求人サイトの裏事情




ホーム 転職エージェント > 求人サイトの裏事情

求人サイトの裏事情

『求人サイトの作られ方を知り、
 裏事情を見抜ける転職力を身に付けよう!』

転職活動を行うにあたっては、必ず目にするのが求人情報です。

インターネットで検索すれば手軽に情報が手に入りますし、ハローワークや転職エージェントへ登録に行っても、
求人票という形で求人情報を手にすることができます。

そもそも求人情報はどのように作られているのでしょうか。

■ 採用にお金をかければ、求人媒体会社から手厚いサービスを受けられる

『○○ナビ』というような求人サイトは転職活動をする上で誰もが知っていると思います。

このようなサイトは主に広告収入で運営されており、
人材を採用したい会社が広告媒体を持つ企業にお金を払って掲載してもらいます。

広告媒体費用はざっくり下記の通りです。

【一般的な求人サイトに4週間掲載】

◆ 1職種掲載50万~150万
  (DMやスカウトメールが送れる特典が付いたりする。)
  通例、一般的な企業では複数ポジション採用してますので、
  1職種×50万~150万で数百万の広告掲載費となります。

◆ 別途バナーを掲載したい場合は1週間30万~50万

◆ その他、オプションやその他サービスも課金で利用可能

これほどまでに高額な広告掲載費をもらえるのですから、広告媒体会社としては長期的な掲載や、
次回採用時に引き続き利用してもらえる継続契約を取りたいのです。

そのため、高額な広告掲載費を払ってくれる企業には、
専門の方が魅力的な企業に映すための情報収集に取材に来てくれて、
ビデオ撮影して、ライターさんが記事を書いてくれます。


 専門のライターの方は常日頃
『求職者を引き付ける求人広告を書くプロ』であり、
転職希望者に多くエントリーしてもらえるように、良いキャッチフレーズを作り、その企業の将来輝くキャリアプランを装飾し、心打つ魅力的な求人に作り上げます。

 

このように、魅力的な求人を作り上げる事で、転職希望者のエントリーが増え、無事良い方が採用でき、
上記で記載したような高い広告掲載費も無駄にならずに済むのです。

もし、人事が社内のマイナス要素も含めたありのままの実情を書いた求人情報を掲載し、
1件もエントリーが無くても、広告掲載費は戻って来ず、掛け捨てになるという無意味な状態になってしまうのです。

だからこそ、採用側の人事は自分達の会社を「求職者目線」で魅力的に書くことが重要です。


逆に言えば、魅力的に装飾さらた求人情報を転職希望者の方々が見ているのです。

■ ○○ナビにとっての一石二鳥

求人広告会社にとって、求人情報は多くのユーザーを集めるためのエサであり、
求人情報が少なければ、ユーザーも離れていってしまいます。

求人情報(エサ)が多く魅力的であれば、ユーザーが定期的に訪れてくれるようになり、人気サイトとなります。

アクセス数の多い人気サイトとなれば、人材を欲している企業としては是非とも掲載したい媒体と思い、
高い金額でも掲載をお願いするようになるのです。

すべては質の高い魅力的な求人情報がたくさんある事が重要なのです。

だから、○○ナビの営業さんは人事への求人情報へのアドバイスを惜しみません。
リアルな求人情報よりも優先すべきは魅力的な求人情報で、エントリーをもらう事がまず重要ポイントだからです。

勘違いして欲しくないのは、あくまで魅力的に作り変えているだけで、嘘の情報を掲載している事はないです。

単なる『言葉のマジック』です。



きっと世の中に出ている求人情報だけでは、その会社の良し悪しは判断できないでしょう。
求人情報に惑わされることがないよう、転職エージェントに相談してその会社の情報を
明確にしていく必要があると思います。

 転職エージェントの転職市場に関する情報量は膨大なので、会社の良し悪しの判断を明確にしてくれます。
例え、若くて頼りなさそうなキャリアコンサルタントだとしても、あなたの予想を遥かに超える情報量を持っていると思います。

 

求人情報だけでは判断ができないので、しっかりと調べる事が転職を成功させるためには重要なことです。

キャリアコンサルタントの豊富な業界知識と情報量
求人媒体会社とブラック企業の相性


■ 高年収のハイクラス求人を扱う有料転職サイト
  → ビズリーチの評判を見る

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加