転職でも適性検査がある!意外と知らない企業の意図と対策 | Best Work

転職でも適性検査がある!意外と知らない企業の意図と対策

転職でも適性検査がある!意外と知らない企業の意図と対策の画像

みなさんは、転職面接を受ける際に、面接日、もしくは面接前後にSPIをうけるような段取りで面接を調整されることありますよね。


一方で、あのSPIの位置付け、何をチェック・選考されているかが良くわからない、なんてことはありませんか?


実は、あのSPIはあなたの選考において、非常に重要なポイントとなっています。今回はSPIを始めとした適性検査についてお話をしたいと思います。


【目次】

1.転職シーンで行われる適性検査とは?



適性検査とは、言葉の通り、あなたが面接を受けようとしている会社について、能力的に、また性格、人物面で問題がないか適性を見るための検査です。

新卒就活のときに対策をしたことがある、という方も多いかもしれません。


各人材会社が開発をしているケースが多く、転職シーンではリクルートのSPIやエン・ジャパンの3Eiなどが良く使われます。



1-1.適性検査でどこをみられているのか

適性検査で何が求められているか、詳しく説明していきましょう。


適性検査は運営会社により多少異なるものの、おおよそ以下3点で構成されていると考えてください。


適性検査の構成

① 論理的思考
② 数的処理
③ 人物適性


つまり、適性検査は言語的な思考力、非言語の思考力、及び人物面と職務適性を計るテストの3つで構成されていると考えてください。


受験については紙媒体で行うかオンライン上で行うかを適性検査実施企業で選べる形となっており、受験場所については紙媒体の場合は面接企業で、オンラインであれば、面接企業に加え、自宅やテストセンターと呼ばれる場所のいずれかで実施される形となります。



1-2.同じ適性検査でも企業が見るポイントは違う



上記では適性検査の内容、受け方について説明をしましたが適性検査において企業が評価するポイントは、業界や企業規模、採用方針によって異なってくるのです。


では、評価をする際にどんなポイントを見ているのか、企業の意図とともにご紹介します。


①地頭系

どちらかといえば保守的な大企業、少数精鋭をうたっている会社で多いパターンですが、言葉を選ばずに言えば「バカはいりません」というイメージだと思ってください。

こういう会社については事前に対策をしておくこと、受験環境を整えてから実施をするといった工夫が必要です。


②人物適性重要視型

試験の結果は二の次で、人物適性の結果を重要視している会社もあります。

その背景として、あなたの資質はそう簡単に変えられないからです。あなたの資質が仕事を行う上でプラスに働く場合もあればマイナスになることもあります。

マイナスになる場合は早期退職に繋がる懸念もあるため、採用側はそれを事前にキャッチアップする必要があります。面接で一定の評価をしてもマイナスをキャッチアップするためのツールとして人物適性を重視する企業もあります。


③総合型

①と②を合わせた総合評価をするパターンもあります。多い選考方法としては、いずれかの試験において著しいマイナスがあるか否かで判断するケースです。


④参考

選考には関係せず、最終面接における資料程度で使うというケースです。その場の選考には関係ないにしても最終面接における総合判断に使われる可能性があります。


1-3.やってはいけないこと



ここでやってはいけないこと、それは人物適性で虚偽をチェックすることです。


なぜなら、SPIにも3Eiにも嘘つきを見破る仕組みがあります。その嘘つきを見破るロジックは公開されていませんが、少なくともそのような仕組みがある以上、それは避けなければなりません。


社会人である以上、信用は何よりも大切ですし、あなたに合わない会社に入り早期退職になるのはプラスではありません。ここで中途半端な嘘をつかないようにしましょう。



1-4.まとめ


エージェント吉田

適性検査について、どんな目的があってどんなポイントで選考を進めているのかまずは理解してもらえましたでしょうか。

ここで押さえていただきたいポイントは、企業はお金を払って無駄なテストを受けさせているのではなく、しっかりとした目的があって適性検査を行っています。そこをまずは認識して下さい!


業界人がオススメする転職エージェント

2.ポイントと対策を徹底解説!



1では、適性検査について、どんな点を選考されている、どんな点をみられているのかをお話ししました。


それでは、どう対策をすればいいかお話をしたいと思います。



2-1.あなたが受ける企業が適性検査をやる目的を確認しよう

面接の際には面接対策をやるように、適性試験を実施する場合にも適性試験の対策を実施することが必要です。


とはいえ、最初に認識してほしいのは対策すべきことと、そうでないことがあるということです。その整理についてもお話しします。



2-2.適性検査の対策方法



<対策すべき事項>


■地頭系、総合型
SPI試験をはじめとする適性検査は「勉強系」と「非勉強系」の2種類に分かれます。真に対策が必要なのは「勉強系」の適性検査です。なぜなら、トレーニングをすることにより成果が変わってくるからです。


では、どうやってトレーニングをするかというと、いまSPIは対策本が出されています。また、インターネット上では対策サイトがあります。そういったものを使ってみるとよいでしょう。


ただし、そんなに短時間でマスターできるわけがありません。せいぜい1回通しでできるかどうかです。ただし、そんなもので対策になるかどうか、というところですが、重要なのは1回実施することです。


テストの勝手がわかっているかそうじゃないか、これだけでもテストの結果が変わってきます。そう「慣れ」てるかどうかが重要なのです。実際、慣れさせて「勉強系」適性検査をクリアさせた実例を私は経験しています。慣れは重要なのです。


なお、3Eiを使う企業であれば、エン・エージェントに登録し、面談を受けることで練習をすることができます。


また、事前に合格ラインを知っておくことでさらにどこまでやればいいかがわかります。担当エージェントにその情報を収集しておくとさらに良いでしょう。





<対策が不要なもの>


「非勉強系」、すなわち人物適性です。ここについては、対策をするだけ無駄です。さらにいえば無理にやってはなりません。


なぜなら、あなたに合わない会社かどうかが本質的に分かる試験なんで、それにモヤがかかってしまうからです。


長期的に働けるかどうかを客観的にみてくれる指標で落とされるのなら、むしろあなたにとってそれはプラスです。時間をコストと考えた場合、対策することはコストに見合わないためです。社会人にとって時間という大事なコストをここで奪われないようにしましょう。



2-3.適性検査の学力ものが苦手なあなたに



いくら準備をしても苦手なものは苦手です。では、どうすればいいのでしょうか。


答えは簡単です。「諦める」です。上述の通り、すべての会社が適性検査を実施するわけではありません。ましてや、適性検査を行うにしてもすべての会社が地頭系を求めるわけではありません。


であれば、落ちることを想定内にしておくというのが重要です。すべての面接を通過できる人はごく稀です。


重要なのは、あなたの目的を果たせる会社に行くことです。大事なのはテストをクリアすることなのか、あなたの目的を果たすことなのかということをもう一度考えてみることが大事です。



2-4.まとめ


エージェント吉田

適性検査において重要なことは、必要な対策をすることと同時に、「やらない」勇気を時にして選択すること、そもそも目的を見失わない、ということです。

あくまでも重要なのは、あなたが転職を成功せることなのですから。

必要なのは、適性検査を通過させる努力なのか、あえて落ちることを想定しながら試験に挑むのか、それとも適性検査のない企業面接にかけるのか……どれがあなたの「転職成功」につながるか、天秤にかけて考えてみてください。


業界人がオススメする転職エージェント

3.総括:適性検査を見過ごさず、想定した行動を!



いかがでしたでしょうか。


適性検査は面接において非常に重要な位置づけとなっています。しかし、面接対策と比較して、軽視されている、もしくは見過ごされているように転職エージェントとして見ている中で感じます。


それは、対策に時間をかけたところで徒労に終わる部分が多いからです。だからと言って見過ごしたままにしていいわけではありません。


対策ができるところは対策をする、できないところはできないということを認識して戦略を立てる、そのための情報収集をするというのが重要なのです。


ブラックボックスをつくることは得策ではありません。ブラックボックスを明らかにしたうえで、想定内にした行動をとるというのが重要だと認識することが重要なのです。



業界人がオススメする転職エージェント

『転職エージェントなんてどこも同じ』なんて思って登録をしようとしていませんか?


自分の転職に合う転職エージェントを選ばないと、無駄に時間だけかかり、納得いく転職先が見つからない可能性もあります。


転職してから「あの転職エージェントを使って失敗した!!」なんてことがないように、
業界人が自信をもってオススメできる転職エージェントを紹介しておきます。


オススメの転職エージェント >>

転職エージェント

その他の記事一覧