30代におすすめの転職エージェント7社と利用方法 | 転職エージェントの評判・口コミのBest Work

30代におすすめの転職エージェント7社と利用方法

30代におすすめの転職エージェント7社と利用方法の画像

30代の転職は、転職後の仕事人生はもちろん、ライフスタイルにも大きな影響を与えます。
30代は企業からの期待値が高く、転職活動ではスキルや今までのキャリアで積んできた実績を求められるため、多くの求職者は厳しく感じる傾向があります。
その厳しい転職活動を成功させるうえで心強い味方になるのが、転職エージェント。
本記事では、30代におすすめの転職エージェントと、その利用方法をご紹介します。 

目次

30代におすすめの転職エージェント7社

求職者の年齢によって、企業が求めるものは異なります。とくに、30代の転職活動で問われるのは”即戦力”です。
20代はハングリー精神やポテンシャルの高さが評価につながることが多々あり、スキルや功績がない場合も転職成功率は高い結果に。
一方、30代はこれまで積み重ねてきたスキルや経験値が問われるため、企業が応募者を見る目は厳しくなります。

さらに言うならば、30代前半と30代後半では同じ30代でも求められるポイントが異なります
たとえば、20代に近い30歳の人と、40代に近い39歳の人を比較すると、キャリアに大差があるのは当然。
そのため、30代前半と30代後半が同じように転職活動をしても、結果も同じになるとは限らないのです。

具体的に、企業が30代の人材に求めるスキルや期待値は以下のとおりです。 

 30代前半
 即戦力があり、組織ですぐに活躍できる
 近い将来、業務の中核を担う人材として期待できる
 中長期的な視点を持って業務に取り組む能力がある
 業務改善などをとおして成長できる”吸収力”がある 

 30代後半
即戦力があり、組織ですぐに活躍できる
 組織をまとめる指導力と育成力がある
 利益に貢献できる知識・経験・人脈を持っている

上記のように、30代前半は将来的に業務の中核メンバーとなりそうな人材が求められ、30代後半は組織の経営に貢献できるような大きな力を問われます

当然、転職の難易度にも関わり、30代前半と30代後半では転職のハードルの高さは異なります。
企業にとって”若さ”は魅力。30代前半・後半ともに即戦力は求められますが、より将来性がある30代前半の方が、転職活動では企業から歓迎されやすいのです。
実際、当サイトに寄せられる読者の皆さんからの口コミを見ても、30代後半の人は前半の人より転職期間が長い傾向があり、「年収がダウンした」という体験談をよく目にします。
年収に関しては、もともと30代後半の方が高いので仕方がありませんが、それなりに高いスキルがなければ、平均以上の条件での転職は厳しいことを理解しておきましょう。

これらを踏まえて、転職活動を行う際には、転職エージェントの活用がおすすめです。
転職エージェントは、キャリアアドバイザーが各求職者につき、キャリアカウンセリングを行ったうえで求人(企業)を紹介してくれます(ヘッドハンティング型エージェントのなかには、キャリアアドバイザーがつかないところもあり)。
公開・非公開求人を紹介してくれるほか、応募書類の添削や面接対策、面接日程調整、年収・待遇交渉などを行ってくれるところもあります。

転職エージェントは数多くあり、エージェントごとに特徴や対象者は違います。
自分に合う転職エージェントに登録し、活用することが、”転職を成功させる近道”になるのです。

ここでは、当サイトが持っている転職エージェントに関する豊富な情報をもとに、各社を比較してランキング形式で転職エージェントをご紹介します。

以下、30代の前半と後半それぞれでおすすめな転職エージェントです。 

30代前半におすすめの転職エージェントランキング

 1位
マイナビエージェント

マイナビエージェントは、特に20代を中心とした若い求職者から支持されている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーだけでなく、企業への営業を行う”リクルーティングアドバイザー”も求職者をサポート。企業と密接な関係を築き、その企業が求める人材を知り尽くしたうえで、情報を求職者に展開してくれます。
企業側の求める人物像や、業務の特徴などを随時確認しているため、求職者と企業をつなげるマッチング力が強いのです。
応募書類の添削や面接対策もしっかりしているので、転職活動が初めての人にはぴったりでしょう。

詳細を見る

口コミを見る

 

 2位
type転職エージェント

ITエンジニア・営業職・企画職・メーカーの求人が特に豊富な転職エージェント。
カウンセリングから書類作成や面接に関するアドバイス、企業との面接日調整・年収交渉まで、丁寧にサポートしてくれます。
非公開求人(企業が公開していない求人。公開すると応募が殺到するような人気企業の求人や、条件がよい求人などが比較的多い)が求人全体の約80%を占め、求人の質がよいと評判。
主に一都三県を対象にしているので、地方在住者は利用しにくいですが、首都圏在住の求職者は利用する価値大です。 

詳細を見る口コミを見る

 

 3位
doda エージェントサービス

doda エージェントサービスは、主に30代のキャリア志向が強い人に向いている総合転職エージェントです。
他のエージェントと比較して、求職者へのサポートが手厚いのが特徴。
面談は求職者の希望に合わせて来社面談と電話面談のどちらでも対応してくれるため、就業中で忙しい人も利用しやすいと言われています。 

詳細を見る

口コミを見る 

30代後半におすすめの転職エージェントランキング

 1位
JACリクルートメント

管理・専門職・技術職、ミドル・ハイクラス向けの転職エージェントです。
総勢約650名のコンサルタントは、専門性が高い転職のプロたち。
国内大手・外資系・海外進出企業の求人と転職実績を数多く持ちます。たとえば英文レジュメ作成アドバイスなど、グローバル転職にも対応できる高レベルなサポート力が支持されています。

詳細を見る口コミを見る

 

 2位
リクルートエージェント

常に20万件前後という、業界最大級の非公開求人数を持つリクルートエージェント。
各業界に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を厳選して紹介してくれます。
また、他エージェントと比較して転職サポートが充実しているのも、大きな特徴。
提出書類の添削や、無料で行われる面接力向上セミナー対策のほか、独自に分析した業界・企業情報を提供してくれます。

詳細を見る

口コミを見る 

 

 3位
パソナキャリア

2019年のオリコン顧客満足度調査において、転職エージェント第1位を獲得。
2018年時点では、転職者の年収アップ率が67.1%を記録し、他サービスと比較しても”成功”している人が多いエージェントと言えます。
取引実績は16,000社以上もあり、専任アドバイザーから幅広い案件を多く紹介してもらえるので、ぜひ登録しておきたいサービスです。

詳細を見る

口コミを見る 

 

また、同じ30代でも男性と女性では、使いやすい転職エージェントが異なります
男性は職種や仕事内容、働き方を選ぶ際に、自分の意思を優先しやすいでしょう。
しかし女性は、結婚・出産などのライブイベントが働き方に大きく影響します。
今後の生き方を考えつつ、転職活動をすべきなのです。

ここでは、男女別におすすめの転職エージェントをピックアップしました。
女性におすすめのエージェントは、女性のキャリア形成に理解があり、時短OK求人・福利厚生充実求人などを多く保有するところです。ぜひ、参考にしてみてください。 

30代男性におすすめの転職エージェント

 リクルートエージェント
 type転職エージェント
 マイナビエージェント

30代女性におすすめの転職エージェント

 doda エージェントサービス
 type 女性の転職Agent 
※「type転職エージェント」の女性に特化したサービス
 パソナキャリア 

30代で転職する理由は?

30代(特に前半)は、転職が有利に進みやすいラストチャンスの年代でもあります。さらに言えば、40代以降の転職は厳しいのが現状です。
では、30代が転職すべき”理由”とは何でしょうか?
30代の転職のメリット・デメリットをみていきましょう。

30代で転職するメリットは、今まで培ってきたスキルやキャリアが認められやすく、即戦力として採用につながりやすいこと
20代に比べるとスキルやキャリアを持ち、人によってはマネジメント力も評価されます。
40代以降に比べると年齢的に若いため、この先も業務の中核を担う人材として期待されます。

30代で転職するデメリットは、20代に比べて新たな挑戦がしづらいこと
20代は、スキルやキャリアが足りなくても、若さならではの吸収力や瞬発力で未経験分野に挑めます。
しかし、30代は即戦力を求められるゆえに、未経験分野へのハードルが難しくなります。

では、30代の転職は不利なのでしょうか?
例えば、当サイトの編集部にも以下のような質問がよく届きます。

「すでに転職を2度経験しているが、選考で不利になる?」
今までのキャリアと異なる業種に転職したいが、もう遅い?」
「この年でまだ管理職経験がないが、大丈夫?」

年齢は確かに、採用基準に関わってきます。また、スキルや経験が足りないと不利にはなります。
しかし、自分のキャリアを分析し、これまでの経験で得たスキルを効果的にアピールすれば、その経験値が企業に認められるのです。
たとえば、管理職経験がなくても、後輩や新人の指導を担当したことがあれば、マネジメント経験としてアピールできます。その経験をとおして得たスキルと、自分が応募先企業に「どんな貢献ができるのか?」を意識して提案すればよいのです。 

企業への提案力を得て、30代求職者のデメリットをメリットに変えること。それには、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントを使って転職を成功させるポイント

転職エージェントを活用するメリットは、転職に役立つサポートを受けられること、最適な求人を紹介してもらえること。とくに転職サポートでは、求職者が自分を企業にどう売り込めばよいのかを知ることができます。

先に述べたとおり、自分が企業にどんな貢献をできると提案するためには、自分の売り込み方を知る必要があります。そのため、転職エージェントの活用が望ましいのです。

そのうえで、以下の3つが転職を成功に導くポイントです。 

自身の経験・スキルを確認する

求職者が応募企業に「どんな貢献ができるのか?」を提案するには、自身の経験・スキルを確認=キャリアの棚卸をすることが必要です。

転職活動時には、職務経歴書を作成します(転職エージェントが作成してくれる場合もあります)。
新卒から現在に至るまで、企業・所属部署・担当業務を書き出し、その業務で身につけた専門能力を可視化していきましょう。そうすることで、自分が企業にどんな貢献を提案できるかが見えてきます。 

条件を絞りすぎず転職活動をする

仕事内容・給与・待遇・勤務地…、転職する際に考える条件は複数あります。
理想的なのはこれらの条件が全て納得できる求人でしょうが、そんなに都合よい案件は簡単には出合えません。
全てを満たそうとして条件を絞りすぎないようにし、自分が譲れない条件は何か、を考えてみましょう。
条件に優先順位をつけ、自分がこだわりたいものを整理することで、応募すべき求人の数がグッと増えるはずです。 

転職エージェントを複数利用する

転職エージェントは、ぜひ複数社利用しましょう
各社ごとに必要書類を用意したり、それぞれやり取りしたりするため、面倒ではありますが、転職活動は効率的になります。
その理由は…、

 目的によって転職エージェントを使い分けられる
先に述べたとおり、転職エージェントはそれぞれ、特徴が異なります。
求人数が豊富なエージェント、業界や職種に特化したエージェント、面接・書類対策などが万全なエージェントと、各社の特徴を生かして活用してください。

 自分に合うアドバイザーに出会える
キャリアアドバイザーのよしあしや求職者との相性次第で、転職活動はかなり変わるものです。提案力がないアドバイザーが担当につくと、紹介される求人の質や数は落ちます。
そこで、複数の転職エージェントを利用すれば、自分と相性のよい優秀なアドバイザーに出会える確率が高まります。

 求人の選択肢が広がり、非公開求人を多くカバーできる
複数社の転職エージェントを活用することで、入手できる求人数が格段に増えます。また、各社が持っている魅力的な非公開求人情報も多く入手できます。

以上、①~③のポイントを実践しつつ、転職エージェントを活用しましょう。 

まとめ

いかがでしたか?
30代の転職は進め方次第で、成功・失敗に大きく関わってきます。
ぜひ、自身に合った転職エージェントを活用し、企業へ効果的に売り込みましょう。 
30代前半におすすめの転職エージェントは、マイナビエージェント、type転職エージェント、doda エージェントサービスなど。
そして、30代後半におすすめなのが、JACリクルートメント、リクルートエージェント、パソナキャリアなど。
できれば複数社を利用し、サポートを最大限受けて転職を成功させましょう!

その他の記事一覧

記事カテゴリー