転職業界人も転職エージェントに登録して転職する




ホーム 転職エージェント > 転職業界人も転職エージェントに登録して転職する

転職業界人も転職エージェントに登録して転職する

『転職業界で働く社員達が転職をする際
 他社の転職エージェントに登録して転職サポートを受けます』

転職エージェントに登録する事はオススメだと言っておりますが、
実際に転職のプロと呼ばれるキャリアコンサルタント達や転職業界人はどのように転職しているのでしょうか。

■ 転職のプロも他者意見を求める

転職市場や求人企業の内情を知っている転職エージェントに勤務している人も、
他社の転職エージェントへ登録して転職をしています。

在職中に転職活動を行う場合、自社の転職サービスを利用すると、転職活動をしている事が
会社にバレてしまいますので、人材ビジネスを行っている会社の社員は他社のサービスを利用する事がほとんどです。

転職市場や求人に詳しい業界人であっても、登録へ行くのは「他者の客観的評価を聞きたい」という理由と、
転職エージェントを利用する事の様々なメリットを知っているからです。

もちろん個人でも個別にエントリーを行って転職活動を行うでしょうが、
選択肢の1つとして転職エージェント経由でも選考を進めるのです。


私の友人のキャリアコンサルタントも転職をする際に、別の転職エージェントに登録をして転職相談をしていました。

転職市場に身を置く仕事をしているので、転職知識やノウハウは持っています。
しかし、客観的に自分の現状を見てもらう事により、自分自身では気づけない事や
ネガティブポイントが見つかって登録して本当に良かったと話していました。

自分で自分のことをわかっているつもりでも、他者からの見え方は違うものです。


この違いは面接でも出てしまうので、転職活動時にしっかりと自分の見え方を把握して、
より自分をアピールできるように考え直さなければいけません。

同業者ということもあるので「私が売上に繋がるかどうか」という駆け引きを上手に行い、年収交渉をしてもらったり、より良い関係で転職を進めることが可能だったりします。

これは同業だからという理由だけではなく、転職ビジネスというものを理解し、キャリアコンサルタントの気持ちになって、
しっかりと対応していけば、一般企業の方々も良い関係を築けていけるかと思います。

転職エージェントを操る3つの方法

■ 友人への相談は注意が必要

転職はなかなか現職の同僚には相談しにくいものです。
内緒で転職活動をして面接して内定を取ってから報告するのが一般的な流れです。

よく「学生時代の友達に相談しています。」という話しを聞きますが、友達はあなたの性格等をよく知っている
かもしれませんが、働いている業界知識やあなたの仕事っぷりは全く知らないと思います。

このような無知な状態での転職相談は非常に危険で、誤った方向に行きかねません。

会社の同僚であれば、ある程度あなたの事や業界知識がありますので、参考になるアドバイスがもらえるかも
しれませんけれども、転職活動をしている事が会社にバレるかもしれないというリスクがあります。

会社の同僚に転職相談があまりできないのであれば、やはり転職エージェントに頼る必要があると思います。

転職エージェントに勤める社員達も同僚には相談できず、
他社転職エージェントに登録をして転職アドバイスを受ける形をとっているのです。

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加