賢い転職|転職エージェントを効率よく使う方法




ホーム 転職エージェント > 賢い転職|転職エージェントを効率よく使う方法

賢い転職|転職エージェントを効率よく使う方法

『転職エージェントを効率よく使って
 プラスαのサービスを受けて転職を成功させよう!』

転職希望者はキャリアコンサルタントを頼る立場ですが、上手に転職活動を進める方は
『頼る』というよりも『使う』というスタンスでいる感じがします。

『使う』といっても、高飛車で指図をするような態度をとるわけではなく、
キャリアコンサルタントの心をうまく操り、気持ちよく仕事をしてもらうのです。

そのためには、人材紹介ビジネスを知ることで、少なからず相手の求めているのもが見えていなければ
上手に対応することができないと思います。

このサイトを通じて、転職エージェントのキャリアコンサルタントがどのような考えで仕事しているのかを学んで、
効率よく使う方法を学んでもらいたいと思います。

■ 転職エージェント側に主導権を渡さず、優先権を自分に置く

転職活動に関して、より多くの選択肢を持っている方が強気に交渉することができ、
自分でより良い会社を選択できる立場になれます。

内定を複数社得ている人が企業に対して強気に出れるというのは理解できると思いますが、
転職エージェントに対しての対応でも同じことが言えます。

転職エージェントにとったら『自社経由で転職を成功させて売上を上げたい』と思っているので、
複数社の転職エージェントを利用していれば、
他社転職エージェントに負けないように良い条件の会社を紹介しようと頑張り、
内定後も辞退を防ぐために年収交渉などの対応も必死にしてくれるでしょう。

転職エージェント1社にしか登録せずに転職活動を行うと、キャリアコンサルタントとしては売上が見込める美味しいお客として、素早く採用を決めて売上を上げてしまおうという意識に変わりやすいです。

他社の転職エージェントに持っていかれるリスクが無いので、良い条件をというより、
「この会社で決めてくれ~。」という、早く決めて売上を確定させたいという感覚に陥りやすいのです。

上記のような点がまず大きなポイントですが、多くの転職のプロの意見を聞いて転職活動するというメリットも
ありますので、面倒ではありますが転職エージェントは必ず複数社登録するようにしましょう。

そして、自分でも気になった会社をエントリーできるように、
転職求人サイトへの登録もしておきましょう。こちらは1サイトでも構いません。


自分でも動けるスタンスを持つことも、キャリアコンサルタントの転職サポート意欲に繋がります。

恋愛と一緒で、ちょっとでも対応を怠っていると他に持って行かれてしまうかもっという小さな危機感が
より人間を頑張らせるモチベーションとなるのです。


 複数の転職エージェントに登録することは少し面倒に感じる人も多いと思いますが、自分に合うキャリアコンサルタントと出会えれば、転職成功へのレールに乗ったも同然で、これからの流れが非常に効率的かつ楽になります。

 

■ 転職活動中のキャリアコンサルタントとの付き合い方

転職活動をしている方の多くが、現職に在籍していて仕事をしながら次の転職先を探しています。

平日は仕事をしながらの転職活動は使える時間が非常に少ないです。
だからこそキャリアコンサルタントに職務経歴書の提出や面接日程調整、選考企業で気になるところの質問、
その他の雑務的な連絡はすべて任せてしまいましょう。

そして、1社1社面接を受ける企業の特色や社風、どういった人材を求めているか、
面接ではどういった質問が来るのかなど、様々な対応策をキャリアコンサルタントと練ってから挑みましょう。

この面接対策をするとしないとで、内定率が大きく変わってきます。

当たり前の話しですが、事前に面談で聞かれる内容と、企業が求める人物像がわかっていれば、
しっかり準備して面談に挑めますので、自信を持てますし緊張も普段よりしないでしょう。

人間準備ができていると何事も良い結果がついてくるものです。


効率的に転職活動を行うためには、代行できる作業はお願いし、面接は1社1社しっかり対策を取って全力で内定を取りに行く。多くの内定を取れば取るほど、あなたの選択肢は増えますし、その後の年収交渉など有利に進めることが可能です。


もう1点重要なポイントがあります。

キャリアコンサルタントには自身でエントリーして進めている企業がある旨、
他社転職エージェントにも登録をしている旨をきちんと報告しましょう。
隠し事やあからさまな嘘は転職のプロには通用しづらいです。

転職活動で様々な転職エージェントを利用したり、自己エントリーをすることも、
人生の大事な転機なのですから、ごくごく当然の行動であり、当たり前の考え方です。


他で動いていることを伝えて嫌な顔をするキャリアコンサルタントは少ないのが現実なので安心してください。


ただ、最大限転職サポートを動いてもらうためには他社よりも御社が一番だと形だけでも思ってもらわないといけません。


そこで一言、

『他社よりも御社や○○さんを一番信頼しており、是非御社経由で良い会社に決まれば嬉しいです。』


というようなニュアンスで伝えていれば、必ず親身に良い転職サポートを受けられるでしょう。

■ 転職エージェントをメインに転職活動を行う理由

賢く転職活動を行うには転職エージェントをうまく活用するのが一番効率的です。
選考を受ける企業の社風や募集経緯などのエージェント経由で得られる情報量が違いますので、
無駄に選考レールに乗る会社というのが格段に減ります。

転職求人サイトで自己エントリーの場合:
求人情報の信用度合いから、本当に良い会社なのか、業務内容は美化されて書かれていないか、などなど多少警戒して選考を受けなければなりません。
さらに、書類選考や面接結果の返答がなかなか来なくて"待ち"の状態になるケースを良く聞きます。"待ち"の状態が続くと、新たに新規エントリーや選考予定を入れづらかったりと、非効率な転職活動になってしまいます。

その点、転職エージェントを間に挟むことで情報がクリアーになり、効率的に転職活動が行えるようになります。


そして、内定後の年収交渉などでは企業(立場的:強者)と求職者(立場的:弱者)という点から、
出された金額を受け入れるしかなかったですが、仲介者がいる事で年収交渉がスムーズに行われます。


直接、求職者が企業と年収の交渉をしてしまうと、「お金にがめつい人かな?」「仕事よりお金かな?」という事を疑われ、
入社前にマイナスなイメージを持たれかねません。

うまく転職エージェントを利用することで、転職活動が効率的に行え、年収面でも最高の結果に繋がるのです。

■ 将来も見据えたメンター的な関係を築く

これは転職活動が無事終了し、転職エージェントとのビジネス上での付き合いが終了してからの話しです。

良い関係を築けたキャリアコンサルタントとは将来も様々なアドバイスをもらえるように
関係性を継続していくといいと思います。

仕事人生は長いので、もしかしたら再度転職の相談をする機会があるかもしれません。
自分自身のことではなくても、親族や友人から転職相談を受けることもあるかもしれません。

医者や弁護士のように、気軽に相談できるキャリアコンサルタントが近くにいると、何かと重宝するかと思います。

実際にキャリアコンサルタントは転職活動終了後にも小まめに連絡を取るようになる人がいます。


定期的な仕事の進捗状況の連絡だったり、心境の変化だったり、転職先の苦労話だったり、話題は様々です。
転職市場は日々変化しているので、「○○の業界は求人どうですか?」と定期的にメールしてくる方もいます。


キャリアコンサルタントは頼られると、期待に応えたくなってしまうタイプばかりなので、
こうした質問などにも親身に対応してくれる方が多いです。

転職活動が終了し、ビジネス上のやりとりでは無くなったのであれば、飲みに行くこともアリです。
その時は話せる範囲で転職先の業界話しをしてあげると喜ばれます。

キャリアコンサルタント側からしても業界のオフレコ的な内情を聞けるのは仕事に役立ちますので興味があるところです。
転職したいと考えている友人を紹介してあげる事も、転職エージェントにとっては頼ってくれて喜ばしいと感じます。

こうしてお互いビジネスを超えてWinWinの関係でいる事で、長期的な付き合いになっていくのです。

人材ビジネスは人と人とのつながりで成り立っているので、是非転職活動時の関係を大切に!!

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加