誰もが羨む超一流企業を退職する理由とは? | 失業保険・退職 | 転職エージェントの評判・口コミのBest Work

誰もが羨む超一流企業を退職する理由とは?

誰もが羨む超一流企業を退職する理由とは?の画像

転職活動をする際には、少なからず入社したいと考える企業を思い浮かべていることでしょう。

しかし、決して即決してはいけません。たとえ誰もが羨む超一流企業であっても退職者は存在するのです。転職先の候補は、事前に当該企業の元従業員の主要な退職理由を確認してから決めるべきなのです。

【登場人物】

名前 :インタビュアー
過去に1度転職を経験している35歳男性
転職エージェントを利用して転職したが、本来自分が希望していた会社には転職できず、紹介された企業に中途半端な気持ちで転職してしまった。今回、2度目の転職を希望しておりどのように活動したら良いかを悩んでいる。
名前 :伝説のキャリアアドバイザー
過去に大手転職エージェントのキャリアアドバイザーとして300人以上の転職を実現した実績のある敏腕アドバイザー。現在はフリーランスのアドバイザーとして、スカウトやヘッドハンティングなどを中心に優秀な人材の仲介を行っている。



転職エージェントインタビュアー

先生、本日もよろしくお願いします。

伝説の転職キャリアアドバイザー

先生ですか・・・笑

転職エージェントインタビュアー

日頃不思議に思っていることなんですが、超一流企業を辞める人っているじゃないですか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

ええ。そうですね

転職エージェントインタビュアー

理由って何なんですか?僕から見たらうらやましい限りなんですけどね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

なるほど。確かにそうかもしれませんね。じゃあ、さっそく実際の転職理由を確認してみましょうか?

転職エージェントインタビュアー

おっ!さすがに話が早いですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

まずは国内で最も有名と言って良いかもしれない自動車メーカーからです。


転職エージェントインタビュアー

要するに大手企業の中で歯車として働くよりも、ベンチャー企業でスピード感を持ってどんどんチャレンジしていきたいということですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

転職先を決める上で重要な要素として「大手」か「中小(ベンチャー)」かという点があります。
新卒の場合は業界の知識が無いだけに名前の通っている「大手」を選ぶ傾向がありますが、いざ会社に入ってみると、大手特有の堅苦しさが合わない場合もあります。

転職エージェントインタビュアー

必ずしも大手だからと言って全員に適しているわけではないのですね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

その通りです。では次のケースを見てみましょう。今度は最大手の外資系コンサル会社です。


転職エージェントインタビュアー

一言でいえば忙しすぎるということでしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

そうです。このような事態にならないためには、転職先を決める際に「給料とプライベート」のどちらが大事かを自分自身に質問してみることです。

転職エージェントインタビュアー

究極の質問ですね(笑)

伝説の転職キャリアアドバイザー

はい。けれども、この要素は避けては通れません。一般的に給料の高い企業は激務です。ターゲットとするノルマが高いという言い方のほうが正しいかもしれません。

転職エージェントインタビュアー

つまり、給料の高い企業はプライベートの犠牲を受け入れなければならないんですね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

その通りです。効率よく仕事をこなしてプライベートを充実できれば良いのですが、最悪それが実現しない場合に我慢できるのかを自分に質問してみましょう。

転職エージェントインタビュアー

私の場合は「プライベートも重要」なので外資系コンサルは無理ですね・・・

伝説の転職キャリアアドバイザー

さて、最後は最大手の証券会社で営業をしている人の退職理由です。


転職エージェントインタビュアー

このエピソードはすごくわかります。自分が正しいと思うことをできないんですよね?

伝説の転職キャリアアドバイザー

サラリーマンの宿命ですが、とりわけ営業職員はお客様を目の前にしてジレンマを抱えることになります。ただし、手数料型よりもソリューション提案による成功報酬型であれば、多少なりともこの傾向は和らぎます。
同じ営業職でも、利害関係者や営業スタイルを慎重に選択するようにしましょう。

転職エージェントインタビュアー

なるほど。よくわかりました。
ちなみに、このような転職先の見極めはどのようにすれば良いのでしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

これは企業の人事に聞いてもなかなか教えてくれません。

転職エージェントインタビュアー

では、やはりキャリアアドバイザーに聞いたほうが良いのでしょうか?

伝説の転職キャリアアドバイザー

その通りです。


内定先の退職理由はキャリアアドバイザーに確認

伝説の転職キャリアアドバイザー

中途採用が存在するということは、事前に退職者が発生していることがほとんどです。もちろん、業績が絶好調で人を増やす場合もありますが、各年代の社員数を一定にするために採用することが最も多いものです。
ですから、退職している人の情報は少なからず転職エージェントに入ってくるものなんです。担当のキャリアアドバイザーは知らなくても、転職エージェントとしては情報を持っているはずですので確認してみましょう。

転職エージェントインタビュアー

確かに、転職相談に来ているかもしれませんね。

伝説の転職キャリアアドバイザー

どれだけ世間的に一流と言われる企業であっても、そのカルチャーに合う人と合わない人がいます。一種のお見合いみたいなものですので、ほかの人の退職理由が自分に当てはまらないかは必ず確認するようにしましょう。

転職エージェントインタビュアー

とても参考になりました。ありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。


その他の記事一覧

記事カテゴリー