【30代向け】おすすめの転職エージェントと転職に関する全知識

【30代向け】おすすめの転職エージェントと転職に関する全知識の画像

この記事にたどりついたということは、

「30代で本当におすすめの転職エージェントってどこなんだろう…?」

「適当に登録したら求人の紹介をしてくれなかった…?」

こんな疑問や悩みを解消します。

この記事では、30代の転職で使うべきおすすめ転職エージェントを状況別にご紹介します。

※公平にご紹介するために、当サイトに集められている3,000人の口コミをもとにご紹介しています。

また、転職エージェントを上手く使う方法や使う際の注意点なども詳しく説明していきます。

読み終えた頃には、あなたの今の状況で登録すべき転職エージェントを見つけることができるうえに、転職が成功することは間違いないでしょう。

※当サイトに掲載している転職エージェントの総件数は約200社です。200社から口コミ評価が高い転職エージェントをご紹介しています

この記事の内容
  • 【状況別】30代で使うべき転職エージェント
  • 30代の転職で軸にすべきこと
  • 企業から何を求められるか
  • 即戦力扱いになる人材とは?
  • 転職エージェント以外の転職方法
  • エージェントを使うときの注意点
記事の信頼性
    • 転職エージェント経験のある2名が監修
この記事の監修者
元人材紹介会社の営業担当。他の転職メディアでも活躍中。Twitter(@y__ebato) 
この記事の監修者
HRプランナー/コミュニティデザイナー/編集ライター
30代で転職4回、パーソルでの営業や人材系スタートアップの立ち上げを経験しフリーランスに転身。
複業ワーカーとして、複数の肩書きを持ちながらマルチに活動中。
現在は、事業会社の社外人事、時短ママ向けエージェントの立ち上げ、人材系の編集業、
MAPS社の女性向けマーケティング事業などに従事。Twitter(@satsukishigoto) note(さつき@複業プランナー)

【目次】[開く]

1.30代で転職エージェントを使うべき人の特徴 

まず、転職エージェントがどんなサービスなのかわからない人のために、サービス内容を以下にまとめました。

転職エージェントのサービス内容

主な転職エージェントのサービスは上記の通りです。

無料であなたの転職活動全般をサポートしてくれるので利用して損はないでしょう。 

さて、早速ですがここで結論を申し上げますと、

転職エージェントは使うべき 

30代の転職活動には、

  • 転職サイトからの自己応募
  • 知人の紹介から探す
  • SNSを利用する
  • ハローワークを利用する
  • 転職エージェントを利用する

などのさまざまな方法がありますが、結論すべての人が転職エージェントを使うべきです。

転職エージェントの大きなメリットを簡単にお伝えすると、

  • 転職サイトに公開されていない非公開求人を保有している
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 無料であなたの転職相談に乗ってくれる

上記を完全無料でサポートしてくれるので、利用して損はないサービスと言えます。

結果的にあなたが望むような会社に転職できればいいので、どの方法を使って転職活動をしても間違いではありません。

しかし、転職活動の仕方を間違えてしまうと、最悪の事態になってしまう恐れがあるということです。

せっかく転職したのに、「転職に失敗したな…」と再度転職することになってしまったら、経歴を汚すことになってしまい、次回以降の転職では不利になってしまいます。

そのため、今回が『はじめての転職』であれば、転職エージェントを利用することで、転職の成功率は上がるはずです。

※上がると断定したいところですが、あなたの実力次第の部分もあるので、ここでは言い切らないことにします。

転職エージェントは面談の際に丁寧なヒアリングを行い、あなたが希望する求人を紹介します。

さらに面接対策や応募書類の作成・添削を行ってくれます。

以下の『リクルートエージェントの転職決定者の年齢』を見ると、30代の36%が転職エージェントを利用していることがわかります。

リクルートエージェントの転職決定者の年齢の円グラフ
出典:リクルートエージェント

転職活動もはじめてで、転職エージェントを利用するのもはじめてだと不安が大きいと思いますが、実際にエージェントを利用して転職を成功させている人が多いので、活用してみる価値はあると言えるでしょう。

また30代になると、転職活動の末、良い職場がなかなか見つからなくて現職の仕事を続けるという手段を取られる人も多くいます。

しかし、現職に止まるということは一生その職場で働き続けるという意味合いにもなってしまいます。

上記の円グラフを見ると、41歳以上の転職決定者は転職エージェントを利用したとしても5%しかいないのです。

そのため、転職は30代のうちにすべきと言えるでしょう。30代になったときに転職経験がないと、30代で転職が難しくなってしまいます。

次に、30代で転職エージェントを特に使うべき人の特徴を男女別でご紹介します。

以下が30代女性で転職エージェントを使うべき人の特徴です。

30代女性で転職エージェントを使うべき人の特徴一覧

上記に当てはまる30代女性は、転職エージェントを使うべきです。

30代女性で転職エージェントに相談をしに来るのは以下のような人が多いです。

30代女性で使うケース
    • 20代のうちに結婚・出産をして育休2年以上のブランクがある
    • 20代で転職を繰り返し納得いく定職につけていない
    • 新卒からずっと1社に勤めていたものの、結婚・出産を機に時短に切り替えたい方
    • 何かしらのタイミングで非正規雇用(派遣やパート)になっており、再度正社員で就職したい
    • 転職もそこそこに続けてきたが今いる企業で先が見えてきたためキャリアアップのために転職したい
    • 離婚を機に子どもを養っていかねばならないのでもっと収入の良い企業へ転職したい 

女性の転職の場合は、どうしてもライフイベントに大きく左右されやすいので面談に来る人は様々なうえに、相談内容も多種多様です。

次に30男性が転職エージェントを使うべき人の特徴をご紹介します。

30代男性が転職エージェントを使うべき人の特徴

上記に当てはまる30代男性は、転職エージェントを使うべきです。

30代男性で転職エージェントに相談をしに来るのは以下のような人が多いです。

男性の場合
  • 1社で長く続けてきたもののポストが詰まっていて転職で年収アップしたい
  • 結婚し家族を持ったため土日休みや給与の良い企業へ転職したい
  • 20代で転職を繰り返し納得いく定職につけていない
  • 何かしらのタイミングで非正規雇用(派遣やパート)になっており、再度正社員で就職したい

男性の場合は、ライフイベントを機にシフト制から土日休みへ、収入が高い企業へ、残業が少ない企業へと転職を考えることが多いです。

男女ともに言えるのは、

  • 『20代でキャリアをうまく築けなかったので転職でリベンジしたい方』
  • 『ある程度キャリアを築いてきたからこそ今の企業だと何かしらの理由で先が見えないから転職したい方』

ざっくりと上記の2通りの悩みがあります。

これらの悩みに該当する30代は、ぜひ複数の転職エージェントに登録して転職活動を進めていきましょう。 

また30代の転職になると、企業からは『即戦力のある人材』として評価されます。

そのため、30代で転職を考えたときに、転職エージェントを利用すると、大手・人気優良企業からの求人が多く紹介されやすくなります。

大手・優良企業の求人が常に多いエージェントもあるので、まずは登録して求人を覗いてみることをおすすめします。

また30代で転職サイトと転職エージェントを併せて使えば、求人の宝庫になります。

もし「転職サイトも併用したい!」というのであれば、以下の方法を使って求人に応募すると書類選考の通過率をあげることができます。

転職エージェントと転職サイトを使った求人の応募方法

上記の方法を実践するだけで、格段と書類選考の通過率が上がります。

一方、転職サイトと併せて登録した方が良い人もいますので、もし以下の特徴に当てはまる人でしたら一緒に転職サイトの登録も行いましょう。

転職サイトを併せて登録した方が良い人 

また、30代前半で既に5社、6社と経歴を刻んでいる人は、書類選考の通過率が下がってしまうので、転職エージェントのサポートを受けながら、第3者の目線であなたの良さを企業へアピールしてもらう方が断然良いです。

まとめると、

  • 転職がはじめての人
  • 実績・成果が数字で示せる人
  • 自分は即戦力になると確信できる人

上記に1つでも当てはまる人は、まずは転職エージェントに足を運び、転職活動の基礎から学ぶことをおすすめします。 

キャリアアドバイザーのサポートが大きな力になってくれるはずです!

まだ転職エージェントを利用しようか悩んでいる人のために、利用するメリットを以下にまとめました!
転職エージェントのメリット一覧 

ここまでで、転職エージェントを使う理由と使うメリットが理解できたはずです。

次におすすめの転職エージェントをご紹介する前に、30代を採用する企業側の人事の不安要素を頭に入れておきましょう。

これを知っておくだけで、面接官が何を考えているかが理解できるので、面接対策にもなります。

《30代を採用する企業のリスク》
  • すぐに辞めてしまわないか?
  • どこの環境でも適応できるタイプか?
  • うちに来たら何を活かせるか?

    ▶︎上記の3点を頭に入れて面接に挑みましょう。ただ、転職エージェントを利用すれば『推薦文』を書いてくれるので、事前にあなたのことが伝わっているため、面接もやりやすい環境になっているはずです。 

    ※30代までで転職経験がないと、現職の企業文化に染まっていることがほとんどです。新しい環境に移った際に、柔軟な対応ができるかが肝になります。

2.【状況別】30代におすすめの転職エージェント

30代におすすめ転職エージェント 

転職エージェントは全て同じ企業が運営している訳ではないので、それぞれの強み・弱みが異なります。

そのため、あなたの状況に合った転職エージェントを選ばないと、希望に合う求人に出会うことはできません。

はじめは、できるだけ多くの転職エージェントに登録して、転職活動を進めていくのをおすすめします。

転職エージェントを複数利用すべきか悩んでいる人は、以下の記事で掛け持ちのメリット・デメリットを詳しく解説しているので参考にしてください。

以下の状況別で3,000人の口コミをもとに30代のおすすめの転職エージェントをご紹介します。

もし、転職エージェントに登録して「求人が紹介されなかった…」という場合には、記事の終盤でお伝えする『転職エージェントを使っても転職できなかったときの対処法』を参考にしてください。

2-1.【30代向け】総合的におすすめ転職エージェント 

【30代向け】総合的におすすめ転職エージェント 

まずは30代の転職に強い転職エージェントに登録するべきです。

30代の転職となると、成果や実績を示すものがなく、即戦力として見られにくい傾向があります。

そのため、キャリアアドバイザーの質が高い転職エージェントに登録すると、あなたをゴリ推ししてくれるので、内定までたどり着きやすくなります。

ここまでをまとめると、

  • キャリアアドバイザーの質が高いエージェントに登録する
  • あなたの状況に合ったエージェントに登録する
  • 第二新卒・30代の転職に強いエージェントに登録する

上記の3点を実践することで、30代の転職は成功しやすくなります。

また、当サイトでは誰でも投稿できるシステムで転職エージェントの口コミを集めています。

転職エージェントの口コミ

そこで、実際に転職エージェントを利用した方のリアルな口コミをもとに、当サイトではランキング分けをしています。

公平に転職エージェントをご紹介するために、状況別に口コミ評価が高い2社をピックアップしてご紹介していきます。

▶︎30代向けで口コミ評価No.1の『マイナビエージェント』

そこでおすすめの転職エージェントが、『マイナビエージェントです。

マイナビエージェント

公式ページ:https://mynavi-agent.jp/

対応
エリア
全国 対応
年収
300万~
公開
求人数
17,660件(2020年2月1日更新) 非公開
求人数
20,588件(2020年2月1日更新)
対応
年代
  • 30代
  • 30代
  • 30代
  • 50代
  • 60代

『マイナビエージェント』は、面談の丁寧さ、サポートの丁寧さは業界トップクラスのエージェントです。

求人数や規模だけで見ると、他の転職エージェントの方が一枚上手と言えるかもしれませんが、利用者満足度は非常に高く、転職エージェント界で最もキャリアアドバイザーの質が高いと言っても過言ではありません。

女性のキャリアアドバイザーも多いため、女性の転職希望者にもオススメです。

30代向けの転職エージェントを探して、このページに来ているはずですから、『マイナビエージェント』には必ず登録しておきましょう。

転職サイトの『マイナビ転職』もあるので、併用してみるのもいいかもしれません!

 

▶︎30代向けで口コミ評価No.2の『doda』 

doda

公式ページ:https://doda.jp/ 

対応
エリア
日本全国、海外 対応
年収
280万~
公開
求人数
74,086件(2020年2月1日更新) 非公開
求人数
非公開(2020年2月1日更新)
対応
年代
  • 30代
  • 30代
  • 30代
  • 50代
  • 60代

『doda』は、求人数・求人の質ともにトップクラスのエージェントです。

また日本全国、さらに海外にも拠点があるため対応地域が幅広いというメリットもあります。

地方への転職や、地方から都内への転職、海外への転職を希望する場合などさまざまな勤務地に対応可能なので、勤務地より企業や仕事内容が優先という人におすすめの転職エージェントです。

 補足情報
転職エージェントは複数に登録すると、転職の成功率が一段と上がります。登録も3分程度で終わるので、できる限り併用することをおすすめします。引き続き、状況別に転職エージェントをご紹介しますが、まずはここまででご紹介した『マイナビエージェント』『doda』には登録すると良いでしょう。

2-2.【正社員になりたい人向け】おすすめ転職エージェント

▶︎未経験向けで口コミ評価No.1の『doda』

doda

『doda』は、求人数・求人の質ともにトップクラスのエージェントです。

また日本全国、さらに海外にも拠点があるため対応地域が幅広いというメリットもあります。

地方への転職や、地方から都内への転職、海外への転職を希望する場合などさまざまな勤務地に対応可能なので、勤務地より企業や仕事内容が優先という人におすすめの転職エージェントです。

公式ページ:https://doda.jp/  

▶︎未経験向けで口コミ評価No.2の『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は、転職成功実績No.1を誇っており、非公開求人数が10万件以上と業界でNo.1の求人数を保有しています。

リクルートのなかでも優秀な人材が人材紹介事業に集まるために、熱いキャリアアドバイザーが多いという口コミが多いです。

とくに知名度が圧倒的に高いことから、条件面の交渉(年収など)に強いと業界内で噂になっています。

「求人の幅を広くして、たくさんの求人を見たい!」、「転職の際に年収をアップしたい!」という人におすすめの転職エージェントです。

公式ページ:https://www.r-agent.com/

2-3.【30代前半向け】おすすめ転職エージェント

▶︎30代前半で口コミ評価No.1の『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は、キャリアアドバイザーの質が業界No.1の転職エージェントです。

女性のキャリアアドバイザーも多いため、女性の転職希望者にもオススメです。

30代向けの転職エージェントを探して、このページに来ているはずですから、『マイナビエージェント』には必ず登録しておきましょう。

転職サイトの『マイナビ転職』もあるので、併用してみるのもいいかもしれません!

マイナビエージェントの公式ページ:https://mynavi-agent.jp/

マイナビ転職の公式ページ:https://tenshoku.mynavi.jp/

▶︎30代前半で口コミ評価No.2の『type転職エージェント』 

doda

『type転職エージェント』は、ミドル層の転職支援に本腰を入れている転職エージェントです。

しかし、転職のサポート範囲が首都圏のみと限られています。

しかしながら、未経験OKの求人だったり、年収アップを実現できるので、他の求人が多い転職エージェントと併用して使うといいかもしれません。

公式ページ:https://type.career-agent.jp/

2-4.【30代後半向け】おすすめ転職エージェント

▶︎30代後半向けで口コミ評価No.1の『アイデムスマートエージェント』

アイデムスマートエージェント

『アイデムスマートエージェント』は、キャリアアドバイザーの手厚いサポート力をしてくれる転職エージェントとして有名です。

未経験OKの求人も多く保有しているため、20代のうち正社員経験がない人でも転職先が見つかるでしょう。 

公式ページ:https://smartagent.jp/

▶︎30代後半向けで口コミ評価No.2の『リクルートエージェント』 

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は、転職成功実績No.1を誇っており、非公開求人数が10万件以上と業界でNo.1の求人数を保有しています。

リクルートのなかでも優秀な人材が人材紹介事業に集まるために、熱いキャリアアドバイザーが多いという口コミが多いです。

とくに知名度が圧倒的に高いことから、条件面の交渉(年収など)に強いと業界内で噂になっています。

「求人の幅を広くして、たくさんの求人を見たい!」、「転職の際に年収をアップしたい!」という人におすすめの転職エージェントです。

公式ページ:https://www.r-agent.com/

2-5.【キャリアアップしたい人向け】おすすめ転職エージェント

▶︎キャリアアップ向けで口コミ評価No.1の『ビズリーチ』

ビズリーチ

『ビズリーチ』は、ハイキャリア層(年収600万円以上)の求人を探すのであれば、ここの転職エージェントが1番です。

ハイクラスな転職を希望する人だけにおすすめといっても過言ではないです。

またハイクラスな求人ばかりを保有しているのにもかかわらず、求人数が12万件以上もあるので、ハイクラス求人のなかでも種類がさまざまあると考えられます。

スカウト機能が備わっているため、ミスマッチの少ない転職を行うことができます。

公式ページ:https://www.bizreach.jp/

▶︎キャリアアップ向けで口コミ評価No.2の『JACリクルートメント』 

JACリクルートメント

『JACリクルートメント』は、30代〜30代の利用者が圧倒的に多い転職エージェントです。

しかし、実績を残している30代であれば、JACを利用することで、国内の大企業や大手商社などへの転職ができるようになるでしょう。

また、29年以上の歴史ある転職エージェントであり、ミドルやハイクラス向けの求人や外資・グローバル展開企業の求人も多く集めています。

そのため、年収600万円~2000万円と高い水準の求人を保有しているので、よりチャレンジングな転職をしていきたい30代におすすめです。

JACリクルートメントは、対応するキャリアアドバイザ-もスマートな印象があり、国家資格キャリアコンサルタントの資格保有者も多く在籍しているため、信頼できるキャリアアドバイザーが多いでしょう。

公式ページ:http://www.jac-recruitment.jp/

キャリアコンサルタントがたくさんいると、

キャリア構築についてレベルの高いのサポートが受けられるチャンスが増えますよ!

2-6.【30代の女性向け】おすすめ転職エージェント

▶︎30代女性向けで口コミ評価No.1の『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』を運営するパソナ社は業界25年以上の信頼のある老舗エージェントで、求人数はdodaエージェントやリクルートエージェントより劣るものの、キャリアアドバイザーの丁寧な対応に定評があります。

パソナ社自体に女性社員が6割と多く、女性活躍推進している企業に厚生労働省から送られる『えるぼし』の認定を受けています。

(参考:パソナの女性活躍に向けた主な取り組み

そのため、30代の女性への細やかなサポートやノウハウという観点ではパソナキャリアをおすすめです。

公式ページ:https://www.pasonacareer.jp/

▶︎30代女性向けで口コミ評価No.2の『type女性の転職エージェント』 

type女性の転職エージェント

『type女性の転職エージェント』は、18年に渡り女性特化の転職サービスを運営しているので、他の企業よりも『女性のための求人』を多く保有しています。

他のエージェントは女性特化しているわけではないので、男女向けの求人が提供されていますが、女の転職typeで紹介される求人は、女性を採用したい企業の求人のみとなっているので利用すべきでしょう。 

公式ページ:https://type.woman-agent.jp/

やっぱり女性が多く働いている企業だと、安心感があります!
女性ならではの視点からサポートが受けられると結果にもつながりますよ!

もし出産後でワーママ転職を目指すのであれば、『リアルミーキャリア』『withwork』など時短ママ向けの求人のみを取り扱っている転職エージェントを複数利用する方が効率的です。 

2-7.【30代エンジニアに特化】おすすめ転職エージェント

エンジニア、IT業界の求人は常に人手不足で有効求人倍率が高くなっているため、エンジニア向けの転職エージェントが乱立しています。

そのなかで30代のエンジニアに特化した転職エージェントで押さえるべきものはどのエージェントなのでしょうか。

30代エンジニア向けの転職エージェントで口コミ評価の高い2社紹介します!

▶︎30代エンジニア向けで口コミ評価No.1の『レバテックキャリア』

レバテックキャリア

『レバテックキャリア』は、IT、Web業界に特化した転職エージェントで、エンジニア職やクリエイター職に強いです。

リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaエージェントなどの大手エージェントにもIT特化で人材紹介を行っている部署はありますが、IT業界のみの転職支援をしているレバテックキャリアの方が専門的な採用ノウハウが蓄積されています。

レバテックキャリアに登録すると、『エンジニア(PMやITコンサルタント含む)』『クリエイター(ディレクターやマーケター含む)』『クリエイターやエンジニアの実務未経験者』と入り口が分かれており、30代でIT業界の実務が浅い人でも相談が可能です。

ただし、レバテックキャリアの拠点は、渋谷、横浜、大阪、福岡のみとなっているので、保有求人も都心部に近いエリアが中心となるでしょう。

公式ページ:https://career.levtech.jp/

▶︎30代エンジニア向けで口コミ評価No.2の『ワークポート』 

ワークポート

『ワークポート』は、IT特化型の転職サービスからスタートした転職エージェントです。

IT分野からスタートしただけあって、IT分野を1番得意としています。

ワークポートでは、IT、インターネット、ゲーム業界に特化した求人が集まっているので、この業界に転職をしたいと考えているのであれば、ワークポートがおすすめです。

公式ページ:https://www.workport.co.jp/ 

 補足情報
12月中旬からIT業界の転職が活発傾向にあります。IT業界で転職を考えているのであれば、出遅れないためにもできるだけ早めに転職活動に取り掛かることをおすすめします。また、転職エージェントを利用して、自分の転職市場価値を調べるだけでも登録する価値はありますね。

3.30代の転職は何を軸にするべき? 

20代の頃は社会人経験が無く、ほとんどの方が同じスタートラインから仕事を始めるので

  • 『成長できる環境にあるか』
  • 『自分が興味を持てる分野の業界・職種か』
  • 『若くから大きな裁量を持ち働ける環境か』

ということを気にしながら転職活動をしてきたと思います。

それに比較すると、30代はより現実的に自分が生きていくための仕事は何か?という視点で転職先を探すことになるでしょう。

転職の軸を探すために、まずは以下のことを行いましょう。

まずは徹底的に自己分析!
自分なりの軸を見つけるためにも、まずは自己分析を徹底的に行うことから始めましょう。 

そもそも30代は仕事の経験が蓄積されて来たので、自分が何が好きなのか、どのようなことが得意なのか、余計に軸を定めにくい時期でもあります。

自己分析とは、自分の性格や行動特性を客観的に整理していく作業です。

ネットで無料の適性診断や性格診断があるので、気軽に診断を受けてみながら『自分はどういうときに頑張れるのだろう』『忍耐力はあるのかな?』『他の人より行動力があるのかな』など理解を深めていきましょう。

また、自分の適正年収も調べられるので、様々なサービスをうまく活用して自己分析を行ってみましょう。

たとえば、自己分析を行うツールとして以下のようなものがあります。

以下のツールは『doda』に登録すると全部無料で使えるので、ツールを使うだけでも登録する価値はありますね。 

自己分析を行えるツール一覧 

自己分析を行って、自分の理解を深められたら、『得意なことをもっと伸ばしていく』と決めることもひとつの転職の軸になります。

また、『不得意なことを30代のうちにつぶせる環境へ転職しよう』という考え方も立派な転職軸となります。

いきなり求人応募をするのではなく、自分はどんな人物であるのか?をしっかりと分析したうえで、『転職軸=転職活動で手に入れたいもの』の優先順位を決めていくことが重要です。 

転職エージェントに訪問してくる人の転職の軸を例としてご紹介しますと以下の通りです。

(例)女性の転職軸
  • 30代は結婚を視野に入れて働いていくとして、異性との出会いがあるか?
  • 結婚後も家庭と両立できそうな職場環境かどうか?
  • 特に結婚にこだわらず、男女関わらず、正当な評価をしてくれるキャリアアップ思考がある企業か?
  • 出産を控えていて育休後も働き続けられる制度が整っているか?
(例)男性の転職軸
  • 30代も結婚などのライフイベントにとらわれず、仕事中心でスキルを磨けるか?
  • 結婚や配偶者の出産、マイホームの購買を見据えて年収を重視できるか?
  • 20代でやり切れなかったことを30代で改めて挑戦できるか?
  • 子育て期に入ることを考え、男性でも育休を取りやすい企業やリモートしやすい環境などを選び家庭とのバランスを取れるか?

以上が男女別の転職軸の例です。

このように、男女でどのような転職軸にするかは大きく異なります。

  • 働き方(リモートや在宅、フレックス、時短できるか)
  • 年収(しっかり先を見据えて稼いでいけるか)
  • 経験を活かしてスキルをもっと磨く、業務上の専門性を高める(仕事内容を重視)
  • 育休や家族手当など福利厚生の充実度

転職軸をどこに定めるか、人によって大きく差が出てくるのが30代の転職のポイントと言えるでしょう。

4.30代の転職は何を企業に求められる?

30代の転職で企業から求められる人物像とは? 

企業が求める30代の人物像は以下の2点です。

  • 柔軟性があり自分で調べて新しい環境にどんどん順応していける人
  • マネジメント経験もしくは専門スキルがある人

どれだけ前職で良い経験を積んでいても、転職先のルールに合わせて素直にやり方を調整できない方は即戦力にはなれません

また、今までの企業では評価されていたことが、転職先ではまったく評価につながらないということも起きますし、同じ業界で転職をしても転職先で初めて対応することも多々あるでしょう。

その時に、『初心に返って地道に勉強ができるのか』、『時には年下の社員に教えてもらうなど素直になれるのか』、『受け身ではなく自分でキャッチアップしていけるか』という点が重要です。

今までの企業で、マネジメント経験がある方やしっかりと1つの分野でノウハウを身に付けている人も、それらのスキルは企業問わず必要とされるスキルのため、即戦力になりやすいでしょう。

30代の転職は柔軟性と吸収力が求められる

つまり、30代の転職活動において、企業から求められることは柔軟性と吸収力だと言えます。

複数の人事担当者の声を集めた結果、以下のことが30代に期待されていることが分かりました。

期待されている事
    • 成果、実績が残せるか
    • やる気
    • 自分で考えて自分で行動する=主体性
    • 基礎的なビジネスマナー(挨拶、名刺交換、ビジネスメール、時間を守る など)
  • 一生懸命さ、努力ができるか
  • 入社後の環境にすぐ適応していけるか
    • ストレス耐性があるか

上記を総合的に判断し、「すぐに成果を出してくれるか」「若者の見本になれるか」を期待して採用を行います。

30代のほとんどが、入社直後にすぐ力発揮をして売上に貢献してくれると期待されています。また、部下がすぐにつくこともあるので、若手の社員の尊敬できる上司になれるかがポイントです。

企業の人事担当者に「なぜ、30代ではなくて30代が良いのでしょうか?」と問いかけたところ、人事担当者は、以下のように言いました。

「30代や30代だとスキルや経験があるほど、自分なりの仕事の進め方がある。その知識・経験をうちの会社で活かせるかどうかが重要ですね。」

と答えました。

つまり、スキルや知識が備わっていて、新しい環境にもすぐに適応できる30代の人材が良いと判断しているのです。

逆手にとると、30代で社会人経験も長いのに柔軟さに欠けていて、扱いにくいと判断された人は企業から選ばれにくいということを理解しておくと良いでしょう。

5.30代で即戦力扱いになる人はどんな人?

30代で即戦力扱いになる人は? 

30代はポテンシャル採用と考える企業が多い中で、今後の伸びしろではなく、現時点での経験値を良しとされ即戦力採用になる人はどのような人なのでしょうか。

即戦力扱いということは、入社後の研修期間を短くし、1日でも早く実務に入り独り立ちできるということを指します。

このような即戦力扱いになれるかどうかは、いくつかのパターンがあるのでご紹介します。

即戦力になれる人材
  • ビジネスマナーがひと通り身についている人
  • 前職と同業界、同職種で転職をしている人
  • 自分で調べてすぐに行動ができる人

それでは1つずつ解説していきます。

▶︎社会人としてのビジネスマナーがひと通り身についている

30代の採用であえて新卒採用・第二新卒を行わず、30代の採用を積極的に行う企業が一定数存在します。

企業は30代の中途入社者に対して、ビジネスマナーがひと通り身についていることを当然としているからです。

ここで言うビジネスマナーは以下の通りです。

  • 電話応対
  • 名刺交換
  • ビジネス向きの服装や持ち物、化粧の仕方をわきまえているか
  • 言葉遣い
  • 週5日間きちんと時間を守って出勤できるか
  • 報連相ができるか

上記の基礎中の基礎が身についていれば、現場にすぐ出しても恥ずかしくない人だと判断してもらえるため、企業によっては当たり前のことですが、非常に重宝されるケースがあります。 

▶︎前職と同業界、同職種で転職をしている人

1社目の経験が人材業界の法人営業で、2社目も人材業界の法人営業であれば、基本的な営業の経験をそのままスライドできるので即戦力になるでしょう。

まったく同じ業界、職種でなくても類似した業界と職種への転職であれば数週間で独り立ちすることは可能です。

▶︎自分で調べてすぐに行動ができる人

企業の中途採用者は、新卒者のように数か月も時間を使って研修をしてくれる訳ではありません。

分からないことをすぐに聞くスタンスも重要ではあるものの、転職先の企業について自分で調べられることは自分で調べ上げ、失敗を恐れずどんどん行動に移していけるチャレンジ精神がある人は即戦力になりやすいです。 

つまり、若手に劣ることなく学んでいける人材を欲しがる企業が多いです。

新卒採用者には身についてないスキルがあるとないとでは大違いですよ!

ここでお伝えしたことを以下にまとめておきます。 
30代で即戦力として見られる人材

6.【必見!】転職エージェントを使うときは『年収交渉』をしてみよう!

30代の転職活動では、転職の基礎を学んだり、自己分析のサポートをしてもらうためにも転職エージェントを使うべきということが分かりました。

転職エージェントをよりプラスに使うために、『年収交渉』をしてみることも是非おすすめします。

30代前半の転職は、年齢が少し若いがゆえに過去の会社での実績が薄くなる傾向があります。

また実績や成果も数字で示せるのが好ましいです。

そのため、実績をもとに企業へ自分を売り込み年収アップをすることの難易度が高くなってしまうのです。

転職エージェントを利用するときは必ず希望年収を伝える 

少しでも年収アップの転職をするためには、転職エージェントを利用して企業と年収交渉をしてみましょう

交渉の仕方はとてもシンプルで、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに「~円の収入は確実に欲しいので、何とか年収交渉してもらえないか、年収交渉するためにはどのようなPRが必要か」と相談してみてください。

キャリアアドバイザーも複数の求職者と対応しているため、待っていれば勝手に年収交渉をしてくれるわけではありません。つまり、言わないと年収交渉を行いません。

前職年収、前職で自分なりに努力をして強みと思っていること、希望年収をセットでキャリアアドバイザーに伝えて年収交渉を依頼してみてください。 

もし、転職エージェントを使った年収アップ方法を詳しく知りたいのであれば、以下の記事を参考にしてください。

直接企業に年収交渉するのは少し気が引けるけど、キャリアアドバイザーになら相談しやすいです!
なるべく具体的にアピールポイントもあわせて伝えましょう!

7. 転職エージェントを使っても転職できなかったときの対処法

転職エージェントを使って転職ができなかったとしても、転職をする手段は他にもあります。

30代の転職で次なる手段として、おすすめしたいのは以下の2点です。

他の手段

7-1.転職サイトを利用する

転職エージェントに登録しても、「あなたに紹介できる求人はありません。」と言われてしまった場合、転職サイトから応募することをおすすめします。

ここでも口コミ評価の高い転職サイトに登録すれば間違いないと言っても過言ではありません。

それでは、口コミ評価が高い転職サイトを2社ご紹介します。

▶︎転職サイトで口コミ評価No.1の『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』は、転職サイト業界で圧倒的No.1の中途採用サイトです。

もちろん、採用決定数&登録会員数もズバ抜けてトップです。

求人数や求人の質、スカウト機能が充実しているため、転職活動においてリクナビNEXTを活用することは”転職の王道”と言われています。

30代で転職を考えているのであれば、転職エージェントは『マイナビエージェント』、転職サイトは『リクナビNEXT』に登録すれば転職の成功はほぼほぼ勝ち取れるでしょう。

公式ページ:https://next.rikunabi.com/

▶︎転職サイトで口コミ評価No.2の『転職サイトdoda』 

転職サイトdoda

『転職サイトdoda』は、リクナビNEXTに次いで求人数が多いです。また求人の質が高い転職サイトです。

転職サイトのため、キャリアアドバイザーがいないと思われがちですが、『転職サイトdoda』に登録すると、自動的に『dodaエージェント』に登録される仕組みになっています。

そのため、「はじめての転職活動で不安だなぁ…」という人であってもおすすめできる転職サイトです。

また、エージェントサービスは強制で使うわけではないので、一人で転職活動したくなったら外すことも可能です。

公式ページ:https://doda.jp/

7-2.公的に支援してもらえるサービスを利用する

転職エージェントは民間企業が国に申請を出して行う就職サポートの事業です。

転職エージェント以外にも、公的な就職支援サービスが多数存在しますので、並行して利用してみるのも最終手段として良いかもしれません。 

 

ハローワーク

ハローワーク 

公的な就職支援サービスの中でもっとも知名度が高いのがハローワークです。ハローワークの正式名称は公共職業安定所で、組織は以下のように位置づけられています。

厚生労働省からの指示を受け、都道府県労働局が地域の産業・雇用失業情勢に応じた雇用対策を展開しています。ハローワークはその窓口となっています。(引用元:厚生労働省ハローワーク

ハローワークは、民間企業である転職エージェントや転職サイトの利用でうまく就職できなかった人に対して、無料で開放されている公的な就職支援を行っている組織です。

就職支援だけでなく、雇用保険に関する手続きなども行っており、全国各地の市区町村に設置されています。ハローワークへの訪問、相談は予約不要でいつでも利用可能です。

ただし、仕事探しをするために利用するので、履歴書と職務経歴書を持参する方がより効率的でしょう。初回の訪問時に、求職申込書という用紙を提出してハローワークを利用するためのカードを発行してもらいます。

その手続きさえ終われば、いつでもハローワーク内のPC端末で求人検索ができ、ハローワーク経由で応募も可能です。

ハローワークに求人を出すことは無料なので、必ずしも優良企業の求人ばかりに出会えるわけではないので注意が必要です。

その理由は、極端な話ですが、採用費を出せないくらい赤字経営の企業でもハローワークには掲載出来ますし、派遣や契約社員の雇用形態の求人も混在しています。

ハローワークを利用するメリットとしては、地域に根差した中小企業の優良求人と出会える可能性があること、転職エージェントのように紹介手数料が発生しないため、無理に求人を押し付けられる心配がないことなどです。 

公式ページ:https://www.hellowork.go.jp/

ハローワークはメジャーだし、利用も簡単そうですね!

ただ本当にブラック企業とかも掲載しているみたいな噂も聞いてたので不安です…
利用しやすいですが、求人の内容を見極めることも大切ですね!

 

8.転職エージェントを使うときの全注意点

さいごにに転職エージェントをフル活用して、あなたの転職を成功させるための全注意点を紹介します。

「すべてを実践しろ」 とまでは言いませんが、なるべく実践するようにすると、転職エージェントを上手く活用することができて、良い転職になるでしょう。

転職エージェントを使うときの全注意点は以下の通りです。 

転職エージェントの全注意点一覧

それでは1つずつ、より詳しく解説していきます。

8-1.同じ企業の求人に複数の転職エージェントから応募しない

複数の転職エージェントに登録した際に、やりがちなのが同じ求人に応募してしまうことです。

同じ求人に複数の転職エージェントから応募することは絶対に避けましょう。

仕事内容と想定年収、休暇、福利厚生だけ見て応募してしまうのが多いと、同じ企業に応募していることに気づかないケースが多いので注意が必要です。

もし、同じ企業の求人に応募してしまうと、求人を保有している双方の転職エージェントから「他の転職エージェントからも応募が来てますよ。」と連絡が来てしまいます。

そうなると、企業と転職エージェントに不信感を与えてしまいます。

場合によっては、その企業に応募すらさせてもらえないこともあるため、企業に応募する際は慎重になるようにしましょう。

8-2.転職エージェント後の登録後はこまめに連絡を取る

転職エージェントとの連絡はこまめに返すようにしよう! 

転職エージェントに登録後は、担当のキャリアアドバイザーとこまめに連絡を取るようにしましょう。

キャリアアドバイザーは、企業から求人の依頼を受けると、その企業にピッタリの登録者を探して連絡していきます。

そこで知っておいて欲しいのが、「連絡を劣っている」=「転職意欲が低い」と判断されてしまうことです。

連絡を劣っていると、

・最新の求人を紹介してくれない

・後回しにされてしまう

上記のようなことになってしまい、転職までに時間がかかってしまいます。

なかには、「登録解除」をされてしまうことも無きにしも非ずです。

キャリアアドバイザーは、あなたが内定をもらえるように、必死になって転職のサポートを行います。

連絡が来てた場合には、「2日に1回」は必ず返すように心がけましょう。

8-3.転職時期は「今の会社よりもいいところが見つかれば」と伝えておく

あなたの担当のキャリアアドバイザーに、「今の会社よりもいいところが見つかれば転職を考えています」と転職意欲をアピールすることが大切です。

このように伝えることで、他の転職希望者よりも優先的に動いてくれたり、あなたにピッタリの求人をいち早く紹介してくれるようになります。

なぜかと言いますと、キャリアアドバイザーにもノルマ(売上目標)があるからです。

キャリアアドバイザーも、転職希望者の転職が早く決まれば、すぐに売上になります。

あなたに転職意欲があることをキャリアアドバイザーに伝えることで、

・あなたは「転職が早い段階で決まる」

・キャリアアドバイザーは「早く売上につながる」

お互いにWin-Winの関係になるため、事前に伝えておいて損はないでしょう。

転職エージェントの仕組みがわからない人は以下の記事を参考にしてください。

8-4.キャリアアドバイザーが合わなければ担当を変更する

キャリアアドバイザーは質にバラツキがあります。

たとえば、新人がいれば、ベテランがいたり、熱血系、消極系…などさまざま。なかには、同性がいい、異性がいい…などあるかと思います。

あなたが「このキャリアアドバイザーは合わない」と感じたら担当を変更してもらいましょう。担当の変更は大した問題になりません。

お互いに人間ですので、合わないのは合わないので仕方ないです。合わないと思ったら勇気を持って担当の変更をお願いしましょう。

念のため、事前に担当の変更のメールの文例を載せておきますね。

▼担当変更の文例

◯◯様

いつもお世話になっております。
<あなたのお名前>です。

現在、◯◯さんにご丁寧に転職のサポートをして頂いており、大変感謝しておりますが、私自身は転職活動がはじめてて不安も多く、他のキャリアアドバイザーのご意見もお伺いしたく思います。

もし可能であれば、私が志望している業界に詳しいキャリアアドバイザーとお話をさせて頂きたいです。

お忙しいところ、大変お手数おかけしてしまいますが、何卒よろしくお願い致します。

<あなたのお名前>

キャリアアドバイザーが合わないときの詳しい対処法を知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

8-5.経歴や資格、スキルは正直に伝える

キャリアアドバイザーとのキャリアカウンセリングを行う際に、あなたの情報を正直にすべて伝えましょう。

嘘の情報を伝えてしまうと、企業からの内定の取り消しのことはもちろん、転職エージェントはあなたを今後一切サポートしないようになってしまいます。

あらかじめ、あなたの正確な情報をしっかりと伝えるようにしましょう。

8-6.キャリアアドバイザーが企業に提出する「推薦文」を確認する

転職エージェント経由で転職活動を行うと、キャリアアドバイザーが企業にあなたの推薦文を書いて提出してくれます。

推薦文は必ず、あなたの目で確認することをオススメします。

なぜなら、キャリアアドバイザーのなかには、「〜のようで」「〜と言っているので」「〜やる気はあるので」などとひどい推薦文を書いていることがあるからです。

一番あってはならないのが、推薦文と面接時のあなたの発言が相違していることです。

そのため、面接の前に、「私が発言することと、推薦文の内容が異なるといけないので、私が今まで言っていたことを再確認するためにも、推薦文を見せて頂いてもよろしいでしょうか?」と声をかけるのもいいかもしれません。

8-7.自分に納得する企業が見つかるまで転職活動を続ける

転職活動において、一番やってはいけないことは「妥協」です。

キャリアアドバイザーが言うことのすべてが正しいとは限りません。

転職エージェントはあなたの転職が決まることで、企業から紹介手数料(売上)を受け取ります。

そのため、キャリアアドバイザーのなかには、紹介手数料を目当てに、あなたが望んでない企業であっても引き合わせる可能性もあります。

転職エージェントは、あくまであなたの転職活動をサポートするのが仕事です。

転職するのはあなた自身ですので、妥協せず、「ここで働きたい!」と思える企業が見つかるまで転職活動を続けるようにしましょう。

8-8.キャリアアドバイザーと良好な関係づくりを心がける

キャリアアドバイザーもあなたの転職が成功するように、サポートを行なっていきます。

そのため、あなたの態度が悪かったり、マナーが悪いと求人の紹介をしない場合があります。

もし、転職エージェント経由で入社が決まった企業で、あなたがトラブルを引き起こしてしまった場合に、責められてしまうのは転職エージェントです。

なので、感謝を伝えつつ、大人な対応を心がけるようにしましょう。

この章は長くなってしまったので、この章でお伝えしたことを以下にまとめておきます。

【まとめ】転職エージェントの利用メソッド 

9.30代で転職エージェントを使った人の口コミ一覧

30代で転職エージェントを使った人の口コミ

当サイトでは約3,000人以上からの口コミが寄せられています。

その中から30代で転職エージェントを使った人の口コミをピックアップしました。

口コミアイコン

マイナビエージェントの口コミ

評価:★★★★★5
数社のエージェント会社を利用したことがあるのだが、
担当の方が求人情報の裏側の情報であったり年収交渉を粘り強く行ってくれた。
恐らく成約してからの課金制なので他社のエージェントは「なんでも良いから制約させたい」
といった印象を受けるのだがこちらはそう出なかった。
個人的に
・残業が多いか
・年収の伸びはどうか
といった点が大きな判断材料なのだが、
直接企業側には聞きづらい点であるのでエージェントに相談したところ、
企業への確認はもちろんのこと過去の成約実績などからも情報提供してくれた。
最も嬉しかったのはその点を私が気にしているということを企業側には伝えず
情報収集してくれた点である。
それにより企業側に悪い印象を持たれずに選考に臨むことができた。
口コミアイコン

dodaの口コミ

評価:★★★★★5
転職の際にdodaエージェントサービスを利用しました。初めは期待はしておらず一応登録しておこうと思い入りましたが、実際に入ってみると担当の方がかなり親切で驚きました。
求人の紹介のお手伝いだけかと思っていましたが面接や履歴書、職務経歴書などのアドバイスをしてくれたりと本当に助かりました。
面接を受ける会社の情報も求人に記載されていないことも教えてくれてかなりありがたかったです。
気長に転職活動をしようと覚悟をしていましたが、かなりスムーズに進みおもっていたよりも早く決めることが出来ました。
dodaを利用して2週間後には面接まで進み、3週間後には新しい職場で働き始めることができたので自分でもかなりびっくりしました。
こちらからの質問も丁寧に受け答えてくれて分かりやすかったし、色々と動いてくれて感謝しています。
これから転職を考えている方はかなりおすすめです。
サポートが充実しているのでありがたさが実感できると思います。

30代で転職エージェントを使った人の口コミはもっと寄せられています。

さらに口コミを見たい人は《こちら》からTOPに飛んで見てみてくださいね。 

まとめ 

マイナビエージェントがNo.1

このページでは、30代におすすめの転職エージェントを状況別にお伝えしてきました。

30代で1番おすすめの転職エージェントは『マイナビエージェント』です。

間違いなく登録しておいて損はないエージェントです。

このページでご紹介した転職エージェントをフル活用して、転職を成功させましょう!

※利用する際は転職エージェントの全注意点もお読みくださいね。

ベストワークはあなたの転職が成功できることを祈ってます。

20代でおすすめな転職エージェントを知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

40代でおすすめな転職エージェントを知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ベストワーク編集長
.
転職サービスを利用したリアルな口コミをもとに転職サイト・エージェントを比較するサイト「Best Work」を運営。専門家のアドバイスやリサーチ会社による調査も活かし、転職希望者が理想とする働き方を実現できるよう、転職にまつわる記事コンテンツを掲載。Twitter(@bestworkk)

その他の記事一覧

記事カテゴリー