転職ビジネスの種類




転職エージェント TOP > 転職ビジネスの種類

転職ビジネスの種類

『転職ビジネスはどのようなものかを学び
 その上で転職サービスを活用するようにしよう!!』

転職活動をする上で、活用することになる人材業界の中の転職ビジネス。
いったい転職ビジネスとはどのようなビジネスなのだろうか。

人間を右から左へ流すだけで、高額報酬を得ることができる転職ビジネス。
あなた自身が商品として利用されるのではなく、転職に関する知識をしっかりと身につけて、逆に情報を利用する立場として有利な転職活動を進めてもらえたらと思っています。

■ 人材紹介サービス

いわゆる人材紹介転職エージェントが行っているサービス。
キャリアコンサルタントが転職相談にのってくれ、面接対策、職務経歴書添削など、全てでサービスを受けられる。
その分、企業側から入社1人につき高額報酬を得ることができる。

人材紹介サービスの仕組み

■ 関東にお住まいの方にオススメ転職エージェント
  → typeの人材紹介の評判を見る


■ 外資系や高年収の方にオススメ転職エージェント
  → リクルートエージェントの評判を見る


■ ヘッドハンティング

ヘッドハンティング系の企業は中小が多い。
年収1000万円以上のハイエンドな求人を扱うことがメインだが、若者を欲しがる企業が多いことから、
泥臭いスカウト業務も行って若者の人材紹介業も行っている。

ヘッドハンティングという響きはいいが、ベースは人材紹介サービスと変わらないビジネスモデル。

実際にテレビドラマのような何千万プレーヤーのヘッドハンティングは稀である。

■ 高年収のハイクラス求人を扱う有料転職サイト
  → ビズリーチの評判を見る

■ 求人媒体会社

○○ナビというような求人情報サイトを運営しており、求人をサイトに掲載することで
高額な広告掲載費を取得している会社。
(あくまで掲載費であり、1名もエントリーが来なくても費用は発生する。)

求人情報サイトの裏側

求人媒体の中に新聞の求人情報というものもある。
新聞をチェックするような層を目当てとした掲載だけれども、意外とエントリーが多くなり、
転職希望者にとって競争率が高くなりやすい。

■ 転職を考えたら登録する転職サイト
  →リクナビNEXTのクチコミ評判を見る


■ スカウトサービス

求人媒体会社や転職エージェントがサブビジネスとして行っている事が多い。
転職希望者は自身の経歴などを登録しておき、企業側からのスカウトメールをひたすら待つという受身なサービス。

ビジネスモデルとしては、採用を考えている企業がスカウト登録データベースから年齢や経歴を絞って
1通○○○円という費用でスカウトメールを送る事ができる。
スカウトメールというネーミングから「自分を必要としてくれている会社なのかな?」と転職希望者は考え、
予想以上の経歴の人が入社してくれるケースもある。

(実際は1000通という一斉配信の1通とは転職希望者は知るよしもない…。)

■ ハローワーク

ハローワークはビジネスというよりも国が運営する雇用を守るサービス。
健全な運営ではあるけれども、窓口で対応してくれる方々の能力や経験が乏しいため、企業から依頼された
求人をしっかりと理解していないケースがあり、転職希望者を単に当て込むだけというのが見受けられる。

求人内容や企業をしっかりと調べないと危険なケースもあります。

ブラック企業とハローワークの相性

 転職ビジネスの流れにあなた自身が商品として利用されるのではなく、転職に関する知識をしっかりと身につけて、逆に情報を利用する立場として有利な転職活動を進めてもらえたらと思います。

 

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加