【転職成功間違いなし!?】仕事ができる人に共通する4つの特徴 | Best Work

【転職成功間違いなし!?】仕事ができる人に共通する4つの特徴

【転職成功間違いなし!?】仕事ができる人に共通する4つの特徴の画像

転職をしてキャリアアップに成功する人は間違いなく仕事ができる人です。企業としても仕事ができる人を求めていますし、そういった人材への投資を惜しみません。

でも、”仕事ができる”というのは一体どういうことなのでしょうか?言葉だけではイメージが湧きにくく参考になりませんよね。そこで仕事ができる人の特徴をまとめてみました。

1:言い訳をしない

まずはじめの特徴は「言い訳をしない」です。

たとえ、電車の遅延で遅刻したとしても、それも自分の責任として捉えています。どんな事情であれ、遅刻をすると相手の時間を奪うことになります。仕事ができる人は時間にシビアです。「相手の時間をいただいている」という意識を強くもっています。入社当時は時間に正確だったのに、だんだんと緩んできている人などは注意が必要です。また、部下の仕事が思ったより完成度が低かったとしても、部下の責任にするのではなく、指導方法や伝え方を変える努力をします。部下のミスや仕事のクオリティを決めるのは「自分である」というリーダーシップも持ち合わせています。

なぜ、彼らは言い訳をしないのでしょうか。それは、「言い訳をすればするほど信頼を失う」ということを知っているからです。言い訳は自分を正当化するものです。別の言い方をすれば責任を放棄していることになります。地位が上がるほど責任が大きくなります。責任を放棄するような人には大きな仕事はまわってきません。仕事をするうえで大切なことは「信頼」です。仕事ができる人はそのことを十分に理解しているので、言い訳をしません。

2:優先順位がはっきりしている

同じ仕事量であっても、大きな成果を出す人とそうでない人に分かれます。一体何がその違いを生んでいるのでしょうか。それは仕事の優先度の高い仕事を見極め、重要度の高いものから終わらせているからです。1日は24時間ですし、仕事をする時間も限られています。すべての仕事を同じようやっていてはいくら時間があっても足りません。重要度や緊急度の高い仕事の優先順位をあげて、1つ1つ確実にこなしていきます。さらには優先度の低いもので他の人にもできることがあれば、うまく仕事を振っていくことも必要でしょう。優先順位をつけて、急なトラブルにも対応できるよう臨機応変に業務をこなしていくスキルを持っています。

3:「No」という言葉をほとんど聞かない

仕事をしていると必ずと言っていいほど、理不尽なこと、困難なことや今までに経験したことがないことなどが出てきます。そんな時こそ、実力を試されているときです。

多くの人は嫌な顔をしたり、「できない」と言ってしまいがちですが、仕事ができる人は「No」という言葉を使いません。どうにかして解決策を見つけたり、仕事の意義や可能性を見出すことに時間とエネルギーを使います。上司から無理難題を突きつけられるのはただ単に「やるかやらないかを見られている」ということもあります。上司にこびを売るわけではなく、「No」を言わない人ほど、周りの人もお客様も気軽に仕事をお願いしやすいでしょう。そういしているうちに大きな仕事がまわってくる可能性が高まります。

何か困難な問題にぶつかっとき、仕事ができる人は「どうすれば解決できるのか」という姿勢を持っています。

4:どんな人にも対等に接する

特徴1でも述べましたが、すべての仕事は「信頼」で成り立っています。それは社外だけでなく、社内も同じです。どういう人が信頼されるかというと、一貫性がある人です。

実は、地位の高い人ほど、腰が低く、謙虚な傾向があります。なぜなら、「どんな人に対しても対等に接する」姿勢を持っており、偉そうにする必要がないからです。それこそ、「上司の前では腰が低いのに、部下の前では偉そうな態度をとり、お客様の前では頭を下げてばかり」といった人がいた場合、信頼することができるでしょうか。コロコロ態度を変えるような人を信頼することはできませんよね?

肩書きは必要かもしれませんが、「あくまで”役割”であって、人の上下を決めるものではありません。理想の上司や同僚を考えたときに、どんな人に対しても対等に接し、意見や考えを尊重してくれる人と一緒に仕事をしたい人ですよね。仕事ができる人はどんな人にも対等に接する姿勢をもち、いろんなところから声がかかるような状態にあります。

まとめ

今回の『仕事ができる人に共通する4つの特徴』はいかがでしたか?時代が変わっても、仕事ができる人の需要は高く、転職をするときもスムーズに進むでしょう。今回の投稿を読んでいただき、気づいた点があればぜひ、実践してみてください。まだ転職に興味がなかったとしても、日頃から能力やスキルを高めておけば、今の仕事だけでなく将来の財産になります。「あの人は仕事ができるな」と言われるように準備をしておきましょう。

その他の記事一覧