転職エージェント > 年収交渉と希望年収について

年収交渉と希望年収について

『希望年収をしっかり設定して納得がいくように年収交渉しよう!』

転職をする上で、年収は非常に重要な要素です。
誰もがお金を多く望んで当然ですし、転職をする理由の一番は年収アップです。

自分が望む金額をしっかりと決めて、キャリアコンサルタントに報告しましょう。

登録時の希望年収は高めに設定する

転職エージェントは採用された求職者の年収でFee(売上)が決まります。
求職者の年収が利益となるわけですから、キャリアコンサルタントとしても 安い年収で採用が決まって欲しいわけはなく、なるべく高い年収で採用が決まって欲しいと願っているものです。

だからこそ、登録時の希望年収を高く設定しても、キャリアコンサルタントは嫌な顔をしません。
「求職者の転職目的は今より年収を上げることだ!」と認識し、希望年収に合うように 企業の選択や転職支援サポートをしてくれるでしょう。

自分で設定する相場がわからず、現実的に厳しい年収設定をしてしまった場合には、
妥当な年収ラインを転職エージェント側からアドバイスをしてくれます。


アドバイスをもらった年収ラインにしたがって転職を進めることが、 あなたにとって良い年収での転職につながります。

逆に安い年収で設定してしまうと、キャリアコンサルタント的には企業に売り込みやすく、
『お買い得ですよ!』というスタンスで相場より安い年収のまま 転職が進んで行って、決まってしまうケースが見られます。

当然、入社してから大幅な年収アップは大変ですので、 入社する最初の年収が非常に重要なのでしっかりアピールしましょう。

内定後の提示年収に不満がある場合

自分が望む年収と大きく開きがある場合は、率直にそのことを転職エージェントに伝えましょう。
こういった年収面をしっかりクリアにしておかなければ、納得した入社となりませんし、高いモチベーションで スタートダッシュ的な働き方ができないはずです。

最初から希望する年収が厳しい場合には、将来的に到達する可能性があるのかを確認することが大切です。

どういう形で昇進や昇給があるのか、賞与などの不確定要素の確認は過去3年のデータを見る事です。
インセンティブによる変動の場合もどういう指標で評価されているのかを明確に聞いておきましょう。



こういった基準が明確になれば、入社意欲も増し、良い転職となるケースが多いです。

年収交渉テクニック

年収交渉をする上で大前提となることは、
”あなたの魅力”です。

「絶対にうちの会社に入社して欲しい」と企業人事に思ってもらえていなければ、
年収交渉をすることが逆効果になりかねません。

こういった当事者ではわかりにくい微妙な温度感は転職エージェントに確認するのが一番です。
転職エージェントではあなたの面接終了後に企業人事と密にやりとりを行います。かなりオープンな内容で返答を貰うケースが多いので、是非入社させたい人材かどうか温度感がわかるものです。

上記の温度感が高い場合には年収交渉がうまくいく可能性が高いです。

交渉ポイントとしては、”他社の選考事情”が非常に重要となってきます。

転職活動も終盤に差し掛かかり、内定を何社か頂けている場合を例に出します。
(別の転職エージェント経由でも内定を得ていることが重要)

「私としては貴社の仕事内容や社風的に第一志望の企業だけれども、他の内定企業からは『年収550万円』のオファーを頂いており、貴社提示額『500万円』との開きがあって”家族(嫁)”の同意を得る事が難しく悩んでいます」

と転職エージェントに伝えましょう。

転職エージェントとしては別の紹介会社経由での転職は避けたいと思っていますので、希望年収に近づけられるように企業との交渉を頑張ります。


【本人としては仕事内容や社風を重視したいと話しておりますが、他社と年収の差がありすぎますと家族(奥さん)の同意を得るのも難しくなるため、年収550万円のラインに近づけて頂くことは可能でございますでしょうか。】

という交渉を転職エージェントはしてくれます。

転職先企業としても、必要な人材とならば他社への流出を避け、何とか採用したい”と思うことが当然ですので、
各企業で給与テーブル等があるとは思いますが、可能な範囲内で高い条件を出してくれることが多いです。


注意点

いくら年収を上げるためとはいえ、嘘をついて「○○会社から年収○○○万円で内定をもらっています。」
という事はやめましょう。

これまで何度も話しておりますが、キャリアコンサルタントは採用のプロです。

・どういう方が○○会社で内定が出るのか。
・どのポジションなのか。
・年収相場はいくらぐらいか。

様々な情報がキャリアコンサルタントの頭には入っていますし、幅広いネットワークとこれまでの経験から、
嘘かどうか簡単に見破られてしまいます。

求職者の皆さんが、バレる事がない嘘だと思っていても、キャリアコンサルタントは
「何かおかしいなぁ。」という違和感を感じ、ちょっと調査をすればきっとバレてしまいます。

こういった事が起きないように、最初から複数の転職エージェントで平行して選考を進めて、
選考状況もある程度報告しておくことが重要になってきます。


その企業へ入社したいかどうかが
一番重要

上記でお話しさせて頂いた通り、転職の際に金額面の条件は非常に重要なことです。
しかし、何より大切なことは「あなたがその企業に本当に入社したいかどうか」という気持ちです。

仕事内容、職場環境、社風など自身に合っていれば、充実した仕事ライフが送れるかと思いますし、
長く勤務することによって将来的な昇格・昇給が見込めるかと思います。

このページでは年収交渉というお話しをさせて頂きましたが、くれぐれも金額面だけに目をとらわれずに
転職活動をして頂ければと思います。

転職サービスのランキング

  • 転職エージェントランキング
  • 転職求人サイトランキング
  • ITエンジニアランキング
  • 派遣会社ランキング
  • 看護師求人ランキング
  • 薬剤師転職求人比較ランキング

元転職業界人が運営する転職エージェントサイトBEST WORK

ページトップに戻る