紹介手数料を目的とした営業ノルマ優先の転職エージェント




ホーム 転職エージェント > 紹介手数料を目的とした営業ノルマ優先の転職エージェント

紹介手数料を目的とした営業ノルマ優先の転職エージェント

『転職エージェントも利益を求めたビジネスをしている、
 紹介手数料に走るキャリアコンサルタントには要注意!』

転職エージェントもビジネスを行っている以上、利益を出すことが企業としての目的です。

キャリアコンサルタントも予算(ノルマ)を持たされ、日々の業務に取り組み、
毎月の決定人数や売上によって評価される非常にシビアな業界です。

■ とにかく内定、数打てば当たる方式

転職希望者の転職が決まった事によって成果報酬が発生するビジネスモデルなので、
“数打てば当たる”と言わんばかりに、数多くの求人を持ってきて、

「とにかくたくさんエントリーしてみましょう。」

と促すキャリアコンサルタントがいます。


求職者にとっては是が非でも“内定が欲しい”、“早く転職したい”と思っていれば、
多くの企業を紹介してもらえる事は嬉しいと思ってしまいがちですが、しっかりと自身に合った企業を選ばなければ、
再度転職を繰り返すというような最悪の結果になってしまうかもしれません。

転職を繰り返せば繰り返す程、転職エージェントへの利益貢献になりますが、
自身のキャリアは傷つき、どんどん転職がしづらくなってしまいます。

■ 内定後の対応に注意しよう

転職活動はたくさんの情報を得るために複数社の転職エージェントに登録したり、
個人的にも転職求人サイトでエントリーなどを行って、幅広く活動した方がより良い結果となる可能性が高くなります。

もちろん、アドバイスをしてくれるキャリアコンサルタントも幅広く転職活動しているのは 自分の転職活動を成功させるために、当然のことだと理解してくれています。


しかし、いざ内定が出たタイミングには注意が必要です。

キャリアコンサルタントとしたら、他の転職エージェント経由の転職や個人でエントリーしている企業があると、
この内定を辞退しかねないと、不安な気持ちと共に何としても早めに内定受諾させたい気持ちになります。

ちょっとキャリアコンサルタントの気持ちになって考えれば当たり前の話しですね。
これまで求職者に対して、転職に関するアドバイス、企業人事への報告や連絡、面接のセッティング、
その他多くの事務的作業を行ってきました。

本人が内定を受けさえすれば、これまでの仕事が報いて100万以上の成功報酬が得られる一歩手前なのです。

その状況を考えれば、キャリアコンサルタントが利益に走るような行動はわからなくはないかもしれませんが、
仕事は人生にとって非常に大切なことなので、あなた自身で慎重に判断しなければいけません。

内定後に下記のような発言をキャリアコンサルタントがしてきたら、ちょっと注意が必要かもしれません。

他に選考中の企業があるにも関わらず、
「いついつまでに内定に関するお返事をしてもらわないと、
もしかしたらダメになってしまう可能性もでてきます。」


これは、“時間の制約をして、遠まわしに選考中企業を受けさせない”
という工作かもしれません。

実際に企業が焦って採用をしようとしているのかもしれませんが、
たいていの企業が選考中企業の結果を長期間でなければ待ってくれるはずです。

妙に内定企業のことを良く言い、「絶対にこの会社の内定を受けた方がいいですよ。」
と必要以上に強く押し付けてくるような発言も怪しいものです。

キャリアコンサルタントはあくまでアドバイザーであり、転職先を決めるのはあくまで求職者自身です。

求職者の本心が一番大切なので、背中をそっと押す程度のオススメ発言は良いかと思いますが、
強く押し付けるような言い方は信頼できるキャリアコンサルタントとは言えないです。

その内定企業に100%合うとは誰もわからない事ですし、
もしかして合わずに辛い経験や退職をしてしまうかもしれません。

人生において非常に大切な選択なのですから、キャリアコンサルタントにそのような選択権はありません。
あくまでアドバイスであり、決めるべきは求職者本人なのです。

求職者にとってキャリアコンサルタントは良きアドバイザー。
逆にキャリアコンサルタントの場合、内定受諾直前は求職者は高額商品となります。

 

という事を認識した上で、信用できるキャリアコンサルタントなのかどうかの判断と、
うまく転職エージェントを利用するスタンスでいましょう。

あくまで選択権はあなた自身にあり、自分の進めたいように転職活動をした方が良いかと思います。


キャリアコンサルタントには5通りのタイプが存在
キャリアコンサルタントの心を動かす3つの方法

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加