転職業界人がオススメする転職エージェントと見極める4つのポイント | 転職エージェント | 転職エージェントの評判・口コミのBest Work

転職業界人がオススメする転職エージェントと見極める4つのポイント

転職業界人がオススメする転職エージェントと見極める4つのポイントの画像

いざ転職をしようとすると、「どこの転職エージェントが評判がよいのだろうか?」と迷う人は多いはず。
優良企業や好条件の求人に出会うには、複数サービスの活用がコツ。最低でも3社以上の転職サービスの併用で、転職成功させましょう!

サポート力と利用者満足度の高さが評判のマイナビエージェントハイエンド層に特化した質の高い求人が多いビズリーチ2つに登録しつつ、自分自身の性格や傾向にマッチしそうな1~2サービスを選ぶことがおすすめです合計3社以上のサービス利用で、バランスのよい転職活動が実現します。

相性が合わなかったり優秀でなかったりするエージェントにあたると、いくら転職活動を頑張ってもムダになりがち。エージェントには複数社登録して、見極めることが鉄則です。

当サイトでは”実際にその転職エージェントを利用した人の評価をもとに、ランキングを出しています。各エージェントを利用した生の声を参考にすれば、失敗しない転職エージェント選びができるようになります。

当サイト編集スタッフの中には元転職業界出身者もおり、転職エージェントの裏事情も詳しいので、ぜひ転職エージェント選びの参考にしてください。


【目次】

1.比較的大手の転職エージェント10社を比較してみた

まずは基礎情報(エリア、公開求人数・非公開求人数)で各社を比べてみました。

【2019年6月24日更新】(BESTWORK調べ)
会社名
エリア
公開求人
非公開求人
マイナビエージェント
詳細

全国、海外

約14,300件

約20,130件

ビズリーチ
詳細 

全国、海外  約52,900件  非公開
type転職エージェント詳細  全国、海外 約10,450件   約8,470件
Aidem Smart Agent
詳細
関東、関西 約20,150件 非公開
リクルートエージェント詳細   全国、海外  約92,040  約181,500
Spring転職エージェント(アデコ)詳細    全国、海外  約19,010件
(非公開求人含む)
非公開 
パソナキャリア
詳細
全国、海外 約36,330 非公開
ランスタッド
詳細
全国、海外 約11,080件 非公開
DODAエージェントサービス
詳細
全国、海外 約69,790 約65,800件
ワークポート ロゴ 詳細 全国・海外 約24,960件
(非公開求人含む)
非公開

知名度の高いリクルートエージェント、DODA、ビズリーチなど、企業規模の大きさに比例して求人数が多くなる傾向にあります。ハイキャリア転職であれば、ビズリーチのほか、キャリアカーバーhttps://careercarver.jp/)を活用するのもおすすめです。 

次に、実際の利用者の口コミ満足度を見てみましょう。2012年に運用をスタートしている当サイトは数多くの率直な口コミが投稿されており、きっと転職活動の参考になるでしょう。
 

【2019年6月24日更新】(BESTWORK調べ)
会社名 総合満足度
マイナビエージェント
詳細
満足度4点/5点満点
4.12点
(口コミ 57件)
詳細を見る

ビズリーチ 詳細 

満足度4点/5点満点
3.55点
(口コミ 47件) 
詳細を見る 
   type転職エージェント 詳細  満足度4点/5点満点 
3.92点
(口コミ 51件) 
 詳細を見る
   アイデムスマートエージェント詳細 満足度4点/5点満点
3.84点
(口コミ 22件)
詳細
   リクルートエージェント詳細  満足度4点/5点満点 
3.78点
(口コミ 115件) 
 詳細を見る
   Spring転職エージェント(アデコ)
詳細 
 満足度4点/5点満点 
3.76点
(口コミ 49件) 
詳細を見る 
 パソナキャリア
詳細
満足度4点/5点満点
3.68点
(口コミ 69件)
詳細を見る
ランスタッド
詳細
満足度3点/5点満点
3.42点
(口コミ 25件)
詳細を見る
DODAエージェントサービス
詳細
満足度3点/5点満点
3.34点
(口コミ 89件)
詳細を見る

ワークポート ロゴ詳細 

満足度3点/5点満点
3.29点
(口コミ 25件)
詳細

利用者の満足度が高いエージェントは、上記の表のとおりです。

やはり、優秀なエージェントほど利用者の満足度は高くなります。口コミを見ると各エージェントの傾向が見えてくるでしょう。
一方で、どのエージェントにも”不満の声”は一定数あります。大切なのは、口コミの良しあしの割合はもちろん、”不満の声”で紹介されているデメリットが自分にとってある程度許せそうかを判断することです。

エージェントに対する利用者の声を見れば、そのエージェントをどのように活用すればよいかが見えてくるでしょう。 

2.業界人がおすすめする転職エージェント3社はコチラ

 

転職エージェントは、人によって合う合わないがあります。しかし、総合的に見て最もおすすめできるのがマイナビエージェントです。 

マイナビエージェントの詳細はコチラ >>

マイナビエージェント

マイナビエージェントの詳細

マイナビエージェントは、リクナビエージェントやDODAエージェント(インテリジェンス)などに比べて規模が小さめでやや知名度が低いため、この最大手2社と比べると登録者も多くはありません。

登録者が少ないことは一見デメリットのようですが、その分、登録者一人ひとりにかける時間が多いために、利用者満足度は常にトップクラスを保っています。特に、登録時のヒアリングは丁寧で、希望する条件に近い求人を紹介してくれると評判です。
転職活動をするのであれば、登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。 

マイナビエージェントの特徴

利用者満足度が圧倒的に高い
独占求人を数多く保有している
◆社風が落ち着いているので、転職初心者・女性も働きやすい


次におすすめなのが ビズリーチ です。 

 ビズリーチの詳細はコチラ >>

ビズリーチ 登録画面

ビズリーチの詳細

ビズリーチは年収600万円以上のハイクラスな人々に支持されている転職サービスです。
他サービスとの大きな違いは、企業やヘッドハンターから届くスカウトがメインとなり、転職活動を行うこと。ビズリーチが登録者に企業を直接紹介したり、面談を行ったりすることはなく、登録者が企業やヘッドハンターと直接コンタクトを取れます。効率的・主体的に転職活動をしたい人、スカウトを受け取ることで自分の市場価値を測りたい人に適しているでしょう。

求人は、役職・ポジション・待遇などにおいてハイクラスな人々に向けたものをメインに、他サービスでは出ていない案件も多く扱っています。
また、厳正な審査を通過した2,900名以上の優秀なヘッドハンターが、登録者の職務経歴書を見て直接スカウトします。

会員登録自体は無料で、求人情報やスカウトを確認可能。有料プラン(タレント会員:30日税抜き2,980円、ハイクラス会員:30日税抜き4,980円)もあり、全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募、ヘッドハンターへの相談が可能です。 

ビズリーチの特徴

◆企業の人事や一流のヘッドハンターから直接スカウトが届く
◆役職や待遇など、ビズリーチならではの高クオリティな求人がメイン
◆スカウトなどにより、自分の市場価値を知ることができる


3番目におすすめしたいのがtype転職エージェントです。

type転職エージェントの詳細はコチラ >>

type転職エージェント

type転職エージェントの詳細

キャリア向け転職サイト「type」と同じく、株式会社キャリアデザインセンターが運営。ITエンジニア、営業職、企画職、メーカー関連の求人・転職に強いサービスです。

大きな特徴は、それぞれの登録者にキャリアアドバイザーが専任でつき、転職を支援してくれること。転職活動の進め方がわからない、自分に合う求人が見つけられない、提出書類や面接の対策がわからないといった、転職でぶつかりがちな問題をキャリアアドバイザーが一緒に解決してくれます。
また、求人への応募や面接日程の調整などもキャリアアドバイザーが行ってくれます
これだけのサービスを受けられながら、登録者の利用料は無料です。

あえてデメリットをあげるとしたら、エリアに偏りがあること。対象は全国ですが、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の案件が多くなっています。

キャリアアドバイザーとの二人三脚による転職活動になるので、合う合わないがあるかもしれません。
しかし、初めての転職や、職歴やスキルなどに自信がないときなどは、キャリアアドバイザーが心強い味方になってくれるでしょう。 

type転職エージェントの特徴

専任キャリアアドバイザーが転職をサポート
提出書類や面接などの対策も行ってくれる
◆特に、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の転職に強い


転職エージェントは数多くあります。その中でも、実際に転職エージェントを使った人からの評価、転職業界経験者からの評価を考えると、まずは上記3つの転職エージェントを利用してみるのが理想的です。

もちろん、中小規模の転職エージェントの中にも、よいサービスを行っているところはあります。
しかし、あえて言うなら大手の転職エージェントがおすすめです。

規模が大きいエージェントは、転職活動において失敗するリスクが低くなります。なぜなら、扱う案件数が多く、登録者をサポートするサービスもしっかり整っているからです。

規模が小さいエージェントは、転職後の不満やトラブル発生率が大手エージェントと比べると高いと言われています(後述参照)。
まずは、上記の表で紹介した大手転職エージェントに登録し、転職活動を進めてみましょう。 

3.みんな何社に登録しているの?348名に聞いてみた

 

まず、何社のエージェントに登録しているかアンケートを取ってみました。
上記の表を見るとほとんどの人が複数の転職エージェントに登録をしながら活動をしていることがわかります。

では、登録数によって転職活動の期間に違いはあるでしょうか?アンケートを取ってみました。 

◆1社登録の場合

1か月未満:8%
1か月以上2か月未満:13%
2か月以上3か月未満:12%
3か月以上4か月未満:32%
4か月以上:35% 
◆2社登録の場合

1か月未満:10%
1か月以上2か月未満:7%
2か月以上3か月未満:36%
3か月以上4か月未満:20%
4か月以上:27% 
◆3社登録の場合

1か月未満:15%
1か月以上2か月未満:24%
2か月以上3か月未満:30%
3か月以上4か月未満:28%
4か月以上:11% 
◆4~5社登録の場合

1か月未満:15%
1か月以上2か月未満:40%
2か月以上3か月未満:29%
3か月以上4か月未満:10%
4か月以上:6% 

上記を踏まえてわかることは、3社以上の転職エージェントに登録した方が圧倒的に転職活動期間を短くできるということです。

考えられる理由は、
・複数のエージェント利用により、求人を比べやすくなる
・転職活動を複数案件で同時に進められる
です。

一方、1つのエージェントのみで転職活動を行った場合は、比較できる求人が少なく、複数案件を同時に進めにくいため、時間がかかる傾向があります。

効率よく自分に合った仕事に出合うためにも、転職エージェントはぜひ複数利用し、積極的に動きましょう。 

まとめ

・84%の人が2社以上のエージェントに登録をしている
3社以上のエージェントに登録した方が転職活動期間が短くなる

 

4.小規模&個人のエージェントは選ぶべきではない!

転職エージェントは、大手から中小まで規模はさまざまです。
ここでは言えるのは、「小規模・個人経営の転職エージェントは選ばないほうが無難」ということ。 

転職エージェント3~4社のうちの1社が小規模エージェントであれば影響は大きくありませんが、小規模エージェント1社のみで転職活動を行うのはリスクが高いでしょう。 

小規模&個人の転職エージェントをおすすめできない理由

・会社として利益優先の傾向があり、仕事をゴリ押しされる
求人が少ない、ブラック企業紹介の可能性がある
・優秀でないエージェントの場合にミスマッチする


転職エージェントの規模が小さくなるほど、会社の方針として利益に走る傾向があります。
当然のことですが、利益を上げなければ会社は存続できません。ですから、大手エージェントと比べると小規模・個人エージェントは仕事の紹介の仕方が強引であることが多いのです。

特に、個人経営のエージェントは給料制ではないため、求職者を会社に送り込まないと1円にもならないので、案件をどうにか決めようとします。 

そのため、登録者が「こんなはずじゃなかった」と転職後に不満に感じるのは、大手エージェントよりも中小・個人エージェントが圧倒的に多いのです。 

また、小規模・個人エージェントは紹介先企業がブラック企業の可能性もあります。大手転職エージェントの場合、審査が厳しいためにブラック企業は基本的に扱えないのです。

ブラック企業は、人材が欲しくても大手エージェントからは掲載を断られるので、小規模・個人エージェントに頼らざるを得ません。その結果、これらのエージェントには評判がよくない企業の求人が集まります。 

また、個人エージェントは大手エージェントで決まらなかった案件を扱うことが多いとも言われています。
個人エージェントは求人を多く集めることがなかなかできません。そこでどうするかというと、大手転職エージェントが抱える不人気求人を紹介するのです
大手エージェントにしてみると、個人エージェントが勝手に紹介して話を決めてくれるので、多少の紹介料を個人エージェントに支払っても大きなダメージにはなりません。

一般的に、公開求人よりも非公開求人の方が条件がよいと言われています。個人エージェントが紹介する大手エージェントの案件は、人気があまりない(人が集まらない)求人の場合が多いのです。
よりよい条件の仕事を見つけたいのであれば、できるだけ大手エージェントを利用しましょう。 

まとめ

・小規模&個人エージェントは利益優先志向
・小規模エージェントはブラック求人も抱えている
・個人エージェントは人気のない求人を紹介する可能性があり

 

5.大手だと本当に安心?転職エージェントを見極めるポイント4つ

前述のとおり、大手エージェントに登録した方が優秀な担当者(または相性が合う担当者)に出会いやすいのは間違いありません。とはいえ、必ずしも大手エージェント=全スタッフが優秀、というわけではないのも事実です。

では、優秀(相性が合う)かどうかは、どうやって見極めればよいのでしょうか? 

優秀なエージェントの見極めポイント

・対応するスタッフがヒアリング上手
・紹介される仕事の質がよい
レスポンスが早い
きちんと交渉してくれる


○対応するスタッフがヒアリング上手
実は、最も重要なポイントがこれです
登録時、エージェントのスタッフが登録者の希望やスキルなどをきちんとヒアリングできなければ、紹介する仕事が的外れになります。 

優秀なスタッフは、登録者がうまく表現できない事柄もきちんと聞き取ってくれます。そのうえで、登録者の希望に沿った仕事を紹介してくれるため、転職活動がスムーズになります。 

○紹介される仕事の質がよい
「紹介される仕事がいつも魅力的ではない」と感じるようなら、そのエージェント(もしくは担当スタッフ)はやめておいたほうがよいでしょう。時間のムダになります。 

○レスポンスが早い
優秀なスタッフはレスポンスが早く、登録者を不安にさせることはありません。

○きちんと交渉してくれる
”交渉”はエージェントの大事な仕事のひとつです。登録者が希望することを相手の企業と交渉できないようであれば、あまり期待しない方がよいでしょう。
 

転職活動では、エージェントの担当者の優秀さ(相性)は非常に重要です。「この人大丈夫かな?自分が希望する職種について、あまり詳しくなさそうだな」と感じたら、担当者を変更するか他の転職エージェントに替えましょう
担当者の変更は珍しいことではなく、大手エージェントであればすぐに対応してくれるはずです。

担当者を変更しても合う場合、以下のことをエージェントにしっかり伝えましょう。
・なぜ、担当者を変更してほしいのか?
・どんな担当者を希望するのか?(○○に詳しい、○○業界出身など)

エージェントにとっては、登録者を他社に逃してしまうのが最も避けたい道。ですので、担当者変更はすぐに対応してくれるでしょう。 

 

6.エージェントと上手に付き合う方法

 

転職エージェントを利用する場合、登録者がエージェントを見極めることは大変重要ですが、エージェント側も登録者を見極めていることを忘れないようにしましょう。
登録時に「この登録者は厳しい」とエージェントから判断されてしまうと、その後の仕事紹介のスピードや質は下がります。 

エージェントを利用するうえで大切なのは「担当者に好かれる」ことです
もし、職歴に自信がなくても、担当者に「この人は人間的によさそうだな」と判断されれば、手厚くサポートしてくれるでしょう。 

エージェントのスタッフは、何十人もの求職者を同時に担当しています。人間ですので、多少の好き嫌いが転職活動に反映されるという事実は知っておくべきです。 

そのため、
・書類などの提出期限は必ず守る(社会人のマナー)
・後ろ向きな考えで転職活動をしない
・人間としてエージェントに好かれる

上記3つはとても重要になります。 

7.まとめ

転職活動は、時間的・精神的・金銭的に負担が大きいものです。そのなかで、いかにストレスを最低限に抑えて活動できるかが、成功のカギになります。 

転職エージェントを利用する場合、規模や知名度と併せて、どれだけ誠実にサポートをしてくれるかの見極めを、登録者自身がしっかり行うべきです。 

転職エージェントを活用するときのポイント

・エージェントは1社だけでなく、複数利用して転職活動を行う
・小規模や個人エージェントよりも、大手エージェントを選ぶ
3社以上登録すると、転職活動期間が短くなる
・エージェントの担当者に好かれるようにする


転職活動でエージェントを利用するときは、そのエージェントの方針や担当者をしっかり見極めること、エージェント側から見極められていることを忘れずに活動をしましょう。

 

その他の記事一覧

記事カテゴリー