適正年収を知って今の働き方を見直した。|MIIDAS(ミーダス)のクチコミ



ホーム 転職エージェント > 転職サイトランキング > MIIDAS(ミーダス)の評判 > ジンジャー 30代さんのクチコミ

MIIDAS(ミーダス)の評判|クチコミNo,3531、ジンジャー 30代さんのクチコミ
crown 7 位 平均 3.50 点 MIIDAS(ミーダス) クチコミ:4
MIIDAS(ミーダス)のロゴ
総合評価: 4.00
求人の量: 3.50
求人の質: 3.00
使い易さ: 3.50
  • ホームページ
  • 企業詳細ページへ
  • 口コミする
bar-main-bottom.png
MIIDAS(ミーダス)詳細ページ
クチコミ投稿者:ジンジャー 30代 さん
2016/08/27 21:47
私もそう思う 9私はそう思わない 2ポチッとお願いします
コメント数(0)

クチコミタイトル 適正年収を知って今の働き方を見直した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをfacebookでシェアする
[ クチコミ ]
なかなか自分の市場価値がどうかなんてわからないので、面白いサービスだと思って登録した。
大学の同期の中では稼いでるほうじゃないかと思ってたけど、キャリアも長いし業界の中ではどうなんだろう、と気になっていたのだった。

実際に見てみると、驚くことに、想定オファー年収が150万ほど今の年収より高く、軽くショックを受けた。
オファーも届いたが、はじめの1件は、今の年収より120万ほど高い提示だった。
オファーが他にもいくつか来たが、軒並み80万~150万ほど高い。

今の会社・仕事内容にはおおむね満足しているが、やはり収入を考えると転職したほうがいいのかもしれないと考えるようになった。
うちの会社で80万年収アップ狙うには、配属や役職が変わらなければ実現しそうにない。

来ているオファーから連絡すれば、書類選考などではなく面接からスタートできるので、どうしても気になっている企業だけ、面接を受けてみる予定だ。
正直、久々に有給を使うのでちょっとそわそわしている自分がいる。

今回オファーを受けなくても、想定年収や自動で紹介される求人を見て、今の働き方を見直すきっかけになったと思う。社内で上のポジションを目指すかどうか、面接を受けてからまた考えたい。

参考になったありがとう  13
MIIDAS(ミーダス)の詳細ページへ

↓ MIIDAS(ミーダス)のWEBサイトをチェックする ↓



総合評価: 5
求人の量: 3
求人の質: 4
使い易さ: 4

この記事を違反報告する

このクチコミにコメントする
転職エージェントランキング
転職求人サイトランキング

書き込みマナー」に基づいた書き込みを行ってください。
・主観的・感情的な表現だけでなく、できる限り第三者の参考になる根拠を含めた表現でお願いいたします。
MIIDAS(ミーダス)詳細ページ
これまでに寄せられた『 MIIDAS(ミーダス) 』のクチコミ体験レポート
  • [ 2 評価pt ] オファーが来た企業とは会ってもらえるメリットは大きい。
  • 年齢や転職回数等で転職も難しい状況ですが、オファーが来た企業は会ってもらえるので、その中から選べるということでは、大変便利になりました。 オファが来る企業も1つだけではないので、年齢や転職回数を気・・・
  • [ 13 評価pt ] 適正年収を知って今の働き方を見直した。(※このページのクチコミ)
  • なかなか自分の市場価値がどうかなんてわからないので、面白いサービスだと思って登録した。 大学の同期の中では稼いでるほうじゃないかと思ってたけど、キャリアも長いし業界の中ではどうなんだろう、と気になっ・・・
  • [ 13 評価pt ] スパムのようなメールは来ないので登録しといて損はない。
  • 求人情報って、今の時代、検索すれば、簡単に知ることができる。 SNSもあるから、企業情報や求人情報は簡単に手に入る。 手に入らない情報は、その企業が自分のスキルを求めているかどうか。 この情報だけは、手・・・
  • [ 19 評価pt ] MIIDASの使用感と求人抽出結果で感じた事を書いてみた
  • 最近流行りの人工知能っぽい転職サイトだが、MIIDASはインテリジェンス社が行っているって事だったので登録してみる事にしました。 登録はいたって普通で、簡単な個人情報、学歴、職務経歴を簡単に入力。 細・・・

  • bar-main-bottom.png
    転職求人サイトの考察と効率的活用方法
    【転職求人サイトは戦国時代に突入】
    求人掲載料金を無料にして成果報酬で利益を得る新しいビジネスモデルの新興企業、
    1週間で数十万円と高額な求人掲載費で運営する老舗企業とでぶつかり合いが続いている。
    どちらも利用する企業人事としたらメリットがあるが、転職希望者の立場からしたら優良求人を見抜く目が必要となってきます。採用担当者は転職求人サイトを使い分けており、すべてのサイトに求人を出すわけではありません。サイトの知名度や登録されている人の職種や年齢層を考え、前に出稿して得た実績を分析して費用対効果を考えてサイトに掲載依頼をします。すべてのサイトに掲載していたら膨大な手間がかかりますし、有料掲載の場合には費用がかかりますので、選択するのは当たり前の話しですね。
    だからこそ、転職希望者は多くの求人サイトに登録をして情報をチェックする必要があるのです。
    例えば、月曜日はDODA、火曜日はenとマイナビ、水曜日はリクナビNEXTの求人がアップデートされますので、転職を考え始めたらNew求人だけでもいいのでチェックすれば転職市場の見え方が全然変わると思います。それ以外の毎日更新される新興企業サイトでは大手とは違う求人に出会うことができます。