転職の失敗例から学ぶ転職成功術 | 転職エージェントの評判・口コミのBest Work

転職の失敗例から学ぶ転職成功術

転職の失敗例から学ぶ転職成功術の画像

  

目次

転職の失敗事例10パターン

新たな活躍の場を求め、厳しい転職活動を乗り越えてようやく内定を得たのに、働きだしたら後悔の嵐…。これでは、転職をする意味がありません。
実際、転職経験者のなかには「うまくいかなかった」と悔やむ人が意外と多いのです。

本記事では転職に関する主な失敗例を取り上げ、その原因をご紹介します。  

①「早まった!」新職場が決まる前に前職を退職し、後悔

転職を目指す理由のひとつに、現職(または前職)に不満があるから辞めたい、というのがあります。
「転職活動に集中したいから、もう辞める」と、次の転職先を決めずに退職する人がいますが、これはなるべく避けましょう。確かに時間的な余裕は生まれますが、金銭的余裕がなくなり、やがて精神的な余裕も奪われます

仕事を続けながら転職活動をするメリットは、いくつかあります。
生活費や転職活動費など資金面で不安がないこと、現職と比較しつつ自分の強みや働き方を考えられることなどです。
また、金銭的に余裕があれば、妥協をせずに新たな職を探せます。

病気や精神的・肉体的苦痛などよほどの理由がない限り、転職先の内定が出てから退職するほうが賢明でしょう。 

②「現実は違った!」仕事内容や条件が当初と異なり、後悔

入社前に聞いていた仕事内容や雇用条件が、入社後は違っていた、というのは意外とよくあります。たとえば、試用期間中は給与が下がる、入社後すぐに他部署に異動させられる、ときに休日出勤がある、といったことです。
とくに給与は、残業代や各種手当のつき方によって手取り額が変わるため、実際の支給方法を把握していないと、入社後大打撃に。

入社前は、企業側に仕事内容や各種条件をしっかりと確認し、”あいまいさ”をなくしておくべきです。 

③「合わない!」新職場の人間関係や社風になじめず、後悔

仕事内容や雇用条件は満足しているのに、「人間関係や社風が合わずにつらい」と、転職を悔いる人もいます。部内が独特の雰囲気で居場所がない、上司が年下で接しづらい、業務外交流が頻繁で気疲れするなど、悩みはさまざま。

会社員の場合、外回り担当でない限り、職場にいる時間が一日の大半を占めます。一緒に働く人々とうまくいかないと、働く気力さえ失われることも。

転職活動中は求人情報だけでなく、”社内事情”もなるべく調べてみましょう

現役社員(元社員)が書きこむ口コミサイトを見ると、リアルな社内事情が紹介されています。また、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーから聞き出すのも、ひとつの手です。 

④「やりがいがない!」現職から逃げたが先が見えず、後悔

「現職から逃げたい」という理由だけで、転職を目指すのはオススメできません。
今後自分はどう働いていくのかが見えないまま、次の会社に移ることになるからです。
働き方があやふやなまま転職しても、新たな仕事にもやりがいを見いだせず、周囲の人々とギャップを感じることも。

転職は本来、逃げるための手段ではなく、前進するためのチャレンジであるのが理想です。
「将来的にどう働きたいか」と、5年後10年後の自分を考えながら転職に臨めば、キャリアアップにつながるでしょう。 

⑤「戻りたい!」前職の方が働きやすくやりがいがあり、後悔

もし、現職に不満を感じていても、いったん落ち着いて転職をすべきか考えるべきです。たとえば、現職の給料や待遇が納得できなくても、転職して改善されるとは限りません。
転職経験者の話を聞くと、「古巣のほうが居心地がよく、仕事もおもしろかった」と言う人はけっこう多くいます。

ごくまれに出戻りを許してくれる企業はありますが、大抵は難しいのが現実。転職を考えるときは、「この転職は本当に必要?」としっかり見極めるのが大切です。 

⑥「面接失敗!」希望を伝えきれずに仕事に就き、後悔

面接は自分がどのように働きたいかを伝える場でもあるので、職種や待遇などに関する希望はきちんと述べるべき。しかし、緊張していたり、受かりたい一心で受けたりすると、その希望をうまく伝えられないことがあります。
その結果、内定を得て入社しても、本来やりたい業務に就けないことがあるのです。

年収などの待遇面も、内定欲しさで低く金額を提示すると、入社してから後悔することに。
面接では、伝えるべきことを前もってはっきりさせてから臨みましょう。 

⑦「やはり無理!」未経験なのに背伸びをして入社し、後悔

たとえば、ベンチャー企業などで幅広く業務に携わった経験があると、「未経験の業務でもできそう」と思うかもしれません。しかし、現実はそう甘くないもの。仕事に就いてみたら、力を発揮できずに挫折感を味わう可能性があります。

面接などでは、できることとできないことを明確に説明しましょう。できないことについては、できない理由を述べたうえで、それを補う方法などを提案すればよいのです。
そして、入社後は苦手分野や足りない要素をなくすように努めれば、スキルアップしていけます。 

⑧「仕事が退屈!」待遇に惹かれたが仕事が合わず、後悔

仕事のやりがいを求めて転職活動を始めたのに、次第に企業の知名度や給与などの待遇を重視しだす…。これは、よくあることです。その結果、憧れの大企業に入っても、本来求めていた仕事のやりがいや達成感を得られないという失敗パターンがあります。

転職活動では、「自分はなぜ転職したいのか?次の職場ではどういう働き方をしたいのか?」を考え、その思いを大切にすべき
働くうえでの優先順位や価値観は、人それぞれです。自分にとって大切なものを見極めずに転職をすると、必ず悔いることになります。 

⑨「この給与ムリ!」希望年収より低いが入社し、後悔

ようやく内定!でも、企業から提示された給与が予想以下の数字だったら、あなたはどうしますか?

たとえば、転職活動が長引いているときに内定が出たら、給与面には目をつむって「ここでいいか」と飛びつきたくなるもの。しかし、給与は生活に関わるものであり、働くモチベーションの維持にもつながります。妥協をすれば後悔することに。
安易にそのまま承諾せず、給与体系を確認しながら金額を交渉してみましょう。

入社後は基本的に決定事項を覆せないので、確認と金額交渉は内定後の両者意思確認で行うのがポイント
単に自分の希望額を伝えるのではなく、これまでの経験・スキル・キャリアを踏まえて希望額の根拠を伝えます
具体的に説明すれば、企業側も判断しやすくなり、交渉成功につながりやすくなるでしょう。 

⑩「レベルが高すぎ!」職場が優秀人材ばかりで、後悔

とくに、大企業や優良企業に転職した人にありがちな失敗が、”職場のレベルが高すぎてついていけない”というもの。これらの人気企業は新卒の就職活動でも厳しい選定が行われ、優秀な人材が多いのです(もちろん、そうでない人もいますが)。

企業と働く人とのレベル的なミスマッチは、主に2つの理由で発生します。
1つ目は、企業側の読みの甘さ。採用担当者は、応募者のスキルやキャリアを見て厳選しています。しかし、真の能力を完全に見抜くのは人材のプロでも難しいのです。
2つ目は、応募者が自分のスキルを見極めていないこと。その企業や仕事へのイメージを先行させ、内定を取ることだけを目標にしてしまうと失敗しがちです。

せっかく入社をしても、前向きな気持ちで働けなければ意味がありません。
上を目指すのはよいことですが、まずは自分の能力を冷静に分析し、生かせる職場を選びましょう。 

転職に失敗する人と成功する人の違いとは?

同じようなスキルやキャリアをもっていても、転職活動では成功する人と失敗する人に分かれます。では、結果を分ける理由は何でしょうか?
ここでは、転職成功者の特徴をあげつつ、失敗する人との違いをご説明します。 

①転職の志望動機がはっきりしている

転職の志望動機は、現職の不満を把握して解消し、今後はどういう働き方をしたいか、ということにつながります。
漠然と「今の会社が嫌だから」「会社(環境)を変えれば、不満が減りそう」と考えているだけでは、現状の問題を解決できません。不満を具体的に認識し、どういう環境なら解消できるかを考えて、志望動機を明確にしましょう
そうすれば、前向きな気持ちで働ける理想の職場が見えてくるはずです。 

②応募企業の選択基準にブレがない

転職活動を続けていると、各社の求人情報に記載された条件や待遇に惑わされることがあります。しかし、志望動機を踏まえて企業を選ぶなら、選択基準は決まってくるはずです。

たとえば、「新しいことに挑戦し、幅広く業務に携われる職場で働きたい」と思ったら、ベンチャー企業がよいかもしれません。

転職活動では、自己分析と企業研究が必須です。
安定した大手企業がいいけれど、中小企業でいろいろチャレンジもしてみたい…、といったあいまいな基準で企業を選ぶのはNG。自己分析と企業研究をしっかり行えないからです。
応募企業の選択基準ははっきり決めましょう。 

③優先条件と妥協してもよい条件を決めている

①②につうじる内容ですが、転職成功者は、”新たな職場でどのように働きたいか”=優先条件を明確にしています
同時に、自分が妥協できる条件も把握しているのです。

たとえば、優先条件を「金融業界」「年収500万円以上」「残業は月40時間以内」と決めたら、基本的にはこの3つを備えた求人から選びます。
”大企業”や”オフィスがきれい”といった魅力的な条件を持つ求人があっても、3つの優先条件が該当しなければ外すべき。

優先条件と妥協可能な条件が決まっていれば、企業選びは失敗しづらいのです。 

④辛くても続ける覚悟をもてる仕事に就く

優秀なビジネスパーソンたちを見ていると、”やりたいことを仕事にしている人”という印象があるかもしれません。もちろん、彼らは好きなことを仕事にしているのでしょう。しかしそれは同時に、辛いことを乗り越えて働き続けてきている、ということでもあります。

転職活動で新たな職を探すとき、「夢中になれる仕事か」「辛いことがあっても続けていける仕事か」を考えてみてください 

⑤複数の転職サービスを利用して積極的に行動する

転職成功者の多くは、複数の転職サイトや転職エージェントなどを併用しています。
転職活動は、いかに多くの求人情報や企業情報を得て、自分のセールスポイントを効果的にアピールできるかが重要に。

たとえば書類選考の通過率は、企業や応募者の年齢によって数字に差はありますが、平均すると約25%程度です。そのため、より多くの求人に応募して、内定獲得率を高める必要があります。
また、転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが求人紹介や応募管理、書類や面接の対策なども行ってくれるのです。

転職活動を効率よく進めたいなら、転職サービスの複数利用はマストでしょう。 

⑥内定後の意思確認で待遇(とくに給与)をしっかり確認する

「転職の失敗事例10パターン」の⑨でも述べたとおり、待遇、とくに給与は働くモチベーションに関わるので妥協すべきではありません。転職成功者は、納得できる待遇を確保したうえで新たな職場に移っています。

めでたく内定を確保できたら、内定後の両者意思確認時に、給与体系などを確認しましょう。場合によっては、交渉も必要です。
給与は、残業代や各種手当てを含むかどうかで、実際の支給額が大きく変わります。残業が少ない仕事なら、固定残業代が含まれた給与のほうが有利な場合があります。しかし、残業が多い場合は、残業代を別途支給されないと手取り給与が低くなる恐れがあるのです。
仕事のやりがいだけではなく、待遇面でも納得できて初めて、「転職が成功した」と言えます。待遇の確認・交渉はしっかり行いましょう

転職エージェントを利用して内定を得れば、この確認と交渉作業はエージェントが行ってくれるので便利です。 

まとめ

いかがでしたか?今回は、転職の失敗例から学ぶ転職成功術をご紹介しました。

転職とは、これまでの仕事をいったんリセットする大きな”転換”です。もちろん、スキルやキャリアは蓄積されますが、ゼロからリスタートを切るという覚悟をもって臨みましょう。

転職で失敗をすると、時間やキャリアをムダにする可能性があります
本記事でご紹介した失敗例を参考にして、ぜひ転職を成功させてください。 

その他の記事一覧

記事カテゴリー