面接で聞かれる質問・逆質問例と面接マナーについて | 転職エージェントの評判・口コミのBest Work

面接で聞かれる質問・逆質問例と面接マナーについて

面接で聞かれる質問・逆質問例と面接マナーについての画像

転職活動の面接は企業によって選考基準が異なるため、「これさえ押さえれば正解!」という明解な攻略方法はありません。
しかし、面接で聞かれる質問は想定できるので、自分の強みをどのようにアピールするのかを決めて”答え”を準備することはできます
本記事では、面接前にしておくべき心構えをご説明しながら、質問例と面接マナーをご紹介します。 

目次

 

必ず聞かれる質問・逆質問例

まずは、転職活動でよく聞かれる代表的な質問をまとめてご紹介しましょう。業界・業種の違いに関わらず、どの面接でも登場することが多い質問ばかりです。自分がアピールすべき答えを用意しておけば、面接の不安や緊張は軽減されます。 

シチュエーション別 質問50例

転職活動での面接は、初期の1~2次面接と役員・最終面接で、面接官が応募者に質問する目的が異なります。
1~2次面接は、採用・現場担当者が応募者の実務能力を確認するのが目的です。
そして、役員・最終面接では、経営陣が応募者の人格や志望意欲の高さ、貢献の可能性を判断します。
そこでここでは、1~2次面接編と役員面接・最終面接編に分けて、主な質問例をピックアップしました。

1~2次面接編

  面接序盤(自己紹介)
自己紹介をお願いします。
これまでの職務経歴を教えてください。

 面接中盤(仕事に関する質問)
前職(現職)の仕事に関する質問
・今(前職)の仕事の内容を教えてください。
・仕事上で扱ってきたのはどのような商品(もしくはサービスなど)ですか?
・これまでの業績や成功体験を教えてください。
・何か失敗をしたことはありますか?また、その経験で得たことは?
・転職したい理由を教えてください(なぜ、今の会社を辞めたいのですか?)。

 志望動機に関する質問
・どうして当社に応募されましたか?
・当社にはどのような印象をお持ちですか?
・当社の商品(またはサービス)を利用したことはありますか?
・あなたが企業を選ぶ基準を教えてください。
・希望されている職種を選んだ理由を教えてください。
・入社したらどのような仕事をしたいですか?
・当社があなたを採用するメリットは何でしょうか?
・当社以外で応募している企業はありますか? 

 条件に関する質問
・現在の年収と、今後の希望年収を教えてください。
・希望している勤務地はありますか?
・部署異動や職種変更が発生する可能性がありますが、大丈夫ですか?
・残業が発生した場合、対応できますか?
・将来、転勤になる可能性もありえますが、大丈夫ですか?
・出張などで土日に業務が発生する可能性がありますが、対応可能ですか? 

 応募者の思考や資格などに関する質問
・あなたの長所と短所を教えてください。
・仕事をするうえでのこだわりや大切にしていることは何ですか?
・資格や免許、特別な技能はお持ちですか?
・この仕事や業界を選んだ理由を教えてください。
・仕事においての将来の夢や展望をお聞かせください。 

 20代~30代前半の若い世代に向けた質問
・これまでの仕事で何を学びましたか?
・仕事以外で、最近気になるニュースや関心事などがありましたら教えてください。

 30代後半以降のキャリアがある世代に向けた質問
・マネジメント経験はありますか?
・部下や後輩への指導で心掛けていることは何ですか?
・募集部署の平均年齢が低く、年齢差を感じるかもしれませんが大丈夫ですか?
・多彩なご経験がありますが、新たな業務に取り組まれる点は大丈夫ですか?

 中小企業への転職でよく聞かれる質問
・当社の知名度は高くありませんが、応募された理由を教えてください。
・募集要項以外の業務も幅広くお願いする可能性がありますが、大丈夫ですか?

 課題を抱えている応募者への質問
・転職回数が多いようですが、その理由を教えてください。
・転職を重ねたうえで、得たものは何ですか?
・ブランクの期間がありますが、理由を教えてください。
・ブランクの期間は何をしていましたか?
・ブランク期間を経て、会社員として働こうと決心した理由を教えてください。
・これまでアルバイト(派遣社員)雇用だったようですが、理由を教えてください。
・なぜ、正社員(契約社員)を目指しているのですか?
・育児中とのことですが、お子さんは何歳ですか?
・出勤日にお子さんが熱を出された場合など、どのようにされますか?
・ご家族やご近所に育児を手助けしてくれる方はいますか?
・仕事復帰にあたって、ご家族はご理解されていますか?

役員面接・最終面接編

・改めて自己紹介と、当社を応募された理由を教えてください。
・あなたの成功体験と失敗体験を教えてください。
・当社があなたを採用するメリットは何でしょうか?
・当社に入社したら、どのような挑戦をされたいですか?
・業界で今話題になっている〇〇について、どう思われますか?
(もしくは、ライバルの■■社の□□というサービスについて、どう思われますか?) 

シチュエーション別 逆質問13例

転職活動の面接では、面接終盤に「何か質問はありますか?」と問われ、自分が面接官に”逆質問”をするシチュエーションがよくあります。ここで「とくにありません」と答えてしまうのはNG。逆質問は、面接官に自分の印象をよくする絶好の機会だからです。
面接官は、応募者の意欲とコミュニケーション能力、自社と応募者との相性を確かめるために逆質問をします
ここでも、1~2次面接編と役員面接・最終面接編に分けて逆質問例を取り上げましたので、ぜひ参考にしてください。

1~2次面接編

・御社で仕事をするうえで、重要なポイントをお教えいただけますか?
・もし内定をいただけた場合、入社までに勉強しておいたほうがよいことがあればお教えください。
・もし内定をいただけた場合、入社後はどのような流れで業務に携わるのでしょうか?
・もし内定をいただけた場合、責任あるポジションを目指したいと考えていますが、御社の評価制度や昇進制度をお教えください。
・御社でご活躍されている方々に共通している特徴は何でしょうか?
・中途入社者に対して、御社が期待されていることは何でしょうか?
・「このような考えで仕事に取り組んでほしい」というものがあればお教えください。
・御社では、他部署と交流を図ったり事業展開を行ったりすることはございますか?

役員面接・最終面接編

・会社を経営されるなかで、最も大切とお考えになっていることは何でしょうか?
・〇〇様(面接官の名前)がお考えになる、御社の魅力をお教えください。
・経営者というお立場を踏まえて、社員に求めることをお教えいただけますでしょうか?
・御社の今後の事業展開を、差し支えない範囲でお教えいただけますでしょうか?
・御社の〇〇の事業に、機会があればぜひ関わりたいと考えています。努力や実績を認めていただければ、プロジェクトへの参加は可能でしょうか? 

面接の準備とマナーについて 

面接は準備次第で合否が決まる!

転職活動において避けて通れない関門、それが面接です。企業によって面接の実施回数は異なりますが、面接なしで入社できる企業はほぼありません。
面接を受けるときは、誰しも緊張したり不安に感じたりするもの。しかし、準備をきちんとしていれば、前向きな気持ちで面接を受けられます。

以下が準備のポイントです。  

面接に必要は心構えは?
自分の強みを明確にしておくこと
面接は、自分の売りを最大限アピールする場です。そのために必要なのは、自分の職歴を振り返り、スキルやキャリアを踏まえて自分の強みを理解しておくこと
そこで、前述の質問例をもとに回答をつくってみましょう。
自分の強みを明確化しないと、質問に対して用意する回答に一貫性がなくなることがあります。自分のアピールポイントを理解できていれば、仮に想定外の質問が来ても、話す内容がぶれることなく答えられるはずです。

余裕をもって行動できるようにしておくこと
とくに1次面接の場合、大抵は面接会場(多くは応募先企業)に初めて行くことになります。焦って電車を乗り間違えたり、最寄り駅から面接会場まで意外と距離があったり…、ということもあり得ます。
そのため、必ず余裕をもって行動できるように準備をしておきましょう
交通手段や電車などの乗り方を調べ、最寄り駅から面接会場までの地図を用意し、当日は余裕をもって移動して早めに会場に着く。これだけでも心にゆとりが生まれ、落ち着いて面接に臨めます。

面接前日チェックリスト
面接では、企業から指定された物のほか、以下を準備しておくのがベストです。
遅くとも前日までには用意しておき、忘れないようにしておきましょう。

 A4サイズの書類が入るカバン
 履歴書・職務経歴書・志望動機書など、応募書類のコピー
 応募企業の募集要項や会社案内など(採用担当者の連絡先電話番号を含む)
 面接会場までのアクセス方法を記したもの(交通手段・会場までの地図)
 スマートフォンや携帯電話
 筆記用具・手帳
 腕時計(面接時はスマートフォンなどを見ることが難しいため)
 身分証明書(オフィス入館時に提示が必要な企業があり) 

面接の基本的なマナー

①時間
転職活動の面接で遅刻は厳禁です。どれだけスキルが高くキャリアがある人材でも、遅刻は大失点となります。そのため、面接会場には余裕をもって到着しましょう。
一方で、大幅に早く到着して受付をすると、面接担当者の仕事を中断させるなどの迷惑をかけます。目安としては、集合時間の10分前に指定場所に着くのがベストです。
また、交通事情などで万が一遅刻をしそうなときは、早めに連絡を入れましょう。
ただし、どのような理由にしても遅刻には変わりません。時間管理は社会人の常識なので、予期しないトラブルが発生しても遅刻しないように、余裕をもって行動してください。

②面接中のふるまい
面接中の言葉遣いと受け答え、聞く姿勢は、その人の印象を大きく左右します。
話す内容は立派でも、ビジネスマナーがなっていなければ、面接官に悪い印象を与えてしまいます。
以下のポイントに注意しましょう。

・一人称は「わたくし」を使う(「わたし」よりも丁寧)。「僕」「自分」などは使わないこと。
・敬語を使う。「~です」「~ます」と丁寧語で話すこと。
・語尾を伸ばしたり、「え~と」「あの~」「すごく」などの言葉を使ったりしないこと。
・面接官の質問が終わってから、しっかりと回答すること。
・ゆっくりはっきり大きな声で話すこと。
・質問に答える際は、結論や要点から話すこと。
 結論・要点→理由やエピソード→まとめ・結論を再度簡潔に
・面接官からの質問には、的確にわかりやすく答えること。
・聞く際には話している人のほうへ視線を向け、自分が話す際には面接官の目を見ながら明るい表情でハキハキと答えること。

③受付・入室・退出
面接は、面接官と話している時間だけ完璧にすればよいわけではありません。
面接開始前の受付時から、面接が終了して帰るときまで、採用担当者は応募者をチェックしています

面接会場に着いたら、入館前にコートをぬいできれいに折りたたみ、身だしなみを整えてください。受付では、自分の氏名と約束時間、面接担当者の名前をしっかりと伝えて、取り次ぎをお願いします。控室などにとおされたら、スマートフォンなどは見ないで、きちんとした姿勢で静かに待ちましょう。

入室時、名前を呼ばれたらドアをゆっくりノックします。返事が聞こえたら、「失礼します」とひと言断って部屋に入ってください。その後、氏名と面接の機会を与えられたお礼をひと言述べます。面接官から「どうぞ」と言われたら、着席しましょう。

退出時も入室時と同様に、丁寧に行動します。面接が終わったら「ありがとうございました」と感謝を伝え、退室前に「失礼します」と声をかけてから静かに部屋を出ます。また、帰る際の受付でも、ひと言お礼の言葉を残しましょう。

④面接後のお礼メールについて
転職活動の面接で、お礼メールは必要でしょうか?答えは、ケース・バイ・ケースです。
一般的に、お礼メールが採用結果に影響を与えることはあまりないと言われてはいますが、お礼メールが人事部や採用担当者によい印象を与えることはよくあります
たとえば、同じ条件の候補者が数人残った場合、よい印象を与えた人が有利になる可能性はあるのです。そのため、面接後のお礼メールはできれば送るほうが望ましいでしょう。

ただし、応募者が非常に多い企業の場合、採用担当者はお礼メールを確認する余裕がないので、あまり意味はありません。
規模が大きくない企業や、応募者数が多くない場合は、効果があるかもという程度で考えてください。

お礼メールは、内容を簡潔にまとめて書くのがおすすめです。感謝の意をシンプルに述べつつ、応募先企業への思いをひと言添えてください。 

面接時の身だしなみについて

転職の面接で求められる身だしなみは、”清潔感”と”TPOをわきまえた常識”です。
「私服で」「スーツ以外で」といった指定がなければ、基本的にはスーツで行きましょう。
初めての人と会うフォーマルな場なので、スーツはおとなしいデザインでシンプルかつ清潔感があるものがベストアパレル業界やクリエーターなど、個性やセンスを求められる業種でない限り、定番デザインのものが望ましいです。
ただし、新卒時に着るリクルートスーツは”新人”のイメージが強く、「頼りない」と感じられることがあるので避けてください

カバンはA4サイズの書類が入る大きさで、スーツ姿に合うデザインのものを選びます。面接の際は応募書類のコピーを持参し、面接時に企業から資料をもらう可能性もあるため、小さなカバンは向いてません。

腕時計も、スーツに合うシンプルなデザインのものを身に着けます。ひと目でブランド品とわかるような派手なデザインのものはやめましょう。

髪型は、幅広い世代に好感を持たれるヘアスタイルで。寝グセやフケ、極端な色の染髪はもってのほかです。
男性の場合、極端に髪が長いとだらしなく見えることがあるため、なるべく適度な短さにそろえ、ワックスやジェルなどで整えます
女性の場合、髪が長い人はまとめると、すっきりとして表情が明るく見えるのでおすすめです。

また、女性はメイクやネイルなどにも要注意です。華美にせず、顔色がきれいに見える落ち着いた上品なメイクにしましょう。普段はノーメイクの人も、面接ではある程度メイクをするのがビジネスマナーです。
爪はあまり長くせず、ネイルを塗る場合は薄いベージュやピンクの単色使いにしてください。 

面接結果を知らせる電話のスマートな対応方法

今後の流れをよくする電話対応の仕方

転職活動の面接結果は、電話でくることがあります(不採用の場合はほとんどがメールか郵送ですが、まれに電話連絡があり)。
通常は面接後の3日~1週間程度で結果が知らされますが、企業によっては2週間~1か月程度かかるかもしれません。
合否通知がくるタイミングは面接直後に案内されるはずですので、きちんと聞いておきましょう

電話連絡がきたら、合否に関わらず、まずは自分の名前を伝えてお礼を述べます。
次の面接に進む場合は、採用担当者から面接場所・集合時間・用意するものなどが伝えられるはずです。もしも、提示された日時が都合悪い場合は、
「大変申し訳ございません。その日はあいにく所用が入っており、日時をご変更いただくことは可能でしょうか?」
と丁重に申し出ましょう。
また、内定が出たときは再度お礼と喜びをしっかりと伝え、今後の流れを採用担当者に教えてもらいます
どちらも聞き漏れがないように、メモや手帳に要点を必ず記してください採用担当者から聞いた大切な要素は、電話口で復唱して確かめるのも必須です。 

悪い印象を与えない辞退の仕方

転職活動の状況によっては、次の面接や内定をキャンセル・辞退することがあるかもしれません。辞退を伝えるのはメールと電話のどちらでも問題ありませんが、電話のほうがより丁寧に伝わります。

辞退を申し出るとき、企業側に理由を詳しく伝える必要はありません。
「諸般の事情により、次回の選考を辞退させていだきます」
「一身上の都合により、内定を辞退させていただきたくご連絡いたしました」
と、簡潔に申し出れば大丈夫です。
続いて、これまで選考でお世話になったお礼とお詫びを、誠心誠意をもって丁寧に伝えます
もし、辞退の理由を聞かれたら、
「面接でお話を伺い、企業理解を深めるなかで、御社と自分の方向性の違いに気づいた」
「家庭の事情で、どうしても就業することが難しくなった」
といった内容で話せば問題ないはずです。
理由を詳しく説明する必要はありませんので、落ち着いて真摯な気持ちで伝えましょう。 

まとめ

いかがでしたか?
転職活動を成功させるうえで欠かせないのが、面接対策です。
本記事でご紹介した質問例をもとに、まずは自分のアピールポイントを明確にしてみてください。

面接対策を行うことは、キャリアの棚卸にもつながります。それは、今後の仕事人生においても必ず役立つ作業です。
ぜひ、自分の強みと弱みをしっかり把握して、どのような質問にも前向きに答えられるように準備をしましょう。 

その他の記事一覧

記事カテゴリー