転職エージェントに転職活動の状況報告をするべきか




ホーム 転職エージェント > 転職エージェントに転職活動の状況報告をするべきか

転職エージェントに転職活動の状況報告をするべきか

『転職エージェントに転職活動の状況報告は
 自身の判断で慎重に行いましょう!』

転職をする際に、複数の転職エージェントへ登録をしている方がほとんどです。
無料で活用できますし、複数に登録する事で情報を多く取得して、転職成功の可能性を広げるため、
そして、自分に合ったキャリアコンサルタントと出会うためなどメリットはたくさんあります。

そこで困ってしまう事は転職活動状況の報告です。

複数の転職エージェントへ登録していると、キャリアコンサルタントに良い印象を与えないのではないかと、
思いがちですが、キャリアコンサルタントの本音のところはどうでしょうか。

■ 採用は信頼関係が大切

企業の人事は数少ない情報で求職者を判断し、採用を決めなくてはならない大変な業務です。
そこを少しでも緩和するため、転職エージェントに頼って採用活動を行っており、
企業側は転職エージェントを信頼して求人依頼を出しているのです。

転職エージェントとしても求職者が信頼できなければ、簡単に企業へ紹介なんてできません。
御社が第一希望と言いつつ内定辞退が続出したら、キャリアコンサルタントは求職者とどんなコミュニケーションなのかと疑われ、
企業間の信頼関係は壊れ、取引などしてもらえなくなってしまうでしょう。

人材ビジネスはそれほど信頼関係が大切なのです。

 


■ 信頼関係を築くために

人間の“信頼できる”、“できない”の一番の決め手となる要素は“嘘”です。

嘘をつく人間は信頼できないと思うのが普通でしょう。
キャリアコンサルタントとしても求職者が嘘をついていることがわかれば簡単に信頼関係が崩れてしまいますし、

相手も採用のプロなので、採用関連に関しては”嘘”の察しが鋭いと思ってもらって良いでしょう。

お互い良い関係でいるためにも、自己応募で進んでいる企業、
どこの他社転職エージェントへの登録しているのかなどの転職活動状況は
報告すべきだと思います。

 

自身がより良い転職活動のために、多数の転職エージェントへ登録しているということは、
キャリアコンサルタントも理解してくれます。

「たくさん転職エージェントに登録しましたが、キャリアコンサルタントの○○さんが
一番頼りになります。是非御社から紹介された企業で採用が決まればいいです。」


というような話しができる関係であれば、熱心に良い企業を紹介してもらえるでしょう。

■ 複数社すぎて状況報告が大変な場合

求職者の中には転職エージェント10社に登録をして、自身でも気になった企業に自己応募しているという方がいます。

すべての転職エージェントへ状況報告をしていては時間と労力がかかって仕方ありませんし、
数が多すぎて頭が混乱してしまう可能性があります。

そういう場合には、報告する会社を絞りましょう。

会社で選ぶのではなく、自分と合うキャリアコンサルタントで判断して報告をしましょう。

他の転職エージェントは情報収集用という位置づけで良い転職先の紹介があった際だけ、動くようにして、普段はメールだけの対応でいいと思います。

このような臨機応変な対応も効率的に転職活動をするのに大切です。

Bottom
  • このエントリーをfacebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加