ホーム > 転職エージェントの心を動かす3つの方法

転職エージェントの
心を動かす3つの方法

『キャリアコンサルタントの心をうまく操り、最高の転職サポートを受けられるようにしよう!』

キャリアコンサルタントが"この求職者のために精一杯頑張ろう"と心動かされる発言や行動について、
実際に転職エージェントでキャリアコンサルタントとして日々活躍されている方々にお聞きしてきました。

やはりキャリアコンサルタントには共通する部分が多く、例えビジネスとはいえ利益が全てと考えている人は少ないです。
逆に、利益関係なく"この人のために何かをしてあげたい"という個人的な感情が一番頑張れるポイントだと
語っています。

下記、3つの方法をご紹介致しますので、少しでもキャリアコンサルタントの心を掴み、
より良い転職情報とサポートを受けて、自身が納得できる転職活動となるようにしていきましょう。

1. 転職熱意は行動で見せる

転職活動を成功させるためにはこのような言葉をよく耳にします。

“労力を惜しんではいけない。”


意外と多くの求職者が、転職エージェントのキャリアコンサルタントと必要以上に会うことに 「時間や労力が惜しい、面倒だ」という気持ちから避ける人がいます。

しかし、こういった行動の1つ1つがコミュニケーションとなり、他の求職者よりも親近感を抱き、 キャリアコンサルタントとしては何とか転職を成功させる手助けをしてあげようと思うものです。

最初に面談をしてそれっきりでは、明らかに行動不足です。

キャリアコンサルタントはこの求職者は転職熱意が高く、先々売上があがるかどうか
という点を意識します。行動力が無く、面倒くさがるような求職者はいくらヤル気がある言葉を発しても説得力がありません。

選考が進んだ際には面接準備のためにキャリアコンサルタントに時間を作ってもらいましょう。
企業情報の再確認や、過去に面接を受けた求職者から得た情報、どういうタイプを先方が望んでいるのかを "直接会って聞き、擬面接を行ってもらう"ことも非常に大切です。

転職エージェント側から来社の声を掛けてくれる事が多いですが、それが無ければ、こちらから歩み寄って お願いする行動力も非常に大切です。


もし、登録後の仕事紹介が少ない場合には、どういう点で紹介が難しいのか、高望みをしてしまっているのかなど、 相談のために再度面談のお時間をもらえるかお聞きしてみましょう。

「仕事の紹介が来ない。この転職エージェントはダメだ。」

と受身の姿勢で諦めるのではなく、こちらから何とかしたいという誠意を見せましょう。

この転職エージェントではダメだと思うのは行動を起こしてからでも遅くありません。


登録した転職エージェントが多いと、転職活動の進捗報告をメールや電話で行う事も面倒な作業ですが、 キャリアコンサルタントとしたら情報共有ができていて助かりますし、 「マメで良い求職者だな」っという良い印象を持ってくれます。

転職活動という人生で大切なタイミングなので、面倒なことも労力と思わずに、 「お忙しい中、大変恐縮です」という言葉を添えつつ、積極的にキャリアコンサルタントと コンタクトを取るようにしましょう。

2. 信頼している事を上手に伝える一言

キャリアコンサルタントとコミュニケーションを取ることは非常に重要なことです。
ビジネス上の付き合いとはいえ、硬くなる必要は全くないです。

むしろ、フランクな関係であり、『 教えを請う姿勢 』『 あなたが頼りです 』という
スタンスの付き合い方のが、コミュニケーションがとりやすく信頼関係が築ける傾向にあります。

基本的にキャリアコンサルタントは『 人のためになりたい 』という欲求がある人がほとんどですので、 "頼りにされると、いつも以上に頑張ってしまう"と語っている人が多いです。

信頼関係で結ばれた求職者が転職に成功することがキャリアコンサルタント冥利に尽きると感じるようです。


こういった関係を築くには、求職者側も心を開いて接することが大切です。
基本的なコミュニケーションですが"感謝を伝える"ことを忘れてはいけません。
キャリアコンサルタントはボランティアでサポートしてくれているわけではないのですから、 小さな事でも感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

そして、何度かキャリアコンサルタントと話しをする中で、この人は信頼できると感じるタイミングがあるかと思います。
そういう時には素直にコンサルタントに伝えましょう。

伝え方は何でもいいのですが、ちょっと照れくさいかもしれませんが例をあげておきます。

「私は転職について無知なので、○○さんの事を本当に頼りにしています。」

このような直接的な感じでも、言われたキャリアコンサルタントは嬉しいものです。
頼られている感じが"成功に導いてあげたい"というキャリアコンサルタント心をくすぐる良い一言となるでしょう。

さらに関係性が築けて、転職活動も終盤というところに差し掛かってくるタイミングでは 求職者からこのような言葉も嬉しいものです。

「○○さんの売上げに貢献できるよう内定出したいですね。」

お互いWinWinの関係が築けているのがわかりますし、キャリアコンサルタントにこれまでの感謝があるからこそ、 今度はキャリアコンサルタントのためにという面もみれて嬉しい一言です。


信頼のおけるキャリアコンサルタントが1人できれば、今回の転職活動の成功が近づきますし、 転職の数年後にちょっとしたキャリアの相談や、転職市場の話しなど、将来的に良き相談相手として 繋がりを持つことも可能となります。

3. 電話メールの対応で特別な存在へ

転職エージェントに登録した後は電話やメールでのやりとりが多くなります。

当然、求職者のみなさんは就業中であったり、日々忙しくしているのでキャリアコンサルタントからの 電話に出れないこともたくさんあると思います。

電話に出れない事は問題ではありません。

その後の折り返しの電話を必ず行うようにしましょう。

電話をかける行為自体が好きでない人が多いのはわかりますが、気軽な気持ちで電話をして大丈夫です。
また、遅い時間だからとか気を使ってくれる方もいますが、いくら遅い時間でもレスポンスをくれた方が嬉しいです。

キャリアコンサルタントは仕事をしているうちの大半を電話や対面で人と話す仕事をしているので、 いつ何時でも電話を受ける事に慣れていますし、例え電話に出れなくても翌朝電話をかけてきてくれます。

いくら忙しくても電話やメールのレスポンスは非常に重要。


このレスポンスが信頼関係につながってきますし、レスポンスの遅い求職者は恋愛と一緒で あまりうちの会社を気にしてくれていないと思われてしまいます。


また、電話やメールの対応の中で感謝の言葉を忘れてはいけません。

キャリアコンサルタントから転職サポートを受けるのが当然の権利という姿勢を捨てて、 『忙しい中、私のためにありがとうございます』というスタンスが非常に重要です。

そして、ただ単に転職に関するビジネス的なやりとりだけではなく、 日々の起こったことや、休暇の話し、恋人や親族の話しなどを盛り込むようにすると、 キャリアコンサルタントとの距離がぐっと近くなります。

[例:旅行でリフレッシュ]
先日の休みの日に○○○へ旅行へ行って、大自然に触れリフレッシュしてきました。
現職の仕事と転職活動で最近は気持ちが凹みぎみだったのですが、美味しい食事や絶景を見ることで心が癒され、改めて転職活動を頑張ろうと思えたので良かったです。

○○さんはお仕事お忙しいかと思いますが、お休みの日はどこかへ出かけられたりするんですか。

というような些細なメールのやりとりもキャリアコンサルタントにとっては相手を知ることができますし、
自然なコミュニケーションによって親近感が沸いてくるのです。

さすがにキャリアコンサルタントからこのようなメールや対応はあまりしませんので、 こういう部分は求職者から歩み寄ってもらえると、キャリアコンサルタント側としても今後は一歩踏み込んだ コミュニケーションがとれるようになり、特別な求職者という見方と共に、転職サポートもしやすくなります。

転職サービスのランキング

  • 転職エージェントランキング
  • 転職求人サイトランキング
  • ITエンジニアランキング
  • 派遣会社ランキング
  • 看護師求人ランキング
  • 薬剤師転職求人比較ランキング

元転職業界人が運営する転職エージェントサイトBEST WORK

ページトップに戻る