転職エージェント > 大手転職エージェントと中小転職エージェントの大きな違い

大手転職エージェントと中小転職エージェントの大きな違いとは

『転職エージェントには様々な規模の会社があります。
転職サービスの違いを知っておきましょう!』

転職エージェントは売上げ数十億円以上の大手企業から、 数千万規模の中小企業を合わせると世の中に数千社もあるような状況です。

どの転職エージェントがあなたにマッチしているのか判断は非常に難しいですが、大手転職エージェントと中小転職エージェントでは大きく異なる点がありますので説明させて頂きます。

大手転職エージェントは百貨店型

よく大手と言われる転職エージェントは百貨店型のビジネスモデルと例えられます。

その理由というのも、会社規模や業界問わず、あらゆる企業にアプローチをかけて、 採用ニーズがあれば求人として受注していきます。

営業マンの数も数百人から千人規模で、1人平均100社担当したとしたら、ものすごい数の企業情報が得られる計算になります。

どんな企業でも揃っているという点から百貨店と例えられるのです。

転職活動をする際に、求人情報の数が多いに越したことはありません。
大手転職エージェントへの登録をして、より多くの情報を引き出すことは転職活動の必須事項といえます。

中小規模の転職エージェントは
専門特化型

大手に比べて中小の転職エージェントが非常に多いこの業界。

その理由は業界や職種、専門性などの特化をして人材紹介業を行えば、
大手転職エージェントよりも手厚いサービスが行え、差別化をはかる事ができるからです。

実際にどのように特化しているのでしょうか。

  • 業界特化型
    IT、金融、メディカル、電気電子、自動車関連など
  • 職種特化型
    経理・人事など管理部門系、エンジニア、営業・マーケティングなど
  • 外資系特化型
    外資系企業に特化して差別化を行っており、特に英語がキーワードとなっている。
  • ベンチャー企業特化型
    企業知名度が低く採用に苦戦するベンチャー企業だからこその特化サービス。
  • エグゼクティブ特化型
    年収1500万以上の人材に特化した紹介ビジネス。
  • その他
    女性に特化、シニア層、第二新卒など、様々な転職エージェントが存在している。

大手転職エージェントと
中小転職エージェントのメリット

大手転職エージェントは多くの成功実績を持っており、経験豊富なキャリアコンサルタントが多く、
職務経歴書の添削や面接対策などのサポートも充実しています。


しかしながら、登録する転職希望者の数が多いため、システム的な流れの登録面談や
忙しいことを理由に怠慢な対応をされるケースもあるそうです。


その点、中小規模の転職エージェントは転職希望者の登録数が少ないため、1人1人を大切にする傾向があります。

さらには専門特化した企業であれば、業界や職種における専門知識の豊富なコンサルタントがおり、
業界ならではに則した適切なアドバイスがもらえることでしょう。


このように数多くの転職エージェントが存在するが、あなたに合うキャリアコンサルタントに出会う事が一番大切であり、
これが転職を成功させる近道となります。

まとめ

・大手は豊富な実績と、膨大な情報、サービスが充実。
・中小は1人1人を大切に専門特化な対応を受けられる。

転職サービスのランキング

  • 転職エージェントランキング
  • 転職求人サイトランキング
  • ITエンジニアランキング
  • 派遣会社ランキング
  • 看護師求人ランキング
  • 薬剤師転職求人比較ランキング

元転職業界人が運営する転職エージェントサイトBEST WORK

ページトップに戻る