転職市場と年齢の関係




ホーム 転職エージェント > 転職市場と年齢の関係

転職市場と年齢の関係

『日々変化する転職市場の状況を知り、
 今はどういうタイミングなのかを考えて転職をしよう!』

転職市場は非常に流動的で景気の流れやタイミングによって、劇的に変化します。

2009年サブプライムローンが破綻して、日本も大きな影響を受けました。
企業は先々の景気の先行きを懸念して採用を渋り、希望退職者を大きく募ることは当然です。

このタイミングでは金融系の企業の転職希望者が転職市場に目立ち、優秀な人材で溢れるような状態になってしまい、
転職市場での金融系人材の価値は大暴落してしまったのです。


最近ではソーシャルゲーム系の企業が業績好調で、社員をどんどん増やしている状況です。
どの会社も急成長のために人材を採用したいというニーズが勝り、求人数だけが膨大に増え、転職希望者は
市場に少ないため、ソーシャルゲーム系の企業で働く人材は売り手市場となり市場価値が高騰しています。


今の時代は両極端な例かもしれませんが、どの業界でも多少なりとも変化は起こっています。
メーカー系企業は国内での生き残りが厳しいため、日本の転職市場に限れば日々市場価値が下落していくでしょう。

このように株価のように景気に左右されるのが転職市場であり、日々変化しているため転職のタイミングを間違えれば、
年収の大きな差が生まれるだけでなく、劣悪な労働環境のブラック企業への入社の可能性もでてきてしまいます。

■ 転職市場と年齢

日本では転職市場と年齢は切っても切れないほどの関係にあります。

類稀な職歴や資格を保有している場合は例外となりますが、
基本的に若い方が転職しやすいという事が転職市場では定説となっています。

「○○の経験があって欲しいけれども、若ければこちらで教えます」
「業務の指示をするのが○○才だからそれよりも若い人材を採用したい」

というような”若ければ”というフレーズを何度と無く人事担当者から聞いてきました。

将来転職を考えているという人は、この現実をしっかりと受け入れなければいけないと思います。



今はタイミングではないですよね。

今は私が辞められる状態ではなくて…。

もっとスキルを身につけてから転職を…。


というような意見を多く聞くことがありますが、転職を後へ後へと先送りすればするほど、
あなたの転職市場での価値は下落しているという事を認識してください。


もちろん、転職には個々人のタイミング等もあると思いますので急がせるわけではありません。
しかし、現在の転職市場がどのような状況なのか、自分はどんな立ち居地でいるのかという部分を
転職エージェントに聞いて把握しておくべきかと思います。

今の日本では、一生安泰な会社はごく一部しかありません。


自分自身で"働く"という事を考えていかないと、満足な仕事ができず、家族に迷惑をかけることになり、
将来は苦しい生活を余儀なくされてしまいます。

すべては早めに動き、情報を得ているかどうかの違いが、この不景気の中で
将来を含めた仕事人生をうまく送っていく重要なポイントだと思います。

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加