プロが教える転職エージェントの選び方 ~効率的な転職活動のために~(後編) | Best Work

プロが教える転職エージェントの選び方 ~効率的な転職活動のために~(後編)

プロが教える転職エージェントの選び方 ~効率的な転職活動のために~(後編)の画像

前編では、情報収集を大手エージェントで行い、実際の応募をもう1社の中堅転職エージェントで行うと、効率的に転職活動を進められることが分かりました。

では、実際にどのように転職エージェントを選べばいいのでしょうか。後編では、大手・中堅それぞれの転職エージェントの選び方を解説していきます。

【登場人物】

名前 :インタビュアー
過去に1度転職を経験している35歳男性
転職エージェントを利用して転職したが、本来自分が希望していた会社には転職できず、紹介された企業に中途半端な気持ちで転職してしまった。今回、2度目の転職を希望しておりどのように活動したら良いかを悩んでいる。
名前 :伝説のキャリアアドバイザー
過去に大手転職エージェントのキャリアアドバイザーとして300人以上の転職を実現した実績のある敏腕アドバイザー。現在はフリーランスのアドバイザーとして、スカウトやヘッドハンティングなどを中心に優秀な人材の仲介を行っている。


転職エージェントインタビュアー

では、実際にどのように転職エージェントを選べば良いでしょうか?


伝説の転職キャリアアドバイザー

まずは、大手の転職エージェントに1社登録してみましょう。
その際の選び方としては「求人検索サービス」を提供しているかどうかを軸とすると良いでしょう。

転職エージェントインタビュアー

求人検索サービスとはどのようなものでしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。まず、多くの求職者が転職エージェントと接触する際には「非公開求人」の壁にぶち当たりますよね?

転職エージェントインタビュアー

そうですね。非公開求人は転職エージェントに実際にエントリーしなければ確認できませんからね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

ぶっちゃけて言えば、まずは全体の9割に及ぶとも言われる非公開求人を見たいんですよ。

転職エージェントインタビュアー

確かに。だってそのように誘導しているのは転職エージェント自身ですからね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

ところが、多くの転職エージェントは、たとえエントリーした求職者に対しても非公開求人を積極的に公開しようとしません

転職エージェントインタビュアー

うん!?何か言っていることが矛盾していますよね?だって・・・

伝説の転職キャリアアドバイザー

そうです。エントリーしたら見れると思いますよね?
しかし、実際には求職者の希望やキャリアをもとに、いくつかの求人をピックアップして紹介する程度に留まってしまうものなんです。

転職エージェントインタビュアー

面談して紹介した中から選べっていうことですね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。私は、自分がそれ以外の求人を見たくても、キャリアアドバイザーが紹介してくれないと見られない転職エージェントはお勧めしません

転職エージェントインタビュアー

そこで「求人検索サービス」が登場するんですね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

その通りです。求人案件がきちんとデータベース化されていて、求職者向けに閲覧できるサービスです。

転職エージェントインタビュアー

まさに非公開求人が見れる環境ですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

求人案件は転職エージェントにとっては商品そのものですから、他社と比較されてしまうものです。自信のない転職エージェントは提供してません

転職エージェントインタビュアー

わかりました。この「求人検索サービス」があるか無いかで判断してみますね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

ちなみに、このサービスは大手の数社しか提供していないのが実態です。エントリー時点で確認してみると良いですよ。

転職エージェントインタビュアー

では、伝説さんが推奨されるもう1社の中堅転職エージェントはどのように選べば良いでしょうか?


伝説の転職キャリアアドバイザー

これはずばり「優秀なキャリアアドバイザーが在籍している転職エージェント」という表現につきますね。

転職エージェントインタビュアー

優秀な転職エージェントですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

そうです。
大手エージェントは「システム」で、中堅エージェントは「人」で選ぶんです。

転職エージェントインタビュアー

確かにキャリアアドバイザーが頼もしいに越したことはないですからね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

まず、中堅の転職エージェントを並行して活用する目的を思い出してください。

転職エージェントインタビュアー

それは「スピード」と「親身なサポート」ですよね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

その通りです。実際に大手と中堅の2社に登録すると、中堅エージェントのキャリアアドバイザーと接している時間の方が圧倒的に長いはずです。大手のキャリアアドバイザーには1人に長時間を割く余裕はありません。

転職エージェントインタビュアー

それは仰る通りの気がしますねぇ。

伝説の転職キャリアアドバイザー

ですから、キャリアアドバイザーとの相性が非常に大切なんです。特に、転職経験の無い求職者の場合には、様々なノウハウをキャリアアドバイザーから吸収します。そういう意味でも学校の先生のように頼れるキャリアアドバイザーが良いんです。

転職エージェントインタビュアー

それはわかりますけど、どうやったら優秀なキャリアアドバイザーがいるかどうかわかるんですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

実は、この部分は少しだけ手間がかかります。転職エージェントのホームページや口コミなどの表面上の情報だけは不十分なんです。

転職エージェントインタビュアー

具体的には何をすれば良いですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

私は、実際に電話で転職相談をしてみることをお勧めしています

転職エージェントインタビュアー

電話で実際に相談ですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

優秀なキャリアアドバイザーほど、優秀な求職者の発掘に力を注いでいます。ですから、求職者からの相談には本当に時間を掛けて聞いてくれるんです。騙されたと思って5つの転職エージェントをピックアップして電話してみてください。

転職エージェントインタビュアー

目的は何ですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

会社によって、対応が全く違うということがわかると思いますよ。

転職エージェントインタビュアー

へぇ~。そんなに違うものなんですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

優秀なキャリアアドバイザーのいる転職エージェントほど丁寧に接してくれます。けれども、そうでない転職エージェントは受付の女性が相対して「1度弊社にお越しください」と言って、電話で熱心に応対してれるということはありません

転職エージェントインタビュアー

そっかぁ。よくわかりました。


その他の記事一覧