転職エージェントに対し魅力的な求職者に見せるには




ホーム 転職エージェント > 転職エージェントに対し魅力的な求職者に見せるには

転職エージェントに対し魅力的な求職者に見せるには

『転職エージェントに登録時の注意点
 魅力的に思われる事でサービスも変わります!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをfacebookでシェアする

転職エージェントへの登録に何も考えずに行ってはいけません。

登録面談はキャリアコンサルタントに魅力的な企業へ紹介してもらうための、
いわば品定めという位置づけとなるのです。

最低限の事前準備をして登録へ望みましょう。

■ 履歴書・職務経歴書を作成する

すでにネット上にサンプルが溢れ、テンプレート化されている履歴書や職務経歴書ですが、
しっかりと記述することが非常に大切です。

“ 履歴書・職務経歴書を見れば、その人物の仕事ぶりと性格までわかる ”

書いてある文章を見れば、その人の知性や人柄がわかります。
ぱっと見てわかりやすい書き方、レイアウトかどうかで、相手目線で物事を考える柔軟性がわかります。
こういった細かい部分から、その人の仕事振りが想像できてしまうものです。

キャリアコンサルタントはこういった書類を何千枚と見てきているので、一目で判断できます。

この時点で完璧である必要はありません。
あくまで努力して書いて転職する意思のある書類としてください。


企業へ提出する前に、キャリアコンサルタントが添削してくれますので、
今やれる範囲で頑張って書くことが重要です。


■ 転職のビジョンを考える

登録面談で相談すれば何から何までキャリアコンサルタントが指示をしてくれると考えてはいけません。

転職に関するアドバイスはたくさんしてもらえると思いますが、
決めるのはあなた自身なので転職のビジョンをある程度考えておきましょう。

キャリアコンサルタントが何も考えずに漠然と登録に来られて困る理由の一つに、
『本当に転職する気があるのかわからない』
という点が大きいそうです。

キャリアコンサルタントはビジネスを行っており、求職者が転職に成功して入社しなければ
1円の利益にもならず、単なるボランティア活動で終わってしまうのです。


このような状態を避けるために、当然キャリアコンサルタントは転職意思の高い方を優先して
転職サポートを行います。

転職相談をしたいというビジョンが決まってない方の場合には、

「良い会社が見つかり次第、転職をしたい。」
「いつ頃までに転職を考えている。」
「今後はこういう仕事がしたい。」

という話しをして、将来的には転職意思があることを伝えましょう。


例え、かなり先の転職だとしてもキャリアコンサルタントにとっては、先々の有力な見込み客となり、
将来に備えて、今できる最大限のアドバイスがもらえるかと思います。

■ キャリアコンサルタントが転職サポートのしやすいタイプ

キャリアコンサルタントのほとんどの人が共通して言う転職サポートしやすいタイプというのは

“ 転職理由がハッキリしている人 ”だそうです。

こういった人は転職意思が明確なため、採用プロセスが立てやすく、転職先企業の紹介が多くできるそうです。
もちろん早期の内定が出やすく、キャリアコンサルタントにとっては一番力をいれるべき求職者となります。

 転職エージェントの登録前にしっかりと自身の考えをまとめておかないと、キャリアコンサルタントにうまく自分の想いを伝えられないので、転職に関する自分の考え整理しておきましょう。

 

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加