20代30代40代年代の転職記事一覧

20代30代40代年代の転職記事一覧

20代30代40代年代の転職記事一覧の画像

20代の転職

20代という若さゆえに、未経験業界や知識のない業種への転職を希望する人がいます。確かに若ければ若いほど未経験でもなんとかなると思っている企業は多いです。

しかし希望する分野によってはその無知さが原因で、転職活動に失敗してしまうことも多いです。異業種や未経験職種の場合、求人数が少ないケースや経験や資格がなくて応募できないと言ったことが起こりえるんです。

異業種や経験・知識のない職種へ転職を希望するときは、きちんとその業種や職種について調べる必要があります。途中であきらめてしまわないよう、必要なら資格取得なども含めて自分の転職スケジュールを決めて活動しましょう。

また初めての転職で不安なら転職エージェントを利用して、履歴書や職務経歴書のチェックをしてもらったり、面談対策を受けることで転職の成功率が上がります。

30代の転職

ある程度仕事慣れした30代前半の転職は、一般的に転職癖がついてしまう人が多いといわれているので、転職する際の理由がとても大切なポイントになります。

将来設計やキャリアアップなどといった前向きな理由の人は転職に成功しやすいですが、職場原因のストレスや過労で病気になってしまった、というようなネガティブな考えでの転職は失敗しやすい傾向にあります。30代の転職は、応募先の採用担当者は転職理由で判断する人も多く、隠しても見抜いてしまう人もいます。

しかしストレスで体を壊してしまったというようなネガティブな理由でも、前もって給料や勤務地など譲ることのできない条件をはっきりさせ優先順位をつけることで転職に成功しやすくなります。

30代前半であれば、まだ未経験な職種や別業種への転職も可能ですが、ハードルはやや高めです。30代後半になってくると企業側はリーダー的存在や幹部候補といった人材を求める傾向にあるため、別業種のへの転職は難しいです。

そのため、別業種への転職を考えているのであれば、有利になる資格などを取得しておいたほうが、転職活動をしやすくなります。即戦力を求められることの多い年代ですので、自分のスキルや性格など自己分析もきちんと行っておいたほうがよいでしょう。

40代の転職

40代ともなると家庭を持っている人も多く、転職活動に不安を覚える人が多いです。確かに転職は年齢が高いほど難しくなっていきますが、40代でも転職は可能です。20代~30代と比べると、職務経験があれば即戦力になれるということをしっかりと企業に伝えることで転職が成功しやすくなります。

資格や経験がない場合は、別業種への転職はかなり難しいので、すぐに転職先を決めたいのであれば同じ業界で転職先を探したほうがよいです。40代で転職を成功させたいのであれば、転職の理由や希望条件を明確にしておく必要があります。

失業期間が長ければそだれけ経済的な負担が大きくなってくるので、1週間で応募する企業数を決めたり、転職サイトのスカウト機能を利用する、転職エージェントのサポートを受けることで、転職成功の確率が高くなります。

記事カテゴリー