ブラック企業の実態とは?賢い見抜き方はあるか? | Best Work

ブラック企業の実態とは?賢い見抜き方はあるか?

ブラック企業の実態とは?賢い見抜き方はあるか?の画像

最近になってブラック企業という言葉を耳にすることが多くなってきました。過酷な労働環境を強いられることによって、心身ともに変調を来たすこともあり、十分に注意しなければなりません。

実際にはどのような労働環境なのでしょうか?また、ブラック企業に入らないために賢い見抜き方はあるのでしょうか?

【登場人物】

名前 :インタビュアー
過去に1度転職を経験している35歳男性
転職エージェントを利用して転職したが、本来自分が希望していた会社には転職できず、紹介された企業に中途半端な気持ちで転職してしまった。今回、2度目の転職を希望しておりどのように活動したら良いかを悩んでいる。
名前 :伝説のキャリアアドバイザー
過去に大手転職エージェントのキャリアアドバイザーとして300人以上の転職を実現した実績のある敏腕アドバイザー。現在はフリーランスのアドバイザーとして、スカウトやヘッドハンティングなどを中心に優秀な人材の仲介を行っている。



転職エージェントインタビュアー

伝説のキャリアアドバイザーさん、本日もよろしくお願いします。

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。よろしくお願いします。

転職エージェントインタビュアー

今日は世間ですっかり用語として定着した「ブラック企業」について知りたいです。

伝説の転職キャリアアドバイザー

ブラック企業ですか?

転職エージェントインタビュアー

ぼくの友人も最近転職したんですが、転職先のことをブラック企業と呼んでいましたよ。毎日のように深夜残業が続いているみたいで。

伝説の転職キャリアアドバイザー

それは・・お気の毒ですねぇ。

転職エージェントインタビュアー

だから、ちゃんとブラック企業について学んでおきたいです。

伝説の転職キャリアアドバイザー

わかりました。お友達の企業がブラック企業かはさておき、きちんとご説明しますよ。

転職エージェントインタビュアー

実際、ブラック企業ってどんな感じなんですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

まずは、労働現場において発生している事件性の高い事案をご紹介しましょう。

転職エージェントインタビュアー

どのような事件が発生しているのでしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

以下の事例は裁判までに発展したことが報道されている事案です。もちろん、これら企業がブラック企業であるわけではありませんが、現場で実際に起きていることとしてご紹介します。


転職エージェントインタビュアー

うわぁ!過労による死者も出ているんですね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

そうなんです。ブラック企業という用語の定義はさておき、一言でいえば違法性の高い過重労働を強いる会社のことです。

転職エージェントインタビュアー

絶対に入社したくないです!!

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。ご自分自身が実際に被害者とならないように注意しなければなりません

転職エージェントインタビュアー

ブラック企業を見抜く方法というのはあるんでしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。あります。もっとも適切な方法はキャリアアドバイザーに確認することです。
インターネットや一部のメディアの報道は、あまり信じすぎてはいけません。そもそも、企業の勤務実態というものは、単純に語れるほど簡単なものではありませんし、表にも出てきづらいものです。

転職エージェントインタビュアー

それは確かにそうですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

勤務状況や労働環境は、実際の社員の声に勝るものはありません。ですから、退職した社員と多く面談しているキャリアアドバイザーから話を聞くのが最も適切なんです。あと、人事担当者と会話しているという点もメリットですね。

転職エージェントインタビュアー

それはそうですけど、キャリアアドバイザーってノルマがあるから、なかなか本当のことを言ってくれなさそうですよ。

伝説の転職キャリアアドバイザー

もちろん、その側面はあります。ですから、タイミングが重要なのです。

転職エージェントインタビュアー

タイミングとはどういうことですか?


キャリアアドバイザーへの確認タイミングは企業への応募前

伝説の転職キャリアアドバイザー

たとえば、ブラック企業から内定が出たとしましょう。内定が出たということは、キャリアアドバイザーの立場としては売上発生の目の前の状況です。この段階では、なかなかブラック企業であると明かすことは難しいでしょう。

転職エージェントインタビュアー

考えてみればそうですね。せっかくの売上が台無しですもんね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーにも、もちろん良心はありますが、目先の売上も大切なんです。わかってあげてください。

転職エージェントインタビュアー

なんとなく共感できますね(笑)「せっかく内定までこぎつけたのに~」って感じですよね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

また、キャリアアドバイザーの立場としては、いったん候補者を推薦してしまった後に、その企業がブラック企業であることを明かすのはつらいんです。
候補者も、実際に面接に行って労働環境を質問されてしまっては、転職エージェントと企業の信頼関係が失われてしまいます

転職エージェントインタビュアー

では、タイミングとしては応募する前ですかね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

その通りです。応募前の候補企業の選定段階であれば、キャリアアドバイザーとしても本音で話してくれる確率が高いです。

転職エージェントインタビュアー

どのように質問すれば良いですか?
「この会社はブラック企業ですか?」と聞くのも変ですよね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

ブラック企業の定義は人それぞれです。「労働時間」「給料」「衛星環境」「仕事内容」「離職率」など、自分が懸念するポイントを中心に具体的に聞くようにしましょう。

転職エージェントインタビュアー

確かに、そのように聞けば自分にとってのブラック企業に入社する確率が減る気がしますね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

前述したとおり、事件性のある事象に発展する恐れのある話です。決して遠慮せずに、真剣に質問するようにしましょう。そうすれば、キャリアアドバイザーも真剣に答えてくれるはずです。

転職エージェントインタビュアー

よくわかりました。今日もありがとうございました。

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。是非参考にしてみてください。


その他の記事一覧