20代が登録すべき転職エージェントは?登録して損ないオススメ7選! | 転職エージェント | 転職エージェントの評判・口コミのBest Work

20代が登録すべき転職エージェントは?登録して損ないオススメ7選!

20代が登録すべき転職エージェントは?登録して損ないオススメ7選!の画像

20代で転職をするとなるとどんな転職活動の仕方を選びますか?


・転職サイトを利用する
・転職エージェントを利用する
・ハローワークを利用する
・求人誌から応募する
・知人に紹介してもらう


など方法は様々です。


結果的に自分が望むような会社に転職できればいいわけですから、どの方法を使って転職活動をしても間違いではありませんし、正解でもありません。


ただ、注意をしないといけないのは 転職活動の仕方を間違えてしまうと、本当に最悪なことになりかねないということです。


転職したのに「あ、この会社間違えた」なんて1年で再度転職することになったら、自分の経歴を汚すことになってしまい、次回以降の転職では不利になることも少なくありません。


せっかく時間をかけて自分のキャリアアップのために転職するんですから、どんな方法があって、どんなメリット、デメリットがあるかしっかり把握しておくことがとても大事です。


転職業界に長く携わってるからこそ言えるポイントをわかりやすく解説していきますので、これからの転職活動の参考にして頂ければ幸いです。


【目次】

1.なぜ転職エージェントを利用しないといけないのか

転職活動をするのであれば 『必ず大手の転職エージェントを利用すること』 と断言できます。

でもなぜ転職エージェントを利用すべきなのか…
それは 社会人経験が浅い20代は自分の価値を知らないからです。

転職で最も大事なのは自分の市場価値をしっかり把握したうえで、転職活動をすることであって、 これが年収アップにつながっていくのです。

市場価値が高いのに、自分の価値に見合わない会社に転職してしまうと年収アップもしづらくなってしまいますし、今後のキャリアアップが遅くなってしまう可能性もあります。

転職エージェントが優れているところは 『求職者の市場価値を探り、それにあった求人を紹介してくれる』点なんです。

転職サイトやハローワークなどは自力で応募、面接をしないといけないために一番重要な『自分の価値を探る』という点が欠けてしまいます。自己分析は非常に面倒ですし、自分の嫌な部分も探らないといけない為に自力でやるのはハードルが高いんです。

転職エージェントを利用すれば、転職活動のすべてのフェーズにおいてフォローをしてもらえるので、間違いなく使うべきサービスと言えます。

転職エージェントを利用すべきポイント

◆『自分の市場価値』を導いてくれる
◆転職活動のすべてにおいてサポートしてくれる
◆自分にあった求人のみを紹介してくれる
◆自力でやるよりも圧倒的にいい会社に巡り合える

 

目的別で選ぶ転職エージェント

「転職エージェントってどこでもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、各社特徴や強みが違うために自分に合わせたエージェントを選ぶことが大事になってきます。

まずは、 実際の利用者からも業界人から見ても評価の高い転職エージェントを3社紹介します。 (社会人3年未満の社会人に特にオススメできます!!)

 

誰にでもオススメできるエージェント

1社目は、 「マイナビエージェント」 です。 

マイナビエージェントの詳細はコチラ >>

マイナビエージェント

マイナビエージェントの詳細

マイナビエージェントはリクルートエージェントやDODAと比べると規模は少し小さくなりますが、その分求職者1人1人に対してのフォローは手厚く、利用者満足度が最も高いエージェントと断言できます。

マイナビエージェントの特徴

利用者満足度が圧倒的に高い
独占求人を数多く保有している
◆社風が落ち着いているので 転職初心者・女性にもオススメできる

 

もう1社は、 「パソナキャリア」 です。

パソナキャリアの詳細はコチラ >>

パソナキャリア

パソナキャリアの詳細

パソナキャリアの特徴も同じく、カウンセリングがとっても丁寧のため転職初めての方にオススメできるエージェントなんです。

また首都圏の会社とのつながりも強いために、パソナキャリアだけが保有している独占求人も多く、同じ求人にエントリーするライバルが少ないために決まりやすいと言われています。

パソナキャリアの特徴
優良企業の独占求人が多い!
◆キャリアアドバイザーのマッチング力が高い!
◆特に 首都圏の転職に強い

 

3つ目のエージェントは、 アイデムスマートエージェント  です。

アイデムスマートエージェント

アイデムエージェントの詳細 

アイデムスマートエージェンは、知名度も高くありませんし、求人数も大手と比べると多くありません。しかし 40年以上広告業に携わってきた経験から独自のノウハウ を持ち選りすぐりの求人を扱うエージェントとして知られています。そして特に、20代の転職に特に強いと評判です。

また知名度が低いので登録者も多くなく、 選考通過率も高いと言われており、実際に利用した人からは 「穴場的な転職エージェント」 と言われることもあります。転職活動をするときはこういった穴場なエージェントは大手とは異なった求人を抱えているので、要チェックです!

アイデムスマートエージェントの特徴
25万社以上の企業とのネットワーク! 
◆広告事業40年年以上にわたり運営している 
◆転職エージェントの 穴場的な存在

担当となるキャリアカウンセラーの年齢も30歳前後と若い!…という声も聞こえます。年齢が近ければ話しやすい反面、事業開始からまだ年数が浅いこともあり、経験豊富なサポートを求めるミドル/シニア層の方々にはあまりオススメできません。

その分、アイデム従来の求人ネットワークと親和性の高い若年層の転職支援に期待できるので、20代ならばぜひ登録しましょう!


アイデムエージェント公式HP

 

転職が初めての人や自分の市場価値がわからない人は『カウンセリングが丁寧』なエージェントを選んでください。

逆に求人数が多いが、カウンセリングにそこまで力を入れていないエージェントを選んでしまうと求人だけが手元にあふれてしまい、迷うだけでなかなか決めきれない可能性も出てきます。

それから、カウンセリングが丁寧だからと言って 個人のエージェントを選ぶのはオススメできません。

小規模や個人のエージェントは大手に比べると売上に走る傾向が強いために、無理に転職を決めさせようとするエージェントもいます。 大手を選ぶことも転職成功へのカギとなると言っても過言ではありません。

 

社会人3年以上で使うべきエージェント

3年以上の社会人経験があっても、転職が初めての方やしっかりエージェントと相談をして決めたい場合は「マイナビエージェント」や「パソナキャリア」がオススメです。

逆に自己分析はしっかりできているから、 より多くの求人を紹介してもらいたいという方にオススメ きるのは2社になります。

まずは、「DODAエージェント」 です。

DODAエージェントの詳細はコチラ >>

DODAエージェント

DODAエージェントの詳細

業界ではトップ2に入る転職エージェントです。流れ作業的な登録面談があるとも言われていますが、登録者が多い中で転職成功見込みが立たない希望者に時間を割かない傾向にあるのでしょう。

ただ、最大手のエージェントですので紹介される求人数は多いことで有名です。転職複数回目で「少しでも多くの求人から選びたい」という方には向いているでしょう。

DODAエージェントの特徴
◆転職ノウハウ、転職サポートが充実
◆紹介される求人数が他社よりも多い

 

もう1社は、 「リクルートエージェント」 と答えます。

リクルートエージェントの詳細はコチラ >>

リクルートエージェント

リクルートエージェントの詳細

リクルートエージェントは知名度No,1と言って間違いないエージェントでしょう。エージェントからの対応の評価は分かれるのが正直なところですが、求人数はトップクラスだと考えて間違いありません。

 

リクルートエージェントの特徴
◆求人数は業界トップクラス!
転職成功実績No,1

 

アルバイト&フリーターから正社員を目指す

アルバイトやフリーターの方が転職エージェントを利用する場合には注意が必要です。

上記で紹介したエージェントの場合、相手にされない可能性があるので必ず、 アルバイト、フリーター、第二新卒に強いエージェント を選びましょう。

 

まずは、 「ハタラクティブ」 です。

ハタラクティブの詳細はコチラ >>

ハタラクティブ

ハタラクティブの詳細

ハタラクティブはフリーターやアルバイトからの正社員転職を得意としているエージェントです。80.4%の正社員成功率を誇っており、60,000人以上をサポートしているなど実績は十分です。

ハタラクティブの特徴
◆20代のフリーター・アルバイトに特化
正社員成功率は80.4%と高い実績がある

 

もう一つは、 「ジェイック」 です。

ジェイックの詳細はコチラ >>

ジェイック

ジェイックの詳細

ジェイックは20代の転職。就職に力を入れているエージェントです。就職するための講座なども充実しているために正社員経験がない人でも安心して登録することができます。

ジェイックの特徴
未経験から正社員を目指せる
◆就活講座や面接対策などが充実

 

各エージェントを表で比べてみた

まずは、基礎情報(エリア、公開求人数・非公開求人数)で各社を比べてみました。 

【2018年5月15日更新】(BESTWORK調べ)

会社名 エリア 公開求人 非公開求人
マイナビエージェント
詳細 はこちら
全国 6,726件 23,000件
パソナキャリア
詳細 はこちら
全国 19,014件 27,427件
Aidem Smart Agent
詳細 はこちら
東京・神奈川
・千葉・埼玉
1,898件 非公開
type転職エージェント
詳細 はこちら
東京・神奈川
・千葉・埼玉
8,500件 7,500件
DODAエージェントサービス
詳細 はこちら
全国 35,000件 100,000件
リクルートエージェント
詳細 はこちら
全国 37,500件 150,000件
ハタラクティブ
詳細 はこちら
東京・神奈川等 非公開 非公開
ジェイック
詳細 はこちら
全国 非公開 非公開

次に、口コミ評判で比べてみました。

【2018年5月15日更新】(BESTWORK調べ)

会社名 総合満足度
マイナビエージェント
詳細はこちら
満足度4点/5点満点
3.99点
(口コミ 53件)
詳細
見る
パソナキャリア
詳細はこちら
満足度4点/5点満点
3.89点
(口コミ 60件)
詳細
見る
Aidem Smart Agent
詳細はこちら
満足度3点/5点満点
3.32点
(口コミ 21件)
詳細
見る
type転職エージェント
詳細はこちら
満足度3点/5点満点
3.34点
(口コミ 49件)
詳細
見る
DODAエージェントサービス
詳細はこちら
満足度3点/5点満点
3.42点
(口コミ 83件)
詳細
見る
リクルートエージェント
詳細はこちら
満足度3点/5点満点
3.63点
(口コミ 106件)
詳細
見る
ハタラクティブ
詳細はこちら
満足度3点/5点満点
3.13点
(口コミ 59件)
詳細
見る

詳細はこちら
満足度3点/5点満点
3.18点
(口コミ 45件)
詳細
見る

実際の利用者がどんな評価をしているかとっても大事になってきますので、登録前にチェックしてみるのがいいでしょう!

 

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントはメリットだけではありません。しっかりとデメリットも理解することによってより効率的に転職活動を行うことができます。

まずはメリットから。

メリット
◆求人探しから面接設定までしてくれる
◆現時点での『市場価値』を教えてくれる
◆自分では出会えない会社を紹介してくれる
◆転職活動期間が圧倒的に短くなる
◆転職を失敗する可能性が低くなる

 

デメリット
◆利益優先で求職者のことを考えない人もいる
◆合わない会社でもゴリ押ししてくる可能性がある
◆見切られたら紹介されない可能性がある
◆ウソをつくと転職してから後悔する

ざっと書いてみました。転職エージェントを使うデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いのですが、気を付けなければいけない点があります。

それは 「エージェントの手のひらで転がされない」ことです。

転職エージェントも全員が全員優秀な人ではありません。人間ですから自分の成績を優先して、あまり合っていない会社であってもゴリ押しして決めてこようとするケースもあります。

その場合にはどうしたらいいのでしょうか?

 

転職エージェントを利用するときの注意点

転職エージェントを使う際にもっとも大事なことが 『こちら側が転職エージェントを見極める』 ということです。

言われたことを全て信じるのではなく、「このエージェント本当に信用していいのか?」「紹介された仕事は本当に自分の思い描いている仕事なのか?」など疑問を持つことが大事になってきます。

こういった失敗をしないためにも、 転職エージェントを利用する際は3社以上に登録をして見極めながら使う必要があるんです。

上記の紹介したエージェントが全員に当てはまるわけではありません。ほかの人が絶賛しているエージェントでも登録してみたら、「あれ?」と思うこともあり得ます。

3社登録をしておけば、エージェントも比べることができますし、求人も比べることができるので、より転職が成功する確率が高まっていくと言えます。

それから、エージェントには必ず本音で話しましょう。年収がいくらほしいと決まっているのであれば「年収○○○万円ほしいです!」と。また、見栄を張る必要も全くありません。見栄を張っても何もいいことはありませんから、「できないものはできない」とはっきり伝えることが大事です。

エージェントを活用するときのポイント

◆3社以上のエージェントに登録する
◆ダメなエージェントがあった場合追加して登録をする
◆見極めて自分の転職成功に一番近そうなエージェントをメインで使う
◆条件はすべて正直に伝える

 

まとめ

転職エージェントは、転職活動をするうえでとっても有効な手段です。1人での活動には限界がありますし、時間もかかり精神的にも負担が大きいものです。

エージェントを利用することで、より自分が目指すキャリアに一番良い会社を紹介してくれますので、登録しないで転職活動をするということは避けた方が良いでしょう。

但し、エージェントのいうことを全て信じるというスタンスよりも、 こちら側が見極めながら一番合っているエージェントを活用していくと転職成功しやすいでしょう。

 

20代の転職を成功させるための3つのポイント

「20代のうちにもっと経験を積みたい」
「実際に仕事をしてみて、挑戦してみたいことが見つかった」
「新卒で入社した会社が合わなかった」
など、さまざまな理由で20代のうちに転職を目指す人は少なくありません。

しかし20代での転職となると「はじめての転職」という人も多く、具体的にどのようにしたら成功するのか不安を覚える人も多いでしょう。

そこで本記事では、20代の転職を成功させるためのポイントの解説や、よく聞かれる20代の転職の悩みについてお答えしていきます。 

まずは20代での転職を成功させるために、押さえておきたい3つのポイントをご紹介していきます。

 

仕事を続けながら転職活動を行っている

1つめのポイントは、仕事を続けながら転職活動を行っているという点です。

転職を決意すると、転職先が決まる前に勢いで退職してしまう人も中にはいるのですが、リスクが高いので注意が必要です。

転職活動にかかる期間は平均で3〜6カ月程度と言われており、いつ転職活動が終わるか明確ではありません。転職活動中に収入がなくなるのは、経済的にも精神的にも厳しさがあります。

また仕事を辞めてから転職活動をスタートすると、早く転職を決めたいと妥協してしまい、結果的に入社後の短期離職につながってしまうケースも珍しくありません。

以上のことから、仕事を続けながら転職活動を行う方が、気持ちと経済的な余裕を保てるため、最終的に納得のいく転職活動となりやすい傾向があります。

 

履歴書や職務経歴書が魅力的になっている

2つめのポイントは、履歴書や職務経歴書が魅力的になっているという点です。このポイントには、2つの要素があります。 

(1)アピールできる実績や経験があるか

まず大切なのは、実際に魅力的と言えるような実績や経験があるかということ。

新卒の採用試験ではこれからのポテンシャルで評価されますが、転職では、主に実際の仕事経験で評価されます。

転職先でどのようにこれまでの経験を活かしたいのか、あなたが転職することによってその企業にどのようなメリットがもたらされるのか、といった観点でアピールすることが求められます。 

(2)魅力として感じてもらえるような伝え方ができているか

もう1つの要素は、あなたの経験などを魅力として感じてもらえる伝え方ができているのか、という点です。

業務内容について誰が読んでもわかるように説明できているか、具体的な数字や評価を盛り込んでいるか、といった点に注意が必要です。

「何が転職先にとって魅力になるのかわからない」という方は、転職エージェントのキャリアアドバイザーにアドバイスをもらいながら、転職活動を進めるのがおすすめです。

 

転職エージェントを効率的に活用している

3つめのポイントは、転職エージェントなどを効率的に活用しているという点です。

仕事をしながらの転職では、転職活動に割ける時間はどうしても限られます。しかし転職エージェントを利用すれば、効率良く転職活動を進めることが可能です。

具体的には2つの点で効率化が図れます。 

(1)企業との面接日程をあなたに代わって調整してくれる

転職エージェントは、転職者と企業を仲介するサービス。面接日程の調整なども転職エージェントが間に入って行ってくれます。

直接応募した場合はこうした日程調整は自分で行うため、手間がかかります。

一方、転職エージェント経由の場合には、事前に候補日を伝えておけば細かな調整は転職エージェントにお任せできます。 

(2)応募書類添削や面接対策を行ってくれる

もう1点、効率化という観点でメリットがあるのが、応募書類添削や面接対策を
実施してくれるという点です。

転職エージェントは過去の紹介実績などに基づいて、どのようなアピールが効果的であるか、過去の面接でどのような質問がされたかといった情報をストックしています。こうした情報は自分だけで転職活動を進める場合、なかなか自分で情報を集めるのは難しいでしょう。

転職エージェントを利用することで選考上重要な情報を手に入れ、勘所を押さえて転職活動を進められるため、効率が良いと言えます。

 

まとめ

20代での転職活動は、仕事を続けながら、専門知識のある転職エージェントの力を借りることがおすすめです。

客観的にあなたのこれまでの経験をどのようにアピールすると効果的か、企業側の目線でアドバイスをもらえます。

手探りで自分だけで転職活動を進めるよりも圧倒的に効率が良くなるので、まずはいくつかの転職エージェントに登録してみましょう。

 

転職成功のために解決したい!20代の転職の悩み5選

次に20代での転職を成功させるために、よくあげられる20代の転職の悩みを解決していきましょう。 

転職回数について一般的に何回まで大丈夫か

一概に言えないところはありますが、2〜3回以上になると転職回数が多いと感じられる場合が多いでしょう。中には「転職回数●回まで」というかたちで、応募を制限している場合もあります。

転職回数を気にする企業側の懸念点は、「自社に入社してもすぐ辞めてしまうのでは?」という点

転職回数が多い方は、企業側の心配を払拭できるよう、説得力のある転職理由を伝えられるように心がけましょう。 

転職のタイミングはいつ頃がいいか

転職で実現したいことによって、良い転職のタイミングは異なります。

(1)未経験職種や業界にチャレンジしたい場合

第二新卒(入社1〜3年目)から遅くとも入社4〜5年未満までを目安にすると良いでしょう。いずれのタイミングが好まれるかは、企業によって異なります。

第二新卒が好まれる場合に期待されていることは、まだ1社目に染まりきっていない柔軟さや、新卒同様のポテンシャルということが多いです。

第二新卒を積極的に採用する企業には、優良企業であるにも関わらず知名度の低さなどから新卒採用が厳しいというケースもあるので、若い方が喜ばれることは珍しくありません。

一方の入社4〜5年目の方が好まれるケースでは、社会人としての基礎的な能力を身につけており、短期離職のリスクが低い若手が欲しいという場合が多いです。 

(2)キャリアアップをしたい場合

同じ業界や職種でキャリアアップをしたい場合には、入社5年目以降での転職がおすすめです。

基本的な業務知識を持ち、実績も明確になる年次であり、転職後の活躍を採用企業も想像しやすいことがこのタイミングの特徴と言えます。

 

職種や業界は未経験でも大丈夫かどうか

職種や業界にもよりますが、第二新卒〜20代半ばまでは特に未経験での採用を実施しているケースは珍しくありません。これまでの経験から活かせることは何かというアピールポイントや、なぜ未経験から転職したいのかという理由を明確にすることが大切です。

未経験の職種や業界に応募する場合、「何をアピールポイントにしたら良いのかわからない」「企業や業界について詳しくない」といった場合もあるでしょう。

こうした場合には、やはり転職エージェントの利用がおすすめです。キャリアアドバイザーが企業側に一緒になってあなたの良い部分をアピールしてくれたり、客観的にどのようなアピールが効果的かアドバイスをくれたりします。

 

資格はあった方がいいか

これは募集職種や応募条件によります。

例えば、経理職の募集の際に「日商簿記2級以上取得者」という条件が付けられているような場合、資格がなければ応募できないことはあります。また未経験の職種に応募する際に、関連する資格を持っていることで、基本的な知識があると判断されることもあります。

ただし、その資格や免許がないと業務に従事できない場合を除いて、中途採用の場合には実務経験の方が重要視されます。つまり本当に必要な場合を除いて、資格取得に注力する必要性はそれほど高くないと言えます。

自分の志望する職種のケースを調べて、必要な対策を取りましょう。

 

年収はどれくらいアップするのか

パーソルキャリアが運営する転職サイト「DODA」の調査によれば、25〜29歳の転職による平均年収アップ額は52万円となっています。年収アップ成功者も全年代の中で28歳が最も多いという結果が出ています。

ただし、この金額は業界や職種によっても大きく異なることが同時に明らかになっています。

業界、職種によって給与の相場なども異なってきますので、自分自身の経験やスキルに対して、どの程度の給与が適切なのかについては、転職エージェントなどに助言をもらうことがおすすめです。

 

まとめ

今回ご紹介した5つの悩みは、ある程度傾向はあるものの、ケースバイケースとも言える内容が多いのも事実です。

自分の場合はどうなのか不安がある場合は、やはり転職エージェントなどでプロのアドバイスを受ける方が安心です。

年齢、業界、職種によってもさまざまな転職事例がありますので、自分の状況に必要な転職の注意点を転職エージェントに聞いてみましょう。

 

総括

20代の転職には、今回ご紹介したような注意点や失敗しやすいポイント、逆に成功するためのポイントなどが存在します。20代だからこそ得られるチャンスもありますので、前向きに転職を検討してみましょう。

年齢による特徴はもちろんのこと、業界や職種によっても採用状況は異なります。1人で転職活動を進めるとわからないことも多く、効率も良くありません。

不安がある場合には積極的に転職エージェントを利用して、専門的なアドバイスをもらうようにしましょう。

その他の記事一覧

記事カテゴリー