女性の転職・仕事術記事一覧

女性の転職・仕事術記事一覧

女性の転職・仕事術記事一覧の画像

女性の転職のポイント

日本では女性の社会進出が進んでいますが、欧米に比べるとまだまだ女性の働ける環境は未熟な企業が多いです。女性が転職する上で気を付けなければならないポイントがあります。

まずは、女性が働くことについて、偏見を持っている男性がまだいるということです。大手企業などではかなり改善されてはいますが、中小企業などでは、女性は結婚したら退職するものと決めつけているような企業も残念ながら存在します。

「女だから~」と性別で差別されることもあるので、こういった問題に対してどう対処していくかを考えながら転職活動を行う必要があります。結婚・妊娠・出産・育児に関することは、どこの企業でも面談の時に聞かれる質問です。 特に結婚適齢期の20代~30代の女性はキャリア志向が強くても、結婚や出産を期に家庭に入るために退職してしまう人が多いという事実はあります。

企業としては、せっかく育てた人材が退職してしまう可能性が高い場合、女性よりも長く働くことのできる男性社員を優遇しがちです。結婚や出産について質問された場合は、結婚・出産後も働く気持ちであることを伝えておきましょう。

また小さなお子さんがいる場合、育児で遅刻や早退、欠勤が多くなってしまうことがあります。この場合夫婦で協力したり、周囲の協力を得て育児をしながら働いていくことができることを、きちんと会社に伝える必要があります。

そして一番気を付けたいのが、志望の動機です。「出産や育児に対するバックアップ」を理由に選んだというと、面接官にマイナスなイメージを与えてしまう可能性が高いです。きちんとやりたいことやキャリアアップを考えたうえでの応募ということを伝えましょう。

年代別の転職

30代ともなると既婚者が多いですが、ママの転職は厳しいものがあります。育児のために短時間勤務になってしまうので、今まで通りの給料での転職はとても難しいです。

妊活中や20代で働きすぎてトーンダウンしたいという転職希望者も多いですが、そういった理由での転職も厳しい傾向にあります。20代のころとは違って、熱意だけでなくスキルやこれまでの経験をしっかりとアピールして、将来を見据えたキャリアアップのビジョンなどを考え、面接官に伝えることで採用されやすくなります。

40代女性の転職は、正社員勤務は低い傾向にあります。同じ業界や同職での転職でキャリアップを目指す場合は、正社員での転職の可能性が高くなります。

別業界や異職種への転職の場合、今までの経験を生かすことのできる業界や職種を選ばなければ、正社員としての採用は難しい傾向にあります。

50代女性でも転職に成功している人は多いですが、正社員ではなく派遣や契約社員、パートといった働き方を選ぶ人が多いです。これは年齢的に家事や介護の時間に合わせた働き方を選ぶ人が多いためです。さらに今現在50代の人は、結婚当時は結婚退職がごく普通の時代だったため、働くことに対してブランクを感じ、年齢的に体力も昔と比べて落ちているからと考えることができます。

最近では中高年女性は子育てがひと段落ついていることもあり、20代・30代よりも雇いやすいと、採用に積極的な企業もあります。

記事カテゴリー