40代50代の転職はアリ?シニア層といわれる年代の転職について|転職エージェント ニュース



ホーム 転職エージェント > 転職エージェント ニュース > 40代50代の転職はアリ?シニア層といわれる年代の転職について

40代50代の転職はアリ?シニア層といわれる年代の転職について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私事で恐縮ですが最近転職をし、今まで勤務していた転職エージェントとは別のエージェントで働いております。
その新しく勤務している転職エージェントでは大手総合型エージェントと異なり、40代、50代を積極的に受け入れています。そして、実際に40代、50代で転職を成功させる方もいらっしゃいます。


一方で、この世代の転職の難しさも感じているところです。


そこで今回は私が見ている現状を踏まえ、40代、50代の転職についてお話をしたいと思います。


そして、40代、50代のいわゆるミドル、シニア層の転職はアリなのかどうかについてお話をしたいと思います。


【目次】

1.40代50代ってアリ!?40代50代の転職の実態について



まずは40代、50代の転職市場についてお話をしたいと思います。



1-1.40代、50代の転職は基本やめましょう

上述では40代、50代の転職成功例はありますとお話ししましたが、原則として40代、50代の転職はナシだとお考えください。他業界、他業種なんてものは厳禁です。


その理由は以下の2点です。



40代、50代での転職を避けるべき理由

①求人数が絶対的に少ない
②求人はあるが、求めている能力の範囲が狭い


とにかく現役の転職エージェントとして実感するのは、40代を過ぎると管理職、専門職以外の求人は激減します。50代になれば壊滅的になります。しかも、求められる能力はかなり限定的となります。


今まで、転職に成功したから今回も成功すると思っている方、年齢を重ねるうちにあなたの価値は確実に下がります


悪いことは言いません。一度立ち止まって考えてください。退職して転職活動はしてはいけません。間違いなく失敗します。



1-2.40代、50代の方が離職になった際の転職活動例

上述では40代、50代の転職は厳しいと断言しましたが、こんな例がありました。一例を紹介します。




求職者は50代前半の外資系で営業の管理職をしていた男性です。安定しない組織に不満を感じ、どうせすぐ決まるから辞めちゃえという形で退職されました。


しかし、次の会社が全く決まりません。私はエージェントとして複数の会社に打診しましたが会ってすらもらえません


理由は全て年齢です。組織構成上、経験は魅力だが厳しいと言われて見送りになるケースが大半でした。また、やっと書類が通過しても結局面接で見送りとなっているようです。


つまり、能力が高くとも、欠点が見えて見送りになるのですがその枕詞が「年齢」になるのです。いくら良い経験があっても、少しでも欠点が見えた瞬間、年齢で全て打ち消されます。


高い年収とエージェントに支払う採用フィー、及び活躍年数を考えたら採用企業側はリスクを背負いたくないのです。


高年齢層にとって、転職市場とはそんなシビア世界なのです。



1-3.転職サイトで求人エントリーの乱打をしたところで時間の無駄



これは特に50代の方に見られる傾向にありますが、転職サイトからとにかく応募の乱打を始める方です。きつい言い方をしますが時間の無駄です。


今、転職サイトには年齢で応募を規制できない法律があるため、何歳でも応募できるようになっていますが、求人においては年齢制限が存在します。


最近は、人材紹介と提携して求人応募が転職エージェントにつながるサービスも普及してきました。しかし、本質的には転職サイトは若手の大量採用か企業の採用単価を下げるためのツールです。


ミドル、シニア層の転職には一部のサイトを除き適しません。そのことは改めて理解してほしいと思います。



1-4.まとめ


エージェント吉田

必ず認識してほしいことは、40代、50代の方は「転職しない」という選択肢を持てる状況にしてほしいということです。

年齢を追えば追うほど転職市場は下がり、非常に大変な思いをします。

40代、50代はキャリアの集大成です。下手な転職は晩節を汚す可能性が高いことをまずは認識して下さい。



2.それでも転職をしたい・しなければならないあなたに



しかし、早期退職の勧告や、なんらかの理由で会社にいられなくなった方も中には沢山おられるのではないでしょうか。


そんな方はどうしたらいいのかについてお話をしたいと思います。



2-1.離職になるべきではありません

上述でも触れましたが、現職を「辞めない」という選択肢をとれる状況にしましょう。


ただ、会社にいられなくなったという方もいらっしゃるかもしれませんが、本当に会社に居られないのは懲戒解雇か売り上げが厳しい際の会社都合かどちらかです。


基本的に会社は人材を退職させることはできません。退職勧告はあくまでも勧告であり、命令ではありません。


どんな手を使っても簡単にやめてはいけません。「辞めて」と言われたならば「この年齢でほかに行けと言われても無理だ。嫌だ。」と突っぱねましょう。


次の転職先が決まっているなら早急に退職すれば良いですが、決まるまではやめてはいけません。どんなにその会社で冷や飯を食うようなことがあってもそれに耐え会社に残りましょう。そしてそこからスタートしましょう。



2-2.あなたのコアスキルを生かした転職をしましょう



自分の身分をギリギリでも守った上で、次にやることはあなたのコアスキルを確認しましょう。


次の転職先は、あなたが経験したこと、得られた能力を生かせるところを選びましょう。そのためにすることは、履歴書と職務経歴の作成です。


履歴書と職務経歴書は、あなたの今までの歴史と実績を語るための「あなたのカタログ」です。


おそらく、自分のスキルとは何だろう、自分が成し遂げてきたことって何だろうと考えるはずです。とにかくどんどん書き出しましょう、思い出しましょう。そして、「なぜ成功した実績を出したのか」「その背景にどんな失敗が成功に導いた」のかすべて棚卸しましょう。


この時点で書く職務経歴書は、粗々でもかまいません。書いてあなたが「自分のできること」をしっかり棚卸できているという状況が大事なのです。



2-3.転職エージェントを使いましょう



履歴書・職務経歴書を作成したら、転職エージェントに行きましょう。


ただ、年齢が高い方の場合、大手総合型転職エージェントだと紹介できる案件がないと言われることもあります。


そのため、狙うべきは業界特化型の転職エージェントです。


業界特化型の転職エージェントからすると、多少年齢が高くとも専門型転職エージェントの永遠の課題となる求職者数を獲得できますし、各業界の人事や経営者と繋がっているケースが多いです。


そのため、あなたの提案の仕方も知っています。そのため、あなたの在籍した業界、管理部門の方なら管理系に強い転職エージェントに登録しましょう。


リクナビやマイナビの求人案件に無駄うちする時間を、あなたに合った転職エージェントを探し、面談を受けに行く時間に費やしたほうが遥かに効率的です。



2-4.転職サイトの使い方



さて、今まで私は「転職サイト」は無駄だといいましたが、それはあくまでも「リクナビネクスト」「マイナビ」「エン転職」といったいわばメジャーな若者向けの転職サイトに対してです。


今、転職界では、30後半以降のミドル層、またそれ以上の方々を対象とした転職サイトが見直され、有効活用をされています。


テレビCMでおなじみの「ビズリーチ」「エンミドルの転職」がその対象です。
ハイキャリア層であれば、リクルート運営の「キャリアカーバー」がおすすめできます。


転職サイトより転職エージェントが前面に立った背景として、人事側の工数削減があります。転職サイトに求人を掲載すると、転職サイトの代理店や転職エージェントといった人材業から電話がくるわ、ターゲット外の人材の処理をしなければならないため人事側の仕事が増えていました。


しかも、それでいて採用を成功できないという無駄骨も当たり前でした。これは景気が良くなり、その傾向に拍車がかかっています。




しかし、一方で転職サイトは不特定多数の目に求人が晒されるため、求職者のエントリーを募れるというのは大きなメリットで、大手転職サイトであればなおのことその確率が上がります。


そのため、この2つのサイトは「転職エージェントの案件プラットフォーム」という位置づけで、求人を出している会社名を出さず、転職エージェントが保有する求人を掲載するという方式でもOKとしました。


そのため、あなたにあった求人を探してエントリーすると、興味をもった転職エージェントから連絡がいく仕組みが出来上がりました。(もちろん求人を出している会社が自分の求人を実名で出してもOKです。)


つまり、求人を切り口に、あなたに合った転職エージェントを探せるサイトがミドル・シニア層を対象としている転職サイトということになります。


また、マイナビでも10月から同様に40代50代の転職支援サービス「マイナビミドルシニア」が始まるようで、このやり方は40代以上の方の求人探しの主流になりそうです。転職エージェントに任せっぱなしするのが不安なら、こういったものを活用しながら自分に合う求人を探してみてはいかがでしょうか。


ちなみに世の中には、どの年齢層でも親身に相談に乗ってくれる転職エージェントもあります。Aidem Smart Agentや、パソナキャリア、アデコ運営のSpring転職エージェントなどが当てはまります。
上記にあげたエージェントいくつかに登録してみて、自分にマッチする転職パートナーを見つけることが、ミドル・シニア層の転職成功のカギとなるでしょう。



2-5.まとめ


エージェント吉田

繰り返しますが、40代、50代は離職の状態で転職活動をしてはダメです。どんな手を使っても現状の雇用を守りながら転職活動をしましょう。

また、あなたの転職活動を支えるのは専門型転職エージェントとミドル、シニア層を対象とした転職サイトです。待つのが不安ならこのようなサイトを使って、自ら動いて良い求人を探してみてはいかがでしょうか。



3.総括



いかがでしたでしょうか。


実感の有無はともかくとして、今、景気が良くなり、各企業は新たな事業に取り組んだり、現状の事業の拡大に向けて動いていたりする会社は数多く存在しています。


そのため、このミドル層の転職は、転職市場で注目され、それに合わせ40代以上の経験の厚い層の獲得が注目され、40代、50代の採用も行われています。


ただ、採用の現場にいる私たち転職エージェントは、求職者の年齢を確認しながら顔をしかめているというのは1日1回では済みません。それだけ高い年齢の方の転職支援は難しく、求人紹介を諦めようか諦めまいかというところでいつも右往左往しています。


いくら各企業が経験者層を欲してるとはいえ、それは優秀層、マネジメントにたけた人、専門職など狭き門であることは事実です。そんな厳しいゲートを簡単にくぐれるなんて思わないでください。


40代、50代は30代で積み重ねたものを生かし働く世代です。それはその若手の時代を過ごした会社でキャリアを最大化させ、サラリーマン人生を終えていくというのがベストだと個人的には思います。


しかし、それで満足できない、またずっと会社にいられないのならば自分の身を守りながら転職活動をしましょう。


すべての年齢層の方にお伝えしたいですが、特にミドル、シニア世代の方に強調します。
安易な転職、安易な退職はあなたの人生をぼろぼろにします。絶対にやめましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加