MIIDASの使用感と求人抽出結果で感じた事を書いてみた|MIIDAS(ミーダス)のクチコミ



ホーム 転職エージェント > 転職サイトランキング > MIIDAS(ミーダス)の評判 > ダスミーさんのクチコミ

MIIDAS(ミーダス)の評判|クチコミNo,2343、ダスミーさんのクチコミ
crown 7 位 平均 3.50 点 MIIDAS(ミーダス) クチコミ:4
MIIDAS(ミーダス)のロゴ
総合評価: 4.00
求人の量: 3.50
求人の質: 3.00
使い易さ: 3.50
  • ホームページ
  • 企業詳細ページへ
  • 口コミする
bar-main-bottom.png
MIIDAS(ミーダス)詳細ページ
クチコミ投稿者:ダスミー さん
2015/07/23 14:54
私もそう思う 8私はそう思わない 1ポチッとお願いします
コメント数(0)

クチコミタイトル MIIDASの使用感と求人抽出結果で感じた事を書いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをfacebookでシェアする
[ クチコミ ]
最近流行りの人工知能っぽい転職サイトだが、MIIDASはインテリジェンス社が行っているって事だったので登録してみる事にしました。

登録はいたって普通で、簡単な個人情報、学歴、職務経歴を簡単に入力。
細かい資格やスキル等も設問があるけれども、後ほど修正できると思うので割愛した。

ざっと3分~5分ほどで登録だけはできてしまう。

登録がすべて終わると、私に合った求人数と求人の年収などが表示されました。
サイトの説明では、この求人がこれまで蓄積されたインテリジェンスのデータを元に私に合った求人を抽出してくれてるらしい。
パッと見はそんなに深みがなさそうだけれども、自分にはこういう求人が合ってたんだなって再確認はできた。
表示されてた求人が自分の希望している業界だったため。

まだリリースされたばかりの転職サイトなので、何とも言えませんがオファーメール等が迷惑メールのように来ることもないですし、登録してみて損はないと思います。
参考になったありがとう  17
MIIDAS(ミーダス)の詳細ページへ

↓ MIIDAS(ミーダス)のWEBサイトをチェックする ↓



総合評価: 4
求人の量: 4
求人の質: 3
使い易さ: 4

この記事を違反報告する

このクチコミにコメントする
転職エージェントランキング
転職求人サイトランキング

書き込みマナー」に基づいた書き込みを行ってください。
・主観的・感情的な表現だけでなく、できる限り第三者の参考になる根拠を含めた表現でお願いいたします。
MIIDAS(ミーダス)詳細ページ
これまでに寄せられた『 MIIDAS(ミーダス) 』のクチコミ体験レポート
  • [ 0 評価pt ] オファーが来た企業とは会ってもらえるメリットは大きい。
  • 年齢や転職回数等で転職も難しい状況ですが、オファーが来た企業は会ってもらえるので、その中から選べるということでは、大変便利になりました。 オファが来る企業も1つだけではないので、年齢や転職回数を気・・・
  • [ 11 評価pt ] 適正年収を知って今の働き方を見直した。
  • なかなか自分の市場価値がどうかなんてわからないので、面白いサービスだと思って登録した。 大学の同期の中では稼いでるほうじゃないかと思ってたけど、キャリアも長いし業界の中ではどうなんだろう、と気になっ・・・
  • [ 13 評価pt ] スパムのようなメールは来ないので登録しといて損はない。
  • 求人情報って、今の時代、検索すれば、簡単に知ることができる。 SNSもあるから、企業情報や求人情報は簡単に手に入る。 手に入らない情報は、その企業が自分のスキルを求めているかどうか。 この情報だけは、手・・・
  • [ 17 評価pt ] MIIDASの使用感と求人抽出結果で感じた事を書いてみた(※このページのクチコミ)
  • 最近流行りの人工知能っぽい転職サイトだが、MIIDASはインテリジェンス社が行っているって事だったので登録してみる事にしました。 登録はいたって普通で、簡単な個人情報、学歴、職務経歴を簡単に入力。 細・・・

  • bar-main-bottom.png
    転職求人サイトの考察と効率的活用方法
    【転職求人サイトは戦国時代に突入】
    求人掲載料金を無料にして成果報酬で利益を得る新しいビジネスモデルの新興企業、
    1週間で数十万円と高額な求人掲載費で運営する老舗企業とでぶつかり合いが続いている。
    どちらも利用する企業人事としたらメリットがあるが、転職希望者の立場からしたら優良求人を見抜く目が必要となってきます。採用担当者は転職求人サイトを使い分けており、すべてのサイトに求人を出すわけではありません。サイトの知名度や登録されている人の職種や年齢層を考え、前に出稿して得た実績を分析して費用対効果を考えてサイトに掲載依頼をします。すべてのサイトに掲載していたら膨大な手間がかかりますし、有料掲載の場合には費用がかかりますので、選択するのは当たり前の話しですね。
    だからこそ、転職希望者は多くの求人サイトに登録をして情報をチェックする必要があるのです。
    例えば、月曜日はDODA、火曜日はenとマイナビ、水曜日はリクナビNEXTの求人がアップデートされますので、転職を考え始めたらNew求人だけでもいいのでチェックすれば転職市場の見え方が全然変わると思います。それ以外の毎日更新される新興企業サイトでは大手とは違う求人に出会うことができます。