ベンチャー企業への転職は不安?! ~メリットとデメリットを解説~ | Best Work

ベンチャー企業への転職は不安?! ~メリットとデメリットを解説~

ベンチャー企業への転職は不安?! ~メリットとデメリットを解説~の画像

大手と違って、「自分の意見を言える環境」や「自分自身が成長できる環境」に期待を抱くベンチャー企業。

ですが、実際にベンチャー企業への転職を考えた場合、将来は安定しているのか?年収は?など、様々な不安要素が出てくるのではないでしょうか。しかし実は、年収1千万円も夢ではないんです。今回は、そんなベンチャー企業についてメリット・デメリットを挙げながら解説していきます。

【登場人物】

名前 :インタビュアー
過去に1度転職を経験している35歳男性
転職エージェントを利用して転職したが、本来自分が希望していた会社には転職できず、紹介された企業に中途半端な気持ちで転職してしまった。今回、2度目の転職を希望しておりどのように活動したら良いかを悩んでいる。
名前 :伝説のキャリアアドバイザー
過去に大手転職エージェントのキャリアアドバイザーとして300人以上の転職を実現した実績のある敏腕アドバイザー。現在はフリーランスのアドバイザーとして、スカウトやヘッドハンティングなどを中心に優秀な人材の仲介を行っている。


転職エージェントインタビュアー

本日の相談は実際に転職を考えている方です。まだ20代で、ベンチャー企業への転職を考えているようです。

伝説の転職キャリアアドバイザー

承りました。


転職エージェントインタビュアー

ちょっとアバウトな相談ですけど、大丈夫でしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。これまで何度もベンチャー企業への転職を支援してきた身として解説させていただきますよ。

転職エージェントインタビュアー

ありがとうございます。
正直、ベンチャー企業って労働環境がメチャクチャ厳しいって聞きましたが、実際のところどうなんでしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

給料が野菜で支払われる会社もありますからね(笑)

転職エージェントインタビュアー

え~~!!(驚)それは厳しい~~


ベンチャー企業の厳しさ1【労働環境が悪い】

伝説の転職キャリアアドバイザー

まぁ、それは極端ですけどね。
ベンチャー企業は大手と比べて労働環境が悪いというのは事実だと思います。

転職エージェントインタビュアー

素人のイメージかもしれませんけど、ベンチャー企業って不安定な印象があるんですけど?

伝説の転職キャリアアドバイザー

実はその通りです。ベンチャー企業が10社あったら、1年後に残るのは4社です。

転職エージェントインタビュアー

たったの4社ですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

ちなみに、さらに5年が経過すると残っているのは1社だけというのが統計実態です。つまり、同じ企業に長く勤めるという「安定性」はベンチャー企業には望んではいけません。

転職エージェントインタビュアー

厳しいんですねぇ(泣)

伝説の転職キャリアアドバイザー

厳しいことついでにもう1つ。ベンチャー企業に勤めると自分の将来像を描くのが難しくなります


ベンチャー企業の厳しさ2【自分の将来が予測できない】


転職エージェントインタビュアー

将来像とはどういうことですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

もう少し具体的に説明すると年収ということになります。
考えてみてください。大企業って毎年のように少しずつ昇給してきますよね?これはきちんと人事制度が整っていて、会社の給与規定でその年の年収が決まっているんです。

転職エージェントインタビュアー

確かにそうですね。っていうか大企業に限らず将来の年収ってある程度想像がつくものですよね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

ベンチャー企業ではそうはいきませんよ。人事制度がない場合もありますからね。その年の売り上げによってかなりのUP/DOWNがあります。

転職エージェントインタビュアー

う~ん・・そういう意味でも長く働けないですねぇ。

伝説の転職キャリアアドバイザー

そうなんです。ですから私も、性格が真面目で何事も堅実に進めたい人には紹介しません

転職エージェントインタビュアー

でも、なぜみなさんベンチャー企業に行きたがるんですかねぇ??

伝説の転職キャリアアドバイザー

それは労働環境を犠牲にしても良いだけのメリットがベンチャー企業で得られるからです。

転職エージェントインタビュアー

メリットですか?


大きな裁量が得られることがベンチャー企業のメリット

伝説の転職キャリアアドバイザー

ベンチャー企業の場合、一人ひとりが大手と比べて社長は身近な存在です。ほとんど社長の右腕として働いているようなものです。つまり、裁量が大きいんですよ。

転職エージェントインタビュアー

確かに、仕事も経営に直結している印象がありますね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

そうですよ。20代で経営に近い業務をできるのはベンチャー企業の大きな魅力ですね。新入社員であっても社長に意見が言えてしまいます。もし、良い企画があるのなら社長に直接提案もできます。何より良いのは、積極的に発言してくれることを、会社として歓迎している点ですね。

転職エージェントインタビュアー

大企業とはまったく違いますね。社長までが遠いですからね(笑)上司の上司のそのまた上司のって感じで・・・。

伝説の転職キャリアアドバイザー

ですから、ベンチャー企業の最大の魅力は実力が付くということです。成長のスピードが速いんです。経営者と常に仕事をできるんですから。労働環境や安定性を犠牲にしても選択する価値があります。

転職エージェントインタビュアー

まさに相談者さんの望んでいる環境ですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。何より自分が会社を動かしている実感を得られますからね。

転職エージェントインタビュアー

転職エージェントにとってベンチャー企業というのはどのような存在ですか?


ベンチャー企業で高い給料が得られる理由


伝説の転職キャリアアドバイザー

ベンチャー企業に共通しているのは「人手不足」だということです。優秀な人はどうしても大手を選択しがちです。ですから、我々もできるだけ役に立てるよう魅力を伝えているんです。

転職エージェントインタビュアー

でも、安定性がなぁ・・・

伝説の転職キャリアアドバイザー

実は、給与交渉はしやすいんですよ。話をするのは多くの場合、社長や役員ですからね。

転職エージェントインタビュアー

確かに求職者の希望額を伝えやすいかもしれませんね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

給与規定が整備されていないということは、ある意味能力に応じていくらでも支払えるということなんですよ。これは隠れたメリットで、キャリアアドバイザーの腕の見せ所です。実際、1千万円以上の年収が実現することも少なくないんです。

転職エージェントインタビュアー

先にそれを言ってくださいよ~!!そんなメリットもあるんじゃないですかぁ^^

伝説の転職キャリアアドバイザー

あくまで魅力は「成長できる環境」で年収はおまけみたいなものですけどね。

転職エージェントインタビュアー

非常に参考になりました。今日もありがとうございました。

伝説の転職キャリアアドバイザー

こちらこそありがとうございました。


その他の記事一覧