『求人内容の無把握』元キャリアコンサルタントが語る注意点と裏話




ホーム 転職エージェント > 求人内容を無把握な転職エージェント

求人内容を無把握な転職エージェント

『転職エージェントを利用するからには
 求人内容をしっかり聞いて登録メリットを活かそう!』

転職エージェントへ登録して、キャリアコンサルタントに頼るメリットの1つに
”求人内容の詳細を把握している”という事があります。

通常のWEBサイト上だけの求人情報は、多くの求職者を呼び込みたいため、良い面だけを記載して、
業務内容や必要スキルがちょっとわかりづらい事があります。

この点、キャリアコンサルタントは受注している求人を把握しており、
社風や業務内容はもちろん、面接ではどのようなことを聞かれ、人事はどういう人材を好む傾向にある
といった裏情報も知っています。

このような情報があれば、まず人材のミスマッチも少なくなり、面接に挑む際の心構えや対策も考えられますので、
通常のエントリーよりも内定率が格段にアップします。

■ 面接の詳細を説明しない転職エージェントには注意

転職エージェントでは面接の事前に、どのような面接が行われるかを教えてくれます。

どの部署の役職の方が出てくるのか、人事が同席するのか、圧迫ぎみな面接か、
フランクな面接か、具体的にどういう質問があるのか、面接時間はどれくらいか、
その他さまざまな情報で面接通過のための対策が取れるようにしてくれます。

こういった情報を持っていない転職エージェントは問題外と思ってください。

求職者に本当に良い転職をして欲しいと思っていない可能性がありますし、
“内定が出たら儲けもの”と思って面接を受けさせているかもしれません。

ただ、面接アドバイスができないのは転職実績がない新規の企業で情報が少ないケースもあります。
その場合には転職エージェント側から「面接詳細が把握できてなくて申し訳ございません。」と、
謝罪があるかと思います。

■ 求人内容の把握は転職エージェントと企業の繋がりを示す

キャリアコンサルタントの中には、企業と絶大な信頼関係を築いていることがあります。

こういった企業はキャリアコンサルタントの○○さんから紹介された求職者という事なら、
「人柄や経験は問題ないだろうね。」という具合に、最初からプラスのイメージを持って面接を行ってくれます。

もちろん面接から内定率も格段に高くなります。

こういった企業は、求人内容の細かい部分までコンサルタントが把握していますから、
その企業人事のように具体的に説明してくれます。

もちろん求職者にとったら実際に働くイメージが描きやすいので助かりますね。

このように、企業との繋がりが太いほど、求人内容を把握している傾向にあります。
キャリアコンサルタントの求人内容の説明の仕方などから、こういったポイントも見てみると良いかもしれません。


Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加