方がいい、とズバり言ってくださったんでし。説教じみて感じ、はじめはむっとしましたが……まさに正論ですし、このような状態で転職活動を進めると必ず後悔するという言葉で、真剣に自分の仕事について考えました。

自分で仕事に考えるのは難しすぎてわからなかったので、「面接でのPRポイント」「選考に通る志望動機」など、キャリアコンサルタントの方にはだいぶアドバイスをもらいながら、仕事を選んでいきました。

ある程度の道が見えてからは、面談もスムーズで納得のいく転職活動ができた、と感じています。
プライベートが第一優先って考えで仕事をしてきましたが、将来のキャリアイメージを持ちながら、ちゃんと考えて仕事をすることも大事だなって気づけました。

数年後の日本は仕事が少なくなって、今のような気持ちでいると仕事が無くなって困るのはあなたですよ!ってアドバイスが今でも忘れられません。
30代、男性、年収500万、営業
評価:★★★★★5
リクルートエージェントが一番早いし、求人もいい会社のが多かった。しかも選考に進んだ会社では競合がリクルート内だけらしく、すんなりと内定が出たので良かった。
20代、女性、年収350万、広報
評価:★★★★☆4
新卒で入れなかった会社に転職できました。担当者に「〇〇の求人ありませんか?」と聞いたらその日のうちに紹介をしれくれた。
30代、男性、年収600万、金融系
評価:★★★★★5
年収を上げるために登録して、結果的には月に10万円近く収入が増えました。転職活動するなら求人数が多いところでやるべきです。
30代、男性、年収900万、IT関連
評価:★★★★☆4
面談では無駄な話がないというか、こちら側の意図をしっかり把握してくれた。多少冷たい印象でしたけど、かなり優秀なキャリアアドバイザーだったと思います。
40代、女性、年収400万、食品メーカー
評価:★★★★☆4
前職の競合他社求人は全てありました。さすがリクルート。
20代、男性、年収350万、営業
評価:★★★☆☆3
ノルマがあってもいいから年収が1000万狙える会社という条件にぴったりの会社を紹介しれくれました。キツイですが、めちゃくちゃやりがいがあります。
30代、男性、年収800万、外資系
評価:★★★★☆4
志望業界に詳しい担当でした。ほかのエージェントでは素人みたいな人を付けられたので全然参考にならなかった。リクルートの質は高いと思います。
30代、女性、年収450万、人事
評価:★★★★★5
登録して1ヶ月かからず内定を頂けた。スピード重視ではなかったけど折り返し連絡も電話対応も早くて助かりました。
30代、男性、年収450万、自動車メーカー
評価:★★★★☆4
電話が好きじゃなかったのでメールのみの紹介にしてもらえました。1週間に10社以上の紹介はあったのでリクルートエージェントだけで転職ができました。
30代、男性、年収500万、ゲーム関連
評価:★★★★★5
会社の規模よりもその会社がやっていること、将来性を軸で探していました。エージェントからの紹介でやっていることが面白く、将来性がありそうな会社に転職できました。(社員数10名)自分では探せなかった会社なので助かりました。

ベストワークに投稿された評価の良い口コミの特徴は、
・キャリアアドバイザー
・紹介数が多い
・年収がアップした
・スピード感

というような内容が目立ちます。

実際の利用者からも分かるようにリクルートエージェントの強みは「求人」でしょう。特に国内の大手企業・優良企業の求人が多く、「大手に転職したい」という方は間違いなく登録しておくべきエージェントと言えます。

「転職活動において何が最も大事か?」と聞かれたら、求人数とキャリアアドバイザーの優秀さ(質)と答えます。求人が少なければ、いくら優秀でも紹介するものが限られてきてしまいますし、求人が多くても質が低ければ、転職してから後悔することも増えてきます。

この2つの軸でいうと、リクルートエージェントの評価は転職エージェントの中でも1、2を争う位置につけているでしょう。

リクルートエージェントに無料登録してみる

評判の悪い口コミ

良い口コミだけでなく、リクルートエージェントを利用して評価が悪かった口コミも合わせてチェックしてみましょう。

pick up:対応はいいが、面談NGと伝えたら連絡がきません
評価:★★★☆☆3
これまで2社(リクルートエージェントとパソナキャリア)に登録しましたが、いまいちな対応と反応で転職活動がうまく進んでいません。リクルートエージェントでは感じの良さそうな女性が対応してくれて気持ちよく登録し終わった感じだったのですが、その時に紹介された求人にエントリーしてNGの結果以来、連絡が来なくなってしまいました。

こんなんじゃ登録した意味が無かったんじゃないかと思ってしまいます。私の対応や職歴が悪いのかもしれませんが、対応が良かっただけに非常に残念です。
pick up:紹介求人数は多いが、作業的に感じた
評価:★★★☆☆3
転職を考えたらとにかく最初はリクルートって感じで何も考えずに登録に行きました。 同じ年(20代後半)くらいの女性が対応してくれて、あまり年齢が変わらないのにずいぶん仕事ができそうだなって印象でした。

いろいろ希望条件等を伝えると、私に合う求人を持ってきてくれて何て良いサービスなんだろうと感じたのを記憶してます。しかし、他のエージェントに登録したところ、他社の方が、特にキャリアコンサルタントのアドバイスが丁寧で良かったです。

リクルートからたくさんの求人を紹介してもらいましたが、何か流れ作業の一環のような感じがしてしまい、結局他エージェントが一番信頼できたので、そちらから紹介される求人を優先しました。
20代、男性、年収350万、営業
評価:★☆☆☆☆1
紹介された企業にエントリーしたのに3社連続で書類選考落ち。リクルートでは1社も内定もらえませんでした。
30代、男性、年収400万、土木設計
評価:☆1
なんか他人事というか、こっち側の考えとかを考えてくれるタイプではなかった。紹介はそれなりにあったが、信用しきれず途中で利用するのを止めました。
20代、女性、年収350万、一般事務
評価:★★☆☆☆2
「最低、〇万円は欲しい」といったのに、今のキャリアでは厳しいと言われ、その後ほとんど紹介がありませんでした。
30代、男性、年収500万、Webプロデューサー
評価:★★★☆☆3
「流れ作業」な雰囲気を強く感じた。メールの名前間違ってたし…(・`д・´)
20代、女性、年収350万、一般事務
評価:★☆☆☆☆1
同業界NGと伝えたのに、メールで何回も競合だった会社の求人がきて、キャリアアドバイザーからも勧められた。人の話聞いてますか?
30代、男性、年収800万、外資系
評価:★★☆☆☆2
外資企業の求人は多くなかった。キャリアカーバーとかビズリーチの方が合ってた。
20代、女性、年収300万、元アパレル業界
評価:★★★☆☆3
事務職未経験だったからか小さい規模の会社しか紹介されなかった。(大手企業希望)
30代、男性、年収400万、営業
評価:★☆☆☆☆1
面接時に言われたことと実際に働いてみての内容が全然違った。リクルート側がきちんと把握しておくべきではないのか?
40代、男性、年収900万、メーカー
評価:★☆☆☆☆1
当初、2ヵ月ぐらいの転職期間で考えていたのだが、全く決まらず4カ月もかかってしまった。
20代、女性、年収300万、事務
評価:★★★☆☆3
威圧的なタイプの担当者で、「その考え方は直した方がいい」「社会はもっと厳しい」と言われました。そんなのわかってるし!

リクルートエージェントの評価の悪い口コミを見ると、
・キャリアアドバイザーの対応
・流れ作業感
という内容に不満を持っている口コミが目立ちました。

キャリアアドバイザーはそれぞれで合う人もいれば、合わない人もいます。しかし、全体的にみるとドライな対応をする担当者は多そうです。ですから転職の軸が固まっている人はリクルートエージェントは合うでしょう。

丁寧なサポートを希望するのであれば、丁寧さが際立っているマイナビエージェントパソナキャリアなどの登録をオススメします。

リクルートエージェントのメリットとデメリットを比べても、求人数が業界トップというメリットは大きいために、登録しておいて損はないエージェントです。

もし、どこの転職エージェントを利用するか迷った場合は、マイナビエージェント、リクルートエージェント、DODAエージェント、パソナキャリアの4つに登録をして、自分に合っているか見極めつつ、取捨選択をしていくのが賢い使い方です。

 更に口コミを読みたい方はコチラ 
公式サイトへ

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの特徴・評価

 リクルートエージェントのキャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー(HPより) 

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの特徴などをみていきます。各社、社風や考え方によってキャリアアドバイザーの考え方・接し方に違いがあるので登録前にチェックしておくとよいでしょう。

リクルートエージェントキャリアアドバイザーのサポート

まずはキャリアアドバイザーがどんなサポートをしてくれるのか確認していきます。

・面談
面談前後のサポート
・履歴書/職務経歴書添削
・自己分析ヒアリング
・転職条件の擦り合わせ

面談で行うのは大きくわけて3つです。

特に大事なのは事前準備と転職条件をきめておくことです。

まず、履歴書と職務経歴書は面談の前日までにキャリアアドバイザーに提出しましょう。「面談までに作成すればいいや」なんて思わないでください。

面談前に職務経歴書があれば、面談時にいくつか求人を持ってきてくれますので、話が早く進む可能性が高くなります。

それに加えて転職条件も決めておきましょう。絶対に譲れない『MUST条件』と場合によっては譲れる『WANT条件』を自分なりに決めておくとキャリアアドバイザーも紹介するしないの判断が付きやすいんです。

箇条書きでも構いませんので、面談時に見せながら話すのもアリです。

・仕事紹介~面接  
仕事紹介~面接のサポート
・仕事紹介
・面接日時設定
・面接官へのヒアリング
・面接対策

転職サイトと大きく違うのが、ほとんどのことをキャリアアドバイザーが調整をしてくれることです。面接の調整はもちろん、面接後に不採用になった場合は、面接官に「何故不採用になったのか」ヒアリングまでしてくれます。

また面接時にどんな質問をされるかも教えてくれますので、前もって対策ができる点も転職エージェントを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

・内定後
内定後のサポート
・最終的な条件確認
・給与などの交渉

キャリアアドバイザーの腕の見せ所は『年収交渉』です。(リクルートエージェントが得意としているところ)

「この年収じゃ働けない」「他の方が条件が良い」など感じたらすぐに動いてくれます。ここの交渉で年収が一気に50万円あがることも多々ありますので、提示された条件に少しでも不満を感じたら、相談できるような関係性にはしておきましょう。

キャリアアドバイザーに相談してみる

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの特徴

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは他の転職エージェントと比べてどんな特徴があるのでしょうか?

特徴
・優秀な社員が多い
・業種、職種に適したキャリアアドバイザーが多数在籍
・年収などの交渉に強い

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは優秀な社員が多いと断言できます。

というのもリクルートグループに入社するためのハードルが高く、なかなか就職できる会社ではありません。また紹介事業部はリクルートの中でも収益を握っている事業部になりますので、リクルートの中でも更に優秀な層がキャリアアドバイザーとして活躍しているのです。

年収交渉も強いと言われていますから、転職活動をするにあたって求職者の求めている条件にできるだけ近づけるように動いてもらえるはずです。転職エージェント業界の中でも優秀なキャリアアドバイザーが集結しているのがリクルートエージェントと考えて間違いないでしょう。

リクルートエージェントのキャリアドバイザーの強み・弱み

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの強みと弱みはコチラ。 

強み
・優秀(質が高い)
・業界業種のスペシャリストが多い
弱み
・人によっては冷たく感じる
・寄り添ったサポートタイプではない

何よりも「社員の質が高い」のがリクルートエージェントのキャリアアドバイザーの特徴で、各分野のスペシャリストを集めていますので、どんな職業、職種でも対応できると言われています。

一方で、多少冷たい印象を受ける可能性はあります。サポートが丁寧なエージェントよりかは、求人数重視な部分があるので、20代の転職初めての方などは要注意です。

仮に登録・面談をしてみて、紹介される仕事があまりにも少ない場合は、今後に期待せずに他の転職エージェントに登録を考えた方がいいかもしれません。リクルートエージェントは求職者からも人気が高いためにに、「この求職者に紹介する仕事は多くない」など思われてしまった場合は、優先度が下がってしまう傾向にあります。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの評価

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの評価はかなり高いと言えます。

口コミからも分かるように、「的外れな求人を紹介された」という意見が少なく、求職者の考えや趣向をキャッチアップした上で、求人を紹介してくれます。

またリクルートグループの中でも優秀な人材が集まるのが転職事業です。新卒の初任給は30万円を超えており、年収だと1年目から400万円以上のリクルート。一般企業と比べてもかなり給与が高く、入社するためのハードルも高いのが特徴です。

優秀な人材がリクルートに集まる、その中でも優秀な人材が転職事業に集結する…これだけで優秀な社員が多いと言えます。

業界人から見たの評価
リクルートは初任給から30万を超える集団です。中途入社の給与も一般的なキャリアアドバイザーの中ではかなり高いために、優秀な人が自然にリクルートエージェントに集まってきていますから、優秀さは業界トップ!

 さらに詳細をみる

リクルートエージェントの求人の種類

リクルートエージェントHP
リクルートエージェントHP

リクルートエージェントが扱っている業界や職種は何があるのでしょうか?

リクルートエージェントが強い業界・業種

基本的には全業界、業種の求人を取り揃えています。

業種の求人数が多い順で言うと、営業・カスタマー、SE・エンジニアが多く、業界ではIT・通信業界、人材業界の求人が多くなっています。

ただ、掲載されている求人は3万件の公開求人だけですので、非公開求人の中には大手企業や優良企業の求人が多く保有されています。少しでも条件の良い非公開求人に出会いたいならリクルートエージェントは外せないのです。実際に求人を確認する 

掲載企業
大手企業・優良企業の求人は全て抱えている。更にリクルートエージェントだけの独占求人も多い。

リクルートエージェントが弱い業界・業種

リクルートエージェントが弱い業界・業種はありません。

しかし専門的な職種に特化した転職エージェントと比べると多少弱い可能性はありますが、大手の転職エージェントの中で比べたら、ここまで業界・業種を網羅しているエージェントはリクルートエージェントだけです。

リクルートエージェントが強い地域・弱い地域

リクルートエージェントが強い地域は、拠点がある東京、横浜、宇都宮、さいたま(大宮)、千葉、西東京(立川)、北海道、仙台、名古屋、静岡、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡プラスその周辺地域です。

逆に弱い地域は、上記の拠点がない地域ですが、全国の求人を抱えているので、他のエージェントよりも強い地域と言えるでしょう。

強い地域・弱い地域
強い地域:東京、神奈川、大阪、名古屋、福岡、札幌とその周辺地域

弱い地域:上記以外

リクルートエージェントの実績

リクルートエージェントの実績を様々な視点から見ていきましょう。

リクルートエージェントの紹介業界の実績

紹介実績においては、保有している求人とほぼ同じ割合ですので、現時点でリクルートエージェントが抱えている求人の業界・業種別求人数を見ていきます。(公開求人のみの件数)

・業界の割合

IT・通信系   :約10,000件
Web・ネット    :約4,000件
機械・電気   :約3,000件
金融・コンサル系:約4,000件
卸売・サービス :約5,000件
商社系     :約1,000件
マスコミ・広告 :約2,000件
人材      :約5,000件
不動産・建設  :約3,000件
インフラ・官公庁:約2,000件

・職種の割合

IT・インターネット:約10,000件
人材       :約10,000件
機械・電気・素材 :約3,000件
医薬・医療機器  :約1,000件
商社       :約1,000件
卸売・サービス  :約5,000件
マスコミ・広告  :約2,000件
不動産・建設   :約3,000件
金融・コンサル  :約4,000件
インフラ・官公庁 :約2,000件

リクルートエージェントの求人・非公開求人数実績

リクルートエージェントの公開求人数は、約3万件、非公開求人は約10万件です。(2018年5月現在)

比較的評価の高いマイナビエージェントの公開求人数は、約7,000件、非公開求人は2万件以上ですから、求人数は圧倒的に多いことが分かります。

地域に関しては、拠点+周辺地域が多いのですが、基本的に全国各地の求人を扱っていると考えて間違いないでしょう。実際に求人をチェックしてみる 

リクルートエージェントの紹介実績

リクルートエージェントの2017年の紹介実績数は公表されていません。

しかし、リクルートキャリア全体の売上は出ていますので売上から見ていきましょう。ちなみにリクルートキャリアに該当するのは、リクルートエージェント、リクナビネクスト、リクナビ(新卒者向け)、キャリアカーバーなどの就職や転職に関するサービスです。

・リクルートキャリアの売上

2017年:1,196億7,402万円

あまりピンときませんが、マイナビはグループ全体で約1,200億円(2017年度)です。一見マイナビの方が多く感じますが、リクルートグループ全体では、約1兆8,399億円(Wikipediaより)というとてつもない額なので、規模の大きさの違いが分かります。

就職・転職・アルバイトなど働く分野においては、リクルートが圧倒的なシェアを獲得していますし、同等に戦える企業もありません。リクルートの独断と言えますね。

2016年の実績
取引社数:約1万4000社
登録者数:約50万人(2016年度実績)
転職者 :約3万2000人(2016年度実績)

 さらに詳細をみる

リクルートエージェントとを上手に使うポイント

ここからはリクルートエージェントトを上手に使うポイントを解説していきます。

希望する条件の仕事紹介が少ない場合

「リクルートエージェントに登録したのに全然紹介がないんだけど…」これは転職エージェントあるあるです。言っておきますが、今は売り手市場ですからどこの会社も人は欲しいはず。紹介されないという人は『何かをミスっている可能性が高い』です。

紹介がない人の特徴
・条件が厳しい(見合ってない)
・キャリアアドバイザーに嫌われた
・希望する業界、職種の求人が少ない

大体、これのどれかに当てはまります。

もし、思うように紹介されなかったら思い切ってキャリアアドバイザーに聞いてみて下さい。

転職に関して熱意を持っている求職者に対して冷たい対応をとるキャリアアドバイザーはいませんし、自社経由で転職してもらえれば売上につながるので、きちんと対応をしてくれるキャリアアドバイザーがほとんどです。

「何故紹介されないのか?」「紹介されるにはどうしたらいいのか?」など具体的に質問をすれば、きちんと答えてもらえるでしょう。

キャリアアドバイザーとの付き合い方

転職エージェントを利用する上でキャリアアドバイザーとの付き合い方はとても重要になってきます。 

アドバイザーは同時に何人もの求職者を相手にしていますので、仮に嫌われてしまったら思うような紹介がなくなってしまいます。逆に信頼関係が築けていれば、抱えている求職者の中でも優先的に仕事の紹介をしてくれるはずです。

また担当になったキャリアアドバイザーとの相性が合わない、知識が乏しいといった不満を抱える人も中にはいるかもしれません。

そういう時はリクルートエージェントを利用を止めるのではなく、はっきりと伝える方が時間の無駄にはなりません。「もう少し○○業界に詳しいアドバイザーが良い」「こういった考えのアドバイザーが良い」など不満に思っていることを言葉に出していった方が得です。

リクルートエージェント側もせっかく登録してくれが求職者が去ってしまうことは1番避けたいことなので、詳しいキャリアアドバイザーを連れてきてくれたり、紹介をしてくれます。

「不満を持っていることはまず確認してみる」これがとっても大切になってきます。

不満があったら…
正直にキャリアアドバイザーに不満な点を具体的に伝えてみましょう。

紹介を減らす&増やす方法

リクルートエージェントに登録して「紹介数が少ない」「紹介される数が多すぎる」と感じる人もいると思います。

解決するのは簡単で、キャリアアドバイザーにその旨を伝えるだけで解決できます。できれば具体的に「もっと○○な業界の求人を紹介してもらいたい」「○○万円以上の求人紹介を増やしてほしい」「電話での紹介はストップしてほしい」とどうしたいかを伝えて下さい。

アドバイザーも求職者の希望が更に理解できれば、近い求人を紹介してくれますし、お互いに無駄な時間をかけなくて済みます。もし小さなことでも構いませんので、不満に思っていること、改善してほしいことがあればキャリアアドバイザーに伝えて下さい。(メールでもOK)

図々しいぐらいに希望を伝えても全く問題ありません!もし、希望が無謀すぎる場合はアドバイザーが教えてくれますので、全ての条件、希望をアドバイザーに伝えることが最も重要なんです。

ポイント!
転職する上で大事にしたいポイントは全てアドバイザーに伝えるべき。(細かすぎるぐらいでOK!)絶対に譲れない「WUST条件」、多少は譲歩できる「WANT条件」に分けて伝えると理解してくれやすい

 例、
【WUST条件】
・年収500万円以上
・通勤時間1時間以内
・完全週休2日制
・転勤なし

【WANT条件】
・社員数100名以上
・残業時間30時間以内
・家賃補助あり

もっと条件が多くても構いませんので、キャリアアドバイザーが分かりやすいようにまとめておくとよいでしょう。

退会方法

リクルートエージェントを退会する方法は簡単です。

キャリアアドバイザーに退会の旨を伝えるかネット上で退会申請をすればOK!口頭やメールで伝えるのは不安だという方はネット上からの大会手続きの方が良いでしょう。

もっと詳細を確認したい方はココから情報を確認してください。

絶対にやってはいけないこと4選!

これをやってしまうと、求人の紹介が少なくなったり、転職後にミスマッチで自分の首を絞めることになりかねません!   

・ウソをつく

転職時のウソは誰もハッピーになりません。自分のスキルや経験を誇張する必要もありませんし、希望年収を控えめに言う必要もありません。

まずは『キャリアアドバイザーと本音で話す』ことが重要になってきます。

・連絡を無視する

電話が来ているのに折り返しが遅い、メールで質問が来ているのに返事をしない。こういう求職者は「転職に本気ではないな?」と思われてしまい、優先度を下げられる可能性が高いです。

キャリアアドバイザーは何十人もの求職者を相手にしていますから、「本気ではない」と思われた時点でそのエージェントとの関係は終わりだと思って良いでしょう。

・約束を守らない

これも上の項目と同じです。キャリアアドバイザーとの信頼関係が崩れてしまったら終わりですから、最低限の約束はしっかり守りましょう!提出期限の1日前までに提出をすれば逆に好感度は上がっていくでしょう。

社会人の最低限のマナーはしっかり守ることをお忘れなく!

・思っていいることを言わない

このポイントができていない人が多くいます。「希望年収より低く伝える」「キャリアアドバイザーの言われたままに仕事の紹介を受けてしまう」「気になるポイントがあっても聞かない」

転職において遠慮することなんて全くありません!言葉が悪いかもしれませんが、キャリアアドバイザーと関わる時間なんて本当に一瞬ですし、本音を言わないことでキャリアアドバイザー側も求職者の考えを理解しきれません。

結局、ミスマッチになってしまいお互いが不幸になるだけ…小さなことでもいいので思っていることは全て伝えるのが転職成功するためのポイントです。

上手に利用するポイント
・キャリアアドバイザーには思っていることを全て伝える
・職歴、経験、スキルについてウソをつかない
・提出期限などの約束は守る

  さらに詳細をみる

リクルートエージェントの登録~仕事紹介の流れ

リクルートエージェント登録の流れ
登録の流れ

リクルートエージェントを利用する場合どうしたらいいのか順を追って説明していきます。

①Webから登録

所要時間:3分程度

登録はとっても簡単です。ココをクリックして基本情報を入れれば終わり。(登録はコチラから)

②履歴書/職務経歴書の作成

所要時間:1時間~3時間

絶対に手を抜いてはいけないポイントです!1度作ってしまえば他のエージェントに登録する時にも使えますし、今後の人生で転職する際は追記をすればいいだけなので、最初だけは頑張って下さい!大事なポイントは分かりやすく簡潔に♪

③面談/電話面談

所要時間:30分~1時間

登録後に電話orメールがあり、面談や電話面談の日程を決めます。注意しておくべきなのは、面談の前日までには履歴書と職務経歴書を提出しておくこと。

事前に提出してあると面談時に条件にあった仕事を紹介してくれますし、タイムロスを防ぐことができます。

④仕事紹介

仕事紹介はメール、電話どちらがいいかなどきちんと伝えておきましょう。メールだけと伝えておけば電話はありませんし、急いでいる方なら電話の方が早く話が進むことが多いです。

⑤企業との面接

書類通過したらいよいよ面接です。キャリアキャリアアドバイザーは面接での質問される内容、面接官のタイプ、性格など細部まで把握しているケースが多いのでしっかり確認しておくことが大切になってきます。

⑥内定

内定が出てもすぐに返事をしないようにしてください。提示されている条件で本当に良いのか?もし納得できないポイントがあった場合はキャリアアドバイザーに包み隠さず伝えて下さい。

例えば年収が希望条件でない場合は、「年収を○○○万円で交渉してくれませんか?」とはっきり伝えましょう。ここで妥協しても転職してから後悔するだけです!

登録~仕事紹介のポイント
・面談の前日までに職務経歴書を作成
・面接担当者の特徴はキャリアアドバイザーに確認
・内定が出ても条件をしっかり確認して妥協しない

リクルートエージェントに登録できる場所

リクルートエージェントの登録できる箇所は全国で16カ所!他の地域の方は電話での面談・紹介になります。

・東京(本社)

住所 :東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
最寄り:東京駅八重洲南口から徒歩3分

・横浜

住所 :神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
最寄り:横浜駅より直結徒歩3分 

・さいたま(大宮)

住所 :埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階
最寄り:大宮駅 西口より徒歩5分  

・千葉

住所 :千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階
最寄り:千葉駅 東口より徒歩1分  

・宇都宮

住所 :栃木県宇都宮市東宿郷1-9-15 フローラビル 10階
最寄り:宇都宮駅 東口より徒歩2分 

・西東京(立川)

住所 :東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F
最寄り:立川駅 北口より徒歩6分 

・北海道

住所 :北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
最寄り:札幌駅より徒歩3分   

・東北(仙台)

住所 :静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階
最寄り:仙台駅西口より徒歩約9分

・静岡

住所 :宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F
最寄り:静岡駅 南口より徒歩1分   

・名古屋

住所 :愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング(ラシック) 12階
最寄り:名城線 栄駅 三越横6番出口より徒歩3分   

・京都

住所 :京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階
最寄り:烏丸駅 25番出口より徒歩1分   

・大阪

住所 :大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
最寄り:阪急梅田駅より徒歩約3分

・神戸

住所 :兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階
最寄り:三宮駅 東改札口より海側徒歩5分

・岡山

住所 :岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル4階
最寄り:JR線 岡山駅 東口より徒歩3分

・広島

住所 :広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階
最寄り:広島電鉄 八丁堀電停より徒歩1分

・福岡

住所 :福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階
最寄り:天神駅 1番出口より徒歩5分

   3分で簡易登録してみる 

履歴書・職務経歴書はどのタイミング?

履歴書・職務経歴書を書くタイミングはできるだけ早い方が有利です。

必ず守ってもらいたいのが面談の前日までには履歴書・職務経歴書共に提出をすることです。(書き方がわからなくても作成して提出することが大事)

提出が面談時になってしまうと職歴の確認からになってしまい時間がムダになってしまう可能性大です。提出が前日までに済んでいれば、職務経歴書をもとにキャリアアドバイザーが求人を準備してくれますので、話が進むのが早いんです。

せっかく時間をかけて面談にいくわけですから、事前準備はしっかり終えて、今の条件でどんな求人が紹介されるのかをしっかり確認できる面談にしておくことがポイントです。

もし履歴書や職務経歴書が面談時になかった場合は、「この求職者は転職に対して本気じゃないんだな~」と思われてしまって、その後満足いく紹介をしてもらえない可能性もあります。キャリアアドバイザーとの信頼関係は面談前から始まっていますので提出物は期限ギリギリにならないように気をつけて下さい!

ポイント
履歴書・職務経歴書は面談の前日までに必ずアドバイザーに送る

内定がもらえるまでの期間

登録から内定がもらえるまでの期間は人によって様々ですが、最短で2週間~1ヶ月です。平均すると1ヶ月~2ヵ月、仕事をしながらの転職活動の場合は、3カ月程度かかることもあります。

まずは登録して情報収集することが大事になってきます。転職しようと思ったタイミングで登録するのではなく、少しでも「転職」という言葉が頭をよぎった段階で登録することをオススメします。

ただ、急いで転職しようとする人ほど失敗するリスクが高くなります。(内定が出たら飛びついてしまうため)可能であれば期限をあまり短く切らずに、納得できた会社がみつかったら転職をするというスタンスの方が良いと言われています。

その為にもエージェントへの登録は1日でも早くした方が良いのです。

内定までの期間
早い人:2週間~1ヶ月
平均 :1ヶ月~2ヵ月
遅い人:3カ月以上

リクルートエージェントの総評

 リクルートエージェントHP

リクルートエージェントは転職エージェントジャンルで実績。知名度共に断トツトップのエージェントと言えます。

特に求人数は公開求人が約3万件、非公開求人が約10万件と他の転職エージェントと比べても圧倒的に多いのが分かります。転職する上でエージェントが抱えている求人数はとても重要になってきますので、登録しておいて間違えのないエージェントと言えるでしょう。

一方で、丁寧なサポートを希望している20代や第二新卒の求職者にとっては、若干冷たく感じることもあるかもしれません。ですので登録後、もし違和感があるようであれば、丁寧なサポートが得意なマイナビエージェントなどと併用すると良いでしょう。

オススメできる人
・多くの求人から選びたい方
・30代以上の方
・転職の軸がある程度決まっている方
オススメできない人
・丁寧なサポートを希望する方
・20代、第二新卒

xxxTOP3xxx

↓ リクルートエージェントのWEBサイトをチェックする ↓

リクルートエージェント

リクルートエージェントの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「リクルートエージェントの評判」を見る
3 位 総合点 3.84 点

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.84
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.94
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.78
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.78

求人広告事業を45年にわたり運営する総合人材サービス企業

『アイデムスマートエージェント』は国内最大級の求人サイト「アイデム」が2011年からスタートさせた、若手を中心に転職者をサポートし、転職支援サービス。アイデムは求人媒体の事業運営は約40年以上となり、これまで築いてきた約25万社以上の企業とのネットワークがあります。

アイデムスマートエージェントは500名を超える求人広告営業部隊と連携を図っており、 優良求人の獲得は非常にうまくいっているようです。 長年人材ビジネスを行っている企業だからこそ、転職支援サポートもどっしりとした落ち着いた対応で、転職活動を焦らせる事なくじっくりと考えながら進めることが可能です。

アイデムエージェントの詳細

【特徴をもっと詳しく!】

ベンチャー系の転職エージェントの場合は、目先の売上に走りがちな企業が多いですが、アイデムスマートエージェントはそういった事が一切ないのが大手老舗企業の良さでしょう。
そのためか、集まる口コミも「丁寧なサポートだった」と好評なものが多いのが特徴的。今までの企業とのパイプと、手厚いエージェントのサポート力に注目のサービスです。

アイデムスマートエージェントは他の転職エージェントと比較すると「紹介してもらえる求人が少ない」との声もありますが、転職希望者のことをしっかりと把握して、1人1人にマッチする求人を紹介しているようです。

公式ページを見る

利用者満足度が高いマイナビエージェントパソナキャリアよりは紹介される求人は確実に少ないので、『求人数』を求めるのであれば知名度が高いエージェントの方が良いですが、穴場な求人を狙うのであればアイデムスマートエージェントはオススメできます。

担当となるキャリアカウンセラーの年齢も30歳前後と若い!…という声も聞こえます。年齢が近ければ話しやすい反面、事業開始からまだ年数が浅いこともあり、経験豊富なサポートを求めるミドル/シニア層の方々にはあまりオススメできません。

その分、アイデム従来の求人ネットワークと親和性の高い若年層の転職支援に期待できるので、20代30代ならばぜひ登録しましょう!

※転職支援は拠点の関係上、「 東京・神奈川・埼玉・千葉 」を中心に行っております。地域を限定している分、他社より手厚い"転職支援と良質な求人紹介" ができるのも大きな特徴の1つとなっています。 

アイデムスマートエージェントの特徴・求人種類

アイデムスマートエージェントの特徴

40年以上の求人広告事業で培われた25万社以上の企業との取引は、厚い信頼の顕れです。

アイデムスマートエージェントは営業・事務・企画・IT・技術・医療・介護福祉などの関連職種に秀で、若年層の転職サポートにも強い転職エージェントです。

規模は地域に密着したものから大手まで、企業・医療機関や施設に至るまで、専任コンサルタントが希望に沿った転職先を斡旋してくれ、求職者のスキルを客観的に判断してくれることにより求職者自身の強みを認識し、思わぬ転職先が見つかるチャンスに繋がるかもしれません。 

適性を見出すキャリアカウンセリング
専任のキャリアアドバイザーがホスピタリティーのある対応で、転職自体を迷っている方にも希望やキャリアを精査して、転職の必要性や現職でいたほうが良いかどうかもアドバイスが受けられるので、「転職」という目先だけの目標ではなく、長期におけるキャリアデザインを求職者と共に構築していきます。

アイデムスマートエージェントのメリット/デメリット

転職フォーラムや数々の就職支援セミナーを実施しているので、転職のノウハウや専門職に関しての情報が得られるため、転職前に入念な準備をすることが可能です。

営業職や若手の転職サポートが他社と比較しても強く、きめ細かい対応が好評で、求職者と専任コンサルタントの認識の共有やより希望を伝えやすい関係を築けるよう、電話のみ・メールのみの対応はしていないほどです。

また、自分ではなかなか難しい「給与や待遇」など、求人先との折衛・交渉も専任コンサルタントが代理に行うので、欲張ったかな?という希望でも、まずは相談してみましょう。 

アイデムスマートエージェントはこんな方に向いています

アイデムスマートエージェントは営業・事務・企画・IT・技術・医療・福祉など、業界全般に精通した転職エージェントですが、近年は特に医療系(医師・看護師・薬剤師)や福祉関連に注力しているので、医療・福祉系への転職を考えている方にもおすすめです。 

詳細を見る口コミを見る

アイデムスマートエージェントの求人の種類

アイデムスマートエージェントでは幅広い業界の求人を取り扱っていますが、医療・介護福祉・営業・販売にも力を入れていて、近年ではITエンジニア関連にも求人が集まってきています。 

アイデムスマートエージェントが強い業界・業種・職種

力を入れている医療・福祉系や営業・販売、ITエンジニア系は求人数も豊富ですが、関連する職種や企業の多さも魅力です。 

医療・福祉・保育系

薬剤師、正看護師准看護師、保健師、助産師、介護士・生活相談員、保育士 その他:医療福祉関連

営業、販売系

個人営業法人営業ルートセールス、カウンターセールス技術・システム営業メディカル営業(MR、医療機器営業)代理店営業内勤営業、海外営業営業マネージャー・営業管理人材コーディネーター、カウンセラー、人材系営業店長・販売・店舗管理スーパーバイザーバイヤー・マーチャンダイザー店舗開発・FC開発、その他:営業・サービス系

事務、企画、管理系

人事・総務・労務法務・知的財産関連経理・特許・財務広報・IR物流・購買・事業企画・貿易経営企画・経営幹部秘書・受付・アシスタント商品企画・営業企画・マーケティング一般事務・営業事務医療事務インバウンド/SV(コールセンター)その他:事務・管理系

ITエンジニア系

アプリケーション開発(WEB・オープン系・汎用系・制御・組み込み系)、社内SE、ネットワーク・サーバ設計・構築ネットワーク・サーバ運用・保守テクニカルサポート、ヘルプデスクパッケージソフト・ミドルウェア開発システムアナリスト・コンサルタント・PMその他技術系:IT・Web・ゲーム・通信)

クリエイティブ系

WEB、ゲーム系テレビ、芸能、映像、音響、イベント系広告、グラフィック系ファッション系インテリア・工業・空間デザイン系出版・印刷系その他:クリエイティブ系 

詳細を見る口コミを見る

アイデムスマートエージェントが弱い業界・業種・職種

元々の求人自体が少ない技術系や金融系などは強いとはいえませんが、企業からの要望があればその都度求人を募っています。

あまりにコアな専門職だとおのずとマッチング率は落ちてしまいますが、求職者のスキルを最大限に活かせるように念密なカウンセリングが行われます。

なかにはキャリアチェンジの成功を果たした方もいるので、まずはプロのキャリアアドバイザーに相談してみるのも良いですし、アイデムスマートエージェント以外の転職エージェントをいくつか掛け持ち登録して比較するのもいいでしょう。 

アイデムスマートエージェントが強い地域・弱い地域

拠点は北海道・北陸・関東・中部・近畿・中国四国・九州沖縄と全国にありますが、特に関東・関西の求人数が多いです。

実は転職エージェントの利用者の6割が、「困った・不満を感じた」と評価しています。

その原因の多くが希望以外の求人を紹介されたり、求人票以上の情報開示がなかった、態度が横柄だった事にあるという事実を調査し、求職者の希望やスキルにいかにマッチした求人先との懸け橋になるかといった「最適なキャリアプラン」を一緒に作り上げることを目標にしています。

アイデムスマートエージェントは非公開の情報までも開示しています。丁寧な対応で求職者に寄り添ったアドバイスや真摯な姿勢で、高評価を得ている転職エージェントです。

エージェントは全員「求人広告取扱者資格」を保持しているプロフェッショナルなので、悩んでいるならまずは相談してみましょう。アイデムスマートエージェントの豊富な独自案件もチェックしてみてくださいね。

xxxTOP3xxx

↓ アイデムスマートエージェントのWEBサイトをチェックする ↓

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「アイデムスマートエージェントの評判」を見る
4 位 総合点 3.82 点

type転職エージェント

type転職エージェントのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.82
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.80
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.75
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.83
typeエージェント

type転職エージェント「東京・神奈川・埼玉・千葉」限定ですが、非常に高い評判を得ているエージェントです。転職サイトでも有名な@typeを運営しており、1994年の求人誌時代から転職ビジネスを行っている長い歴史とノウハウを持っています。

若手~ミドル層の転職支援を得意としており、20~30代の方を中心に高い満足度を得ています。転職業界では老舗的な企業であり、イケイケの転職エージェントとは違って"利益重視ではなく、人材重視で転職支援をしている"と転職業界人の間でも高い評価をしている人が多いです。
公式サイトへ

【転職業界人がtype転職エージェントをオススメする理由】

マイナビエージェントリクルートエージェントに比べると、type転職エージェントはエージェントとしての知名度が低いため、"登録数が圧倒的に少ない"のが実情です。しかし、転職支援は1人1人しっかりと丁寧に行っているという評判をよく耳にします。

type転職エージェントは『穴場的なエージェント』ですから、他のエージェントに登録して納得できなかった方、初めて転職を考える方など、手厚いフォローを必要とする方を中心に本当にオススメ! 大手企業からIT・WEBなどの人気ベンチャーまでこれまでのコネクションを活かした幅広い求人を獲得できており、豊富な求人数を元に転職支援を行うことができます。

求人数の豊富さはより良い転職活動を行うのに非常に重要なポイントです。1994年から転職ビジネスを行っている老舗企業だからこそ、企業人事とのパイプが強く、type独占求人や非公開求人を多く受注できているのも強みです。
実際の求人を見てみるtype転職エージェントには@typeには掲載できない非公開求人が多いので登録する価値は確実にあります。非公開求人は登録した方でないと知ることができないものなので登録しないのは勿体ない!条件・待遇などが良い求人は全て非公開求人になっていると考えて間違いありません。

登録するメリット
 登録数が少ない為にサポートが丁寧
 大手よりも面接までいきやすい
 地域に特化しているので人気非公開求人が多い

「東京・神奈川・埼玉・千葉」で転職をお考えの方は是非活用すべき転職エージェントです。下記ボタンからだと1分で登録が完了ですきます。 
超簡単『1分』登録

type転職エージェントの特徴・求人種類

type転職エージェントの特徴

type転職エージェント

「type転職エージェント」は20代~30代の転職を得意としている転職エージェントです。キャリアアドバイザーが利用者のスキルや人柄、職務経歴などを正しく評価してくれるので、年収アップの転職に強い傾向があり、自社調べでは利用者の約7割が転職で年収アップを成功させています。

type転職エージェントのキャリアアドバイザーは業界や業種ごとの専門的な知識を持っている人が多く、きめ細やかなサポートをしてくれると利用者からの評判は高いです。

転職エージェントとしては知名度が低いため登録者数は少な目です。しかし非公開求人かつ良質な求人が多いため、利用者が少ない点を考えると質のよい求人の穴場ともいうべき転職エージェントでしょう。

ITやWeb業界、サービス業、営業系に関する職業への転職に強い傾向がありますが、東京・千葉・神奈川・埼玉の1都3県のみ対応となっています。 
まずは『1分』で簡単登録

type転職エージェントのメリット/デメリット

メリットデメリット

type転職エージェントのキャリアアドバイザーは専門業界に特化した人も多いため、ITや通信などの業種や営業職への転職を希望する人には強い味方になってくれます。

非公開案件の中に大手老舗企業や、IT企業などの独占求人があるというのも大きなメリットです。利用者一人に対してかける時間が多いのでじっくりと相談できますし、利用者が少ない分競争率も低いため条件のよい求人を探しやすいです。

今勤めている職場を円満に退社するコツも教えてくれるので、最後まで安心して任せることができます。

デメリットとしては扱っている求人が非公開となっているため、利用者登録をしないと実際にどんな仕事があるのかがわからないという点がまずあげられます。

また対応している地域が1都3県と限られており、他の地域の仕事を探すことができず大手転職エージェントと比較すると全体的な求人数が少な目な点はデメリットと言えるでしょう。

type転職エージェントはこんな方に向いています

 type転職エージェントはこのような人におすすめできます。

type転職エージェントはこんな方に向いています
・20~30代で転職を希望している人
・ITや通信、サービス業、営業職で働きたい人
・年収アップのできる転職先を探している人
・1都3県で転職先を探している人
・専門知識のあるキャリアアドバイザーに相談したい人

Type転職エージェントは転職エージェントとしての歴史は浅いですが、「転職サイト@type」の運営も行っています。転職のノウハウやこれまでの経験からしっかりとしたサポートを行ってくれるので、1都3県での転職を考えているのなら登録しておいて損のない転職エージェントです。 

詳細を見る口コミを見る

type転職エージェントの求人の種類

Type転職エージェントはITや通信など強い業種や職業がはっきりとしています。他業種への転職を考えている場合でも、キャリアコンサルタントのきめ細やかなサポートや交渉力の高さは見逃すことができないので、登録しておくことをおすすめします。 

type転職エージェントが強い業界・業種・職種

Type転職エージェントの強い業界や業種に対して興味のある人や、転職を考えているのであれば、登録をしてキャリアコンサルタントに求人状況などを確認してみるとよいでしょう。

強い業界・業種

IT・通信
・通信
・インターネット
・ソフトウェア

Web
・広告
・デザイン
・放送
・出版
・音楽

強い職種

PG・SE
アプリケーションエンジニア・サーバーサイドエンジニア・データベースエンジニアサーバーエンジニア・ネットワークエンジニア・セキュリティエンジニア・プログラマー・社内SEなど

PM・PL
プロジェクトマネージャー(PM)・プロジェクトリーダー(PL)

デザイナー
Webデザイナー・HTMLコーダー・モーションデザイナー・3Dデザイナー・2Dデザイナー・エフェクトデザイナー・UI/UXデザイナー・グラフィックデザイナーなど

その他職種

ディレクター/プロデューサー/プランナー/コンサル/事業責任者など

その他業種

メーカー/金融/物流・流通など

詳細を見る口コミを見る

type転職エージェントが弱い業界・業種・職種

type転職エージェントが弱い業界はアパレル系や官公庁・教育業界です。苦手分野だけに求人の数も少な目で、キャリアアドバイザーもこのジャンルに詳しい人は少ない傾向にあります。

しかし弱いといわれている職業への転職を希望する場合でも、自分の強みや弱み、スキルの棚卸などキャリアアドバイザーの協力を得ることで他業種への転職が有利になることがあります。

ITやWeb業界経験のある人はtype転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーのサポートを受けておいたほうが、他職への転職活動もスムーズに進めることができる可能性が高いです。

type転職エージェントが強い地域・弱い地域

東京・千葉・神奈川・埼玉でサービスを展開しており、東京都内が一番求人数が多いです。1都3県以外の求人はありませんが、地方の人で1都3県での就職を希望している場合は、登録してキャリアアドバイザーから求人の傾向や業界の流れなどの情報を集めることをおすすめします。

都内の求人件数が多いということは、それだけ都内で転職成功した人も多いので、年収アップや好条件の仕事を探しやすく自分に有利な条件で交渉しやすいと言えます。エンジニアやサービス業経験者であれば、登録してキャリアアドバイザーと詳細を相談しておくことをおすすめします。

xxxTOP3xxx

↓ type転職エージェントのWEBサイトをチェックする ↓

type転職エージェント

type転職エージェントの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「type転職エージェントの評判」を見る
5 位 総合点 3.76 点

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント(アデコ)のロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.76
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.86
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.75
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.64

人材業界"世界No,1シェア"を誇る総合人材サービス企業

『Spring転職エージェント』はアデコが運営している転職支援サービスです。アデコは世界60カ国に拠点を持つ外資系企業で、人材派遣をメインに、転職サービスやアウトソーシングなど幅広く人材サービスを行っています。

アデコは人材ビジネスでは長い期間世界No,1の売上規模を誇り、業界では圧倒的な存在感があります。今までは 派遣事業を中心に行っていましたが、ここ数年は転職支援サービスにも力を入れています。優秀な転職エージェントが多数在籍し、豊富な求人情報を元にしっかりとした転職支援を行う評判の高い企業です。

もっと詳しく見てみる

【 転職のプロが聞く業界の噂 】

転職希望者に対して専門特化したサービスを提供するために、組織体制を「HR&ファイナンス」、「セールス&マーケティング」「IT&エンジニアリング」と3つの職種専門部門に分かれ、さらに各分野においては、産業・職種別の専門チームを組織して転職支援を行っています。

一人のコンサルタントが、求職者と企業どちらも担当する360度式(一気通貫型)コンサルティングで対応しており、ミスマッチの少ない求人紹介や求人情報の細かい部分までを転職希望者に伝えることが可能です。

公式ページを見る

Spring転職エージェントはマイナビエージェントリクルートエージェントとは全く毛色の違う転職エージェントなので、登録する事で違った目線で転職エージェントを活用することができて、転職活動の幅が広がるのでオススメです。 

Spring転職エージェント(アデコ)の特徴・求人種類

Spring転職エージェントの特徴

外資系の案件にも優れ、質が高いと好評のSpring転職エージェントは専任コンサルタントが求職者と企業担当を兼任している「一気通貫型コンサルタント」と呼ばれるシステムを採用しているのが大きな特徴といえます。

専任コンサルタントが企業側の採用担当者とコミュニケーションが直接取れている事で、企業の案件情報を熟知することができ、ミスマッチが起こりにくく求職者の希望と深く合致させることができます。

この「一気通貫型コンサルタント」システムは海外ではメジャーに用いられているので、さすが外資系に強いといったところです。

それだけでなく、Spring転職エージェントは海外シェアNo.1の大規模な転職エージェントなので、専任コンサルタントが求職者自身が気づいていない強みや価値、経験を生かせる分野を見出すことで、国内外問わず応募する業界や職種の幅を広げられる可能性を秘めています。 

Spring転職エージェントのメリット/デメリット

国内の拠点数は19か所あり、Uターン・Iターンなどの離れたエリアの転職情報や求人動向を収集することが可能です。

求職者のなかには求人情報だけ知りたいという方も多いので、その場合にはSpring転職エージェントでは深く追求しません。求職者が積極的に動くことで、専任コンサルタントもより手厚いサポートへと移行することができます。 

Spring転職エージェントはこんな方に向いています

世界60か国でサービスを行っているので、海外でスキルを活かしたい方外資系関連企業への転職を視野に入れている方は登録しておいて損はないです。

コアな専門職の知識にも精通している専任コンサルタントが各拠点に在籍しているので、特定の専門スキルを活かしたい方の要望にも応えられます。

他の転職エージェントと異なる一気通貫コンサルタントにより、今まで希望となかなかマッチングできなかった方にもおすすめです。

第二新卒やまだ迷っている段階の方でも手厚いサポートを受けることができるので、まずは専任コンサルタントに相談することで道が拓けるかもしれません。

詳細を見る口コミを見る

Spring転職エージェントの求人の種類

やはりSpring転職エージェントの強みである外資系の求人も多いですが、日本の大手の証券・銀行や大手自動車メーカーの求人も多数あるので、幅広い選択を可能にしています。

また近年では、海外で日系の自動車・サービス業界、外資企業の日本参入では管理系、営業系の採用ニーズが高まっていることに伴い、Spring転職エージェントでもニーズに合わせた業界にも力を入れています。 

Spring転職エージェントが強い業界・業種・職種

以前から経営・Web・IT関連の求人は多かったのですが、国内外のニーズに合わせて営業系や製造系エンジニアの募集も増加しています。 

経営/コンサル系

CEO、COO、経営管理(役員以上)、事業企画・新規事業開発、経営企画、株式公開(IPO)、/経営・戦略コンサルタント、財務・会計コンサルタント、人事・組織コンサルタント、プロジェクト管理、その他

営業職

営業(法人向け)、コンサルティング営業・企画営業(法人向け)、ルートセールス、営業(個人)代理店営業・パートナーセールス、海外営業、営業マネージャー・管理職、営業企画、その他

Webクリエイティブ系

Webプロデューサー・Webディレクター、Webデザイナー・UI/UXデザイナー、フロントエンジニア・コーダー、ECサイト運営、DTP・CGオペレーター、社内Web担当、自社サイト管理運営、Web構築・制作コンサルティング、放送関係業務、編集・企画・コピーライター、アートディレクター・クリエイティブディレクター、ゲームプロデューサー・プランナー・ディレクター、ゲームプログラマー、映像・音響クリエイター、CGデザイナー・キャラクターデザイン、その他クリエイティブ系職

IT・エンジニア

ITコンサルタント、PMO、 パッケージ・システム導入、ITアーキテクト、PM/PL(Web系・オープン系・パッケージ開発)、PM/PL(汎用機系・組込・制御系・IoT関連)、システムエンジニア(Web系・オープン系・パッケージ開発・汎用機系)、Webエンジニア、ソフトウェアエンジニア、データベースエンジニア、PM/PL(通信・NW設計・インフラ構築)、サーバエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティスペシャリスト、プリセールス、ITセールス、品質管理・QA 、 社内SE、テクニカルサポート、ヘルプデスク、ユーザーサポート、セールスエンジニア、データサイエンティスト(テクノロジー系・アナリスト系)、研究・開発(IT系)、その他IT系職種

製造系エンジニア

研究・開発、製品開発、電子デバイス設計、半導体設計、回路設計、電気制御設計、プロダクトマネジメント・プロジェクトマネジメント、開発系管理職、機械・機構・筐体・金型設計、光学設計・鏡筒設計、意匠設計・プロダクトデザイン、シミュレーション・解析エンジニア、評価・分析、製造技術・生産技術、プロセスエンジニア、生産管理、品質管理・品質保証、工場管理職、設備保全・メンテナンス、技術企画・技術戦略・技術コンサルタント、セールスエンジニア、技術営業・フィールドアプリケーションエンジニア、サービスエンジニア、特許技術者、CADオペレーター、技能工、製造・組立・検査・機械オペレーター、整備士(自動車・飛行機等)、その他エンジニア系職種

詳細を見る口コミを見る

Spring転職エージェントが弱い業界・業種・職種

幅広い業界・職種を網羅しているので、特に弱いものはありません。

ご覧の通りSpring転職エージェントでは業種を細分化しているので、より求職者の希望に叶う提案をすることができます。

またSpring転職エージェントで取り扱っている求人のうち、一般公開しているものはたった20%です。残り80%の非公開求人のなかにはSpring転職エージェントが独占している求人が多数存在するので、まずは登録・相談してみるだけでも意義のある転職エージェントです。 

Spring転職エージェントが強い地域・弱い地域

都市部・関西・東海地方に注力していますが、国内で19か所、海外を合わせると60か所という世界規模でサービスを展開しているので、語学力が活かせる外資系企業や海外への転職を検討している方にも、企業の採用担当者が会ってみたいと思えるような英文レジュメの書き方までサポートしてくれるので心強いです。

Spring転職エージェントでは業界・職種を細分化することで、いっそう求職者の意向に寄り添える万全なサポート体制が整っています。

面接対策講座・転職コラムなどの豊富なコンテンツや、求人数の80%を占めるグローバルな非公開求人が魅力のSpring転職エージェントは、求職者の可能性を探るのにうってつけといえるでしょう。

xxxTOP3xxx

↓ Spring転職エージェント(アデコ)のWEBサイトをチェックする ↓

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント(アデコ)の詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「Spring転職エージェント(アデコ)の評判」を見る
6 位 総合点 3.68 点

パソナキャリア

パソナキャリアのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.68
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.72
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.68
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.64

大手企業へ転職事例多数!サポートに定評あり。評判の良いエージェント

『パソナキャリア』はパソナキャリアカンパニーが運営する転職支援サービスです。 創業以来、「正しい就職」「正しい転職」「正しい再就職」を変わらぬ理念のもと運営されていることもあり、利用者の満足度がとても高いのが特徴です。

キャリアアップを求める方に対してどんな求人が最適か、書類選考や面接ではどう企業にアピールしたらいいか。そうした細やかなサポートを、パソナキャリアアドバイザーが一人一人に対し行うことで、求職者と企業双方が納得のいく転職を実現しています。

さっそく求人を見る

【 転職業界人目線で解説 】
転職業界人同士の噂話しの中でよく話題となるのが、パソナキャリアにしか求人が出ていない"独占求人"が多いということです。
企業側からの満足度も高く、人事担当者の信頼を得ているからこそできる素晴らしい営業力だと考えられます。

転職ビジネスだけを行っている企業の場合、かなりの実績(複数人内定)を出さないと信頼されにくく、"独占求人"にはしてもらえません。その点、パソナキャリアはキャリアアドバイザーのマッチング力が高いため人事担当者と仲良くなりやすいのでしょう。

独占求人を見る

パソナという社風自体が、"利益よりも社会貢献"ということを掲げており、実際に「農業ビジネス」「介護ビジネス」など、日本の課題として問題となっているビジネスにも果敢に取り組んでいます。(利益に繋がっているとは全然聞きませんので、きっと赤字でしょう。笑)

その社風に反映されている良い面として、パソナキャリアのキャリアコンサルタントの対応も転職希望者への配慮があり、利益優先の転職サポートが少ないという事をよく聞きます。

「利益優先で、人の人生を不幸にするなんてこと、あってはならないから。」という言葉をパソナキャリアの社員に徹底させているから評価が高いのかもしれません。

上記にも書きましたが、パソナキャリはそもそもマイナビエージェントリクルートエージェントDODA(インテリジェンス)とは”異なったスタイルの企業”ですので、違った目線での転職活動も可能になるかと思います。特に 首都圏の転職に強い」「年収が350万円以上の方向け ですので、該当する転職希望の方にオススメです。 

パソナキャリアの特徴・求人種類

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアの特徴といえば、まず最初に挙げられる事が「パソナキャリアの独占求人」が多いということです。これは強みともいえますが、企業側からの満足度の高さと信頼の厚さの象徴でもあります。

パソナキャリアはクレド経営を取り入れていて、”満足の最上位は感動”という理念から、「感動サービス」の実現へと全社員が同じ方向を向けるよう、明確なビジョン・ミッション・行動指針が掲げられています。

そのため社員一人一人の「感動サービスへの意識」がとても高く、「人材」がパソナキャリアという企業にとって、まさに財産といえる位置にあることがわかります。

そうしたある意味利他的ともいえるホスピタリティの高さを持ったキャリアアドバイザーや、企業の採用担当者からスカウトの声がかかるチャンスがある「スカウトサービス」もパソナキャリアの特徴のひとつです。 

スカウトサービス
履歴書や職務経歴書を登録しておくと、求職者と企業の採用担当者の双方の希望や経歴にマッチングした求人情報を、キャリアアドバイザーが提案するサービスです。

求職者の可能性を見出し、予期していない案件の提案が成されることで新たな道が拓けるチャンスがあります。パソナキャリアが独占している非公開求人も検索対象になります。

パソナキャリアのメリット/デメリット

人材派遣の先駆者でもあるパソナキャリアは、これまでに培われたネットワークが強みのひとつです。他の大手転職エージェントでは紹介されていない求人が多数存在し、スカウトサービスを用いる事でもパソナキャリアが独占している企業の求人案件をも提案してもらえます。

また応募書類の作成や面接対策、企業との交渉や退職の手続きまでフォローしてもらえるので、単に求人を紹介するだけでなく「転職に必要な全て」においてきめ細かいサポートが可能です。

パソナキャリアでの取り扱いは、全業種をカバーしているということで専門職に弱いというイメージがありましたが、キャリアアドバイザー個々に力を入れている専門分野があるので、求職者に適したキャリアアドバイザーが対応することができます。 

パソナキャリアはこんな方に向いています

全職種が網羅されていますが、現在は特に注力しているIT・通信・インターネット関連やメーカー(機械・電気・電子)、医療・福祉医療や営業職への転職を視野に入れている方におすすめです。

また以前以上に若年層の求職者に対してバックアップできるよう配慮され、履歴書の書き方から面接・退職準備のアドバイスまでフォローしてもらえるので、初めて転職する方にもおすすめの転職エージェントです。

パソナキャリアでは、業界特有のスキルや資格を存分に発揮できるよう、求職者には最適な企業を提案し、企業には希望に合致した人材を推薦しています。

詳細を見る口コミを見る 

パソナキャリアの求人の種類

パソナキャリアでは、全ての業種・職種において万全の体制を整えています。その上で近年では以下の分野に注力し、さらに充実した幅広い職種へアプローチしているので、気になる職種があればひとまず登録・検索して詳細を確認してみましょう。 

パソナキャリアが強い業界・業種・職種

IT・通信・インターネット|IT・通信関連

IT・Webエンジニア
SE全般、PG全般、プロジェクトマネージャー、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、セキュリティエンジニア、データベースエンジニア、インフラエンジニア、ITアーキテクト、プリセールス、社内SE,ヘルプデスク・テクニカルサポート、パッケージソフト・ミドルウェア開発・ローカライズ、QA・品質評価、その他エンジニア、ITコンサルタント

Web・インターネット・ゲーム
新規事業・サービス企画Web、プロデューサー・プランナー、 Webディレクター 、Webコンテンツ企画 、Webデザイナー 、UI/UXデザイナー、Web運営・進行管理・広告運用、ゲームプランナー・クリエイター、フロントエンドエンジニア・CSS/HTMLコーダー 

メーカー(機械・電気・電子)

研究・製品開発、プロジェクト管理 、アナログ回路設計、デジタル回路設計、その他回路設計(電源・高周波・レイアウト)、半導体設計、ソフト設計・制御設計 電気設計・シーケンス設計、機構設計、筐体設計、金型設計、プロダクトデザイン、生産管理、生産技術・プロセス開発、製品評価、製造技術職、品質管理・品質保証、設備保全、エンジニアリング 、サービスエンジニア・フィールドエンジニア、セールスエンジニア・FAE、CADオペレーター 

医療・福祉医療

創薬、医療機器開発、研究開発、GLP・非臨床、臨床開発/CRA(モニター)・アシスタント、CRC(治験コーディネーター)・SMA(治験事務局)、QC・DM・統計解説、医師・歯科医師・獣医師 、看護師、薬剤師、臨床検査技師・臨床工学技士・その他資格者 

営業

IT・インターネット関連営業、電気・電子・半導体営業、機械・精密機器営業、自動車・自動車部品・輸送機械営業、化学・繊維・素材営業、食品営業、医療・医薬関連営業 MR・MS、医療機器営業、金融関連営業、建設・不動産営業、流通・サービス営業、アパレル・消費財・化粧品営業、住宅・建材・エクステリア営業、人材ビジネス・教育関連営業、海外営業、内勤営業

詳細を見る口コミを見る

特にIT業界ではITエンジニアの職種が多岐に渡り、担当フェーズのスキルアップにも繋がるビッグデータ関連の開発案件も都市部を中心に広がっているので、それに伴い大手企業の求人件数も大幅に伸びているので、さらに力を入れています。 

パソナキャリアが弱い業界・業種・職種

業界に特化した転職エージェントでは、それ以外の業種や職種にはめっぽう弱いという一面がありますが、パソナキャリアは現在では特化している業界がないという反面、全業界・業種に精通しているという強みがあります。 

パソナキャリアが強い地域・弱い地域

首都圏、関西、 東海、中国、九州と全国的に拠点を構えているので、その拠点では転職エージェントを利用する最大の意義である対面サポートを受けることができます。

拠点があるということはその地域に求人が集まっていることを示唆しているので、対象地域への転職を望んでいるのであれば、存分に利用価値が見込めます。拠点から離れている場合は電話面談も可能なので、地元の転職エージェントと併用することで利用価値を上げることも望めます。


転職したいと思ったきっかけや動機は何でしたか?
または転職先で働いている自分をイメージして、どんな自分になりたいですか?

年収アップやスキルアップももちろん大切な条件です。パソナキャリアでは実に60%以上の利用者が、年収UPに成功しています。

求人条件がボヤけたり多数ある場合には、重要性はともかく、思いついたものからどんどん書き出してみてください。無意識に感じていたことや、やりたい事が明確になるかもしれません。その中から譲れないものを順序付けてみると、自分が転職先に何を求めているのか、具体的にみえてきます。

何をもってして「転職成功といえるのか」、一緒に考え、悩み、転職の全てをサポートする体制がパソナキャリアには整っています。 

詳細を見る口コミを見る

パソナキャリアの登録~仕事紹介の流れ

パソナキャリアの登録から実際に仕事を紹介してもらうまでの流れは、次のような流れになります。 

①Webから登録

所要時間:3分程度

Webから利用申し込みをします。
登録時に個人情報を登録した後、パソナキャリア側で申し込み内容を精査して問題がなければ登録完了です。 

②面談/電話面談

所要時間:1時間~3時間程度

パソナキャリアに登録後、1週間以内に電話かメールで連絡が来ます。面談時に履歴書と職務経歴書を渡すことになるので、遅くても面談の前日までには書類を作成しておきましょう。

専任のキャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書、転職の希望条件などを確認します。この時に求人を紹介してもらうこともできるので、しっかりと今までの経験や転職の希望を伝えましょう。

基本的にパソナキャリアでの面談になりますが、遠方で来社が難しい場合には、電話でのカウンセリングを行ってもらうことも可能です。 

③仕事紹介

面談時の職務経験や転職の希望条件、転職プランに基づき、求人を紹介してもらえます。

他にはないパソナキャリアならではの独自求人や非公開求人も豊富です。また他社では入手できないような情報を提供してもらえることもあるので、疑問に思ったことはしっかりと確認しましょう。

希望した求人画面ある場合は、キャリアアドバイザーに伝えることで、企業に推薦してもらうことができます。 

④企業との面接

面談日程など面倒な手配は全てキャリアアドバイザーが行ってくれます。

面談対策もしっかりと行ってくれ、不採用になった場合は企業からの評価や不採用になった理由もきちんと伝えてくれるので、次の応募に活かすことができます。

キャリアアドバイザーは面談で質問されやすい内容や、面接官のタイプなどの情報を持っていることがあるので、面談前にしっかりと確認しておきましょう。 

⑤内定

内定が決まったときは、入社条件や年収などの交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれます。契約書の内容などで納得がいかない場合は、キャリアアドバイザーにはっきりと伝えて、企業と交渉してもらいましょう。

パソナキャリアでは入社後もサポートを受けることが可能です。入社後に悩みが出てくるようであれば、メールや電話でキャリアアドバイザーに相談することができます。 

登録~仕事紹介のポイント
・面談の前日までに履歴書と職務経歴書を作成
・面接担当者の特徴はキャリアアドバイザーに確認
・内定が出ても入社条件をしっかり確認して不満な点は交渉してもらう
・入社後もサポートを受けられるので、何かあれば遠慮なく相談する

パソナキャリアに登録できる場所

パソナキャリアへの登録はWebからなので、ネット環境とPC・スマホがあればどこからでも登録可能です。

面談場所となるパソナキャリアの拠点は全国で6ヶ所あります。

・東京(本部)
住 所:東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階
最寄り:東京メトロ大手町駅 B8a出口(東西線)より徒歩すぐ

・大阪支店
住 所:大阪府大阪市中央区淡路町4-2-15 パソナグループビル5F
最寄り:大阪市営地下鉄御堂筋線 本町駅2番出口 徒歩4分

・名古屋支店
住 所:愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング10F
最寄り:市営地下鉄栄駅 西口より徒歩6分

・静岡支店
住 所:JR静岡駅南口より徒歩3分静岡県静岡市駿河区南町18-1 
    サウスポット静岡4F
最寄り:JR静岡駅南口より徒歩3分

・広島支店
住 所:広島県広島市中区本通7-19 広島ダイヤモンドビル7F
最寄り:広島電鉄本通駅より徒歩1分

・福岡支店
住 所:福岡県福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル13F
最寄り:福岡市営地下鉄天神駅より徒歩5分 

履歴書・職務経歴書はどのタイミング?

キャリアアドバイザーとの最初の面談で渡す履歴書と職務経歴書は、仕事を紹介してもらうために使うものです。企業への応募の場合には、遅くても面談の前日までに提出するようにしましょう。

前日までに提出することで、間違いを修正したりキャリアアドバイザーのチェックを受けることができます。 

ポイント
履歴書・職務経歴書は面談の前日までに必ずキャリアアドバイザーに送る

内定がもらえるまでの期間

パソナキャリアに登録してから内定を受けるまでの期間は人によります。早い人だと最短で2週間、平均すると1~2ヵ月の様です。しかし仕事をしながら転職先を探している場合は、3ヵ月以上かかることもあります。

転職するには情報収集がポイントになるので、少しでも転職を考えるようになった段階でパソナキャリアなどの転職エージェントに登録することをおすすめします。 

内定までの期間
早い人:2週間~1ヶ月
平均 :1ヶ月~2ヵ月
遅い人:3カ月以上

詳細を見る口コミを見る

パソナキャリアのキャリアアドバイザーのサポート

パソナキャリアのキャリアアドバイザーが、利用者に対してどんなサポートをしてくれるのかを確認してみましょう。 

・面談
【面談前後のサポート】
・履歴書/職務経歴書の添削
・自己分析ヒアリング
・転職条件の擦り合わせ

履歴書や職務経歴書をチェックすることで、人事に評価されやすい書き方を教えてくれ、添削依頼をすることができます。

自己分析ヒアリングは、仕事にやりがいを感じる時や将来どのような人物になりたいか、どういった企業で働きたいかということを分析し仕事紹介の参考になるものなので、質問が細かくなりがちです。

自己分析の結果をもとに転職条件のすり合わせを行うことで、希望条件にあう求人を紹介してもらうことができるのです。

・仕事紹介~面接
【仕事紹介~面接のサポート】
・仕事紹介
・面接日時設定
・面接官へのヒアリング
・面接対策

求人紹介から面談まではキャリアアドバイザーが中心になって動くことが多いです。求職者は面談の希望日時と時間をキャリアアドバイザーに伝えるだけで、企業との日程調整はキャリアアドバイザーが行います。

面談に自信がない場合は、「どのような質問がされるか」「面接官の傾向」など細かい情報を教えてもらうことができ、面接時のマナー指導なども受けることができるので、1人で転職活動するより有利になります。

・内定後
【内定後のサポート】
・最終的な条件確認
・給与などの交渉
・就職後の悩み相談など

企業から内定が来た時に一番大きいのは、キャリアアドバイザーが、入社時の条件交渉を行ってくれる点です。転職サイトの場合はこういった交渉はできず、1人で転職活動をしているなら自分が企業と交渉しなければなりません。

最終的に提示された条件に納得がいかないのであれば、アドバイザーに正直に伝えて企業と交渉してもらいましょう。

入社後も悩みや問題が出てきたときは相談に乗ってくれるので、些細なことでも気になることがあれば遠慮なく相談しましょう。 

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの特徴

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、他の転職エージェントと比較すると次のような特徴があります。 

キャリアアドバイザーの特徴
・業界・職種を熟知している人が多い
・優秀な人材が集結している

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、業界や職種ごとに分かれているので、その分野の知識が豊富で話しが通じないようなことはないですし、業界の転職動向なども熟知しています。 

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの強み・弱み

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの強みと弱みは以下になります。 

強み
・専門分野のアドバイザーが多い
・転職回数の少ない人のサポートを徹底している

弱み
・40代、ハイキャリア層に弱い可能性あり

パソナキャリアの利用者層を見ていると、初めて転職を行う人が4割近くいいます。そのため強みのひとつとして、転職が初めてという人に力を入れていると考えることができるでしょう。

アドバイザーの得意分野が別れていることで、自分が転職しようとしている業種に強いアドバイザーが担当になることが多いです。

逆に弱みとしては利用者の年齢層を見てみると、40代以上の中高年層が少ないのでハイキャリアに対するサポートが弱い可能性があります。 

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの評価

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの評価は高いということができるでしょう。口コミでも満足度が高く、他の転職エージェントと比較しても、利用者に寄り添ったサポートを心がけていることが見て取れます。 

業界人から見たパソナキャリアの評価
転職初心者に力を入れること、専門性の高い優秀な人材が多いことから、キャリアドバイザーの質は高いと言えるでしょう。

詳細を見る口コミを見る

まとめ

パソナキャリアは利用者からの評判もよく、専門性の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しています。利用者に寄り添ったサポートで、しっかりと転職成功まで導いてくれることでしょう。

転職エージェントの利用を考えているのであれば、パソナキャリアも検討してみることをおすすめします。

xxxTOP3xxx

↓ パソナキャリアのWEBサイトをチェックする ↓

パソナキャリア

パソナキャリアの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「パソナキャリアの評判」を見る
7 位 総合点 3.60 点

JACリクルートメント

JACリクルートメントのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.60
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.62
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.58
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.63

転職業界大手の中では、JACだけが転職支援サービスに特化して勝負している

転職業界の大手企業はリクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントなどをはじめとして、転職支援サービス以外にも転職サイトを持っていたり、複数のビジネスモデルを形成し、収益の多角化を図っています。そんな中、唯一『JACリクルートメント』だけが転職支援サービスだけに特化しており、長年、売上上位に位置してサービスを続けているのです。

さらに東証1部上場企業ですので、安心して転職活動を進めることができます。 外資系ではありますが、1988年より日本で転職サービスを行っている老舗企業であり、人材紹介に限ればリクルート・dodaに続き国内3位の売上という実績なのです。

◆JACリクルートメントをオススメできる理由
転職サービスだけに集中している分、いかなる転職希望者であっても機械的なオペレーション型のキャリア相談ではなく、スキル・知識共に高いレベルが求められるプロフェッショナル型のキャリアコンサルタント業務を貫いています。
そこが、転職サイト等を持たなくても転職支援サービス一筋で頑張っていけるポイントでしょう。

今後のキャリアについて相談に乗ってくれ、「現在の転職市場の状況」を考慮した上で、「あなたがどのような価値があるのか」を客観的な意見として話してくれます。

若年層向けというよりは、30代~40代で今後のキャリアを考えながら転職活動をしたい!!っといった方にオススメな転職エージェントです。

たくさんの求人の中から選んで決めたいという方はマイナビエージェントパソナキャリアなどのように大手の方が良いかもしれません。しかし大手は幅広く求人を集めているので、JACリクルートメントのように「30代、40代、年収高め」というターゲットを絞った求人はJACリクルートメントの得意分野と言えるでしょう。

特に年収が高めのハイキャリア層の方にとっては、優秀なコンサルタントが親身に対応してくれるので、転職業界人の中では「ハイキャリアでオススメはJAC」……という噂をよく耳にします。 

JACリクルートメントの特徴・求人種類

JACリクルートメントの特徴

転職エージェントとして、貴重なミドル~ハイクラス向けの転職サポートサービスです。約30,000社以上の企業との取引があるので、様々な業種に精通し、その求人の60%は非公開求人です。

JACリクルートメントの独占求人も数多くあるので、求職者のスキルを活かせる最適な求人の提案からレジュメの作成指導、面接対策まできめ細かくサポートしてもらえます。

業種・職種・職能・エリアなどの各担当が、企業と求職者の両方を直接サポートする「両面コンサルタント」体制により、求職者が満足できる転職を支えることができます。 

両面コンサルタント
業種・職種・職能・エリア別に各担当がつき、複数のコンサルタントが求職者と企業の間に入り、得た情報を直接共有できます。

”一気通貫型コンサルタント”とも呼ばれ、海外の人材サービスでは主流の体制なので、海外企業との取引が多い転職エージェントでも採用されています。

一般的に一気通貫型コンサルタントは、求職者と企業の仲立ちになることで書面上では得られないような深い情報を共有できるメリットがありますが、JACリクルートメントでは多方面から提案することができるよう希望する業種・職種・職能・エリア別に担当者がつくので、さらに希望の条件に該当する企業を見つけやすくなります。 

JACリクルートメントのメリット/デメリット

ある程度のスキルが求められるので利用する人を選びますが、それだけ求人の質が高く、国内の大手自動車メーカーや大手商社などの求人が多数を占めているので、専門分野を活かせる企業の求人も多く、持っている能力を発揮でき、やりがいを求めている方にもぴったりです。

デメリットはJACリクルートメントはエグゼクティブ・管理職・スペシャリストなどのハイクラスをターゲットにしている転職エージェントなので、該当しない方にはおすすめできる求人が少ないことです。

しかし登録し相談してみなくては何も始まりませんし、皆無ではないので、他の人にはない秀でた能力があれば、JACリクルートメントを通してクラスアップするチャンスを得られるかもしれません。 

JACリクルートメントはこんな方に向いています

ミドル~ハイクラスのスキルを現職に活かせていない方におすすめです。キャリアアドバイザーの面談により求職者の適性を見出し、職種の幅を広げることも可能です。

また外資系企業との取引も多いので、語学力の高い人材の転職にも向いています。 

詳細を見る口コミを見る

JACリクルートメントの求人の種類

JACリクルートメントは今までに培ってきた企業との厚い信頼があり、30,000社以上の様々な業界・職種を揃えていますが、なかでもグローバルネットワークを駆使した外資系の金融・インターネット関連・技術系にも注力しています。 

JACリクルートメントが強い業界・業種・職種

注力している金融・インターネット関連・技術系の職種は細分化されていて、より求職者の希望に合致した求人が望めるので、まずは登録だけでもおすすめします。  

金融関連
ストラクチャードファイナンス、 M&A、PE、アドバイザリー、その他コーポレートファイナンス、審査、トレーダー・ディーラー、ファンドマネージャー・アナリスト、リスク管理、 クオンツ・アクチュアリー・金融工学・数理分析業務、マーケティング・商品開発・営業推進・その他企画系、不動産金融、事務企画・業務改善、債権回収・管理
インターネット関連
 IT系プロジェクトマネージャー、SE、組み込みエンジニア、金融システム、社内SE、ヘルプデスク、テクニカルサポート/フィールドサポート、ネットワークエンジニア、テレコムエンジニア、基盤系エンジニア、PG(プログラマー)、ITコンサルタント、アプリケーションコンサルタント、プリセールス/ポストセールス、インストラクター
技術系
弱電回路設計、強電・計装設計、LSI・IC・メモリ設計、電子デバイス研究開発、パッケージ開発、プロセスエンジニア、機械設計/機構設計/筐体設計/メカトロ設計、光学設計、製造技術/生産技術、プラントエンジニア、設備保全・メンテナンス/施設環境、製造オペレーター、管理職、アプリケーションエンジニア、セールスエンジニア、サービスエンジニア、工業デザイナー、金型設計、オペレーター(CAD/CAM)

詳細を見る口コミを見る 

JACリクルートメントが弱い業界・業種・職種

営業関連はマネージングの求人に長け、数は多くないものの国内外の大手企業などの求人が集まっていて、JACリクルートメントではそのどれもが高品質の求人ばかりです。今まで以上に求職者のスキルを発揮できる企業への転職をサポートしてくれます。 

JACリクルートメントが強い地域・弱い地域

全国に9つの拠点を構え、近くに支店がなく来社できない場合でも、電話面談にてサービスが受けられます。また世界10か国のグローバルネットワークで、海外への転職もバックアップしてくれるので、語学力を活かした企業に転職したい方にもおすすめです。

スキルが思わぬ業界で活躍できる可能性もあるので、キャリアアドバイザーとの面談で自身のスキルや企業価値など、転職に有利な本質的な能力を客観的に分析することができるので、気づかされることも多いでしょう。

自身のスキルや価値を改めて分析することで、業種や企業を絞り込み易く、転職活動を大幅に進めることができます。

転職活動に時間が取れずなかなか捗らないと感じたら、JACリクルートメントでキャリアアドバイザーの意見も聞いてみましょう。

詳細を見る口コミを見る

JACリクルートメントの口コミ・評判

転職エージェントを利用する際に是非参考にして頂きたいのが「実際に利用した人の口コミ」です。

過去の利用した先輩たちは「どんなポイントに満足したのか」「どんなポイントに不満をもったのか」具体的に書かれていますので、是非登録前の参考にしてください。

JACリクルートメントの評判のいい口コミ

まずは、JACリクルートメントを利用して評判の良かった口コミをご紹介します。

信頼できるエージェントで、過去2回お世話になっています。
評価:★★★★★5
私は結果的に2回、JACリクルートメントを通じて転職しました。とにかく、コンサルタントの質が総じて高いです。過去2回とも、転職者の側に立った親身なアドバイスをいただけました。
無理に選考を進めてきたりする事もなく、転職者の意見を尊重してくれます。また、他のエージェントでは、各求職者につき専任のアドバイザーを付けて、各企業担当者とは別になっていますが、JACの場合は専任アドバイザーがつくのではなく各企業担当者から直接連絡(求人紹介)がきます。
だからこそ、各企業の人事担当者とかなり深いところまで話が出来る関係が築かれているようで、他のエージェントにはない独自に取ってきた求人もあり。
2回目の時はまさに独自求人でした!面接前(1次、2次)にもきちんと面接対策面談をしていただき、その時に面接でどの様にアピールすればいいかアドバイスも的確で、無事2回目も成功しました。
エージェント5社の中では評価は高いと感じました
評価:★★★★★5
合う合わないや、ご縁やタイミングといったこともあると思いますが、JACリクルートメントは私にとってはとても良いエージェントさんでした。

それまでは、T社、R社、M社、など、よくあるTop5エージェントへ登録はしましたが、登録前に門前払い・登録後放置が多く、また、お仕事の紹介は来はするものの、質問してもノーレスも多々ありました。

それに比べたらJACリクルートメントは対応が早く、質問をしてもきちんと答えてくれる。お蔭さまで、JACさんで2社受け、2社とも内定をいただきました。
ミスマッチが少なく、他エージェントより書類通過率が2倍に
評価:★★★★★5
自分に合ったエージェントに出会えることはミドル転職の大事な要素だと思うが、JACリクルートメントは自分にとってこれまでの中で一番納得のいくものだった。転職が多いので他のエージェントでは書類通過率が3割程度だったが、JAC経由のものは6割以上が通過した。

通過した理由は明白で、コンサルタントは企業が求めるスペックだけではないニーズを熟知し、紹介時点でのミスマッチが少ない。
数打てば当たるという考え方はなく、勝てる可能性があるものしか持ってこない。

コンサルタントはフランクでスピーディ。良い意味で大人のドライな距離感なので、互いにフェアに付き合える。求人の質は粒ぞろいで規模も大手が多い。

ミドルからミドルアッパーの案件に強い印象があるため、第二新卒や、正社員経歴が少ない方にはもっと別のエージェントが力を発揮してくれるだろう。それぞれの強みで使い分けたい。

投稿された評価のいい口コミの特徴には、
・コンサルタントの質の高さ
・求人紹介のマッチ度
・ミドル~ハイキャリア転職に強い
などがあげられます。

大手転職エージェントからの求人にピンとこない、なかなか選考がすすまない、という場合はぜひ登録しておいたほうがいいでしょう。

転職エージェントごとに取り扱い求人が違うため、複数のエージェントに登録することをおすすめはします。

公式HPへ

JACリクルートメントの評判の悪い口コミ

良い口コミだけでなく、評判の悪い口コミも合わせてチェックしてください。

期待していただけに残念でした。
評価:★★☆2
数年前転職の際に利用したことがあり、現在転職を企図し、活動しているため再登録。以前は1人に対してコンサルタントが担当していたが現在は案件ごとに紹介するというようです。

前回の方は素晴らしかったが、今回は一方的にしゃべり雑な対応。さらに他社は数十件紹介いただき、又スカウトなどもくる中、ここは、明らかに労働条件が悪く事業内容もいまいちな案件を1件のみ紹介。

JACがというのではなくコンサルタントとの相性が悪かったんでしょうけど。ベテランの方でしたが、明らかに以前イメージが良くなかったリクルートその他紹介会社の方がこちらの要望を聞き、今後の方向性の確認や展開を考えていただけたという印象。
初回は丁寧だったが、その後ぱったりと…
評価:★☆☆1
初回の面談はとても丁寧に対応いただきました。複数のコンサルタントの方が入れ替わり対応いただき、複数の案件を紹介いただきました。

しかし、良かったのは初回の面談までで、その後コンサルタントから自発的に紹介を受けた案件はゼロでした。

Webの専用ページに紹介案件が登録される仕組みですが、初回面談時に紹介された案件すら反映されないお粗末な対応を受けました。

数ヵ月後に苦情を申し出たところ、慌てて数件の紹介を受けましたが、初回面談時に希望しないと伝えていた職種ばかり。苦情が来たので慌てて対応しました感が出ており、数日すると連絡は全くなくなりました。

投稿された評価の悪い口コミを見ると、
・担当によっては対応が粗い
・あまり求人が紹介されない
といったことがあげられています。

こういったリスクを避けるためにも、知名度の高いビズリーチや、リクルート系列のハイキャリア専門サービスキャリアカーバーと併用するのがいいでしょう。

JACリクルートメントは外資や大手企業のパイプがつよいので、他エージェントあわせ複数社の登録と併用が、賢い転職のコツです。 

詳細を見る口コミを見る

JACリクルートメントの登録・紹介の流れ

①Webから登録

所要時間:3分程度

公式サイトの一番下に利用申し込みフォームがあるので、指示に従い氏名や住所などの基本情報を登録します。

②履歴書/職務経歴書の作成

所要時間:1時間~3時間

基本情報入力後に、職務経歴の入力画面が表示されるのでキャリアコンサルタントに伝えるための職務経歴を入力します。

1度しっかりと作成しておけば、他の転職支援サービスを利用するときにも使えるので、手を抜かずに作成しましょう。

③面談/仕事紹介

所要時間:30分~1時間

利用登録後にキャリアコンサルタントから連絡が入ります。打ち合わせした日時に拠点にてキャリアコンサルタントと面談し、キャリアの棚卸やキャリアプランの相談を行いますが、拠点が遠方で行けない場合には、電話での面談も可能です。

キャリアコンサルティング終了後に、希望にそった求人を紹介してもらうことができます。

④書類審査/企業との面接

自分の希望に沿った求人があった場合、キャリアコンサルタントが推薦してくれます。レジュメ添削・面談対策のほか、応募書類手配・日程調整も行ってもらえます。

書類審査に合格してから、企業との面談に入ります。

⑤内定/入社

内定の結果についてはキャリアコンサルタントから連絡が来る形になっています。

内定が決まったら年収や勤務条件の交渉や、入社スケジュールの調整などもキャリアコンサルタントに任せることができます。

契約内容で年収が希望条件未満などの時は、「年収〇〇円で交渉できませんか?」と、妥協して後で後悔しないようはっきりと自分の希望を伝えましょう。 

登録~仕事紹介のポイント
・面談の前日までに職務経歴書を作成
・面接の質問内容や面接担当者の特徴はキャリアアドバイザーに確認
・内定が出ても最終条件をしっかり確認して妥協しない

JACリクルートメントに登録できる場所

JACリクルートメントは公式サイトから利用者登録する形をとっています。公式HPから会員登録後に、各拠点や出張面談にてキャリアアドバイザーとの面談を受けることで、仕事の紹介をしてもらうことが可能になります。 

履歴書・職務経歴書はどのタイミングで提出する?

転職エージェントを利用する際に、最初に提出する履歴書や職務経歴書は、キャリアコンサルタントがあなたのこれまでの職歴を元に仕事を探すための資料となります。

そのため実際に企業に提出する職務経歴書や履歴書は出来るだけ早く作成し、応募企業が決まったときに指定された日の前日までには提出しておきましょう。  

ポイント
履歴書・職務経歴書は指定日の前日までに必ずキャリアコンサルタントに送る

内定がもらえるまでの期間

実際に登録して求人を紹介され内定が決まるまでの期間は人によって異なり、最短で3日という人もいますが、仕事をしながらだと3ヵ月かかることもあり、平均してみると1~2ヵ月というところです。

登録直後はまず情報収集することが大切なので、転職はまだ先という状態でも転職を考えるようならば、登録しておくことをおすすめします。 

内定までの期間
早い人:3日~1ヶ月
平均 :1ヶ月~2ヵ月
遅い人:3カ月以上

詳細を見る口コミを見る

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーの特

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーの特徴や強み・弱みや評価などを事前に知っておくことで、より利用しやすくなります 

キャリアアドバイザーの特徴やサポート

JACリクルートメントには約550名ものキャリアコンサルタントが在籍しています。JACリクルートメントは国内だけでなく、外資系や海外進出を行っている企業への転職支援の経験も豊富なため、キャリアアドバイザーもしっかりとした知識を持っています。

サポート内容は次のようなものがあります。 

・応募時に紹介状を作成してくれる
・必要書類の手配・面談日程の打ち合わせ
・面談対策
・書類選考通過後に企業ごとに履歴書・職務経歴書の添削
・内定決定後の企業と勤務条件や年収、入社日程などの交渉

残念ながら書類選考に通らなかった場合でも、きちんと企業に理由を問い合わせてくれるため、今後の活動に失敗した点を生かすことで、採用率を高めることができます。

そして何より入社後のアフターフォローもキャリア相談することもできるので、心強い味方になってくれることでしょう

キャリアアドバイザーの特徴とサポート
・特定分野に特化したアドバイザーや、業界出身のアドバイザーが多い
・応募時に紹介状を作成してくれる
・書類の手配や面談日程の調整・履歴書などの添削を行ってくれる
・内定後も就業条件などの交渉を行ってくれる
・入社後アフターフォローも受けることができる

キャリアアドバイザーの強み・弱み

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーの強みは、やはり各分野に特化したアドバイザーがいることでしょう。

実際にその分野で働いていたというキャリアアドバイザーもいるので、業界の知識に詳しく転職の流れなどについても熟知している人が多いです

またキャリアアドバイザー自らが企業を訪れているので、求人票だけではわからない企業の内部情報や、人間関係などといったことも聞くことができるので、応募する際の参考になる情報を多く持っていると言えます。

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーの口コミを調べてみると「対応がドライすぎる」という意見が多いです。

またサイト自体がハイクラスの転職を重点にしているため、キャリアが低い人に対しては冷たい対応になりがちという弱みがあります。 

キャリアアドバイザーの強み
・各分野に特化しているので専門性が高い
・求人を出している企業の内情に詳しい

キャリアアドバイザーの弱み
・対応がドライすぎる
・キャリアが低い人に対して冷たい対応になりがち

キャリアアドバイザーの評価

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーの利用者からの評価ですが、それなりにキャリアのある人からは、電話やメールでの問い合わせはしっかりしており、業界の知識も十分なレベルで、提案のミスマッチも少なく土日などでも対応してくれると評価は高いです。

しかしロークラスな利用者の場合、相手にされない、連絡がこないといったことがあるようで、口コミ評価は低い傾向にあります。

これはサイト自体がハイクオリティな転職を押しているためで、求人もかなりのスキルや職務経験が必要になるものが多く、中には海外勤務などの仕事もあるためどうしてもキャリアアドバイザーがロークラスな人に紹介できる仕事がないためと言えるでしょう。 

業界人から見たJACリクルートメントの評価
高学歴・多国語に長けている・特定スキルに強い、マネジメント経験があるなど非常に高いスキルや職務経験が求められ、年収が500万以上ある人向けの求人が多いため、キャリアアドバイザーもハイクラスな人材を優先してしまうという結果になっているようです。

しかしそれだけ優秀な人材が集まっているということは、自然とキャリアアドバイザーも優秀な人材が多く集まっているという証拠でしょう。

コミュニケーションも円滑に行え、サポートもしっかりしていることから、転職エージェントの中でも優秀な部類に入るといえますが、ロークラスな人材に対する扱いは考え物ですね。

詳細を見る口コミを見る

まとめ

JACリクルートメントはハイクラスな人材向けの転職支援エージェントです。そのため年収が500万以上、高学歴・特定のスキルに強い、マネジメント能力がある、海外勤務経験の有無などといったハイクラスな経験や技能が求められます。

しかしキャリアアドバイザーも特定ジャンルに強かったり、専門分野での業務経験がある・サポートがしっかりしているため、協力な助っ人になってくれることは間違いないでしょう。

ハイクラスな転職を考えているのであれば、JACリクルートメントに登録しておいて損はしないはずです

xxxTOP3xxx

↓ JACリクルートメントのWEBサイトをチェックする ↓

JACリクルートメント

JACリクルートメントの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「JACリクルートメントの評判」を見る
8 位 総合点 3.55 点

ビズリーチ(BizReach)

ビズリーチ(BizReach)のロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.55
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.64
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.67
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.27

【厳選されたヘッドハンターから、
厳選された求人の紹介を受けられる 】
ビズリーチの「即戦力採用なら『ビズリーチ』」というフレーズは企業側にも浸透しており、ここ数年で求人数が飛躍的に伸びているため、ハイキャリア層(年収600万円以上)の求人を探すのであれば登録しておいて間違いのない転職サイトです。

転職の支援をしてくれるヘッドハンターは、ビズリーチが厳選した人のみしか登録できません。そのため、「このエージェント微妙…」と思うことが圧倒的に少ないのも特徴です。



面談は各ヘッドハンターと調整をするために、転職エージェントのように本社まで来てくださいなどの煩わしさはありませんし、転職サイトのように自分に合う求人を検索する必要はありません!転職の希望条件など情報登録さえすれば、ヘッドハンターが登録情報をもとに条件にあったものをスカウトしてくれます。

さっそく求人を見る

【 転職業界人目線で解説 】
転職エージェントを選ぶときに「どの会社にしょう?」と選ぶ人がほとんどですが、実際は担当になったコンサルタント(エージェント)の力量によって満足度は大きく変わってきてしまいます。


しかし、ビズリーチは優秀なエージェントしか登録ができないために、「登録して失敗した」と思うことが少ないと言われています。業界業種関係なく求人が揃っていますので、年収が600万円以上のハイキャリア層の求職者からは絶大な支持を受けている転職サービスです。


大手転職エージェント比べると求人数が少ないというデメリットもありますが、求人の質、エージェントの質を考えると業界トップクラスと断言できますし、エージェントは常に高年収の人達の支援を行っていますので、質の高いサービスが受けられるでしょう。

公式ページを見る転職サービスの中では珍しく、月額課金の(登録無料、30日:4,980円)プランを設けているのも特徴です。自分自身の費用対効果に見合っているか見極めつつ、転職活動するのが良いでしょう。

もちろん無料登録だけでもビズリーチのサービス全体像は理解できますので、年収600万円以上を希望されている方はまず登録してみて下さい。

ビズリーチの特徴

ビズリーチの特徴

ビズリーチはハイクラスな転職を希望する人におすすめの転職支援サイトで、他とは違い「有料」と「無料」プランがあります。

ビズリーチに登録しているヘッドハンターは約2,600名、登録企業数は約9,000、公開求人数が約97,000と転職エージェントの中でも求人数は多いと言えます。

もちろん非公開求人もあり優良な企業や有名企業が多く、求人内容も優良案件がそろっているためハイクラスな転職を目指す人にはおすすめのサイトです。 

ビズリーチの登録・紹介の流れ

ビズリーチの登録からお仕事紹介、内定までをご紹介していきます。 

①Webから登録

所要時間:3分程度

ビズリーチを利用するためには、公式サイトから利用者登録をする必要があります。まずは「転職をお考えの方はこちら」から新規会員登録ページへと移動し必要事項を入力しましょう。

ビズリーチでは無料登録後に「有料プラン」に変更することもできます。無料・有料プランで受けられるサービスが異なるので、自分の転職方法にあったプランを選びましょう。 

②履歴書/職務経歴書の作成

所要時間:5分~3時間

無料会員登録が済んだら、自分のこれまでの職務経歴や転職のための希望条件などを入力する必要があります。

この段階で入力する情報は、ビズリーチで企業やヘッドハンターからのスカウトを受けたり、企業に応募するために必要なものなので、じっくりと時間をかけて作成しましょう。

すでに職務経歴などを作成しているのであれば、データをアップロードすることができるので、手間を省くことができます。

ここまで完了した段階でビズリーチ側で審査を行います。無事審査に通過することで会員登録が完了し、ビズリーチを利用することが可能になります。 

③仕事紹介・応募

ビズリーチに履歴書や職務経歴書を登録すると、企業側やヘッドハンターからスカウトが来ます。また自分から企業やヘッドハンターにコンタクトを取って面接などを受けることも可能です。

企業からのコンタクトや自分から企業へコンタクトを取った場合は、ビズリーチ経由での応募になることもあるようです。

ヘッドハンターとのコンタクトの場合は、ヘッドハンターから求人を紹介してもらう形になります。 

④企業との面接

企業側やヘッドハンターから面談の日程調整の連絡が来ます。転職エージェントのようにアドバイザー的存在がいないので、自分で日程などの交渉を行いますが、遅くても3営業日以内に返信しましょう。 

⑤内定

企業からの内定が決まった場合は、早めに返事をすることが大切です。契約内容などに不安がある場合は、企業側に連絡を取って上司や現場の人などと話す機会を設けてもらうのも一つのコツです。

契約条件に不満があるときは、担当しているヘッドハンターや企業の人事担当者などに相談して交渉します。 

登録~仕事紹介のポイント
・職務経歴書は企業やヘッドハンターに見てもらうためにも丁寧に書く
・面談日程は自分で交渉する
・内定が出ても条件に不満がある場合は交渉する

ビズリーチに登録できる場所

ビズリーチへの登録は、オンラインのみとなっているので、ネット環境があれば24時間どこからでも登録できます。 

内定がもらえるまでの期間

ビズリーチでは早い人なら2週間ほどで内定をもらえるようですが、平均すると1~2ヵ月となっています。しかし企業によっては内定通知が遅いこともあり、3ヵ月以上になるケースもあるようです。 

内定までの期間
早い人:2週間~1ヶ月
平均 :1ヶ月~2ヵ月
遅い人:3カ月以上

詳細を見る口コミを見る

ビズリーチのキャリアアドバイザーの特徴

ビズリーチでは、転職エージェントのような「キャリアコンサルタント」という、転職支援を行ってくれる存在がいませんが、代わりに「ヘッドハンター」という存在がいます。

ヘッドハンターは約2,600人いると公式サイトで公表されています。このヘッドハンターがそれぞれ抱えている求人や企業が出している求人が、ビズリーチに登録されているのです。 

無料会員と有料会員の違い

ビズリーチでは無料会員と有料会員が存在し、応募できる案件の条件が異なります。

無料会員 ・返信・応募できるのはプラチナスカウトメールまで
・求人情報の閲覧はできるが応募できない
・ヘッドハンターの情報閲覧は可能だが応募できない
有料会員 ・全てのスカウトに返信・応募可能
・求人案件へ応募可能

ビズリーチ以外の転職エージェントを利用している人は、無料会員でスカウト待ちな姿勢の人が多いです。

しかしスキルアップやハイクラスへの転職を希望している場合や、早めの転職を希望している場合には、有料会員に登録して全てのサービスを受けれるようにすることをおすすめします。 

複数のヘッドハンターと面談することになる

ビズリーチではヘッドハンター一人ひとりが担当案件を持っているので、希望する求人を持っているヘッドハンターが異なる場合がほとんどです。

そのため、転職先が決まるまでに複数のヘッドハンターと面談し、企業との面談などを行う必要があります。 

ヘッドハンターとのやり取りの流れ

会員登録時に職務経歴書を登録することで、ビズリーチに登録しているヘッドハンターが、あなたの情報を閲覧することができます。自分の抱えている案件に向いていると判断したヘッドハンターからメールで連絡が来ることがあります。

また有料会員の場合、自分が閲覧している求人で気になったものがあれば、担当のヘッドハンターに連絡することで、相談したり応募の申し込みをすることができるんです。 

ヘッドハンター選びのポイント

ビズリーチではヘッドハンターの検索ページを設けています。「ヘッドハンター検索」ページで、担当している業種やヘッドハンター歴といったものを入力して検索することができます。

またビズリーチでは、ヘッドハンターを評価をS~Dのランク付けをしているので、有料会員の場合は担当選びのポイントになります。

「ヘッドハンター大賞」や「優秀賞受賞ヘッドハンター紹介」といったページで優秀なヘッドハンターを紹介しているので、優秀なヘッドハンターを探しやすい環境になっています。 

ヘッドハンターはどこまでサポートしてくれる?

ヘッドハンターはビズリーチの社員ではないため、サポート範囲は人により当たりはずれもあります。

ヘッドハンターによっては、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスや、面接に同席する場合もあり、面談日程の調整や、内定後の企業との交渉といったことも行ってくれます。

これだけなら転職エージェントのキャリアコンサルタントと同じと思えますが、内定を迷っている場合や懇親を兼ねたり、判断する場の提供などの目的で、ヘッドハンターが企業の担当者との会食を手配してくれることがあるんです。

この会食は求職者側に費用を負担させないので、内定の判断を迷った時は積極的に活用しましょう。 

ヘッドハンターまとめ
・無料会員の場合自分からヘッドハンターにコンタクトを取れない
・ヘッドハンターはそれぞれ求人案件を抱えている
・応募は担当のヘッドハンター経由になる
・ヘッドハンターによってサポート内容が変わる
・案件によりヘッドハンターが変わることがある

詳細を見る口コミを見る

まとめ

ビズリーチは会員登録時の審査に通ることで、サイトを利用することができる、ハイクラスな人のための求人サイトといえます。

転職エージェントに存在するキャリアコンサルタントの代わりとなる、ヘッドハンターの相性や当たり外れはありますが、レベルの高い企業の求人などもあり、非公開求人も魅力的な優良案件がそろっています.

無料会員だと応募できる求人が制限され、自分からヘッドハンターにコンタクトを取れないので、できるなら有料会員になってより有効にビズリーチのシステムを利用できるようにしたほうが、早く転職先を見つけることができるでしょう。

xxxTOP3xxx

↓ ビズリーチ(BizReach)のWEBサイトをチェックする ↓

ビズリーチ

ビズリーチ(BizReach)の詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「ビズリーチ(BizReach)の評判」を見る
9 位 総合点 3.42 点

ランスタッド

ランスタッドのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.42
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.33
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.44
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.43
【 豊富な求人数と手厚い転職支援に、業界からの評判が高い! 】

オランダで創業し世界中に拠点を広げている『ランスタッド』は、売上としては世界2位の外資系総合人材会社です。昨今、転職支援サービスに非常に力を入れており、外資系の求人はもちろん国内企業の優良な求人を豊富に揃えています。

資金力と歴史のある人材会社なので、求人を片っ端から紹介するような「ガツガツした転職支援スタイルではなく」、転職希望者の要望に沿って求人を紹介する質の高いサービスを行っています。 優秀なキャリアコンサルタントを数多く配置しており、落ち着いた雰囲気のコンサルタントが多いのが特徴でもあります。 もっと詳細をみる

【 転職業界人の噂 】

人材会社としての歴史が長い企業なので、求人企業とのパイプがしっかりしているため、他社には無い求人もしっかりと獲得できています。 また、最大手の転職エージェントと比べると、1人1人手厚いサポートを心掛けて親身に転職支援を行っていると評判が高いです。

これは、ランスタッドの社風と重なる部分もあり、非常に落ち着いた雰囲気でノルマが他の転職エージェントと比べると緩いのが理由でしょう。

高いノルマを課せられると、どうしても押し付けるような転職支援となってしまい、「合わない求人を紹介されたり」「無理やり選考に進ませようとしてきたり」という最悪なコンサルタントが出てきてしまいます。

この点、質の高い転職支援をしつつも、転職希望者に寄り添った転職支援ができるので良い噂をよく耳にするのでしょう。

公式ページをみる

ランスタッドは大手に比べると知名度が低い転職エージェントなので、1人1人に対して時間を掛けて手厚いサポートが期待できるという大きなメリットがあります。

ただ、紹介される求人数でいうとマイナビエージェントパソナキャリアリクルートエージェントの方が確実に多いので、紹介される求人数を期待している方は併用して活用すると良いでしょう。

コンサルタントも人間なので、多くの転職希望者を担当してしまうと流れ作業にしてしまったり、親身なサービスができなくなってしまうからです。そういう点で、転職エージェントとして求人や体制がしっかりとしており、まだまだ知名度の低いランスタッドのような企業に登録するのは価値があります。

ランスタッドの特徴・求人種類

ランスタッドの登録~仕事紹介の流れ

転職エージェントとしては知名度の低いランスタッドですが、ハイクラスな転職に向いていると評判になっています。

今回はランスタッドの登録から仕事紹介までの流れや、キャリアアドバイザーの特徴や評判などについて解説していきます。 

登録~仕事紹介の流れ

ランスタッドを利用するときの会員登録の仕方から内定が決まるまでを、順を追って説明していきましょう。 

①Web・電話予約

ランスタッドでは来社して登録する方法と、来社不要のクイック登録の2つの登録方法があります。

来社登録の場合は最寄りのランスタッドオフィスを選んで、Webか電話で来社予約をします。クイック登録の場合は、「クイック登録予約」ボタンのあるオフィスから選び、予約ボタンを押すか、電話で予約申し込みをします。

この時サイト上で「クイック登録ボタン」の表示がないオフィスは、クイック登録を実施していないので、気を付けましょう。

②履歴書/職務経歴書の作成

来社予約・クイック登録予約どちらも、登録予約が完了した後に「ログインID(予約No)」と事前入力のできるページのURLがメールで届きます。プロフィールや職歴などを入力しておけば、面談の時間を短縮することができます。

プロフィールや職歴は、求人を紹介してもらう時の参考になるものなので、しっかりと記入しておきましょう。

③面談/電話面談

来社登録の場合は、派遣の仕組みから就業まで、福利厚生や研修制度といったものの説明を受けます。事前にプロフィールなどの入力を行っていない場合は、来店時に職務経歴や希望条件を作成します。デジカメでのプロフィール写真撮影もあるので、ビジネスカジュアルな服装で行くとよいでしょう。

記入した職務経歴などを元に希望条件や、スキル、将来のキャリアについてのヒアリングが行われます。また希望職種によってはPCスキルチェックや英語のペーパーテスト、英会話能力のチェックも行います。

クイック登録の場合は面談は平均30分程度です。面談前にメールで通知される「派遣登録に関するビデオ」を視聴しておく必要があります。

事前に入力した情報を元に希望条件やこれまでの経験、将来のキャリア形成などについてのヒアリングを行います。また、面談時に本人確認を行うので、本人確認書類が必要になり登録情報に載せるために写真を撮影します。

④仕事紹介

来社登録もクイック登録も面談終了後から、メールや電話で求人を紹介していもらうことができます。また自分でランスタッドの求人情報サイトで求人を検索することも可能です。

希望する求人が見つかったら、早めにキャリアアドバイザーに連絡しましょう。

⑤企業との面談

正社員や契約社員といった直接雇用の場合や、派遣期間が長期の場合は企業との面談があります。キャリアコンサルタントは面接で質問される内容などについて把握していることがあるので、事前に確認しておきましょう。

⑥お仕事スタート

派遣先の仕事内容や勤務場所、契約期間、時給といった内容を確認し、問題がなければ雇用契約を結ぶことになります。

指定された必要書類を提出後にお仕事が始まります。条件が希望に合わない場合はキャリアアドバイザーにきちんと話しましょう。

特に正社員や契約社員の場合は契約内容に納得がいかないのであれば、キャリアアドバイザーに相談して契約内容を交渉してもらって後悔しないようにしましょう。 

登録~仕事紹介のポイント
・面談の前日までにプロフィールや職務経歴書を作成登録
・面接内容はキャリアアドバイザーに確認
・契約条件が希望に合わなければキャリアコンサルタントに伝える

ランスタッドに登録できる場所

ランスタッドに登録するにはWebか電話となりますが、面談できるオフィスは全国に93拠点あります。

拠点の所在地については公式サイトの拠点一覧で確認することができます。 

履歴書・職務経歴書はどのタイミング?

ランスタッドでの面談時間を短縮するためにも、履歴書や職務経歴書などの情報は、キャリアアドバイザーとの面談前にサイトで入力を済ませておきましょう。

詳しいヒアリングなどを行った後、正社員や契約社員といった直接雇用の場合に再度提出を求められた場合は、企業との面談前に提出しすることで修正やチェックの時間を作ることができます。 

ポイント
履歴書・職務経歴書は面談の前日までにサイトに登録しておく

内定がもらえるまでの期間

派遣社員への転職希望の場合は、早い人なら登録してから働き始めるまで1週間くらいの人もいます。

しかし正社員や契約社員といった直接雇用の場合は、平均すると1~2ヵ月、働きながら仕事探しをしている場合は3ヵ月以上になることもあります。 

内定までの期間
早い人:1週間~1ヶ月
平均 :1ヶ月~2ヵ月
遅い人:3カ月以上

詳細を見る口コミを見る

ランスタッドのキャリアアドバイザーのサポート

ランスタッドのキャリアアドバイザーのサポート内容について見てみましょう。 

・面談
【面談前後のサポート】
・履歴書/職務経歴書添削
・キャリアカウンセリング
・転職条件の擦り合わせ

ランスタッドのキャリアアドバイザーの面談前後のサポートは、一般的な転職エージェントと変わりなく、ランスタッドならではというものは見られません。

面談前の履歴書や職務経歴書の添削を受けることで、書類審査に通りやすくなります。また転職条件をしっかりと面談前日までに決めておくことで、自分に合った仕事を紹介されやすくなります。

・仕事紹介~面接
【仕事紹介~面接のサポート】
・仕事紹介
・面接日時設定
・面接対策

希望する求人があった場合、キャリアアドバイザーに連絡することで、面談日程の設定などを行ってくれます。また希望すれば面談対策も行ってくれるので、よく質問される内容などをしっかりと確認しておきましょう。

・内定後
【内定後のサポート】
・最終的な条件確認
・給与などの交渉

キャリアアドバイザーは内定後も、契約内容に不満があれば企業と交渉を行ってくれます。条件に違和感があったり、年収に不満がある場合はきちんと交渉してもらい、後で後悔しないようにしておきましょう。 

ランスタッドのキャリアアドバイザーの特徴

キャリアアドバイザーの特徴
・外資系に強い
・キャリアアドバイザーの当たり外れが少ない
・一人ひとりに時間をかけてくれる

ランスタッドでは海外の企業への転職もサポートしているので、キャリアコンサルタントは外資系に強いと言えます。英文の履歴書作成なども問題なくこなす人が多く、優秀な人が多いです。

転職エージェントではよくキャリアドバイザーの当たり外れが問題にされますが、他の転職エージェントと比較するとランスタッドは当たり外れが少ないようです。

また知名度が低いため登録者数も少な目なので、キャリアアドバイザー1人の担当数が少ないことから、一人ひとりに十分な時間を取ってくれるという特徴があります。 

ランスタッドのキャリアドバイザーの強み・弱み

ランスタッドの強み
・外資系に強い
・キャリアアドバイザーの当たり外れが少ない

ランスタッドの弱み
・ロークラスな人への対応が雑になることがある

ランスタッドのキャリアアドバイザーは、ハイクラスな人へのサポートは徹底しているものの、ロークラスな人への対応が少し雑になる傾向があるようです。

また会社で保有している求人もハイクラス向けのものが多いといことが影響しているのかもしれません。

そのため、スキルが低い人や社会人経験の浅い人への対応が後回しにされてしまいがちです。キャリアアドバイザーから仕事をなかなか紹介してもらえないような場合は、ランスタッドのサポートでスキルアップしたり、他の転職エージェントと併用して利用するのがベストでしょう。 

ランスタッドのキャリアアドバイザーの評価

ランスタッドのキャリアアドバイザーは優秀な人材が多く、サポートもしっかりとしているという印象があります。

しかし口コミを調べてみるとハイクラスな人を優先し、ロークラスな人が後回しにされる傾向にあるようです。

いくら無料といっても人によっては蔑ろにされたと思ってしまい、不満が出ることも多いようです。優先順位が出てしまうのは仕方のないことですが、サポートがしっかりしていて人材が優秀でも、不満が出るほどの状態はいかがなものかと考えてしまいますよね。 

業界人から見たの評価
ランスタッドはリクナビエージェントなどの大手と比較すると知名度が低いですが、利用者一人ひとりにしっかりと時間をかけてくれます。利用者に寄り添ったサポートを行ってくれ、優秀な人材がそろっていますが、ハイクラスな人を優先にしがちというもあることから、転職エージェントとしてはまぁまぁといったところでしょう。

詳細を見る口コミを見る

まとめ

ランスタッドのキャリアアドバイザーの質は、他の転職エージェントと比較するとありがちなサポート体制で、印象が弱いです。

ハイクラスな人材を優先してしまいがちということもあるので、人によっては仕事の紹介がないということもあり得ます。このような場合には、ランスタッドのサポ―トを利用してスキルアップをしたり、他の転職エージェントと併用してみることを検討してみましょう。

xxxTOP3xxx

↓ ランスタッドのWEBサイトをチェックする ↓

ランスタッド

ランスタッドの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「ランスタッドの評判」を見る
10 位 総合点 3.34 点

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービスのロゴ
  • 総合評価:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.34
  • コンサル:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.33
  • サポート:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.21
  • 求人量質:
    ★★★★★
    ★★★★★
    3.37

【 転職業界でリクルートと共に圧倒的な2強を築いているdoda 】

深田恭子が扮するdoda子起用のCMで、転職を身近に感じさせる戦略のdoda。

親しみやすさを打ち出す以前から、『dodaエージェント』は転職業界の最大手に位置する転職エージェントであり、知名度の高い転職サイト"doda"を運営している事で絶対的な地位を確立しています。

それは売上と実績が示しており、3位以下を大きく引き離した国内No,2の転職エージェントです。リクルートと共に日本の転職求人が最も集まる企業であり、転職希望者の登録者数も他社に比べて非常に多いのが特徴です。

それだけ求人と転職希望者が集まるだけに、「売上げ」や「転職実績」も他社を圧倒するほど多く、転職ノウハウや転職サポートも充実しています。

さっそく求人を見る

【 転職業界人の噂 】

「転職を考えたらdodaとリクルートにまず登録しよう。」という格言的なアドバイスもうなずけるほどに転職サービスという面で他社と比較すると特出しています。

当サイトBest Workに寄せられるクチコミの中では、「流れ作業的な登録面談」というマイナス要素のクチコミが寄せられますが、これも登録者が多い点で転職成功見込みが立たない転職希望者を少し邪険に扱ってしまう傾向にあるんでしょう。

しかしながら、実績に裏付けされた転職支援サービスの体制は素晴らしいので是非活用すべき転職エージェントです。そして、コンサルは美人な方が多いようで、しばし噂になってますね。

しかし、エージェントを利用した満足度で言うと、マイナビエージェントパソナキャリアの方が評判が高いと言われています。求人数を求めるならdodaで間違いないですが、エージェントの質を求めるなら評判の良いエージェントにも登録しておいた方が良いでしょう。

■ IT系職種とクリエイターの方はこちら → doda(ITエンジニア)のクチコミ評判を見る 

dodaエージェントサービスの特徴・求人種類

dodaエージェントサービスの特徴

転職サイト「doda」を運営するパーソルキャリア株式会社が手掛ける「dodaエ―ジェントサービス」は、業界大手の転職エージェントサービスです。転職業界の大手なだけあって求人数や取扱業種も豊富で、利用者も他社と比較して多いという特徴があります。

取扱い求人の約8割が非公開求人となっており、他社では見つからないような質のよい求人を探すことも可能です。

キャリアアドバイザーは専門分野のある人も多数存在しているので、特定業種に特化した転職エージェントと比較しても負けないくらいのサポート力があります。

ITやインターネット、ケミカルやメディカル分野に力を入れていますが、それ以外の分野の求人も多数あり幅広い業種の転職をサポートしています。 

dodaエージェントサービスのメリット/デメリット

dodaのメリットは多数ある取扱い求人の約8割が非公開であることでしょう。非公開なら登録者以外は知ることができませんし、dodaエージェントだけの限定した求人情報もあります。

日本全国、さらに海外にも拠点があるため対応地域が幅広いというメリットもあります。地方への転職や、地方から都内への転職、海外への転職を希望する場合などさまざまな勤務地に対応可能です。

キャリアアドバイザーは専門分野ごとに存在しているので、特定業種に強いアドバイザーのサポートを受けることもできます。キャリアアドバイザーのレスポンスが早いと評判で、やり取りがスムーズにいくため転職まであまり時間がかからない人が多いです。

毎週のようにセミナーを実施しているのも外すことはできません。利用登録することでセミナー参加料は無料となっており、リーダーシップのレクチャーや、企業の合同説明会など参加して損のないセミナーが多い傾向にあります。

dodaエージェントに登録した際は、無料で利用できるのでキャリアアップや早期転職を成功させるためにも積極的にセミナーに参加したほうがよいでしょう。  

dodaエージェントのメリット
・求人の約8割が非公開で、dodaだけのオリジナル案件がある
・日本全国、海外にも拠点があるので対応地域が広い
・各分野に専門のキャリアアドバイザーが存在する
・毎週セミナーを実施しており利用者は無料で受けることができる

デメリットと思えるものには、登録者が多いためキャリアアドバイザー1人が担当する人数が多くなってしまうので、登録面談が流れ作業的になりがちなところでしょう。

利用者がじっくりと相談したいと思っていても、キャリアアドバイザー側で十分な時間が取れない場合があります。

また膨大な量の求人を取り扱っているため、ごく一部質の悪い求人がまぎれていることもあります。非公開求人は登録すれば全て見られるというわけではなく、自分の登録したスキルや希望条件にあったものしか見ることができないという不自由さがあります。  

dodaエージェントのデメリット
・キャリアアドバイザーの担当人数が多いため、面談が流れ作業になりがち
・キャリアアドバイザー側で取れる時間が短め
・ごく一部質の悪い求人がまぎれていることがある
・非公開求人は自分が登録したスキルや希望条件に合ったものしか見れない

dodaエージェントサービスはこんな方に向いています

doda転職エージェントの利用をおすすめできる人は次のような人です。 

dodaエージェントサービスはこんな方に向いています
・勤務地にこだわらない人
海外勤務を考えている人
専門知識のあるキャリアアドバイザーのサポートを受けたい人
いろいろなセミナーを受けたい人
早期転職を目指している人
初めて転職をする人

dodaのキャリアアドバイザーはサポート経験豊富な人が多く、書類作成や面談対策などの実践的なサポート能力が高いと評判です。そのため初めて転職する人は、dodaのキャリアアドバイザーのサポートを受けることで、転職に成功しやすくなります。

詳細を見る口コミを見る

dodaエージェントサービスの求人の種類

dodaエージェントではITや電気・機械業界、医療業界の転職に力を入れています。これらの業界への転職を希望する人や、今までこの業界で働いていた人は登録しておくことをおすすめします。

もちろんそれ以外の業界の求人も取り扱っているので、他業界への転職も可能です。 

 dodaエージェントサービスが強い業界・業種・職種

IT・電気・機械業界、医療業界と力を入れている業界が多いため、この業界に関連している業種や職種の求人はかなりの量があります。

次に挙げるものとマッチするものがあるようなら、登録して求人を確認してみましょう。

強い業界・業種

IT・通信
・通信
・インターネット
・ソフトウェア

電気・機械
・メーカー
・建設

医療
・医薬品
・医療機器
・ライフサイエンス
・医療系サービス

強い職種

IT・通信
プログラマー・ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア・アプリケーションエンジニア・データベース/セキュリティエンジニア・社内SEなど

電気・機械
基礎研究・機械設計・金型設計・光学設計・生産技術・整備士・サービスエンジニア・技術開発・部材開発・解析・調査・施工管理・プラントなど

医療
看護師・介護士・薬剤師・研究・ 臨床開発など

その他業種

メーカー/金融/物流・流通/不動産/サービスなど

その他職種

営業/コンサル/事業責任者など

詳細を見る口コミを見る

dodaエージェントサービスが弱い業界・業種・職種

dodaエージェントサービスはアパレル業界への転職に弱い傾向にあります。これはなぜかというと運営元の株式会社パーソルキャリアがアパレル専門の転職エージェント「クリーデンス」を運営しているためです。

アパレル業界への転職を考えているのであれば、業界専門のクリーンデンスにも登録しておいたほうがよいでしょう。

dodaエージェントのキャリアコンサルタントにもアパレル業界専門の人がいますが、クリーデンスではアパレル業界の国家資格を所有している人も多く存在しています。 

dodaエージェントサービスが強い地域・弱い地域

dodaエ―ジェントサービスは日本全国、そして海外にも活動拠点があるのでカバー地域は広いです。

しかし人口や企業の密集度の関係もあり、首都圏や主要都市の転職に強いという傾向があります。地方の求人ももちろんありますが、首都圏や主要都市と比べると少ないです。また海外は地方以上に求人が少ない傾向にあります。

dodaエージェントサービスには数多くの求人が集まるので、今希望する地域に求人がなくても、今後求人が登録されることもあります。そう考えるとまずは登録をしていつでも応募できるように、キャリアアドバイザーのサポートをしっかりと受けておくべきでしょう。

xxxTOP3xxx

↓ dodaエージェントサービスのWEBサイトをチェックする ↓

DODA

dodaエージェントサービスの詳細ページへ
口コミを見る 転職のプロが語る「dodaエージェントサービスの評判」を見る