転職エージェントを使うと不採用!? | Best Work

転職エージェントを使うと不採用!?

転職エージェントを使うと不採用!?の画像

企業との連絡や交渉からキャリア相談まで、転職の際には心強い味方の転職エージェント。

しかし実は、世の中には「転職エージェントを使うと選考に進めない企業」も存在しています。 なぜそのような採用方針なのか、今回は国内メーカーの採用担当者をゲストに招き、深堀りしていきます。

【登場人物】

名前 :インタビュアー
過去に1度転職を経験している35歳男性
転職エージェントを利用して転職したが、本来自分が希望していた会社には転職できず、紹介された企業に中途半端な気持ちで転職してしまった。今回、2度目の転職を希望しておりどのように活動したら良いかを悩んでいる。
名前 :伝説のキャリアアドバイザー
過去に大手転職エージェントのキャリアアドバイザーとして300人以上の転職を実現した実績のある敏腕アドバイザー。現在はフリーランスのアドバイザーとして、スカウトやヘッドハンティングなどを中心に優秀な人材の仲介を行っている。
名前 :現役採用担当B氏
国内でも最大手の消費財メーカーの採用担当。人材開発部で主に中途採用を担当している。


転職エージェントインタビュアー

伝説のキャリアアドバイザーさん、本日もよろしくお願いします。

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。よろしくお願いします。

転職エージェントインタビュアー

以前相談したんですが、転職エージェントを活用すると合格できないという企業があるらしいですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。実際にそのような企業もありますよ

転職エージェントインタビュアー

今日はその話について詳しく聞いてみたいです。

伝説の転職キャリアアドバイザー

わかりました。まずは論より証拠ですよね。
本日は特別に、国内でも最大手の消費財メーカーで採用担当をしている方をお呼びしています。

転職エージェントインタビュアー

さっすがぁ~!

伝説の転職キャリアアドバイザー

こちら、人材開発部で主に中途採用を担当しているBさんです。

現役人事採用担当B氏

はじめまして。本日はよろしくお願いします。

転職エージェントインタビュアー

こちらこそよろしくお願いします。いろいろお話を伺わせてください。

伝説の転職キャリアアドバイザー

Bさんには事前に趣旨を説明しています。

現役人事採用担当B氏

なんでもストレートに聞いて頂いて結構ですよ。

転職エージェントインタビュアー

ありがとうございます。
早速ですが、Bさんの企業では転職エージェントを利用しているのですか?

現役人事採用担当B氏

いいえ。当社では中途採用で意図的に転職エージェントを利用しません

転職エージェントインタビュアー

貴社のように、非常に社員数が多い場合はとても大変だと思うのですが。

現役人事採用担当B氏

当社の採用部門のポリシーは「攻めの人材採用」「アクティブな採用活動」ですからね(笑) 担当者は全ての履歴書を読まなければならず大変ですけど、良い人材を確保するためにはこちらの方が効率的です。

転職エージェントインタビュアー

先ほど「意図的に」と仰っていましたが、どうして転職エージェントを活用しないんでしょうか?

現役人事採用担当B氏

端的に言えば、転職エージェントに頼っている時点で当社では通用しないということです。

転職エージェントインタビュアー

それは手厳しいですねぇ。


現役人事採用担当B氏

転職エージェントは一種のウィンドウショッピングのような使い方でちょうど良いんです。いろいろな職種が存在することをリサーチしたり、キャリアアドバイザーとの面談で客観的に自分を見つめてみたりする使い方です。
しかし、応募の段階では自分で決断してほしいんです。昨今では、キャリアアドバイザーから勧められたという理由で応募してくる人が多すぎます。

転職エージェントインタビュアー

つまり転職エージェントに頼り切りの人は採用されないということですね。

現役人事採用担当B氏

はい。当社の場合は極端かもしれませんが、自分のキャリアなのですからマインドも重要なんです。

転職エージェントインタビュアー

マインドとは具体的にどのようなものですか?

現役人事採用担当B氏

「本当に自分がやりたいことがある。だから転職する」というマインドでないと正直シンドいですね。
「転職することによって給料を上げる」ではだめです。大手企業に行ったからといって成功とは限らないです。今時、高待遇をお膳立てをしてくれるような企業は存在しませんよ。
そしてこのような前向きで覚悟にも近いマインドを持っている人は転職エージェントと距離を置くでしょう。

転職エージェントインタビュアー

なるほど。志が重要だということですね。

現役人事採用担当B氏

ぶっちゃけて言うと、別に構わないんですよ。転職理由が「給料」であっても。
ただし、「給料」を得るために何をするかが重要です。「営業だけど定時に帰宅したい」「福利厚生が重要だ」ということが1番に来てしまう人は、また転職を繰り返すでしょうね。

転職エージェントインタビュアー

なるほど。面接の場ではどのようにアピールすると印象が良いでしょうか?

現役人事採用担当B氏

簡単に言えば「5年後にマネジメントをしたいからそれまでは死ぬ気で働きます。その代わり、私はxxを提供できます」というニュアンスだとわかりやすいですね。
要するに、「やりたいこと」と「できること」の2つが明確だと良いんです。

転職エージェントインタビュアー

確かにその観点は重要かもしれませんね。

現役人事採用担当B氏

あと、いざ条件面の話になった時に優秀な人は「基本給は?」「残業時間は?」などと聞いてきません。強いて言えば「青天井ですか?」と聞いてきます。
つまり成果を発揮することに自信があるわけですよね。最近ではめっきり少なくなっちゃいましたけど(笑)

転職エージェントインタビュアー

それは強気ですねぇ(驚)

現役人事採用担当B氏

でも、魅力的な候補者と映ることはおわかりですよね?

転職エージェントインタビュアー

はい。基本給について詳しく聞かれるよりもはるかに魅力的ですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

Bさん、ありがとうございます。ここで一旦区切りましょうか。

転職エージェントインタビュアー

現役人事の方の声というのは非常にためになりますね。
重要だと感じたのは、現在の実力と数年後の目標を明確にするということですね。この実力と目標という中心軸は、決して転職エージェントのキャリアアドバイザーからの助言ではなく、自分自身で考え出さなければ説得力を持たないのだと思いました。

現役人事採用担当B氏

その通りです。転職エージェントを全く利用しないほうが良いというわけではありません。活用すべき部分は活用すべきです。

伝説の転職キャリアアドバイザー

立場上、転職エージェントをフォローしておくと、上手に使ってもらったほうが転職の実現は容易だと思います。しかし、決して頼り切ってはいけません。私の場合、「今後達成したいこと」「キャリアの方向性」は必ず求職者自身から聞き出します。ここがブレるとダメなんです。

現役人事採用担当B氏

ちなみに、当社の考え方が偏っていることは理解しています。転職エージェントを利用すると不採用というのは極端ですからね。
ただし、1つの価値観を徹底するということも大事です。当社の採用指針として、転職エージェントNGの制度は今後も続けようと思っています。

転職エージェントインタビュアー

じゃあ、Bさんの会社を受けるときは気を付けますね(笑)

現役人事採用担当B氏

ちゃんと事前にお伝えしますから大丈夫ですよ。

転職エージェントインタビュアー

今日は貴重なお話どうもありがとうございました。


その他の記事一覧