下請けから自社開発へ転職できました。|シリコンスタジオエージェントのクチコミ



ホーム 転職エージェント > ITエンジニア転職エージェントランキング > シリコンスタジオエージェントの評判 > POOLさんのクチコミ

シリコンスタジオエージェントの評判|クチコミNo,3639、POOLさんのクチコミ
crown 16 位 平均 3.20 点 シリコンスタジオエージェント クチコミ:2
シリコンスタジオエージェントのロゴ
総合評価: 3.32
コンサル: 3.10
サポート: 3.20
求人量質: 3.18
  • ホームページ
  • 企業詳細ページへ
  • 口コミする
bar-main-bottom.png
シリコンスタジオエージェント詳細ページ
クチコミ投稿者:POOL さん
2016/09/26 19:34
私もそう思う 9私はそう思わない 2ポチッとお願いします
コメント数(0)

クチコミタイトル 下請けから自社開発へ転職できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをfacebookでシェアする
[ クチコミ ]
CGの仕事に就いて5年、ゲーム業界が好きですが下請け体制がキツく、年齢的にもう少しマシな職場へと思い転職。
はじめ大手転職エージェントに行ったら、3Dの仕事は全部一緒と思ってる知識のない素人に当たり、キツいなと思った。なぜかアミューズメント系ばかり押されるのも納得いかない。

ここは、はじめての面談で「映像系の会社も興味があればどうか」「背景モデラーならばこの会社(某人気FPS開発元)どうか」と他にはない具体的なアドバイスがあったので信頼できると感じた。
やはりゲーム業界出身の人材会社なんだろう、知識がちゃんとあるし、業界の中でどんな会社がどういう立ち位置か、というところも詳しくて、話していて面白かった。

希望通り自社開発の会社に転職し、残業代もある程度出るようになったので一安心している。ゲーム業界以外にも今後も必要とされるシーンは多い職種だというのを相談をきっかけによく知ることができたので、他業種に転職したくなったらここに相談しようと思う。
参考になったありがとう  8
シリコンスタジオエージェントの詳細ページへ

↓ シリコンスタジオエージェントのWEBサイトをチェックする ↓



総合評価: 5
コンサル: 5
サポート: 4
求人量質: 4

この記事を違反報告する

このクチコミにコメントする
ITエンジニア転職エージェントランキング
転職求人サイトランキング

書き込みマナー」に基づいた書き込みを行ってください。
・主観的・感情的な表現だけでなく、できる限り第三者の参考になる根拠を含めた表現でお願いいたします。
シリコンスタジオエージェント詳細ページ
これまでに寄せられた『 シリコンスタジオエージェント 』のクチコミ体験レポート
  • [ 8 評価pt ] 下請けから自社開発へ転職できました。(※このページのクチコミ)
  • CGの仕事に就いて5年、ゲーム業界が好きですが下請け体制がキツく、年齢的にもう少しマシな職場へと思い転職。 はじめ大手転職エージェントに行ったら、3Dの仕事は全部一緒と思ってる知識のない素人に当たり、キ・・・
  • [ 9 評価pt ] 希望タイトルのプロジェクト配属に!今の働き方が合ってます。
  • 多くのメジャータイトルに関わりたい、開発会社には縛られずプロジェクトごとで働きたいと思っていたので、弱小制作会社から脱出して、シリコンスタジオを通して派遣で働くようになりました。 まだ1社目ですが、・・・

  • bar-main-bottom.png
    ITエンジニア転職の考察
    【 エンジニアはどの職種よりも先々のキャリアを考えることが大事 】
     IT業界は技術進歩が早く、エンジニアは一つの会社で定年まで働く事がどんどん厳しくなってきています。
    ここ数年で働き方も多様化してきており、プロジェクトを渡り歩き流行の技術を吸収しているエンジニアがどの企業からも”重宝”され、年収も想像を超える額に跳ね上がり、若いうちから年収1000万円を超える人も増え、格差が広がっているのが現状です。

    しかし、すべての人が能力が高く、高年収で活躍していけるわけではありません。
    自分の能力と可能性を早いうちに見極めて、安定路線を選択するのであれば、比較的安定度の高い社内SEなどの保守業務への職種転換を行って、安定サラリーマンとして生きて行く道を早めに選ばなくてはいけません。早めの選択ができなければ、年齢を重ねるごとに仕事は少なくなり、悲惨な仕事人生が待ち受けています。

     逆に、エンジニアとして活躍していく道としては「@agent」や「エンジニアナビ」を利用して個人事業主(フリーランス)としての働き方も整ってきており、正社員や派遣で働くよりも給料が高く、スキルや能力も格段に成長できる働き方が生まれ、人気がでてきています。
    ※先々は労働法の規制緩和でもっとフリーランスの働き方が流行ってくると思います。
     特にITエンジニアという職種は、現在の職場で働いていくメリットとデメリットをしっかりと考えて、自分の将来と生き方と向き合っていかなければいけない時代になってきています。
    正社員として安定企業で勤めていくのか、契約社員や派遣、フリーランスなど雇用形態にこだわらずに仕事内容や給与を意識して働いていくのか、中途半端な働き方で日々を過ごして年齢だけを重ねるのだけは止めてもらいたいです。
    将来の安定や飛躍は自分自身で行動していかなくてはならないのです。
    ◎幸いにもITエンジニアにとって売り手市場の2016年は行動するチャンスの年かもしれません。
    ワークポート