転職エージェントの相手を選ぶ権利を利用する




ホーム 転職エージェント > 転職エージェントの相手を選ぶ権利を利用する

転職エージェントの相手を選ぶ権利を利用する

『転職エージェントも相手を選びます。
 そのポイントを突いてサービスを受けよう!』

キャリアコンサルタントの仕事量に関しては『 仕事量における業務怠慢 』にて書かせて頂きましたが、
業務の優先順位をしっかりつけていかなければ、キャリアコンサルタント自身がパンクしてしまい兼ねません。

本来は同じ求職者に優先順位をつけてはいけないと思います。
人材に関わる企業ではほとんどが平等に接するようにと指導しているはずですが、
あくまでビジネス、業務の量を考えたら、求職者に対して自然と対応が異なり、相手を選んでいる傾向にあります。

むしろ、求職者にも多くの転職エージェントからキャリアコンサルタントを選ぶ権利が当然あるように、
キャリアコンサルタントにも相手を選ぶ権利が存在するのです。

これは人と人とで成り立つビジネス故に、仕方のないことでしょう。

■ 後回しにされてしまうタイプ

登録だけして、面談に来社してくれない求職者は間違いなく後回しです。

【理由としては】
  • 転職意思が高いとは思えない。
  • 関係性が薄いため連絡が取れなくなる可能性がある。
  • 面談をしていないと本人の人柄がわからず、企業へオススメしにくい。

人材ビジネスは人と人との関係性で成り立っていますので、
求職者の"人柄把握と本人の意思"が非常に大切な要素となるのです。

職務経歴書と求人票を見比べて機械的に紹介しているだけと思ったら大間違いです。

■ 優先されるタイプ

後回しとされるタイプの逆に優先されるタイプは、

転職意思が高く、すぐにどこかの企業で内定をもらえると思える人です。
あくまでビジネスですので利益がすぐ見込めそうな人なので当然ですね。

ただ、優秀ですぐ内定が出そうな方でも、とりあえず来社しただけで、
『自分はコンサルタントにキャリア相談しなくとも自身で決めますよ。早く求人情報ください。』
というスタンスで来られても、キャリアコンサルタントとしては良い気分はしません。

コンサルタントになる人 』にて性格的な面をご紹介した通り、人のために何かしてあげたい
想いの強い方々なので、一方的で自分勝手な性格の人を嫌う傾向にある気がします。

■ キャリアコンサルタントに好まれるタイプ

基本的に頼ってくれる人に対しては最大限のアドバイスやサポートをしてあげたいと思うのが人間であり、
キャリアコンサルタント業を行っている人に限ればほとんどだと思います。

例え、転職回数が多かったり、経験が少なかったりという理由で今すぐに良い企業が
見つからなかったとしても、求職者の”○○さんを何とかしてあげたい”という思いを常に持っていれば、
見合う求人が入ったタイミングで優先的にすぐにご紹介が行くという流れとなります。

まさに優先順位が高い求職者といえます。

転職を頑張ろうという熱意が一番大切です!
経歴や年齢を抜きに、この気持ちに共感し、最高のサポートで転職を成功に導こうと思うキャリアコンサルタントは必ずいます。

これまで登録に行ってもキャリアコンサルタントに相手にされなかったという方も、
多くの紹介会社に行く中で、理想的なキャリアコンサルタントに出会い、最高のサポートの元で転職成功できるように努力とアピールをしていきましょう。

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加